CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

野球部にあるあるな恋愛事情と好きな女子の4個の特徴


野球部は学校の中でも異性からの人気が高い部活のひとつです。

野球部男子との恋愛に憧れてマネージャーになる人もいますよね。

この記事では、野球部にあるあるな恋愛事情と好きな女子の特徴をご紹介します。

野球部男子との恋愛に興味がある人は最後まで読んでみてくださいね!

この記事の目次

野球部男子の恋愛事情

学校によっては恋愛禁止の野球部もまだあるようですね。

さすがに大学や社会人サークルになると、恋愛は自由でしょう。

しかし高校生など日頃厳しい訓練をしている彼らにとって、彼女を作る時間などありません。

特に練習に勤しんでいるような学校は、寝る間も惜しんで練習に励むので自分のプライベートな時間すらないと言われています。

そんな運動部はマネージャーが唯一の目の保養とされているのです。

結構マネージャーを取り合う事も多いようですね。

しかし女性とは違い喧嘩にはならないので、淡い思いを抱くかそのままで終わる人も少なくないです。

身近にいるような存在であるマネージャーを好きになったりする人が圧倒的にたくさんいます。

1.マネージャーを好きになりがち


リアルタッチみたいな感じですが、マネージャーを好きになってしまう野球部男子は多いようです。

漫画のように凄く可愛い女性ばかりではないようですが、やっぱり女性がいるというのが大きいですね。

男性は女性と異なり好きな人しかみないのではなく、女子がいたら本能的に見てしまうのです。

特に閉鎖された環境の中、女性がいると見てしまうのは仕方がない事でしょう。

ちょうど思春期の時って、異性に興味を持ち始める頃なんですよね。

それと同時に性にも興味を持ち始める時期です。

しかし共学の場合、たとえ女性がいると言っても、クラスの女子全員が友達とは限りませんよね。

何かしらの接点が無いと異性に接しにくいものです。

身近にいる女性で手を打つという訳ではないのですが、一緒にいる時間も関係してくるでしょう。

長時間一緒にいる

仕事でもそうですが、一緒にいる時間帯って家族よりも長いものです。

長時間一緒にいると相手の良い所も悪い所も全部把握できるんですよね。

一緒にいる時間が長ければ長いほど、相手に愛着や何かしらの情が湧いてくるものなんですよ。

最初は特に好きではなかったという人も、一緒にいればそれが当たり前になり笑い合うのが苦ではなく楽しくなってきます。

まだマネージャーと部員の関係であれば、仕事関係と同じようなものなので区切りは付けれるでしょう。

友達というくくりになるとむずかしいですけどね。

私自身は男女の友達というのはあまり信用していないからです。

仕事関係はあくまでも仕事関係のみで接しているので、それ以上の感情を持つことはありません。

しかし友達となると距離が極端に近くなってしまうので、難しいとしか言いようがないでしょう。

長くいればいるほどその人物の事を好きになりやすいのです。

悪い事では決してないのですが、恋は人を惑わせるという言葉を聞いた事はありませんか?

