「恋人のわがままに振り回されて、とても迷惑している…」「恋人のわがままな性格が、注意しても一向に直らず、困っている」という人はいませんか…?

恋人のわがままを放置すれば、いずれあなたの限界がきて、後々残念な結末を迎える事にもなりかねません。

そこで、わがままな恋人に悩まされている人の為に、“わがままな恋人のしつけ方5選”をご紹介きます。

さらに、“わがままな人の特徴”もご紹介するので、それを参考にすれば、恋人のわがままな性格を改善するヒントが掴めるかも!

それでは早速チェックしていきましょう。

わがままな恋人に悩んでいませんか?

これを見ているという事は、あなたもわがままな恋人に悩まされいて、「一刻も早く恋人のわがままを直したい!」と考えているのでは…?

付き合う前や付き合い始めの頃というのは、相手も恋人に嫌われたくない一心で本性を隠していたり、こちらも相手の欠点になかなか気付けなかったり、例え気付いたとしても、ラブラブ時期特有の恋愛フィルターによって、そこまで悪いところが気にならなかったりするものだと思います。

しかし、一緒にいる時間が長くなり関係が安定してくると、相手もこちらに気を許して本性を曝け出してきますし、好きという気持ちが落ち着いてくると、相手の事を冷静かつ客観的に見る事が出来ます。

つまり、付き合い始めのラブラブな時期が終わる頃に、恋人の悪い一面ばかりが目に付く様になる訳です。

なので、「付き合い始めてから恋人がすごくわがままな性格だった事を知った…」というケースも少なくないでしょう。

逆に、わがままな性格の人は基本的に自分の事しか考えていないので、「初期の段階からわがままし放題だった…」なんてケースも珍しくないかもしれませんね。

そんなわがままな性格の恋人を持つと、相手の言動に振り回されたり、あなただけでなく他の人まで巻き込んで迷惑をかけてしまう事もあるでしょう。

すると、わがままを言った本人よりも、恋人であるこちらの方が居た堪れない気持ちになってしまうんですよね…。

わがままな恋人を持つ人は、聞き分けのない子供を持つ保護者の様な気持ちで、毎日苦労させられているのでは?

今回は、そんな悩みを改善し、日々の苦労から解放される為の方法をご紹介するので、是非最後まで見てみて下さいね!

わがままを放置していると大きなストレスになる

恋人のわがままを放置していると、後々とんでもない事になると言えるでしょう。

最初の内は耐えられても、あなたがどんなに忍耐強くても、人間誰しも限界が来るものです。

恋人のわがままのせいで溜まりに溜まったストレスが爆発してしまえば、あなたの本心や意思に関係なく、相手に激しく怒りをぶつけてしまったり、思ってもない様な言動を取って相手を傷付けてしまう可能性もあります。

そうなれば大ゲンカに発展して、それが原因で恋人との関係が崩壊してしまう恐れもあるのです…。

最悪の場合は、その恋人の事を好きだった気持ちも綺麗さっぱり消えてしまい、「なんであんな人と付き合ってしまったんだろう…」「あんなわがまま人間の為に、時間もお金も労力も無駄にしてしまった…!」などと、後悔でさらに苦しめられる事になってしまいます。

よく、「どうせ注意しても聞かないし、いちいち指摘するのも面倒だから好きにさせてる」とか「恋人に嫌われたくないから、わがままに対して強く指摘出来ない…」とか「わがままでも恋人の事が大好きだから、つい甘やかしてしまう」といった理由で、恋人のわがままを放置してしまう人もいる様ですね。

しかし、放置は恋人のわがままをエスカレートさせる原因にもなり得ます!

