CoCoSiA(ココシア)

生徒会長になる人の向いている15個の特徴となる方法


学校には 生徒会という組織があり、そのトップの役職 が生徒会長です。

組織には副会長・議長・書記など多数の役職があり、年に一度生徒会選挙というものが行われます。

誰が生徒会としてふさわしいのかを選ぶ選挙です。

生徒会長になるには立候補の場合もあれば、推薦という場合もあるかもしれません。

行事でのあいさつや司会進行で人前に立ったり、生徒会での活動があったりと 誰にでも務まるわけではありません 

今回は、生徒会長になる人の向いている特徴やなる方法をご紹介します。

立候補を考えている人も誰を推薦するか迷っている人も参考にしてみてくださいね。

生徒会長に向いている人を分析してみよう!


では、生徒会長に向いている人はどのような人なのかと言いますと、実は 絶対的な定義はない のです。

なぜなら、過去に生徒会長をしていた人の特徴などに共通なことなどもあります。

ですが、性別が違えば、出身地も違うなどいろいろと共通する部分よりも違う部分もあるのです。

では、どうすればわかるのかと言いますと、過去に生徒会長を経験した人のことをしっかり分析してみることが必要なのです。

しっかり分析すると傾向がわかりますよ。

同時に、どのような生徒が先生に好かれるのかわかりますよ。

そこがわかれば生徒会長に1歩近づいたといっても過言ではありません。

中学生の時や高校生の時などは、どうしても自分の考えを押し付けてしまう傾向が強く、また、広い世界で見ていると異質な存在のような感じに見えてしまうので、なかなか生徒や先生からも支持を頂けない可能性が高いのです。

なぜなら、まだ中学生や高校生は自分が生まれた地域から出たことがない人が多くいらっしゃいますので、広い世界をもっている人の方が珍しいのです。

また、先生にとっても高い目標を持っている生徒は、すごく扱いづらいのです。

なぜなら、先生自体がそこまで高いことを望んでいないからです。

大人になればなるほど、現実を見すぎてしまうので、夢を見るようなことをしないのです。

そのために、大きな考えを持っている生徒や広い世界を見ている生徒はものすごく扱いづらく、できるならば、生徒会にいれたくないのです。

中学のころなどには、生徒会などは、生徒を代表するいい生徒が集まっていて、特別な存在のような感じに見えますが、実は違うのです。

先生にとって都合の良い生徒が集められた集団なのです。

先生にとってもストレスなく接することができるので、安心して学校の運営ができるのです。

ここまでの説明から考えると、大きな考えを言っても先生にとってはいい迷惑なのです。

なぜなら、実現させようと思っていないからです。

それよりかは今よりも面倒臭くなく、運営できた方が先生としても助かるのです。

つまり、過去の生徒会長を分析しながらも今、学校に在籍している先生の特徴も同時に分析しないといけないのです。

実は先生も完ぺきではないのです。

子供心からは先生は完璧に見えてしまっているので、先生の言うことは絶対のように思えてしまうのです。

まずはいろいろと分析することと、いろいろなフィルターを外すことも必要になってくるのです。

ただ、これを学生に求めるのは結構難しいので、先生が誘導してしまう状況になっているのです。

生徒会長とは?

それではそこまでしてなりたいと思う人がいる生徒会長とはどのようなものなのかと言いますと、文字通り学校の生徒の長です。

要は生徒を代表して学校の運営をしていく存在なのですが、果たして本当に運営しているでしょうか。

特に学校など生徒の意見はあまり反映されません。

なぜなら、実質的に運営しているのが先生の方なので、学生はただ先生の言われるがままに動いているだけなのです。

つまり、本当の意味での生徒会長とはただの肩書きに過ぎないのです。

学生の頃から肩書きを持つことを味わってしまうとろくな大人にならないと言われています。

実は優秀だった学生さんほど、社会適応能力が低いというのが統計学上出ています。

なぜなら、都合の良い子なので、指示待ちの人が多いのです。

要はイチからきっちり教えないと動けないタイプが多いのです。

自分で考えて動くことを得意としない存在なのです。

つまり、企画系の会社ではあまり力が発揮されない危険性が高いのです。

単純労働の仕事についてしまう可能性の方が高いのです。

特にトップダウンの形式が強い会社には適応できるかもしれませんが、これから必要とされてくるボトムアップの会社にはおそらく適応できない危険性が非常に高いです。