恋愛は誰にとっても素晴らしいものです。

それがある事によって日々が楽しくなったり、やりがいを持って生活する事が出来るよになります。

普段は出来ないような事も楽しみながら参加する事が出来るようになるかもしれません。

またいつも以上にすごい力を発揮する事が出来るようになる場合もあるでしょう。

だからこそ、仕事をしたり何かに向けて頑張る為にも恋をする事はいい事なのです。

はじめての恋は、人によって違うはずです。

幼稚園の時にする人もいれば、高校・大学とまたく縁が無く、社会に出て初めて交際する人だっている事でしょう。

初恋が早いからと言って偉いという事はありません。

みんながみんな自分のタイミング恋を始めればいいのです。

だからこそ、そこを他人と比べる必要はありません。

一般的に考えるとおそらく学生時代に初恋をする人が多いのではないでしょうか。

学生時代の初恋の場合、幼い頃の濃いとは違い相手と『付き合う』という事が出てきます。

ただ相手の事を好きだという事だけではなく、その後の展開を期待するのです。

幼い時は、ただ相手の事を好きだと思っていた気持ちも成長する事によって、求めるものが変わるという事なのでしょう。

学生時代に恋をする場合、多くの人が身近な人と恋をする事になります。

それだけ学生時代は社会が狭く、つい自分の周りに居る人にしか意識が向かないのかもしれません。

だからこそ、同じクラスなど年代の近い人かもしくは同じ部活の人と一緒になって恋をする人が多くなる事でしょう。

同じクラスであれば、気心も分かるというものです。

相手の行動を普段から見る事が出来るので、それによって何をどうしたら良いのかを感じる事も出来るようになる事でしょう。

けれど、部活の場合には少々特殊な場合もあります。

同じ環境の中に違う学年が居るからです。

恋愛の対象が同学年だけとは限りません。

年下・年上と恋に落ちる事もあるでしょう。

恋愛の対象に年齢差がある事については何ら問題はありません。

ですが、一方で自分のある程度考えて行動しなければ周りの人に迷惑になってしまう事もあります。

恋愛を楽しむ為にはある程度ルールを守る事が必要な場合もあります。

恋をしていると、つい夢中になってしまい周りが見えなくなってしまう事があります。

そのせいで、他の人に迷惑をかける場合もある事でしょう。

だからこそ、その事を意識して行動する事をお勧め致します。

この記事では、部内恋愛を成功させるコツをご紹介します。

部内恋愛を楽しむために知って欲しいこと

部内恋愛とは、書いて字のごとく同じ部内の人と一緒にする恋愛の事です。

大人になれば『社内恋愛』という物を体験する人も居るかもしれません。

基本的には、これらは何も変わりがありません。

同じ場所に所属しているものどうし恋愛をするという事なのです。

それが部活なのか仕事なのかの違いだけなのです。

部活で恋愛をしたいと思って部内恋愛をする人はそう多くはないでしょう。

それはきっとあくまでも結果論なのです。

好きになった人がたまたま同じ部活だった。

たったそれだけの事なのかもしれません。

部内には、多くの人が居ます。

『同じ部活』という共通点以外に共通点が無い人たちも居るかもしれません。

だからこそ、普段の生活では出会う事が無かったはずの二人が共通のものを手にした事によって出会うきっかけを掴む事が出来たのでしょう。

部内恋愛をする事となった場合、いくつか気を付けて欲しい事があります。

それを守らずに気ままに過ごしてしまうと、困った事になってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、自分の状況を冷静に判断して行動を見直してみる事をお勧めします。

部内恋愛とは?

