卒業アルバムは一生の思い出になるものです。

だからこそ、あとから見返した時にも盛り上がるようなものにしたいと思う人が多いと思います。

この記事では、卒業アルバムのクラスページを作成する際のアイディアをご紹介していきます。

ぜひ参考にして素敵なクラスページを作っていきましょう。

卒業アルバムとは?

卒業アルバムとは、小中高大学生が卒業する際、文化祭や修学旅行などの今までの学校生活を撮影した写真が載ったものです。

基本的に卒業の際にはみんなで写真を撮るため、万人受けしやすいデザインになっており、意図していない時に写真を撮られたりする時もあるので、いつのまにこんな写真を撮られた
のかと驚くこともあると思います。

大人になってから昔の自分を見るのも面白いですよ。

卒業アルバムのクラスページとは?


クラスページと言うと、自分のクラスの紹介文やクラスメイトの思い出やアンケート結果などを載せることが多いです。

あとから他の人のを読むのもとても面白いんですよね。

今は卒業アルバムのクラスページ作成委員があるところも多いようです。

クラスごとの自由なページ

クラスごとの自由なページを作るのもありですね。

メンバー紹介や、クラスでの楽しかった思い出を振り返るなども楽しいと思います。

一応クラスメイトの紹介文はあった方が良いかもしれません。

久々に見返した時、この人誰だっけとなる事もあります。

出来るだけ当時を思い出せるようなページにするといいでしょう。

他に追加したい項目があれば、担任の先生や副担任の先生のページも作成しても良いかもしれません。

少し大変かもしれませんが、先生にお願いして生徒一人一人の印象を書いてもらうのも良い思い出になると思います。

メンバーを紹介する

メンバー紹介は定番ですが、重要な部分です。

今はクラスメイト全員の写真を貼っている人が多いようです。

たくさんメンバーがいる際は、2ページ丸々使って全員の写真を乗せるのもいいでしょう。

多少手間でも思い出にしたいというのであれば、メンバーや先生の似顔絵やイラストというのも良いかもしれません。

クラスの思い出を振り返る

クラスの思い出を振り返るのも楽しいものです。

修学旅行や運動会、文化祭や授業や日常生活など、その時起こった出来事を書いていくのも思い出の1つですね。

思い出というのはその時でしか覚えていない事も多く、印象的な出来事を今の内に書いておきましょう。

修学旅行でどこに行った、あんな事やこんな事をしたなど何でも構いません。

文化祭や運動会などクラスのみんなが一丸となって頑張った思い出も良いでしょう。

目的

クラスページに対してどんな目的を持つのかという疑問を持つ方もいると思います。

卒業アルバムを作るのがめんどくさいという方や、写真を撮られるのが苦手という人もいるかもしれません。

しかし、数年経ってから見るとまた違うものなんです。

アルバムを見返したら思い出がよみがえってくるような

アルバムを見ると当時の記憶が鮮明に思い出せることがあります。

人間の脳は何かのきっかけで思い出すことが可能です。

アルバムを見るまでは昔の事などすっかり忘れていても、1回見るとその時の出来事や自分自身の心情など思い出すこともあります。

よく黒歴史だから卒業アルバムを封印したいという人もいますが、どんな過去も自分は自分です。

昔があるからこそ、今の自分があると思いましょう。

卒業アルバムのクラスページ作成アイディア6選


卒業アルバムのクラスページは、基本的に自由です。

写真をたくさん載せたり、寄せ書き風にしたり、自由に作ることができます。

作り手のセンスによって異なるので、面白いですよ!

1.定番

定番が一番無難かもしれません。

センスのある人ならともかく、考えるのが苦手な人もいるでしょう。

写真を散りばめるとか、寄せ書き風なのも定番ですが思い出になると思います。

写真を散りばめる

卒業の前に個人の写真を撮るのでも良いですね。

そのまま貼ってもいいですが、色々な形に切って貼るのも良いと思います。

同じ人の写真ばかりに偏らないように、クラス全員が均等に載るようにしましょう。

寄せ書き

寄せ書きも定番ですね。

クラスメイトに向けたものもいいですが、担任の先生へ向けての寄せ書きというのもいいかもしれません。

また寄せ書きをするのであれば、イラストにこだわるのも良いでしょう。

そのまま書くのではなく、シャボン玉や風船などを吹き出しのようにすると可愛くなりますよ!

