過去の自分を振り返った時に、ある体験をしたことによって自分自身が成長できたと感じることはたくさんあると思います。

例えば辛い経験をしたことによって、それを乗り越えて強い自分を手に入れたという人もたくさん存在しているはずです。

どのような経験をするのかということによって、その人自身の考え方や性格は非常に大きな影響を受けていきます。

特に、若い時の体験などは今後の人生において大きな影響を与えるので、若い時にどのように過ごしてきたのかということが大事です。

その点を踏まえて考えてみると、学生時代の過ごし方なども非常に大きな影響を受けていると考えられます。

そして、学生時代を振り返ってみると、部活動の影響はものすごく大きく、今後の人生に与える影響度も高いといえます。

では、部活動を行うことによって具体的にどのようなことを学ぶことができるのでしょうか?

そこで、今回は部活動をテーマにして、部活動で学んだ大切なこと、そして大人になってから役立つことをまとめてご紹介していきたいと思います。

今現在年齢的に若い方や、学生の子供を持っている方は、部活を行う素晴らしさを改めて理解し、積極的に様々な経験を与えてあげられるようにしてみましょう。

部活やってて良かった!部活には見えない宝物がいっぱい

これまでに部活動を行ってきた人であれば、部活動を行ってきてよかったと思えるようなことは様々なことがあると思います。

もちろん部活に入らないという選択肢もありますが、部活に入っている人間と入っていない人間とでは経験が全く異なるようになります。

時には部活は苦しい経験をすることもありますし、大変な思いをすることもあります。

しかしながら、その反対に楽しい思いをすることもありますし幸せな経験をすることもできます。

様々な経験を与えてくれる部活動画絶対にやっておいた方が人生の幅も広がりますし、広い視野を持ったり、豊かな思い出を与えてくれるようにもなります。

長い人生の中でも基本的な考え方を養ってくれる存在にもなる可能性がありますので、非常にたくさんのメリットを与えてくれる存在だと言えます。

そこで、まずは部活動から学んだ大切なことをご紹介する前に、部活動を行っている人の割合や人気のある部活をご紹介していきます。

部活動を行うかどうか悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

部活をやっている人の割合は?

部活動について考えた時に、気になるのが部活動を行っている割合だと言えます。

部活動を行っている割合は学年ごとによって全く異なっており、どちらかといえば学年が上がることによって割合が低下する傾向にあります。

一般的には中学校から部活動が始まり、高校まで続ける場合がほとんどですが、中学から高校に上がるにつれて割合が減少します。

およそ中学1年では90%以上の人が部活動に加入しており、その中の約25%が文化部、残りが運動部として活動を行っています。

そして、高校生になると加入率が65%程度になり、その中の30%が文化部、残りが運動部として活動を行っています。

理由としては、高校生になるとアルバイトをすることができる高校もありますので、部活動よりもアルバイト優先する学生も多いです。

また、高校生になると勉強なども忙しくなってしまいますので、部活とよりも学力を優先する考え方を持っている学生も多いです。

なので、学年が上がると同時に部活動を行う割合は減少していくといえます。

最近人気のある部活は?

