中学、高校、大学などでは文武両道を掲げて様々なスポーツの部活が存在します。

その中でも定番と呼ばれる花形スポーツがいくつかありますよね。

バスケットボール、サッカー、野球など様々ありますが、男子からも女子からも根強い人気があるスポーツと言えばバレーボールではないでしょうか?

この記事ではバレー部女子のイメージとバレー部員あるあるをご紹介していきます。

バレー部女子を徹底解剖!

学生スポーツの中でも、どんな学校でも大抵ぶっかつとして存在しているバレーボール部。

それだけ競技人口が多く、知名度も高いスポーツであると言えます。

春高バレーなどはテレビ中継も行われて、甲子園のように学生達の青春をかけた熱い戦いのファンも少なくありません。

老若男女を魅了するバレーボール部に所属する女子達の実情を徹底解剖していきましょう。

バレー部人気はいつの時代も衰えない?!

バレーボールというのは、実はテニスをヒントにして女性や子供が楽しむ事ができるようにと考えられたスポーツでその発祥は1890年代のアメリカであると言われています。

そこから日本にバレーボールが伝わったのは1910年代で、当時はなんと16人1チームでプレイしていたそうです。

特に日本では1964年の東京オリンピックからバレーボールがオリンピックの正式種目となった事もあり長年人気のスポーツとして愛されてきました。

バレー部は部活の中でも花形

学校で部活動として活動する運動部の中でも、花形部活として人気が高いバレーボール。

学校で部活動をする際に、体育の授業に含まれないスポーツや特別な施設や設備が必要な部活は部活動として認定されにくい傾向にありますが、体育の授業にも含まれる上にネットだけあれば出来るバレーボールは学校の部活として広く浸透し定着しているものと言えますね。

バレー部女子の9個のイメージ

バレー部女子について、あなたはどんなイメージを持っていますか?部活の花形、バレー部女子が持たれやすいイメージにっついて解説していきます。

男子だけじゃなく女子にもモテる


力強くスピード感のあるバレーボールは、基本的に高身長であればある程有利とされています。

スラっと手足が長くスタイルが良い選手が多いイメージも強いので男子だけじゃなく女子からも「カッコイイ」とモテるバレー部女子が多いです。

ショートカットの人が多い

ボールが床についてしまわない様にコートの中を縦横無人に転げ回るバレーボールは、見た目以上に激しいスポーツです。

そのため、ショートカットにして髪が邪魔にならないようにしている選手が多いのも特徴の1つ。

強豪校ともなると「耳が出る位短くしておく」という部活無いの髪型に関するルールがある程です。

ショートカットの選手が多く、中性的に見える事も女子からモテる要因の1つであると言えます。

運動神経、反射神経が抜群

走る、飛ぶ、打つ、受ける、と様々なアクションが求められるバレーボールは運動神経に加えて反射神経も求められるスポーツであると言えます。

銃弾のように飛び交うボールに反応できる反射神経は、日々の練習で鍛えらえる感覚の他に天性の物も必要とする程です。

バレーボールをしていたという人は、他のスポーツもある程度、上手にこなす事ができる程運動神経、反射神経共に優れた人が多いイメージがありますね。

中学でバレーボールをしていて高校では転向する人も

中学ではバレーボールをしていたものの、高校では全く違うスポーツに転向する人も少なくありません。

バレーボールは運動神経、反射神経、持久力と総合的に鍛えらえるスポーツなので、全く違うスポーツを高校から始めてもソツなくこなす人が少なくありません。

その事からもバレー部女子は運動神経、反射神経が抜群だというイメージを持たれやすいのでしょう。

明るくて元気


バレー部女子は明るくて元気なイメージを持つ人っも多いのではないでしょうか?6人1チームで一丸となって戦うには、大きな声でコミュニケーションをとりながらプレイする事がとても大切です。