2.すごろく風

すごろく風とは、行事やイベントなどにマスを作る感じです。

すごろくと言うよりも、人生ゲームみたいなものだと思ってもらえればイメージがしやすいと思います。

色鉛筆やマジックで書くと可愛く仕上がるでしょう。

もう少しこだわりたいという方は、色紙を使って形を切り貼りし、作成していくのも良いかもしれません。

手間はかかりますが、その分完成度の高いページになるでしょう。

行事やイベントごとにマスを作る

行事やイベントごとにマスを作りましょう。

あれやこれやと載せてしまうとごちゃごちゃしてしまうので、ある程度絞っておいた方が良いかもしれません。

行事というのは文化祭や運動会、球技大会やマラソン大会や試験などです。

大まかな行事ごとの方が印象に残っていると思います。

バックには写真や似顔絵を

バックには自分たちだと分かる写真や似顔絵を載せても良いかもしれません。

ただし写真は使いすぎてしまうとすごろく風が目立たなくなってしまうので、小さくしておきましょう。

似顔絵はリアルすぎるものではなく、ポップで可愛らしいものがいいと思います。

そのくらいの方が他のクラスメイトたちにも喜んでもらえるでしょう。

3.クラスメイトのプロフィール

クラスメイトのプロフィールは必須でしょう。

名前、ニックネーム、生年月日、血液型、趣味や特技、将来の夢、みんなへ一言などが定番でしょうか。

高校生の場合は、進路先の事を書くのもありでしょう。

プロフィールはあって困るものではありませんし、名前やニックネームはともかく、それ以外は判明していないメンバーも多いです。

あまり喋ったことがない人も中にはいると思うので、そういう人の一面を知れるのも楽しいと思います。

名前・ニックネーム

名前、ふりがな、ニックネームは必須項目です。

分かる範囲でニックネームの由来なんてあっても良いかもしれません。

たまに名字や名前に関係のないニックネームを付けられている人はいませんか?

親しい人ならともかく、あまり親しくないと聞けないと思うので、由来を知るいいきっかけになるでしょう。

生年月日・血液型

クラスメイト全員の生年月日や血液型を知る術は少ないと思います。

他のクラスメイトの生年月日と血液型を知れるのは中々興味深いものがあります。

この人意外と冬生まれなんだとか、好きな人は自分よりも早く生まれているか遅く生まれているか気になるものです。

血液型などでも性格が把握できたり、大雑把で適当なくせに実はあの人A型だったという話題で友達と盛り上がる事も出来ます。

趣味・特技

趣味や特技はあればで問題ありません。

特技と言われると困ってしまう人もいるかもしれないので、特技は省いても良いかもしれません。

趣味はその人の好きな事なので、昼寝やゲームなどなんでもいいでしょう。

将来の夢

小学校や中学校では将来の夢を載せることも多いと思います。

大人になってから見返してみたりすると、本当に夢を叶えている人がいて驚くこともあるでしょう。

また、その頃の自分の夢が知れたりして面白いと思います。

4.プロフィールプラスアルファ

せっかくなので趣味や将来の夢以外に、プロフィールにプラスアルファしましょう。

どうせなら他の人が見て面白いものが良いですね。

自分の秘密とか、未来の自分に宛てたメッセージなどです。

それ以外にも自分の家族構成などでも良いと思います。

5.もしもシリーズ

笑えるネタとして仕込むのであれば、もしもシリーズが人気です。

例として、
・もしも生まれ変わるのであれば何になりたいか?
・もしも願いが1つだけ叶うなら何を願うか?
・もしも宝くじがあたったら何に使うか?
などですね。

このもしもシリーズは、その人がどういう考えをしているかわかるので面白いと思います。

もしも生まれ変わるなら

もしもシリーズで定番なのが、生まれ変わるなら何になりたいかという質問でしょう。

アイドルとか芸能人やモデルになりたいという人、他にはゲームやアニメの主人公やその登場人物になりたいなど様々な回答があって面白いと思います。

もしも願い事がひとつだけ叶うなら

これはほとんどの人が大人とは変わらない思考を持っていたのではないでしょうか?

子供なのにお金がほしいと書く人も結構います。

お金持ちになりたいと思うのは、子供の頃から変わらないのでしょう。

もしも宝くじが当たったら

宝くじが当たるというのは夢のようですよね。

もし宝くじで1億円当たったらなんて考えると、やりたいことや買いたいものなどたくさん出てきそうですね。

6.ランキング

ランキング形式は結構盛り上がるものです。

兄弟にしたい人、早く結婚しそうな人、長生きしそうな人など色々あるでしょう。

ランキングに入った人が嫌な思いをしないように、マイナスなランキングは避けた方が無難かもしれません。

思い出いっぱいのページを

自分たちが後で見返した時、懐かしいと思えるものがベストですね。

クラスページがあれば、学生時代は大変だったけど面白かったという記憶を蘇らせることが
出来ます。

社会人になって辛い時に卒業アルバムやクラスページを読み返す事で、気力を取り戻す事が出来るかもしれません。

あの頃があった、学生時代はアグレッシブで頑張っていたと思うことが出来るでしょう。

ぜひ思い出いっぱいのページをたくさん作って下さいね。