部内恋愛とは、同じ部活の中での恋愛を指します。

部活によって男女の差はまちまちです。

男子ばかりが居る部活では、マネージャーの女子が人気になる確率が高くなる事でしょう。

反対に、室内の部活などは男子の人数が少ない事も多く結果的にそれが男子がモテるきっかけになる事もあるでしょう。

部内恋愛をするうえで、恋愛が成功しやすい部活などは存在しないでしょう。

結局は人同士のつながりなので、出来る事をやるしかないのです。

だからこそ、部活の内容は関係なくあえていうのであれば、、人数の比率などが問題となる場合もあります。

人気がある人は、どこにいたとしても結局人気が高いのです。

だからこそ、自分が素敵だと思う人はみんなが素敵だと思っているという事を忘れずにいてください。

そうしなければ、ただ思っているだけであっという間に他の人に取られてしまう可能性も大いにあるでしょう。

そうならないようにする為にも、自分の気持ちを優先するのも大切な事ではありますが、周りの状況をしっかりと把握しておく事が大切でしょう。

同学年より先輩後輩の恋愛が多い


学生時代は、基本的に同年代の人と固まって過ごす事が多いでしょう。

だからこそ、恋愛対象も自然と同年代の人に集中しがちです。

特に、同じクラスが学年に居る同級生との恋を楽しむケースが多くなります。

結局人は、常に触れ合う機会がある方がより恋愛に発展しやすいのです。

だからこそ、毎日顔を合わせているような相手が居れば、その人に興味が湧き恋愛に発展したとしてもおかしくないのでしょう。

けれど部活の場合はちょっと違います。

同じ部活には同級生ももちろんいますが、それと同時に年下や年上と言った普段ではなかなか関わらないような相手に出会う事もあるのです。

大人になれば、1個や2個の年の差などないも同じでしょう。

会社に入れば10個も20個も年上の人と関わり当たり前のように仕事をしなければならないのですから。

けれど、学生のうちはそうではありません。

極々限られた生活をしているからこそ、1つや2つの差でもものすごく大きな差のように感じてしまうものなのです。

だからこそ、その人たちが現実よりも魅力的に見える事で更に好きになってしまうケースもあるかもしれません。

今までで同い年としかかかわってこなかった人にとって、自分とは違う年代の人は何か特別な魅力を感じさせる存在なのかもしれません。

だからこそ、それが部内恋愛に発展するのでしょう。

部内恋愛禁止の部活も多い

恋愛は本来誰かが止める事が出来るものではありません。

気持ちは誰にもコントロールする事が出来ないからです。

けれど部活によっては恋愛を禁止されている場合もあります。

自分の心の中ではすでに決まっているのにも関わらず、結果的に相手に認めて貰えない事はより一層心を苦しくさせるはずです。

部内の恋愛が禁止されている理由としてはいくつかあります。

まず一つ目は、部内の乱れでしょう。

恋愛は楽しい事ばかりではありません。

付き合い初めのころはウキウキに過ごしていたとしても、その月日が流れる事によって別れがやってくる事もあるでしょう。

そうなったときに、一緒の部活で顔を合わせる事が嫌になる事もあります。

そのせいで部活を辞めたいと思う事だってあるかもしれないのです。

恋愛によって、選手が入ったり止めたりしていると部活として成り立たなくなてしまいます。

団体戦などの場合、協力しあう事が出来なくなってしまう事もあるでしょう。

それは部内にとって大変面倒な状況です。

だからこそ、そういった状況を引き起こさないようにする為にも部内での恋愛は禁止なのでしょう。

とは言え、恋愛に恋しているような時代の年代の子供たちに恋をするなというンも無茶な話です。

口に出す事はなかったとしても心の中では好きな気持ちを抑える事が出来なくなってしまう事だってある事でしょう。

だからこそ、禁止出来るのは表面のみで、結果的には隠れて交際している人も珍しい事では無いのかもしれません。

部内恋愛が多い理由とは

人間は、基本的に接点のある人に恋をするものです。

時には電車で見かける人に一目ぼれをする事だってあるかもしれません。

ですが、それですら考え方によっては接点を持っている人と言えるでしょう。