あなたがわがままを放置してしまえば、相手は「今くらいのレベルのわがままなら許して貰えるのか!」と、自分の都合の良い様に解釈して、どんどん過激なわがままになってしまうでしょう。

ある程度放置するor耐えるにしても、あなたが“許せるわがまま”と“許せないわがまま”のボーダーラインを、その恋人にもしっかりと理解させる必要があります。

一気にではなく少しずつ改善させよう

性格や悪い癖というのはなかなか直らないもの…。

実際、「そのわがままな性格を直して!」と恋人に注意して、その翌日にわがままが改善されたら、みなさんもここまで悩まないでしょうし、そもそもこれを見ていないでしょう。

一気に目に見える様に改善する事が出来れば理想なのですが、残念ながら恋人のわがままな性格を直すには、長期戦を覚悟しなければなりません。

わがままな人に限らず、誰だって時には自分の気持ちが上手くコントロール出来ない時もあると思います。

本人がどんなに「わがままを直そう!」と強く決心しても、その思いとは反対の言動を取ってしまう事もあるでしょう。

性格を変えるという事は、それだけ難しい事なのです…。

“一気に”ではなく、少しずつ改善されるのを待つのが重要ですね。

改善するには自分がわがままだと気付くことが大事

いくら周りの人間が「そのわがままな性格を直せ!」と何度も注意したり、色々な改善策を立てて奮闘したとしても、その“本人”に自身ががわがままである自覚や、わがままな性格を直そうとする気がなければ、一向にわがままが改善される事はないでしょう。

わがままを改善するには、本人に自分がわがままである事を気付かせ、それを直そうとする意識を持たせるのが最重要!

残念ながら、他人に迷惑をかけるレベルのわがままさん程、自分がわがままである自覚がない人が多いのです…。

わがままをきちんと自覚させる為にも、恋人という身近な存在であるあなたが、本人を上手く誘導する必要があります。

そのヒントは、次でご紹介する“わがままな恋人のしつけ方5選”の中にあるので、早速見ていきましょう!

わがままな恋人のしつけ方5選

それではみなさんお待ちかねの、“わがままな恋人のしつけ方5選”をご紹介していきます!

再度確認なのですが、上でもお話しした通り、今から教える“わがままな恋人のしつけ方5選”を実践しても、数日で劇的な効果が現れる訳ではありません。

しかし、そのしつけ方なら、恋人のわがままも徐々に改善されていくはずなので、諦めずに根気強く恋人をしつけていきましょう!

わがままを言って大失敗した人のたとえ話をさりげなくする


普段の会話の中でさり気なく、“わがままを言って大失敗した人の話”を振ってみましょう。

その時に相手がどんな反応をするかも重要です!
その話を聞いて、相手の顔色が変わったり、何かしらの反応があれば、本人にわがままな自覚が少なからずあると言えます。

この場合は、上手くいけば短期間でわがままが改善される可能性大!

逆に、「ふーん…」と興味なさそうに話を聞き流したり、「それは、そのわがままな人が悪い!」とわがままを否定する様なら、本人にわがままの自覚がない可能性が高いです…。

自覚はあるけど自分の事を棚に上げている、という場合もあるかもしれませんが、もしわがままな自覚があるなら、そんな風にわがままを全否定する事は出来ないのではないでしょうか?

わがままな人の失敗話をする時は、あくまでさり気なく話題を振るのがポイントです。

もし、相手にわがままの自覚があった場合、頻繁にそういう話題を振ってしまうと、「それって俺or私の事を責めてる…?」と相手を下手に刺激する事にもなりかねないので、気を付けて下さいね。

わがままが原因で破局したり解雇された人の話

「“わがままを言って大失敗した人のたとえ話”と言われても、そんな話思いつかない…」という人もいるかもしれませんね。

例えば、わがままが原因で恋人と破局したり、解雇された人の話なんかはどうでしょうか?
特に、前者は自分達にも起こり得る話なので、効果的かもしれませんね。

「自分もわがままな恋人は嫌!」「あまりにもわがまま過ぎる相手とは一緒に居られない」と、あなたの気持ちもさり気なく伝えれば、わがままな恋人も自分の言動を見直してくれるかもしれません。

自覚がない人にも、わがままばかり言っていると悲惨な結末を迎える事になる、という事実を分からせる良い機会になるでしょう。

多少大げさに盛って話すと良い

失敗話は多少大げさに盛って話すのがオススメです。

ショック療法ではないですが、結果が悲惨な方が衝撃が大きい分、危機感も増すのではないでしょうか?

