CoCoSiA(ココシア)

野球部にあるあるな恋愛事情と好きな女子の4個の特徴


野球部は学校の中でも 異性からの人気が高い部活のひとつ です。

野球部男子との恋愛に憧れてマネージャーになる人もいますよね。

この記事では、野球部にあるあるな恋愛事情と好きな女子の特徴をご紹介します。

野球部男子との恋愛に興味がある人は最後まで読んでみてくださいね!

野球部男子の恋愛事情


学校によっては恋愛禁止の野球部もまだあるようですね。

さすがに大学や社会人サークルになると、恋愛は自由でしょう。

しかし高校生など日頃厳しい訓練をしている彼らにとって、彼女を作る時間などありません。

特に練習に勤しんでいるような学校は、寝る間も惜しんで練習に励むので自分のプライベートな時間すらないと言われています。

そんな運動部は マネージャーが唯一の目の保養 とされているのです。

結構マネージャーを取り合う事も多いようですね。

しかし女性とは違い喧嘩にはならないので、淡い思いを抱くかそのままで終わる人も少なくないです。

身近にいるような存在であるマネージャーを好きになったりする人が圧倒的にたくさんいます。

1.マネージャーを好きになりがち


リアルタッチみたいな感じですが、マネージャーを好きになってしまう野球部男子は多いようです。

漫画のように凄く可愛い女性ばかりではないようですが、やっぱり女性がいるというのが大きいですね。

男性は女性と異なり好きな人しかみないのではなく、 女子がいたら本能的に見てしまう のです。

特に閉鎖された環境の中、女性がいると見てしまうのは仕方がない事でしょう。

ちょうど思春期の時って、異性に興味を持ち始める頃なんですよね。

それと同時に性にも興味を持ち始める時期です。

しかし共学の場合、たとえ女性がいると言っても、クラスの女子全員が友達とは限りませんよね。

何かしらの接点が無いと異性に接しにくいものです。

身近にいる女性で手を打つという訳ではないのですが、 一緒にいる時間も関係してくる でしょう。

長時間一緒にいる

仕事でもそうですが、一緒にいる時間帯って家族よりも長いものです。

長時間一緒にいると相手の良い所も悪い所も全部把握できるんですよね。

一緒にいる時間が長ければ長いほど、 相手に愛着や何かしらの情が湧いてくるもの なんですよ。

最初は特に好きではなかったという人も、一緒にいればそれが当たり前になり笑い合うのが苦ではなく楽しくなってきます。

周りに女の子があまりいない

周りに女の子があまりいない場合、 女性への免疫がなきに等しい です。

チェリーボーイと言っても良いでしょう。

女性に免疫のない男性って結構わかりやすいですよ。

目を見て話せないとか、口数が少なかったりします。

女の子として見てくれるので、マネージャーも悪い気はしない所かむしろ嬉しいと思う人が多いかもしれません。

接するなら遊び慣れてたり、女性に免疫のある男性よりも、免疫がほとんどない男性の方が大事にしてくれますよ。

2.一途である


野球部男子って真面目で一途というイメージが強いですよね。

他のどの部活よりも何故か野球部って、一生懸命な人が多い気がします。

別にテニスでもバスケでもサッカーでも部活動は一緒なのですが、どうしても他の部はチャラくみえてしまうんです。

私自身も野球経験あるのですが、1個のボールを必死に追いかける競技ではあるので、もしかしたらそのせいかもしれません。

そればかりに必死になってしまうので、他の事が目に行かなくなってしまうんですよ。

野球というのは1塁や2塁3塁、内野や外野など自分の立ち位置に来たボールを捕まえる競技になります。

ボールを捕まえる事に必死になるので、部活動だけではなく現実でもそれが習慣づいてしまうのかもしれまえん。