そのため普段からハキハキと会話をする事を心がけている人も少なくないでしょう。

バレー部に入ってから明るくなったという人も

元は人見知りで静かなタイプだったという人で、バレー部に入ってから明るく元気な性格になったという人も多いです。

否応なしにでも大きな声を出すようになると、それに伴い性格も変わってくるものです。

それに加えて6人1チームという少人数制なので、各自が自分のアピールをしっかりとしてプレイしなければ試合に勝てるチームにはなれません。

日々の練習やプレイから性格が変わり明るく主張のできるタイプになるイメージが強いです。

負けず嫌いでストイック

バレーボールは、ボールが床につく、もしくはコート外に出てしまう事で失点する分かりやすいスポーツです。

その分誰のミスで失点してしまったのかも明確となるので、バレー部女子の性格は負けず嫌いが自然と多くなります。

誰のせいでもなく、自分のミスで失点してしまったのが分かるからこそ、必至になってボールを追いかけるようになるのでしょう。

チームプレイだからストイックになる

バレーボールは、個人の能力だけでは成り立たないスポーツでもあります。

チームとして機能していなければ、どれだけ凄い選手が居ても勝てないのです。

チームで一丸となって練習をするため、1人が足を引っ張れば全員が失速してしまいます。

そんな責任感から、練習に対するストイックさが強い人が多いのもバレー部女子のイメージと言えます。

仲間意識が強い

バレーボールはセッター、レシーバー、スパイカー、ブロッカー、リベロなど6人が様々な違う役割を持ちます。

そしてそれら全てが噛み合わなければ試合では勝てないのです。

そのため、試合外でもチームワークを大切にする人が多く言葉がなくても意思が通じ合えるような仲を作り上げるチームも少なくありません。

チームや仲間を大切にするイメージはそんな部分からきているのでしょう。

チームワークを大切にする

他のチームメイトと息を合わせて行うプレイの多いバレーボールはチームワークが何よりも重要です。

チームがバラバラだと勝てるものも勝てなくなるのです。

チームワークはバレーボールの中のとても重要な要素なので、チーム内でのいざこざなどはぶつかりあって解決するタイプの人が多く、トラブルが起こる度にそれを乗り越えて絆を強くしていくのです。

女子は偶数チームだとまとまりやすい

思春期の女子は少人数でつるみやすいものです。

その中でも、奇数チームになると対立関係になってしまったり孤立してしまう人が自然とでてきてしまいます。

それに比べて偶数チームであれば2人ずつ、3人ずつ、2人と4人などそれぞれの小さなグループが出来てしまったとしても対立しにくく全体としてはまとまりやすいと言えます。

どんどん背が伸びる

バレーボールは身長の高さがとても有利に働くスポーツでもあるので「バレーボールをしていると身長が伸びる」と言うイメージを持つ人も少なくありません。

実際は、バレーボールをしているから身長が伸びるという訳では無いものの上手な選手は技術にプラスして高身長である事が多いためそのようなイメージが根強くついているのでしょう。

遺伝の力が強い

特に中学、高校と成長期の時にスポーツを始める事で「〇〇をしていたかた身長が伸びた」と思う人が多いようです。

実際、バレーボールをしていて高身長になった人も、バレーボールをしていたから身長が伸びた訳ではなく両親からの遺伝で身長が伸びる人が殆どです。

とても気が利く

バレー部女子には、何故か姉御肌で面倒見の良い人が多いのもイメージがあるのではないでしょうか?

視野が広く、様々な事によく気の利く人が多いのはバレーボールというコート上を全て把握してプレイを組み立てるスポーツの性質から養われている能力なのかもしれません。

先輩後輩の上下関係などで気配りが出来るようになる

スポコン運動部のイメージが強い事でもバレー部は有名です。

基本的に、上下関係や顧問の先生との関係も厳しい事が少なくありません。

そんな厳しい上下関係の中などでも相手に対する気配りや察する能力が養われているのでしょう。

コミュ力が高い

人懐っこく、明るい性格の人が多いイメージのバレー部女子はコミュ力が高い人が少なくありません。

誰とでも話を盛り上げる事ができて簡単に友達を作っていけるコミュニケーション能力は日々の練習の中で意思の疎通をスムーズに行うコミュニケーションから培われているのかもしれません。