本人にわがままである自覚が少しでもあるなら、その悲惨な失敗話を聞いて「自分もそんな風になってしまうかも…」と不安になり、今後の言動を改める努力をしてくれるかもしれません!

人のために何かをして喜ばれる体験をしてもらう

わがままな人というのは、人に何かして貰う事が当たり前になっており、逆に、自分が人の為に何かをするという経験がありません!

そこで、他人の為に行動する機会を作ってあげるのも、しつけ法の1つです。

例えば、ボランティアに参加したり、友達や身内の子供の子守をしたり、結婚式や誕生日パーティーの幹事をするといった、わがままな恋人が今までに経験した事がなさそうな体験をさせてみて下さい。

場合によっては、「面倒…」「やりたくない」と、相手がなかなか乗り気になってくれないかもしれませんが、そこは「あなたにしか頼めない!」「君なら絶対に上手くやってくれる!」といった感じで、何とか相手を上手く乗せましょう!
あなたも一緒にやって、サポートしてあげると良いかもしれませんね。

やってもらうばかりな人からやってあげる人へ

「わがままな人は、誰かの為に行動する機会が少ない」という話をしましたが、他人の為に行動する機会を作る事で、誰かに“やって貰うばかり”の人から、誰かの為に“やってあげる”人に変わるきっかけになるかもしれません。

また、“やってあげる”習慣が身に付けば、わがままな性格が改善されるだけでなく、逆にパートナーに尽くしてくれる理想の恋人になる可能性もあるでしょう。

性格を変えるには、周りの環境を変えたり整えたりするのも、重要なポイントになるのです。

感謝される喜びを知ると人は変わる

他人の為に何かしてあげる事で、人の笑顔を見たり、人から感謝される機会も増えるでしょう。

そういう感謝される喜びや幸せを知ると、自然と「もっと人の為になる事をしたい!」と思うものです。

わがままな恋人も人から感謝される喜びを知れば、あなたに対しても、「不快にさせる言動は取らない様にしよう」とか「彼or彼女が喜ぶ事をしてあげたい!」という気持ちが湧いて、わがままな態度を見せなくなるはずです。

上手く褒めて図に乗せる


普段は「あれやってー」「これやって欲しい」とわがまま放題言ってくる恋人が、あなたや他の人に頼らなかった時(わがままを言わなかった時)に、褒めるのも手でしょう。

わがままな人は基本的にプライドが高く、「誰かに認められたい!」「褒められたい!」という欲求も強いです。

つまり、叱るよりも褒めて伸びるタイプ。

おだてにも弱いので、それを利用して相手を図に乗せ、わがままを言う機会を減らすという作戦です!

逆に、叱ってしまうと自分のプライドを傷付けられたと思って、余計に反発してくる恐れがあるので気を付けて下さい。

自分でやったことを大いに褒めてあげる

わがままな恋人が誰にも頼らず、自分の力だけで何かを成し遂げた時は、ここぞとばかりに褒めてあげましょう!

例えば、普段なら「ご飯作って」とか「お菓子食べたいから買ってきて!」などとわがままを言うけど、今回だけは自分で料理をしたとか自分で買い物に行ったという時は、「すごい!ご飯、自分で作ったの!?」とか「良い買い物したね〜!」といった感じで、少し大袈裟なくらいに褒めてあげると効果的かもしれません。

普通の人が見たら「こんな当たり前の事で、そんなに褒めるの!?」と驚いてしまう様な事でも、なるべく褒めて相手を持ち上げるのです!

あなたが褒め上手となり「すごいね!」と褒めてあげれば、本人も「そうでしょ!」と得意気になって、小さな子供の様に「何でも自分で出来るんだよ!」アピールをしてくる様になるので、わがままも自然と減ってくる訳ですね。

相手のやる事に対して、いちいち褒めてあげなくてはならないので、最初は少し面倒に感じるかもしれませんが、無茶なわがままに悩まされたり迷惑をかけられるよりは、何倍もマシだしラクだと思うので、是非試してみて下さい!