何かに夢中になってしまうと、その他の事に手がつかなくなってしまうんですね。

特に未熟な学生さんであれば、その気持ちをコントロールできるかどうかが鍵になります。

周りに女の子があまりいない

周りに女の子があまりいない場合、女性への免疫がなきに等しいです。

チェリーボーイと言っても良いでしょう。

女性に免疫のない男性って結構わかりやすいですよ。

目を見て話せないとか、口数が少なかったりします。

女の子として見てくれるので、マネージャーも悪い気はしない所かむしろ嬉しいと思う人が多いかもしれません。

接するなら遊び慣れてたり、女性に免疫のある男性よりも、免疫がほとんどない男性の方が大事にしてくれますよ。

2.一途である


野球部男子って真面目で一途というイメージが強いですよね。

他のどの部活よりも何故か野球部って、一生懸命な人が多い気がします。

別にテニスでもバスケでもサッカーでも部活動は一緒なのですが、どうしても他の部はチャラくみえてしまうんです。

私自身も野球経験あるのですが、1個のボールを必死に追いかける競技ではあるので、もしかしたらそのせいかもしれません。

そればかりに必死になってしまうので、他の事が目に行かなくなってしまうんですよ。

野球というのは1塁や2塁3塁、内野や外野など自分の立ち位置に来たボールを捕まえる競技になります。

ボールを捕まえる事に必死になるので、部活動だけではなく現実でもそれが習慣づいてしまうのかもしれまえん。

好きになると長い

野球部男子は、好きになると長い間その女の子のことを想っている人が多いようです。

学生時代は大体1年付き合えば長い方ですが、付き合ったら結婚までいく人もいるのだとか。

相手を大切にしてくれる人が多いので、野球部員が彼氏だと浮気される心配もなさそうです。

3.練習で疲れていても大切にする

野球部の練習は思っている以上にハードです。

それは他の部活も同じだと思いますが、野球は瞬発力と判断力を使い、神経を常に研ぎ澄まさないといけないものなので、練習後ものすごい反動が来ます。

一生懸命何かに頑張っている人間ほど、ものを大切にする傾向が強いです。

それはものだけではなく人間でも同じですね。

誠実

誠実とは自分の欲だけに動かず、真心を持って相手に対応する事を指します。

野球部は礼儀正しく仕込まれているので、誠実な人間が多いです。

ただこれに関しては別に野球部とは限らず、誠実な人間は誠実なだけでしょう。

コーチや監督が礼儀に厳しい人であれば、男女問わず部員も誠実な人間になります。

全ての野球部員が誠実かどうかと言われてしまうと、部によってふざけている所もあるので全てがそうとは言い切れません。

誠実な人間であるかどうか、いざという時分かりますよ。

真面目

誠実とセットでくるのが真面目ですね。

真面目な人は基本的に誠実な人が多いです。

部活を一生懸命に頑張っている人間ほど、誠実で頑張っていると思って下さい。

ただ普通に接している人間にとっては分かりにくい場面かもしれませんね。

今現在私が働いているカフェで、野球部の子が働いているのですが、その子は真面目で他の子よりもしっかりしています。

ただその子の事を誠実だと思ったのが、ある件がきっかけでした。

同時期に友達同士で入った子がいるのですが、その子達は体調不良でドタキャンをしてしまったのです。

学校の行事ならともかく、休み方が明らかにずる休みっぽかったので、私がその子達に注意をしました。

辞めろと言うわけではないのですが、厳重注意ですね。

しかしその子達は注意後に支離滅裂な事を言ってきました。

まさか自分達がそんな事を言われるとは思ってはいなかったようで、かなりショックだったみたいです。

辞めたいのかどうなのかはっきりしない態度をとりつつ、厳重注意した日は元々シフトに入っていたのですが、テンションが上がらないとか言い出しました。

たまたまその会話を聞いていた野球部の子が、その子達を諭してくれたのです。

「自分のわがままでシフトに入らないなんて言ったら他のメンバーにも迷惑をかけてしまう、信用というのは仕事をして取り戻すものだ」と言ってくれました。

その時私は若いのにちゃんと言ってくれた事に感激し、その野球部の子を信頼するようになりました。

いざという時でわからないというのはあまり良くない事かもしれませんが、ちゃんとしてくれている野球部の子を見て誠実で真面目だと判断しています。

真面目な人は多いですが、誠実となるといざという時じゃないとわからないものなんですよね。

4.礼儀正しい

野球部の先生って結構礼儀に厳しいんですよね。

そのせいでちゃんとしている子達が育っています。

挨拶は当たり前かもしれませんが、ちゃんと挨拶できる人って少ないです。

目を見ずに挨拶したり、適当な挨拶をしたりする人も中にはいます。

しかしそんな事をすれば、野球部など厳しい部活では確実に罰が待っていたり、監督やコーチに厳しく怒られてしまうでしょう。

礼儀というのは当たり前の事だとは思いますが、学生でちゃんとしている人は限られます。

大きな声ではっきり挨拶したり、何かをしてもらった時ありがとうやごめんを言えるかはとても重要になるものです。

敬語がしっかり使える

敬語がしっかり使えるかどうかも部活のお陰ですね。

基本的に運動部は上下関係がしっかりしているので、敬語を使って当然というレベルにまでなります。

同級生はともかく、先輩やコーチや監督に敬語を使わないなんて論外以外の何物でもないと思って下さい。

ある程度分別がついてくるような高校生や大学生はともかく、まだ小学生や中学生は敬語を使えない人もいます。

敬語がしっかり使える子の方が礼儀正しい人間として見てもらえるでしょう。

もしあなたなら下級生や相手チームの人間が敬語を使わないなんて人がいたら、図々しいと思いませんか?