部活をやっている人の割合についてご紹介していきましたが、やはり大部分の学生は部活を行っていると言えます。

後ほどご紹介しますが、部活を行うことによって得られるメリットは非常に様々なものが存在しています。

なので、長い人生を考えると部活動が必ず行っていた方が良いと考えることができます。

しかし、部活と一言に言っても様々な部活動が存在しているのでどの部活動を選べばいいのか迷ってしまう人も多いと思います。

そこで、ここからは最近人気のある部活についてまとめてご紹介していきたいと思います。

一般的には自分がをやってみたいことを選べば問題はありませんが、それでも流行りなどに影響を受ける方も多いです。

人気のある部活を把握し、そのうえで自分がどの部活を選べばいいのか、選ぶ判断材料にしてみてください。

ダンス部

まずはじめにご紹介する最近人気のある部活として「ダンス部」が挙げられます。

ダンス部とは、その名前の通りダンスを行う部活動であり、部員全員で大会に出たりする場合もあります。

今最も人気がある部活動と言っても過言ではありませんが、特に女子高校生を中心にダンス部が人気を伸ばしています。

なぜこれほどまでに人気が出ているのかと言うと、メディアの影響などを大きく受けているといえます。

現在ではアーティストがダンスを踊ったりすることも珍しくなく、ドラマなどにおいてもエンディングでダンスを取り入れる手法が流行っています。

最近では、逃げるは恥だが役に立つというドラマにおいてエンディングダンスが取り入れられていましたが、大きな反響となっていました。

これらのように、メディアでダンスを放送されることが多くなり、若い世代がそれに影響を受けていることも一つの理由になっているといえます。

また、最近では動画投稿サイトなどの影響もあり、自分たちの情報を発信することができるようになっています。

簡単に情報発信できるようになった今だからこそ、ダンスを通して情報発信することで反響を呼んだりすることもあるので、非常に注目されているといえます。

プログラミング部

次にご紹介する最近人気のある部活として「プログラミング部」が挙げられます。

プログラミング部とはどのような部活動なのかというと、その名前の通りプログラミングを行う部活動です。

プログラミングとはコンピュータープログラムを作成することによって人間のいいとした処理を行うようにコンピュータに指示を与えることです。

つまり、様々なプログラムを作って作品を作ったりすることを目的にしている部活動だと言えます。

昔はこのような部活動はあまり多くは存在していませんでしたが、現在ではプログラミング部が設立されている学校などは非常に多く存在しています。

理由としては昔と比べてインターネットを用いる機会が圧倒的に増えており、インターネットがないことが考えられなくなっているからです。

これからますますインターネットの需要は高くなっていくことも予想されますので、ITの分野に将来就きたいと考えている人も少なくはありません。

そのような方に関しては、プログラミング部に入部することで、プログラミングに関する基礎的な知識を身につけることもできるようになります。

また様々な応用技術を学ぶこともできるようになりますので、非常に貴重な体験ができる部活動でたくさんの人から注目されていると言えます。

部活動で学んだ10個の大切なこと

ここまでは部活動を行っている人の割合やどの部活が人気なのかということについてご紹介していきました。

ある程度人気の部活動などが把握いただけたところで、ここからは部活動を行ったことで学べたことなどをご紹介していきます。

先ほどもお伝えした通り、部活動を行うことによって非常に多くのことを学ぶことができます。

人によっては部活動の経験があったからこそ、成功することができたと思っている人も少なくはありません。

それぐらいこれからの人生の中で部活動を行ったかどうかという経験が重要視されてくるといえます。

実際に、企業の面接などを受ける際にもこれまで部活をやってきたかどうか聞かれることも多いです。

それぐらい社会にとっても部活動の経験は重要視されており、大切な要因であると考えられています。

では、具体的に部活動で学ぶ大切なこととはどのようなものがあるのかまとめてご紹介していきたいと思います。

チームワークの大切さ


まずはじめにご紹介する部活動で学んだ大切なこととして「チームワークの大切さ」ということが挙げられます。

なぜ部活動を行うことでチームワークの大切さを学ぶことができるのかというと、部活動とは様々な人間が集まって同じ目的に向かって行動します。

もちろんやや個人プレーな部活動もあるかもしれませんが、それでもたくさんの人が集まって同じことを行ったりするという点は否めません。

また、スポーツなどに関しては団体競技なども多く存在していますので、仲間とのチームワークは必ず求められると言えます。

例えば野球にしてもサッカーにしてもそうですが、様々な人との協力は絶対に欠かすことができません。

個人競技のスポーツや文化部などもあるかもしれませんが、部活動自体は同じ部活動の人間が集まって練習を行ったりします。

つまり、自然と様々な周りの人との関係性を生み出すことができるので、コミュニケーション能力を発達させる良い経験にもなります。

なので部活動を行うことによって自然とチームワークの大切さを理解することができ、それに必要なコミュニケーション能力を培うことができると言えます。

部活動を行っていないとこのような経験をすることもなかなかなくなってしまいますし、人間同士の繋がりなどの減ってしまう可能性があります。