自然と養われる

コートの中で6人が入り乱れながら攻撃や防御をするバレーボールでは。

声掛けなどのコミュニケーションは欠かせないものです。

しっかりと自己主張する場面や、相手の意図を察する能力など人と人が関わるにおいて必要な要素が全て詰まっているスポーツと言っても良いでしょう。

そんなバレーボールを日々練習しているバレー部女子だからこそ高いコミュ力が自然と養われています。

ボーイッシュなヘアスタイル

時には捨て身でボールを拾いにとびかかる事もあるバレーボールをしていると長い髪はとても邪魔になってしまいます。

そのためバレー部女子はボーイッシュなショートヘアにしている人が少なくありません。

強豪校ではほぼメンズスタイルも

特にバレー部に力を入れている強豪校などでは、髪型に部内ルールがある場合も少なくありません。

前髪は眉にかからない、耳はしっかりと出るように肩につかない等ほぼメンズスタイルのショートヘアを部員全員がキープしている事もあります。

バレー部にしかわからないあるある10選

バレー部女子に対するイメージをご理解頂けたでしょうか?

ここからは、実際バレー部に所属していたバレー部女子にしかわからない「バレー部女子あるある」をご紹介していきます。

バレー部女子はこんなあるあるを感じているのです。

コートネームがある

バレーボールは、試合中のコミュニケーションが必要不可欠なスポーツです。

そのため、試合中にチームメイトに呼びかける際に声をかけやすいコートネームをつける事が多いのです。

基本的には自分の名前を呼びやすくしたようなものが多いですが、チーム内に同じコートネームの人が複数人いると混乱してしまうので同じ名前の場合は後輩が名前とは全く違うコートネームを付けられる事もあります。

日常でもコートネームで呼んでしまう

試合中に咄嗟の判断でコートネームを呼べるように、日常生活の中でもコートネームを用いてお互いを呼び合うのもバレー部女子あるあるです。

元の名前からそれ程離れていない場合は良いですが、元の名前から大きくかけ離れたコートネームを漬けられてしまった場合一般生徒から「何でそんなあだ名なの?」と聞かれてしまいます。

女子から告白される

ボーイッシュでカッコイイイメージの強いバレー部女子の中には、同性である女子生徒から告白された経験があるという人も少なくありません。

特に女子高などの男子が居ない環境であるとその経験をした人の数も倍増します。

女子だけの中だと、スポーティでカッコイイバレー部女子は憧れの的になりやすいようです。

バレンタインにチョコをもらうことも

近年は女子同士でバレンタインチョコを交換する「友チョコ」なんてものも流行していますが、バレーの強豪校などで学校の中でもひと際目立つバレー部女子は女子から本命チョコを貰ってしまったという人もいます。

気持ちには応えられないけど、応援してくれる姿や好意を寄せてくれる姿は素直に嬉しいと思うのでホワイトデーのお返しや返事にはとても悩むそうです。

漫画のコンビネーション技に憧れる

漫画などで良く描かれるチーム全体で仕掛けるコンビネーション技やフェイクにかなり憧れを持つのがバレー部女子あるあるです。

でも、実際はそんなコンビネーション技を使う事は少なく直球パワー勝負となるのが現実です。

たまに、フェイクをしかけようとして失敗し監督に「ふざけるな!」と怒られてしまう事もあります。

フェイクは難しい

オリンピックや春高バレーで見かけるような、相手のブロッカーを騙すフェイントは実はとても難易度が高く実際はバレバレでブロッカーが全く反応してくれない事も少なくありません。