絶対に嫌な気持ちになりますし、礼儀がなってないと思うでしょうね。

上下関係がきっちりしている

運動部は下級生の面倒を見なければいけません。

下の者は上の者を敬わう必要があります。

そもそも上下関係はきっちりしておかないと、チームとしてはなりたちません。

チームプレイをする時は、仲間と協力してプレイをしなければいけないのですが、上下関係関係がバラバラだと上手く連携が取れにくくなってしまうのです。

人間という生き物は、傲慢な生き物ですからね。

上下関係がしっかりしていないと、相手を見下してしまうのでどうしても個人プレイが目立ってしまうような戦法になりやすくなります。

礼儀を厳しく仕込まれているような野球部は、先輩達を見下したりせず、反対に後輩達に嫌がらせをせず、お互い切磋琢磨してやっていくことができます。

5.簡単には付き合わない

野球部男子はあんまり簡単には付き合わないという人が多いかもしれません。

サッカーやテニスなどとは異なり、軟派なイメージがないからでしょうか。

正直な話付き合った場合、周りの目もありますし、コーチや先輩達に緩んでしまうと思われてしまう恐怖心もあります。

恋というのは悪い方向にも良い方向にも、簡単に転がり落ちてしまうものです。

良い方向だと相手の存在を源に頑張ろうとする気力が沸き上がるでしょう。

ですが、反対に悪い方向だと緩んでしまうならまだマシですが、相手のせいでコンディションが台無しになってしまう可能性があります。

ケンカしたりペースを乱されてしまう事も考えられますし、日常生活にも支障をきたしてしまう事があるので、恋をしたくないという人もいるのです。

簡単に付き合ってしまったら後々自分が面倒くさくなってしまうので、迷惑だとも考えてる人も少なくありません。

付き合う事や異性に対して興味津々なお年頃ではあるのですが、今自分にとって何を集中しなければいけないか理解をしていますね。

硬派

軟派はチャラいという意味合いがありますが、硬派はその逆ですね。

軟弱な精神を持つ軟派とは異なり、硬派は強靭な主張を持ち行動に出る人間の事を指します。

ざっくりと言うなれば、浮ついた事や世間の流行に流されない精神の持ち主だと思って下さい。

女性の事には興味があるのはありますが、普通なら色香に負けてしまうような所を一喝するほどの精神を持っています。

硬派な人間は特に安っぽい女性を嫌うのです。

積極的すぎる女性を好まず、そして女性なら誰でも良いという男性とは違います。

6.奥手

硬派と言えば格好が良く男らしいイメージがありますが、実際は単純に奥手という人もいます。

奥手な人ってシャイなんですよね。

嫌ではないのですが、付き合うとかなり面倒くさいです。

キスはおろか、手を繋ぐことすらままならないでしょう。

よっぽど気長な人間なら良いのですが、奥手と硬派はかなり違います。

硬派は安っぽい女性にはなびくことはなく、自分の惚れた女性に一途に好きになる傾向があるのですが、奥手な男性は単純にチェリーボーイなだけです。

女性自身一緒にいて何もしてこない男性にやきもきしてしまう事が多く、積極的どころか消極的すぎる人が多いです。

そのため女性から見ればリードを一切してくれる訳ではなく、自分からしないといけないので残念に思っています。

上手くいけたとしても、距離が全然縮まらなかったりするので、実は彼は奥手だったと知るとつまらないと思ってしまう事もあるのです。

恥ずかしがりや

恥ずかしがり屋さんは女性だと可愛いのですが、男性の場合はちょっと大変です。

女性の場合は顔に恥ずかしいと思っているのが現れやすいのですが、男性は表情に一切出しません。

そのため喜怒哀楽がはっきりしておらず分かりにくいというデメリットがあります。

浮気の心配は確かにないかもしれませんが、その代わり自分も一緒にいても面白くないと感じてしまう場合もあるでしょう。

全員に当てはまる訳ではないのですが、硬派な人の場合は表情がもう少し読めます。

しかし恥ずかしがり屋の場合は、表情が岩のように固くなってしまっているので何を話せば良いかわからないのです。

野球部男子が好きな女子の4個の特徴

野球部員が好きな女子の特徴は、一生懸命で気遣いの出来るタイプですね。

理想を言えば、自分のためにご飯を作ってくれるような女性でしょうか。

野球部男子といえば常にお腹をすかせているイメージがあります。

料理上手でなくても、弁当など自分のために作ってくれたら惚れない男子はいないです!

好みにもよるでしょうが、別に野球部男子はボンキュボンの女性でなくでも構いません。

自分の事を見てくれている女性を好むと思っておいて下さい。

1.守ってあげたいタイプ

野球部というのは男らしく汗くさい部活動です。

正直な話、人間というのは自分とは正反対な人間を好む傾向があります。

自分と同じ人間だったらつまらないでしょう?