何に心が動くかはその人にしか分からない部分です。

だからこそ、そのポイントが増えるようになる為にもより多くの接点を持っている人の方が相手の事を好きになる確率があがると言えるのでは無いでしょうか。

同じ部活の場合、通常の同級生や先輩・後輩よりもより多くの接点を持っていると言えるでしょう。

だからこそ、そこに魅力を感じたとしても不思議ではありません。

好きなポイントを多く見つける事が出来れば出来るほど、結果的にその人の魅力をアップさせることにつながるのですから。

部活というのは、学生にとってはある意味とても特別な空間です。

同級生でも無い人と、一つの目標に向かて一緒に努力するのです。

そうする事によって連帯感が生まれると同時に、相手に対する尊敬の気持ちを持つ事が出来るようになるケースも多々あります。

だからこそ、部内恋愛は多くなるのです。

最高の出会いの場である

部活は、学生生活の中で特別な空間です。

通常の学校生活では学ぶ事が出来ない特別な事を学ぶ事が出来る空間でもあります。

だからこそ、それを経験する事によって人生の中での大きな分岐点とする事が出来る場合もあります。

自分の気持ちを確実に成長させる事が出来る経験とする事が出来るでしょう。

一方で、今まで一緒に過ごしてきた同級生とは違い、部活には自分とはちがった年代の人が居ます。

特に年上の人に対しては必要以上に尊敬したりたたえたりする事があるかもしれません。

その結果、その人の事がより素敵に見えてしまう事もあるのです。

一つの経験を通して、それが人間としての魅力につながる場合もあります。

部内に居る年上の人が、何か大きな貢献を部にすればそれだけで尊敬のまなざしを受ける事が出来るようになる事でしょう。

それが結果的に最高の出会いになる事もあります。

部活はもちろん、恋愛をする為に入ったわけではありません。

だからこそ、部活はしかっかりとやるべきです。

それが出来ないのであれば、部内で恋愛をする資格無いでしょう。

けれど、やる事をしているのであれば、問題は何も無いと言っても過言ではありません。

とはいえ、部活をやる年代ではついつい恋に夢中になりやすくなってしまう傾向もあるのでコーチなど周りの大人に注意を受けたとしても仕方がないのかもしれません。

部内恋愛を成功させる6個のコツ


恋は結果論です。

この中から、好きな人を探そうと思ってするものではありません。

反対に、この中の人は好きになっては、ダメだと思ったとしても好きになってしまう時には好きになってしまうものなのです。

そこに理屈はありません。

例え周りの人がどんなに反対しても好きになる時には好きになるように、人が恋に落ちる時にはどんな時にでも恋に落ちてしまうものなのでしょう。

だからこそ、部内恋愛がダメだと言われていようとも恋する時には、恋してしまうのです。

そこで、ここからは部内恋愛をする場合にはどんな事に注意をしていけば良いのかというポイントについてご紹介させて頂きます。

止める事が出来ない恋愛なのであれば、その恋愛をいかに楽しく過ごすかが大事となるのです。

少しでもリスクを減らす為にも、注意するポイントを理解しておく事が大切でしょう。

学生時代の恋など、大人になればたわいもない思い出に変わることもあります。

すっかり忘れてしまう事だってあるかもしれません。

けれど、その時の気持ちを大切にする事はきっと無駄では無いはずです。

なるべく交際していることを隠す

部内恋愛が始まった場合にはまず基本的にあまり広めないことをおすすめします。

恋の始まりは楽しいものです。

ましてや、学生時代など恋人が出来ただけで浮き足立ってしまうものでしょう。

その勢いでつい周りに言いふらしてしまう事もあるかもしれません。

けれど、そんな時こそ冷静になる必要があるのです。

恋は素晴らしいものです。

付き合う相手に対して、運命の相手だと思ってしまう事も仕方がないでしょう。

けれど、残念ながら多くの恋には必ず終わりが来ます。

もちろん、初めて付き合った人と一生付き合い続ける人も居るかもしれません。

そのまま結婚まで行く事も出来る事もあります。

けれど、それは本当に稀な事です。