フェイントをかける気満々で飛び出したものの、誰も反応してくれないと何とも物悲しい気持ちになってしまいます。

身長の伸びが止まらなくて怖い

身長の伸びは遺伝的な要素が殆どですが、高身長のバレー部女子は「やっぱりバレーボールをしているから身長が伸びているのかな?」と思う事が少なくありません。

そのため、今後もバレーボールを頑張りたいけど身長の伸びが止まらず大きくなり過ぎたらどうしようと恐怖を感じる時もあるんだとか。

バレー部女子とは言え、恋をする事もある思春期の女子です。

意中の男子よりも身長が高くなってしまったら…と思うとあまり大きくなりたくないと思ってしまうようですね。

身体中がアザだらけ

とても固いボールを扱うバレー部女子はいたる所にアザが出来ており、銭湯や温泉では周りをギョッとさせてしまう事もあるようです。

特にレシーブをする腕は常に青あざが出来ており痛々しく見えるものの、バレー部女子からすれば練習を頑張った立派な勲章でもあるのです。

青たんや突き指は日常茶飯事

ボールを受ける意外にも、硬いフローリングのコートにダイブして膝や体に青たんを作ったり、ボールで突き指をしてしまうのもバレー部女子にとっては日常茶飯事です。

テーピングもお手の物で、片手で器用にテーピングを巻いてしまう人も少なくありません。

ジャージはまず膝が擦り切れる

日頃の練習では少しでも傷を減らすためにジャージを着て行う事も多いバレー部女子ですが、そのジャージはかなりの高確率で膝から擦り切れて買い替えを余儀なくされてしまいます。

練習が激しければ激しい程ジャージの消費率が高く、中には一月に一着のジャージをダメにしてしまう人も居ます。

引退しても暫くミニスカートは履けない

数年間毎日増え続けた青たんは、引退してもそう簡単には消えてくれず厳しい部活から解放され「これからはオシャレしてたくさん遊ぼう」と張り切るものの膝が汚すぎてミニスカートなどの露出のい高い服は着にくいという意見が多いようです。

露出度が高いのでジロジロ見られるのが嫌

ショートパンツでプレイをするバレー部女子は、露出度の高いユニフォームを着るのを何だか気恥ずかしいと思っている人も少なくありません。

バスケットボール部のハーフパンツやソフトボール部の長ズボンのユニフォームを見て羨ましく思っている人もいる事でしょう。

胸や太ももなど

特に胸や太ももなど主張されやすいバレー部女子のユニフォームは男子生徒からはとても人気が高いのです。

スタイルの良い選手であればある程、バレー部のユニフォームを着るのが気恥ずかしいようです。

またバレーをしていると太ももや二の腕もしっかりと鍛えられて筋肉がつくので「太い太ももを見せたくない」と思っているバレー部女子も少なくないのです。

先輩からのいじめのようなスパイクが辛い

バレーボールはボールを床に落としてしまうと失点してしまいます。

そのため、どんな激しいスパイクも受ける事ができるように日々激しい練習を繰り返します。

しかし自分達よりもパワーの強い先輩のスパイクを受け続けるのは、いくら日々バレーボールをしているバレー部女子でも辛いものです。

「先輩、スパイク取らせてストレス発散してない?」と思ってしまうのも仕方の無い事でしょう。

上下関係が結構厳しい

特に上下関係がしっかりしているバレー部女子は、基本的に後輩にスパイクを打つのは先輩の役目となります。

後輩が口答えする事はほとんどありませんが、先輩の色んな感情が籠ったスパイクに戦々恐々としている後輩は多いのです。

実は1年時が一番平和

3学年揃うと一番下っ端になる1年生が一番過酷で辛そうなイメージですが、実は1年の間は基礎トレーニングやバレーボールの基礎を学ぶ事がメインとなるため先輩からのしごきを受ける事が少なく3年間の中で一番平和であると言えます。

3年生も流石に1年生にはやや手加減をしてスパイクを打ったりするようです。

背が低い部員も結構いる

高身長の選手ばかりといったイメージの強いバレー部女子ですが、意外と背が低い部員も少なくありません。

スパイカーやブロッカーなどは必然的に高さを求められるため高身長の選手が多いですが、レシーバー、リベロ、セッターなどは身長が小さくても反射神経が良かったり判断力がある選手であれば小柄でも戦力になりやすいのです。