そうなるとコミュニケーション能力を培うことができなくなってしまう可能性も考えられます。

なので、部活動を行うことはチームワークの大切さを身につける上で非常に重要なことでありメリットであると考えることができます。

仲間を思い遣る心

部活動を行うことによってチームワークの大切さを理解できるとお伝えしましたが、それ以外にも仲間を思い遣る心を身につけることができるようになります。

先ほどもお伝えしたように団体競技なのに関しては相手のことを考えて行動したりしなければいけません。

そうすることによって普段から相手の気持ちを考えた上で行動することも出来ますし、会話をすることもできるようになります。

これは部活に限ったことではなく、将来社会人になった時にも必ず役に立つスキルの一つになります。

社会人と言っても考え方としては同じであり、会社としての利益を満たすために同じ目的に向かって仲間が協力し合う場であると考えられます。

もちろん営業会社のようにどちらかといえば個人プレーの会社なども存在していますが、それでも周りとの連携は必ず必要になります。

部活動を行っている人間の方がコミュニケーション能力も高いですし、人との協力という点においても秀でています。

つまり、部活動を行うことによって協調性を身につけることができるようになりますので絶対に役に立つ経験になると考えられます。

時間厳守の大切さ


次にご紹介する部活動で学んだ大切なこととして「時間厳守の大切さ」ということが挙げられます。

なぜ部活動を行うことで時間厳守の大切さを理解できるのかと言うと、部活動は団体で行動するからだといえます。

基本的に部活動は複数の人間が集まって同じ目的に向かって行動を行っています。

少し複雑に考えてみると一つの組織として考えることができ、その組織がそれぞれの目的に向かって協力し合っていると考えられます。

つまり、複数の人間が集まって一つの組織として行動するということはまとまりが非常に重要になると考えられます。

自分一人が勝手なことをしてしまうと周りの人に対して迷惑がかかってしまいますし、目的を達成することはできなくなってしまいます。

それはスポーツなどの部活においても、文化的な部活においても同じです。

集合時間一つ取って考えてみても、集合時間に遅れてしまうことで周りの人間に対して迷惑をかけてしまうこともあります。

そうすることによって、社会に出た時も周りに迷惑がかかるという考え方を常に身につけて、時間厳守を心がけることができるようになります。

その反対に、周りに対する迷惑を考えられない人は時間厳守をすることができない人間性になってしまう可能性も十分考えられます。

なので部活動を行うことによって時間厳守の大切さを身につけることができるという大きなメリットを得ることができます。

自分の遅れが皆の迷惑につながる

社会人になると自分自身の行動ひとつひとつに責任を持たなければいけなくなってしまいます。

なぜならば、学校とは違い義務教育ではないので自分自身の責任で様々な行動を行わなければいけないからです。

先ほどお伝えしたように時間を守らなかった場合もそれは同じであり、自分自身の責任とともに周りの人に対する迷惑もかけてしまいます。

自分だけのことならばまだしも、周りの人に迷惑をかけた場合その責任の取りようが非常に難しいです。

そもそも時間厳守に関しては社会人としては当たり前の概念として考えられているので、社会人になってから教わるようなことでもありません。

部活動しっかりと行なっている人間であれば時間厳守の考え方は身につけている人が大多数になるので、部活を行っている人間は時間を破る人はあまりいません。

この点を踏まえてみても、やはり部活動を行うことによって集団生活の中での基礎的な考え方が身につくメリットがあると考えられます。

目上の人を敬う心

次にご紹介する部活動で学んだ大切なこととして「目上の人を敬う心」ということが挙げられます。

なぜ部活動を行うことによって目上の人を敬う心を身に付けられるのかと言うと、様々な年代との関わりが生まれるからです。

部活を行うということは当然ながら自分と年代が違う人と接する機会が増えると考えられます。

中学高校と考えてみると、1年2年3年と三つの段階に分けることができ、それぞれの年数によって先輩後輩の上下関係が成り立つようになります。

これは社会人になってからも全く同様であり、場合によっては何十歳も年上の人間と接したりする機会も生まれます。

その時に、目上の人を敬う心を持っていなければ失礼にあたりますし、場合によってはそれがトラブルに発展する可能性もあります。

部活動を行っている人間はもともと自分よりも先輩の人間と接したりする機会も多いので、自然と上下環境も理解し、目上の人を敬う心を身につけられます。

しかし、部活動を行っていない人間は先輩と話す機械なども少ないので、適切な敬語を使えなかったり、気遣いができない場合もあります。

また、上下関係が嫌になって会社を辞めてしまったりすることもあるので、この経験は社会人になった時に大きく影響を受けるといえます。

なので、部活動を行うことで目上の人を敬う心を身に付けられると考えることができます。

後輩を思い遣り、指導する気持ちの大切さ

次にご紹介する部活動で学んだ大切なこととして「後輩を思い遣り、指導する気持ちの大切さ」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどお伝えしたように様々な年代と関わることによって後輩指導に対する大切さも身につくということです。