多くの場合、学生時代の恋はごく短期間で終わりを迎える傾向にあります。

交際して居る時は、それを周りに伝えたいと思っても不思議ではありません。

幸せな気持ちを出来る限り多くの人に知って欲しいと思う事でしょう。

けれど、多くの人が知っていれば居るほど別れた時に辛くなるものです。

自分から別れを切り出したのであれば、まだ傷は浅いかもしれません。

けれど、振られた場合にはその傷は大きくなるものです。

それを周りの人が知って居ると思うだけで、部活に行くことが嫌になってしまうとしても不思議ではありません。

恋は楽しい事ばかりではありません。

何処かで冷静になる事も大切です。

もしもの時の事を考えて、自分の行動を見直す事もまた、大切な事もある事でしょう。

内緒だよと言っても必ずバラされる

他人の噂話ほど、楽しい事はありません。

ましてやそれが色恋沙汰の場合、ついつい口を滑らせてしまう事もあります。

面白おかしく話しを誇張して話す人だって居るかもしれないのです。

相手に悪気があったとしても無かったとしても、結果的に付き合って居る事を周りにバラされる事によってリスクを感じる事はあるでしょう。

もしも他の人に知られたくなと思うのであれば何も言わない事が一番いいでしょう。

自分が信用している相手なら大丈夫と思っていてもその信用が本当に相手の事を見抜く事が出来ているかは分かりません。

相手にとって、あなたはそれほど大切な友達では無いかもしれないからです。

だからこそ、相手を信用する事には慎重になる必要があるでしょう。

他の人に話をするという事は、それが他の人に知られてしまったとしてもいい時のみにしましょう。

それ以外は、むやみに人を信用していろいろな秘密の話を相手に伝える事は避ける事をお勧め致します。

部内では部活に集中する

部活はあくまでも部活をする場所です。

だからこそ、恋愛をする場では無いので部活に集中しましょう。

他の人は真剣に部活をしているのにも関わらず、あなただけ恋に夢中になり好きな人の事をずっと追いかけていては周りの意識も下がってしまいます。

ましてや二人でいちゃいちゃするような事があれば、周りの人は更に嫌な気持ちになってしまう事でしょう。

恋をしているとつい周りが見えなくなってしまうものです。

それだけ幸せな時間を過ごす事が出来るのであれば、ある意味幸せな事だと言えるでしょう。

けれど、そうだとしてもそのせいで周りの人に迷惑をかけてしまう事は言語道断です。

真面目に部活に参加して、恋をしたとしても全く支障が無いのであれば、周りの人もそれほどとやかく言う事はないでしょう。

しかしながら、部活がおろそかになるなど何か問題が発生してしまうと周りの人からの意見は途端に厳しいものになります。

自分の自由を確保したいのであれば、やる事をしっかりとやらなければなりません。

これは部内恋愛だけではなく、人生のすべてにいえる事なのでしょう。

だからこそ、自分の行動をしっかりと見極め周りに居る人に迷惑をかけていないかどうかをきちんと確認しましょう。

相手より部のメンバーを大切にする

恋人が出来ると、ついその人の事ばかりを考えるようになってしまいます。

特に付き合いたての頃は、相手の事ばかりを意識してしまい周りの友達の事をないがしろにしてしまうケースもあります。

自分としては何も変わらない気持ちで接していたとしても、当の本人からすると適当に相手にされていると感じ、嫌な気持ちになる事だってあるかもしれないのです。

だからこそ、意識的に恋人よりもメンバーを大切にする事を心がけましょう。

相手の事は、無意識のうちにも大切にしてしまうものです。

ついその人の事ばかり考えてしまうとしてもおかしくはありません。

ですがそれをしてしまうと周りに居る人は嫌な気持ちになります。

自分の事はどうでも良いんだと感じてしまう事でしょう。

恋人は、いつか別れがやってくる事もあるでしょう。

ですが、友達は一生ものです。

自分が大切にする気持ちを忘れなければ、相手は必ず自分の気持ちに応えてくれるはずです。

だからこそ、その一生ものになる友達の事を大事にする事を忘れてはいけません。

自分が大事にする事によって、相手にはその気持ちが必ず伝わるはずです。

