CoCoSiA(ココシア)

真顔でガン見してくるのはどうして?男性の心理と凝視されやすい女性の条件を解説!

 ガン見 してくる男性というのはたまにいるものですが、それが好意によるものなのか、気になることがあるのか、何か言いたいのか、その真意が分からなくて困惑してしまうという方も多いのではないでしょうか。

何を言うわけでもなくただただじっと見つめられると、 恐怖心 も抱いてしまいますよね。

実際、このようにガン見してくるのにはどのような心理が隠されているのでしょうか。

今回はガン見してくる男性の10個の心理とガン見されがちな女性の条件などについて詳しく見ていくので、今現在職場や学校などで特定の男性からガン見されていて少し困っているという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ガン見ってどういう状況?!

そもそも「ガン見」とは何なのかでしょうか。

ガン見してくる男性の心理について解説する前に、その定義について確認していきましょう。

ガン見の定義

「ガン見」は元々は90年代のギャルが使っていた言葉です。 「ガンガン見る」が短縮された形 で、「じっと見る」「じろじろ見る」といったニュアンスが含まれており、辞書には「真っ向からまともに見据えること」との記載もあります。

特に秒数は指定されていませんが、見られている人がその視線に気づいている素振りを見せているのに尚見続けるというように、数秒間に渡って注視する場合に使われます。

また、あまり親しくない間柄の人からの視線を感じた時や物をじっと見ている時などにも同様に使われます。

ガン見と似ている表現

ここでは「ガン見」という言葉に似た表現の言葉についてご紹介します。

表現は似ているものの意味はどちらもガン見とは正反対のものなので、きちんと覚えて使い分けるようにしましょう。

チラ見

「チラ見」はその言葉通りチラチラ見ることです。

この場合見ていることが相手に気付かれる前に素早く視線を外しますが、 一瞬だけ見る場合  視線を送るのと外すのとを繰り返すこと のどちらも「チラ見」と呼びます。

この言葉は以前から存在しましたが、広く知られるようになった90年代には女性のモテテクニックとしても使われていました。

バブル期を過ぎて女性から男性にアプローチすることも一般的になってきた頃だったので、女性から気になる男性に仕掛けるときにチラ見をすることで男性の注意をこちらに向けるという方法です。

垣間見

平安時代に完成した長編物語「源氏物語」の時代からある言葉です。

「かいまみ」と読み 生垣などの物の隙間から覗き見ること を意味します。

しかし古語と比べると現代では意味が発展して、「チラ見」と同じように ちらっと見ること を指したり、 物事の一面を知る といった意味でも使われるようになりました。

ちらっと見るという意味では「群衆の中で垣間見ただけだがあれは確実に美人だった」、物事の一面という意味では「普段おっとりした彼女の意外な一面を垣間見た」などのように使うことができます。

【垣間見るについては、こちらの記事もチェック!】

男性が女性をガン見するのはなぜ?男性心理10個

特に親しいわけでも会話しているわけでもないのにじっと見つめらるというのは、 あまり気分が良いものではありません よね。

とくに女性は男性からガン見されると恐怖心すら覚えることがあります。

そこでここからは、男性が女性をガン見する心理について具体的に見ていきます。

全て好意なのであれば分かりやすいですが、それだけではないようなので視線の種類は見極めてみてくださいね。

1:自分の存在に気づいてほしい

気になる女性との接点があまりない状態の時「まずは存在を知って欲しい」「気づいてほしい」という思いから視線を送ってしまうことがあるようです。

ただしこの「気になる」という感情は一概に 恋心 とは言えず、仕事の考え方が似ている、おしゃれのコツを聞いてみたい、いつも楽しそうだから輪に入ってみたいといったレベルのものもあります。

2:自分のタイプだから

それほど話したことがあるわけでもないのに、 見た目がタイプ でつい見てしまうというのも心理の一つとして考えられます。

またあまりに顔やボディラインの造形が美しいという場合は、芸術作品を鑑賞するような気持ちで見つめてしまうことがあります。