様々な年代の人間と関わるということは、先輩と接する機会もありますし、その反対に後輩と接する機会も生まれると考えられます。

先輩との関係性ばかりが重要視されていますが、その反対に後輩との関係性なども非常に重要な要因になり得ると考えなければいけません。

なぜならば、どの会社においても必ず先輩後輩の関係性は生まれてきますし、それなりの経験を積むと後輩指導を任されることもあります。

その時に後輩に適切な指導を行うことができなかったり、相手のことを思い遣る必要性が生まれます。

そうしなければ、後輩が成長することはありませんし、後輩が会社を辞めてしまう可能性にもつながります。

先輩と関わることと同じように後輩と関わることも重要であり、相手のことを思い遣らなければいけないということはどちらも等しい考え方になります。

これは社会に出た時に必ず求められることであり、部活動を行うことでこの基礎的な考え方が身につくようになります。

部活動を行っていないと、後輩と接する機会がないので、思い遣りの気持ちが持てない場合があります。

なので、部活動を行うことで身につけられる非常に大切なことであると考えられます。

弛まぬ努力で上を目指す気持ち

次にご紹介する部活動で学んだ大切なこととして「弛まぬ努力で上を目指す気持ち」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、部活動を行う場合、大体の部活動には大会が存在していることが多いです。