強豪校であれば、高身長の選手ばかりを揃えてくる事も多いですが公立の学校や中学バレーなどでは背が低い部員も多く見られます。

背が低いとレギュラーになれないというのは偏見

バレーボールの特性上「背が低い選手はレギュラーになれない」と思われがちですが、セッターやリベロなどは身長の低い選手が少なくありません。

全日本で活躍された佐藤澪選手は実は153cmという低身長なのです。

ドМになりがち

アタックをして攻撃しても、レシーブをして防御をしても攻守共に物理的な痛みを伴うのはバレーボールの特殊な部分と言えるでしょう。

どちらを練習したとしても、硬いボールを打ったり受けたりする度に腕や手のひらには強い衝撃を受けそれを繰り返す内に痛みに強くなってくるのもバレー部あるあるです。

一般生徒に引かれる

強いサーブやアタックを受けると、もの凄い衝撃や音がします。

一般生徒からすれば「痛そう!」としか思えない攻撃もバレー部女子は飄々と受けてしまうのです。

それは日々の練習の上になりたっているものですが一般生徒からは「痛みとか感じないの?」と若干引かれてしまうそうです。

厳しい練習が快感になってくる

全身をフルに使ってプレイするバレーボールの激しさは一般生徒からすれば想像を絶するものです。

滑って転んでも雨のように降って来るアタックや顔面にボールを受けてもそのままプレイを続行する事もあります。

そんな厳しい練習でも、終われば「良い練習が出来た!」と清々しい気持ちになって快感を得られるようになれば一人前のバレー部女子であると言えるでしょう。

冬の練習は恐怖すら感じる

寒い体育館でする真冬の練習は何年バレーボールをしていても恐怖を覚える程、打っても痛い、受けても痛いものです。

寒さで痛覚ば倍増される為、特に冬の朝練は恐怖の時間と言っても過言ではありません。

応援席が白熱

元々、親世代はバレーボール人口が特に多かった事もあり応援に特に熱に入って応援席が白熱するのもバレー部あるあるです。

ボールを落としたら負けという分かりやすいルールのため、試合中は応援席もハラハラして思わず応援の声が出てしまうようです。

自分の親の声が聞こえると恥ずかしい

応援席が白熱してくると、そこから自分の親の声が聞こえてきて何とも気恥ずかしい思いをするバレー部女子も多いようです。

「一本集中ー!」など、バレーボール経験者の親は自分の現役時代の応援文句を繰り出してくるので声援で自分の親の声だと直ぐに分かってしまうのもバレー部女子あるあるです。

何で入ったの?バレー部女子の入部動機

練習も上下関係も厳しいバレー部ですが、数ある運動部の中からバレーボール部を選んだ入部動機は何だったのでしょうか?

バレー部女子達はこんな理由でバレー部に入部する事を決めたようです。

ダイエット目的

走る、飛ぶの全身運動を必要とするバレーボール。

バレー部女子を見ているとスラっとした細身の部員が目立つイメージがあります。

そのため、ややぽっちゃりとしている生徒がダイエット目的でバレー部の入部を決める事もあるのだそうです。

見た目痩せする

基礎体力をつける所からはじまり、毎日の激しい練習を繰り替えしている内に無駄な脂肪は落ちてしっかりとした筋肉がついてくる事でしょう。

そのため、スタイルは良くなり締まる所は締まりますがその分脂肪より重い筋肉がしっかりとつくので体重自体はあまり変わらず見た目だけが痩せたという人が多いようです。

辞めると一気に太る

全身の筋肉が必要な競技のため、重量のある筋肉が全身につく事になります。

そのおかげでスタイルが良く見えるものの部活を辞めたり引退したりすると筋肉が衰えて脂肪に変わり一気に締まりのない体になってしまう事もバレー部女子あるあるです。

身長を伸ばしたい

高身長の選手が多いイメージのあるバレーボール部に「身長を伸ばしたい」と思って入部する生徒も少なくありません。

実際にバレーボールをしているから身長が伸びるという訳では無いものの、適度な運動をする事は体の成長を促す事にも繋がるので身長を伸ばしたい人がバレー部に入部するのは良い事です。