自分でやる楽しさを分からせる

とにかく褒めてあげる事で、本人も自分でやる楽しさに気付くはず!

楽しければ自分から色々とやりたくなるものですよね?

食わず嫌いと同じで、一度楽しさに気付ければ、「面倒臭い」などと思わず、自分で色々とやる様になると思いますし、そうすればあなたや他の人を頼って、わがままを言う事も少なくなるでしょう。

逆にあなたがわがままを演じてみる

わがままな恋人をしつける方法には、逆にあなた自身が、恋人に対してわがままに振舞ってみる、というのもあります。

普段、滅多にわがままを言わない人にとっては「少し難しそう…」と感じるかもしれませんが、要は相手の真似をすれば良いのです!

相手はいつもどんなわがままな振る舞いをしていましたか…?

これまであなたが我慢してきた相手のわがままを同じ様に演じるのです!

あなたが鏡となる事で、相手にこれまでの自身のわがままな言動を客観的に見せて自覚させ、反省させる効果があります。

わがままを言われる側の気持ちが理解出来るようになる

あなたが恋人の前でわがままを演じる事で、相手もわがままを言われる側の気持ちが理解出来る様になるはずです。

普段わがままばかり言う人というのは、周りが自分のわがままに対して、どんな風に思っているのかを気にしていなかったり、そもそも周りの人達の気持ちを考えていない場合があります。

つまり、あなたが恋人のわがままを聞く時に、嫌な気持ちになっている事にも気付いていない可能性が高い訳です!

自身の行動を反省させ改めさせるには、相手の立場になって考えさせなければなりません。

わがままを言われる側の不快さを知れば、本人もわがままな行動を控えるでしょう。

我が強い人だと、ここで喧嘩別れになる可能性も

あなたのわがままな振る舞いに対して、相手が何か文句を言ってきたら、「あなたも前、そうだったけど?」「君もこうしていたよね?」と軽く流しましょう。

ただ、我が強い相手だと、喧嘩別れになる可能性も少なからずあるので、下手に煽ったり刺激しない方が良いかもしれません。

ですが、この方法を実践する場合は、多少の覚悟は必要かも…。

わがままを言ったらすぐ突き放す

相手が行き過ぎたわがままを言ってきたら、すぐに突き放すのも効果的なしつけ方の1つ。

そもそも、行き過ぎたわがままなんて、聞く必要ありません!

行き過ぎたわがままなのか、それとも、ただあなたに甘えたいだけなのか?
その違いは分かるはずです。

すぐに「いいよ」と聞き入れてしまうから、相手も付け上がるとも言えます。

駄目な時は駄目とはっきりと伝え、相手のわがままをきちんと自覚させましょう。

こちらがわがままを拒否すれば、相手も感情的になるかもしれませんが、時には我慢する事も必要だというのを覚えさせなければ駄目です!

相手は小さい子どもではありませんよね?

冷静に根気よくあなたが諭せば、きっと相手も分かってくれるはず。

もし、この先あなたが恋人を甘やかし続ければ、あなたの言う事を聞かない面倒な恋人になってしまうでしょう。

それだと、今後も良い関係を築いていくのは難しいと思います…。

それを避ける為にも、ここは心を鬼にして突き放して下さい。

そもそも、恋人に対してわがままを言う人というのは、恋愛における上下関係で「自分の方が上だ」と思っている時にのみ、強気に出る=わがままを言ってくる、という傾向が見られます。

恋愛における上下関係とは、“相手の事をどれだけ好きか”という尺度の事で、例えば、“自分が相手を好きな気持ち”よりも、“相手が自分を好きな気持ち”の方が強いと、「自分の方が上の立場だ」と考える訳です。

もちろんこの関係は、あくまで本人が心の内で勝手に思い込んでいるだけのものですし、上下関係も好きの尺度が逆転すれば、瞬間的に変化します。

つまり、あなたの愛情の方が多いとはっきり分かると、「ちょっとやそっとの事では、嫌われないだろう」とか「愛する方(=下の立場であるあなた)が愛される側(=上の立場である自分)に合わせるべき」と考え、相手に対してわがままを言う訳ですね。