そして、大会が存在しているということは、優勝や良い成績を残すために努力するということにつながります。

これは言い換えてみれば、自分自身で目標を設定して、その目標を達成するために努力を行い続けるということになります。

これは人生の様々な場面において役に立つ経験であり、何事においても非常に重要なことになりえるといえます。

例えば、ビジネスの場面においても、自分自身で目標設定してその目標を達成するために努力をし続けるということは重要なことだと言えます。

なので、社会人になってから大きく役に立つ経験になるので、部活動を行うことで学べる大切なことだと言えるのです。

失敗から立ち直る強さ

次にご紹介する部活動で学んだ大切なこととして「失敗から立ち直る強さ」ということが挙げられます。

なぜ部活動から失敗から立ち直る強さを学ぶことができるのかと言うと、部活動を行うことで必ずどんな人も失敗を経験するからです。

部活動を行う際にはこれまで自分が知らなかったことやできなかったことにチャレンジしたりする機会が非常に多く存在しています。

しかしながら、新しく知ることはすぐに理解することができませんし、新しくできるようにするためには様々な努力が必要になります。

その過程の中で必ず人間は失敗しますし、場合によってはうまくいかない歯がゆい経験をすることになります。

しかしながら、大きな失敗を積み重ねることによって人間は次第に強くなっていき、ちょっとした失敗ではへこたれない強い精神を身につけられます。

この精神を身につけている人ほど失敗を乗り越えることができるようになりますし、最終的に大きな実力を兼ね備えることができるようにもなります。

これは社会においても通じることであり、一つ例を挙げるとすれば忍耐強く仕事を継続して行うことができるようになります。

この考え方が身についていない人ほど、簡単に仕事辞めてしまったり努力を継続して行うことができない人間性になってしまいます。

なので失敗から立ち直る強さは非常に重要な考え方であり、部活動から学ぶことができる大切なことであると考えられます。

諦めない気持ちの大切さを知る

物事を継続していく上で重要なことは諦めない気持ちを持ち続けるということです。

諦めない気持ちを持ち続けることで、継続してその物事を行うことができるようになりますし、その物事を成功させることができるようになります。

すぐに物事に諦めをつけてしまう性格の人は忍耐強く継続することができないのでいつも失敗で終わってしまうことが多くなります。

その経験が何度も積み重なってしまうと、何事も継続して行うことができない自分自身に自信をなくしてしまうようになります。

そうなってしまうとマイナスな考え方を身につけてしまうことにつながってしまいますので、魅力的な人間性を身につけることができなくなります。

その逆に何事も最後まで粘り強く成功するまで頑張ることができる人間は様々な成功体験を身につけて、前向きな考え方を持ち続けることができます。

これはその人間の素晴らしさを図る上で非常に大きな要因になり得ると考えられます。

なので失敗から立ち直る強さを身につけることは、人生においてもビジネスの面においても非常に重要なことであると考えられます。

一生続く人間関係を構築する大切さ

次にご紹介する部活動で学んだ大切なこととして「一生続く人間関係を構築する大切さ」ということが挙げられます。

これはどういうことかと思いますと、部活動を行っていると自然と様々な人間との関係性を構築するスキルを得ることができるということです。

部活動を行っていると様々な年代の人間と関わったりするようになりますし、たくさんの人と話をするようになります。

例えば、先輩後輩、先生、同じ部活の他校の生徒など、様々な人との関わりが生まれてくるようになります。

そうすることで、部活動を行っていない人間と比べて様々な人との会話の機会に恵まれるようになります。

様々な人と関わるようになると、自然に様々な人達と仲良くするためのスキルを身につけることができるようになります。

そうすることで、コミュニケーション能力を高めることができるだけでなく、人間関係の素晴らしさや構築する大切さを知ることができます。

人間関係は生きてから死ぬまでずっと続いていくものですし、豊かな人生を送る上で必要不可欠な存在だと言えます。

なので、早い段階で人間関係を構築する術を身につけるということは人生においても重要なことであると言えます。

なので部活動を行うことによって人間関係を構築する大切さを学ぶことができると考えられます。

集団行動の難しさと自律の大切さ

次にご紹介する部活動で学んだ大切なこととして「集団行動の難しさと自律の大切さ」ということが挙げられます。

部活を行うと当然様々な人間との関わりが増えるようになり、様々な人間との関わりの中で時間を過ごしていくようになります。

その経験を重ねることによって、自然と集団行動の難しさを理解することができるようになります。

それは言い換えてみれば、協調性を身につけることができるようになると考えることができます。

また、集団行動を行うことで身勝手な行動を行わない、いわゆる自律の大切さも身に付けることができます。

これは社会においても重要なことであり、必ず役に立つ考え方にもなります。

部活動を行うことで、必ず気づくことができる素晴らしいことなので、早い段階で身に着けておくべき経験であるといえます。

トップに立つことの大変さ

次にご紹介する部活動で学んだ大切なこととして「トップに立つことの大変さ」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、部活動を行うことでトップに立つことの大変さや難しさを理解できるようになるということです。

部活動を行っていると、当然ながら仲間の中でもその部活に伴ったスキルの違いが生まれてくるようになります。

例えばサッカー部であればサッカー部の中でも特段上手な人が出てくるはずですし、その逆にサッカー部の中でも下手な人が生まれるようになります。

部活動を行うことで、自然とうまくなりたいと思いますし、実力を身に着けたいと思う心は必ず養うことができます。

そして、その心だけではなく、トップに君臨するために必要な努力や継続の大切さを理解することができます。

これを知っていると、何事においても確固たる実力を兼ね備えることの大切さや重要性を学び、何事も努力する心構えを身に着けることができます。

これを理解している人ほど周りの人とは比べ物にならない努力を行うことができますし、自分自身に厳しい考え方を身につけることができます。

それは社会に出てからも必ず役に立つことですし、人生の全ての物事においで共通する重要な考え方になります。

なので、部活動を行うことでトップに立つことの大変さという大切なことを学ぶことができると考えられます。

時間の大切さ、有限さ

次にご紹介する部活動で学んだ大切なこととして「時間の大切さ、有限さ」ということが挙げられます。

部活動を行っていると大会までのわずかな時間までに実力を身につけなければいけないという状況が生まれてくるはずです。

だからこそ毎日の限られた時間の中でどのように努力をするべきなのか、ということを自然と考えるようになります。

その考え方を身につけることによって自然と時間の大切さや時間が有限であることをしっかりと把握することができるようになります。

時間は無限のものではないという考え方を身につけることで、限られた時間の中で自分が何ができるのかということを自然と考えられるようになります。

これは社会に出ても共通して考えられる重要なことであり、限られた時間の中で多くの行動を行うことができる積極性を身につけることができます。

この考え方を持っているのと持っていないのとでは、大きな差が生まれてしまいます。

部活動を行っていれば、早い段階でこの重要な考え方に気づくことができるので、部活動を通して学べる重要なことであるといえます。

まとめ

今回は部活動をテーマにして、今人気の部活動や、部活動を行うことで学べる大切なことをいくつかご紹介していきました。

部活動を経験することによって、様々な大切なことを学ぶことができるようになります。

基本的には学生の時に部活動は行うので、人生の中でも早い段階で経験することができる素晴らしい体験であるともいえます。

この経験をしたか、してないかで自分自身の考え方や、行動基盤などが大きく変化する可能性があります。

魅力的な人間性や、楽しい人生を送るためには必ず必要なスキルや考え方を身に着けることができますので、絶対に部活を行うことをおすすめします。

これから部活を行うか迷っている方は、自分にとって魅力的な部活を経験し、魅力的な人間性を形成するきっかけとして利用してみてください。