伸びなくても活躍できる

バレーボールには低身長でも十分活躍できるポジションがいくつもあります。

途中で成長が止まって身長が伸び悩んだとしても自分の能力次第で活躍できるためバレーボールにハマっていくのだそうです。

お母さんがママさんバレーをしていた

意外と多いのが、自分が小学校に通っている時にお母さんがママさんバレーをしていた影響でバレーボールをはじめたという人です。

夕方から夜の時間に練習をするママさんバレーを見ている内に「自分もやってみたい」と思うようになったのだとか。

家族が応援してくれる

お母さんがママさんバレーをしている家庭では、バレー部への入部をとても喜んで一家をあげて応援してくれる傾向にあります。

家族が応援してくれる事で厳しい練習にも耐える事ができてモチベーションも保てるのです。

バレー部女子のおすすめ!バレーボール漫画

バレー部女子が共感したり、絶賛するバレーボール漫画をご紹介します。

中には「この漫画に出会ってバレーボールを始めた」なんて声もあります。

バレー部女子推薦のバレーボール漫画を読んでバレーボール熱を高めましょう。

アタックNo.1

バレーボール漫画と言えば、これを語らずして何を語るという位のレジェンド的作品です。

1960年代から1970年代にかけて連載された作品にも関らず「涙がでちゃう、だって女の子だもん」の台詞を知らない人はいないのではないでしょうか?

お母さんがバレー経験者という人は家にお母さんのコミックとして持っている人もいるのではないでしょうか?

ハイキュー

バレーボール漫画はどちらかと言えば、男子バレーボールをメインの題材にされている方が多いと言えます。

その中でも今最も勢いのあるバレーボール漫画と言えば週刊少年ジャンプで連載されている「ハイキュー」ではないでしょうか?

全てのキャラクターがバレーボールが好きで仕方ないバレー馬鹿ばかりで、バレー部女子の共感を誘う熱血青春スポ魂漫画です。

少女ファイト

女子バレーを題材にしたバレーボール漫画です。

才能にも体格にも恵まれた天才バレーボール少女が主人公ながらも、様々な事に挫折を感じつつ努力し仲間と共に強くなっていく正統派バレーボール漫画と言えます。

才能に満ち溢れつつも人間的に未熟な主人公は思春期の現役バレー部女子の共感を産む事間違い無しです。

バレーボール以外のメンタル面や人間関係もこのコミックの魅力です。

リベロ革命

バレーボールの中で守備の要となる特別なポジション「リベロ」。

身長が低い選手でも反射神経や運動神経などを買われて就く事の多いこのポジションに着目したバレーボール漫画が、このリベロ革命です。

主人公がリベロなら、ライバルもリベロ。

バレーボール経験者なら共感間違い無しですし、バレーボール未経験者でもリベロというポジションの魅力がダイレクトに伝わる作品と言えます。

その娘、武蔵

主人公は何と身長184cmの超ド級高身長女子高生。

中学バレーでは頂点を極めその名を轟かせたものの、高校入学を機にバレーボールを辞める事を宣言。

厳しい部活から解放されて華の女子高生生活を満喫しようとするものの、高校のバレー部主将から目をつけられてしまうという、ある意味定番設定。

清々しい程。

男前な女子高生「武蔵」に惚れちゃうバレー部女子が続出しています。

まとめ

学生時代という人生の中で、もっとも様々な事を学び吸収して成長する時期にどんなスポーツと触れ合うのかというのはとても重要な事です。

その中でもバレーボールというスポーツを選んだバレー女子達は様々なイメージを持たれる中で自分自身を向上させているのです。

練習は激しくハードですが、きっと得られるものも多いはずです。

ここで紹介したのはバレー部女子の魅力のほんの一部です。

本当のバレー部女子を知りたいなら、実際にバレー部女子になってみるしかないのかもしれませんね。

「悩んでしまうのは、これが原因かもしれません。」

記事下_無料でオーラ鑑定