なので、その心理を利用し、わがままを言ってくる恋人を突き放し、上下関係が逆転したと錯覚させる事で、「このままわがままばかり言っていたら、嫌われるかもしれない!」と思わせて、わがままを辞めさせる方向に誘導させるのです。

恋人を失いたくなければ改善するはず

わがままを言ってくる恋人を突き放して、あなたが毅然とした態度を取れば、大好きなあなたに嫌われない為に、相手はわがままを減らす努力を始めるでしょう。

普段はわがままを何でも聞いてあげる優しいあなたが、厳しい態度を取るというのは、相手に与える衝撃も相当大きいと思います。

そのショックも、相手を改心させる効果があるはずです。

「恋人を突き放して嫌われないか心配…」という人もいるかもしれませんが、いつも優しい人より、優しさと厳しさのギャップがあった方が、飽きる事なく魅力的に見えるとも言えるでしょう。

上手くいけば、恋人のわがままが減るどころか、逆に尽くし屋な恋人に変身するかもしれませんよ!

わがままな人の特徴とは?

実は、わがままな人には、いくつか共通点があります。

そのわがままな人の特徴が分かれば、より効果的な改善策が思いつくかもしれません。

という事で続いては、“わがままな人の特徴”をご紹介します!
では早速チェックしていきましょう!

甘やかされて育った

小さい頃から周囲の大人達に甘やかされて育った人は、わがままになりやすい傾向があると言えるでしょう。

例えば、一人っ子や末っ子も両親や兄弟達から猫可愛がりされて、甘やかされて育つ事もあると思います。

また、お坊っちゃまやお嬢様と言われる様な身分が高い人は、幼い頃から周りの人達が自分の顔色を伺い、自分の言いなりになるという環境下で育つ事も珍しくないでしょう。

すると、他人にわがままを言い、それが受け入れられる事が本人の中で当たり前となってしまい、(というより、自分がわがままを言えば周囲が喜ぶ、と思い込んでしまう)、本人に悪気がなくても、わがままな人間になってしまう訳です。

もちろん、一人っ子や末っ子、お坊っちゃまやお嬢様に限らず、甘やかされる状況にいれば、誰だってわがままな人間になる可能性はあります。

それに、そんな環境下でも両親がしっかりと厳しくしつけたり、本人の性格次第でわがままに育たない事もありますし、成長する内に本人がわがままを自覚して直していくパターンもあるでしょう。

ただ、やはり幼い頃からの環境や周囲との関わり方というのは、大人になってからの性格にも少なからず影響してくるものなのです…。

逆に親の愛情不足で育った

先程とは真逆のパターンですが、親の愛情不足で育った人も、わがままになりやすいと言えます。

自分がどれくらい愛されているのか知りたくて、わがままを言い、こちらの愛情を試す訳ですね。

この手のタイプの人は、無理なわがままに対して相手が努力してくれる事を、“愛の大きさ”だと考えているところがあります。

なので、普段から愛情表現を積極的にしてあげれば、相手のわがまま行為もおさまるかもしれませんね。

自分さえ良ければいいという考え

“わがまま=自己中”というイメージがある様に、わがままを言う人は「自分さえ良ければそれでいい」という考えを持っているという特徴があります。

自分がわがままを言う事によって、周りがどんな気持ちになるか理解出来ない、あるいは、周りが不快な気持ちになっても、自分には関係ないので気にならないのです。

そもそもわがままとは、他人の事を考えずに、自分の都合の良い行動を取る事。

先程も触れた様に、“身勝手”や“自分勝手”とも言い換える事が出来ますね。

面倒なことが大嫌い

わがままな人は、基本的に面倒な事が大嫌いなので、そういった事が身の回りで起こると、全て他人任せにする特徴があります。

「面倒臭い…」が口癖だったり、何か頼み事をした時に「面倒だな〜」と愚痴ったり文句を言う人には、わがままの気があるかもしれませんね…。

人に厳しく自分に甘い

わがままな人は、他人には厳しいですが自分には甘い、という特徴もあります。

なので、自分と同じわがままな人間に対しても、自分の事は棚に上げ、相手の事は「あんなにわがままを言って、まるで子供みたい!」とか「あんなに周りに迷惑をかけて、信じられない!」などと、平気で責めたり悪口を言ったり出来るのです。