それこそが信頼関係を作る為にも大切な事だと言えるでしょう。

相手を特別扱いしない

好きな人の事は、つい意識してしまうものです。

ましてそれが恋人なのであればより一層意識してしまうものでしょう。

けれど、部内恋愛の場合それが周りの人からの反感を買う事になる場合もあります。

例えば、自分の恋人が後輩だった場合はどうでしょか。

一人の事を優先する事によって、周りの人が差別されてると感じるかもしれません。

それが原因となりやっかみが起こる可能性もあります。

本人が努力して得た結果があったとしても、それも全てその人の手柄だと思われてしまう事もあるでしょう。

周りにやっかまれる事によって、チームの中に溶けこむ事が出来なくなってしまうケースもあるのです。

自分の行動によってかえって相手を困らせてしまう事もあります。

どんなに大好きな相手だったとしても、やりすぎる事によって相手に不利益を与えてしまえば嫌われてしまう可能性が出たとしても不思議ではありません。

だからこそ、私たちは自分に出来る事を一生懸命やると同時に意識的に自分の行動を制限する必要があるのでしょう。

一緒に練習をしない

部内に自分の恋人が居る場合、一緒にトレーニングをする事も出来ます。

部活を一生懸命するという事は、練習をする事にもつながります。

だからこそ、一緒に練習をする事は部内恋愛を成功させる為にも必要な事のように感じるかもしれません。

ですが、そうもいかないのが、恋愛の難しい所です。

部内で一緒に練習をしていると、周囲の人はおのずと二人の関係を知る事になるでしょう。

その結果周りが反応に困ってしまう事もあります。

本当はレギュラー同士が練習しなければならないような時にでも二人が一緒に練習する事によって、しなければならない練習をする事が出来なくなってしまうかもしれません。

周りが見えなくなってしまうのが恋愛の恐ろしい所です。

二人が全く悪気が無いからこそたちが悪いという事もあるでしょう。

だからこそ、嫌がられてしまう可能性があるような事はしない事をお勧めします。

周囲が気を遣ってしまう

一緒に練習する事は、二人にとっては楽しい事でしょう。

常に一緒に居る事が出来るので前よりも更にラブラブになる事が出来たとウキウキする事もあるでしょう。

けれど、それはあくまでも二人の間での話です。

周りに居る人は、それに対してどう思うでしょうか。

一緒に練習をしている事に対して、やりずらいと感じる人は必ず居るはずです。

本当は男女で別の練習があるかもしれません。

学年によって練習の内容が違うかもしれないのです。

にも関わらず、二人が一緒に練習をしているせいで周りが気を使う結果となってしまうのです。

もし、相手が先輩の場合には同級生は嫌な思いをしていてもそれを伝える事が出来ずにいるかもしれません。

それに気が付かずにずっと過ごしていると、先輩が卒業した後に周りから厳しい対応が待っているかもしれません。

結局困るのは自分自身なのです。

人間関係をよく考えて告白する

部活では、人間関係を学ぶ場所でもあります。

今までは同級生とばかり関わってきた人も、ここで初めて年上とかかわるようになる事もあるでしょう。

だからこそ、その関係性をうまく分かっていない事もあります。

人はみんながみんな優しいわけではありません。

あなたに対して嫌な感情を持っている人だっているかもしれないのです。

特に恋愛に関しては、相手が何を考えているのか分からない部分もあります。

だからこそ、話をする相手は良く考えて行動しなければなりません。

自分が幸せだからといって、何も考えずに話をしてしまうと周りの人に足を引っ張られてしまう可能性もあります。

周りの人が全て暖かく受けいれてくれるわけではないのです。

そのことを忘れていると、自分自身を苦しめる事となってしまう事でしょう。

他にもライバルがいないかよく確認する

あなたが何も考えてずに報告した人は、もしかしたらあなたの彼氏の事が好きという事もあります。

あなたが気が付いて居ないだけで、周りの人はその三角関係に気が付いて居る事もあるでしょう。

だからこそ、そこでうかつな行動を取ると周りから反感を買う恐れもあります。

自分では悪気無く発言したことであったとしても、それを聞く事によっていやな思いをする人は居ます。

自分の好きな相手の恋愛話など聞きたくもないと思う人が大半でしょう。

だからこそ、自分の話をしているつもりでも相手からしたら単に自慢されていると思ってしまうかもしれませ。

ライバルはどこに居るか分からないのです。

あなたが惹かれた人なのですから、他の人も同じように惹かれたとしてもおかしくないでしょう。

だからこそ、他に好きな人が居るかもしれない。

その事実を忘れてはいけないのです。

恋愛話をしない

恋愛話をすると、つい周りに二人の関係がばれてしまうかもしれません。

話したくないと思っても、結果的に知られてしまう事もあるでしょう。

嘘が苦手な人ほど、周りの人が気が付いてしまう可能性も多々ある事でしょう。

だからこそ、それを隠す事が出来ないと思うのであれば、恋愛話をしないに限ります。

恋愛話をしない事によって、周りの会話に入れない事もあるでしょう。

けれど交際を隠したいという思いがあるのであれば、うかつに話をしない事にこした事はありません。

下手に嘘をついてしまうと、後からばれた時により面倒な事となてしまうでしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にも、そもそも話をする場所に参加しない事が大切です。

女子の場合には、恋愛話が大好きです。

だからこそ、全く参加しない事は難しいかもしれません。

けれど、そうだったとしても自ら話をしないようにするだけでも自分の気持ちを周りに気が付かれないようにする事は出来るようになるかもしれません。

周りから迷惑がられないように3個のことに注意!

喧嘩を持ち込まない

喧嘩は二人の問題です。

周りには一切関係のない事です。

だからこそ、自分たちの問題に周りを巻き込むような事をしてはいけません。

不穏な空気の人が部内に居るとそれだけで周りは嫌な気持ちになってしまうはずです。

そうならないようにする為にも、自分の行動を冷静に判断しましょう。

喧嘩をしていると、相手と話をしたくないと思う事もあるでしょう。

こっちを見られたくない。

話もしたくない。

そんな気持ちになる事だってあるでしょう。

けれど、そう思ったとしてもそれを表に出さない事が大切なのです。

アイコンタクトやボディタッチなどしない

恋愛はついつい二人の世界になってしまうもの。

特に学生時代の恋は、恋に恋している所があるので、周りの意見が耳に入らず自分たちの事ばかりを楽しんでしまうかのしれません。

結果的に、周りの存在に関係なくイチャイチャしてしまうかもしれません。

けれど、周りから見るとそれは嫌な気持ちになる場合が多々あります。

そうならないようにする為にも、周りの反応にはきをつけましょう。

いつも一緒にいないようにする

部活はあくまでも部活です。

だからこそ、一緒に居るべきではない時に一緒に居るのはおかしいはずです。

好きな人だからこそ、一緒に居たい気持ちも分かります。

けれど、一緒に居るべきではない時に一緒に居ると、周りに迷惑がかかる場合もあります。

まとめ

恋愛は楽しいものです。

時に学生時代に行うであろう部内恋愛など、ドキドキわくわくが止まらないはずです。

もっともっと相手と一緒に居たいと思うでしょう。

この幸せな気持ちを周りの人にわかって欲しいと思う事だってあるかもしれません。

ですが、何事も浮かれすぎてはいけません。

今の幸せが一生続くとは限らないのです。

恋愛は、いつ終わりを迎えてしまうか分かりません。

だからこそ、それまでにあまりにも自分勝手な行動を取っていると、恋が終わった瞬間に周りからの冷たい攻撃にあう事もあるでしょう。

自分では悪気が無い行動だったとしてもそのせいで周りの人を困らせている事だってあるかもしれないのです。

だからこそ、時に冷静さを維持する事も大切です。

どんなに幸せな時でも自分を客観的にみる事を忘れてはいけません。

浮かれすぎて周りから浮いてしまっていないか。

ライバルに嫌な思いをさせているのではないか。

そんな事もしっかりと考えていきましょう。

人間関係を学ぶ為にも部内恋愛はあなたにとって良い効果を発揮してくれる事でしょう。