その言葉を聞いている側としては、「それをあなたが言うの…?」「その言葉、そっくりそのまま返したいよ!」と思わずにはいられないでしょうね…。

また、わがままな人は自分の欠点や失敗をなかなか認めようとしません。

なので、自分の欠点や失敗は見て見ぬ振りをして、恋人や他人の失敗は厳しく責め立てる事もしばしば…。

すぐ人を利用しようとする

普段からわがままを言う人は、自分の為に人を利用する事に抵抗がありません。

上で説明した様に、「自分の為に、他人が苦労するのは別に構わない」という考えの持ち主なので、すぐに他人を利用しようとします。

周りの人達が「自分で出来るでしょう!?」「それくらい自分でやってよ!」と思うような事でも、わがままな人は自分でやろうとせずに、他人にやってもらうのが当たり前になっているので、「自分でやろう」という考えは到底出てこないのです。

特に、恋人は身近な存在なので、都合良く振り回されてしまう事も多いでしょう…。

実は気が小さい

他人の気持ちを考えずに普段から威張っているわがままさんですが、怖いものなしの様に見えて、実は気が小さいという特徴があります。

上でも説明しましたが、恋人へのわがままは、自分が相手に本当に愛されているのか不安だから言ってしまうのです。

愛されている自分を常に感じていないと心配だから常にわがままを言う…そう考えると、わがままな人が気が小さいというのも、納得出来るのではないでしょうか?

言っていることがコロコロ変わる

わがままな人は気分屋なところがあるので、言っていることがコロコロ変わる事もしばしばです。

一緒にいる人からすると、「さっきまでと言ってる事が違わない?」と戸惑ってしまう事もあるかもしれませんが、本人は気分のままに行動しているだけなので、深く考え過ぎてしまうと返ってこちらが疲れてしまうかもしれませんね。

自分は絶対正しいと思っている

わがままな人の中には、自分に絶対的な自信を持っている人が多く、「自分の考えが一番正しい!」と信じて疑いません。

例えそれが間違っていても、目の前にその証拠を出されるまで納得せず、認める事が出来ないのです。

自分の主張を貫くのは決して悪い事ではないのですが、「自分が正しい」と思い込み、周りの意見を受け入れられなかったり、自分の欠点や失敗を認められないのはダメですよね?

明らかに自分に非があるのに、それを認めようとせず、言い訳や御託を並べて、自らの正しさを主張しようとする人には注意した方が良いかもしれません…。

人のために何かしてあげようとしない

上でも何度か触れましたが、わがままな人は、他人にして貰う事ばかりが当たり前となり、「他人の為に何かをしよう」という気持ちが他の人よりも薄いという特徴もあります。

“わがままな恋人のしつけ方5選”で説明した様に、他人の為に何かをする楽しさや、感謝される喜びを体感すれば、本人も「誰かの為に何かをしてあげたい!」と思う様になるでしょう。

しかし、そういう機会がないと、面倒な事が大嫌いなわがままな人は、他人の為に行動したいという気持ちも起きないかもしれませんね…。

わがままな恋人を成長させるのはあなた

“わがままな恋人のしつけ方5選”と“わがままな人の特徴”をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

わがままな恋人を成長させる事が出来るのは、ここで正しいしつけ方を学んだ、あなただけです。

また、恋人のわがままが直れば、あなたの悩みが解消されるだけでなく、恋人自身の為にもなるでしょう。

これは、わがままな性格で失敗や損をする事がなくなるからです。

わがままな恋人に悩まされている人は、今回ご紹介した事を参考にして、恋人を上手くしつけ、より良い関係を築いていって下さいね!