男らしい野球部員は、その正反対の守ってあげたくなるようなか弱い女性が好みです。

基本的に自分で何とか出来るような女性は好きにならないかもしれません。

言い方をかえれば、良いところを見せたいからですね。

自分とは正反対の人間を好むのは、良いところがあるのと自分の良さを最大限に引き立てるからだと思って下さい。

趣味や嗜好が似てるのは良いのですが、タイプが同じなのはNGになります。

野球部男子に限らず男性は基本的に、守ってってあげたくなるような女性が好みです。

野球部男子は日頃から厳しいトレーニングをして鍛えているので、腕っぷしには自慢があります。

元々男性には弱いものを守ってあげたいという本能があり、特に普段鍛えている強い男性はその本能が強いですね。

色白で華奢

これもまた本当に正反対ですが、これは女性の体質にもよりますので話半分だと思っておいて下さい。

野球部男子の外見は、日光に浴びて真っ黒焦げな人が多く、筋骨粒々のムキムキ男子が多いです。

日に焼けておらず美しい肌をした色白の女性や、体型は華奢な人が好まれると言われています。

ただしこれは女性の体質によりますので、当てはまらないケースもありますよ!

女性らしい体型と肌という言い方が良いかもしれませんね。

別に華奢でないといけないという決まりはありません。

華奢な人は可愛らしく小柄な人が多いので、好まれる傾向があります。

ただ華奢じゃないのだめなの?と思うかもしれませんが、その反対のグラマラスボディでも問題はありません。

年頃の男子は常にムラムラしている事が多いので、多少色気を出しても喜ばれるでしょう。

ただしあざとい可愛らしさはNGです。

あくまでも装っていない感をだすのが良いですね。

肌の色に関して元々色白な人はともかく、地黒の人もいるのでどうしようもありません。

最低限肌をきれいにしたり、美肌になる努力はしておきましょう。

肌が綺麗な女性はポイントが高いですよ!

女の子らしさがある

女性らしいというのはかなり重要な部分です!

男性と女性は違うものというのを分かってもらうことが大切だと理解しておいて下さい。

ただし女の子らしいってどういう部分を指すの?と疑問に思う人は多いと思います。

一体どういう事かと言いますと、女性視点から見ていきましょう。

女性の好みは男らしくて格好いい男性が好きです。

すなわち女の子らしいというのも、それと同じなのです。

男性にないものを持っているかどうかですね。

料理が出来る、スカートやヒラヒラした服装など可愛らしい格好を好む、清潔感があるというものですね。

2.一生懸命

何事も一生懸命やってる女性って美しくありませんか?

怠け者の女性なんかよりも、一生懸命あくせく働いている女性の方が美しいです。

ただし一生懸命というのは当人では分からない事も多いんですよね。

自分では普通にやっていると思っている人もいるので、分からない人もいます。

一生懸命やる人間は、どんな汚れ仕事でも全力を尽くしてがんばる人間が多いです。

自分だけのためではなく、誰かのために尽くすという感じでしょうか。

見ている人はちゃんと見ているんですよ。

一生懸命の反対で、怠け者だと分かりやすいかもしれませんね。

怠け者はすべてにおいてやる気がありません。

与えられた仕事も適当にこなしますし、どこかでサボろうとする傾向があるので、見ていてわかるのですよ。

一生懸命やっている人間と、怠け者の顔つきは全然違いますからね。

体調への気遣い

一生懸命やっている人は、他者にたいしてもとても優しいです。

マネージャーなどの立場の場合、選手の体調にも気を付けておかないといけませんので、よく見ている人がいると思って下さい。

自分の体調を気遣ってくれる人間がいる事って幸せですよ。

もし自分自身、誰かから体調を心配されたら嬉しいと感じませんか?

簡単に好きになってしまいそうですよね。

ちなみに心配性と気遣いが出来る女性は大きく異なります。

3.わがままを言わない

抽象的な言い方になるかもしれませんが、わがままにも種類があります。

1つは自分の事しか考えていない、自己中心的なわがままです。

女王様気質の女性のように、変な自己中心的な考えで振り回されるのは苦手とされています。

2つ目は相手の迷惑にならないようなわがままですね。

手を繋ぐとか、ハグなど相手が確実に喜びそうなわがままであれば喜んでくれるでしょう。

ただこのわがままは特別な時やタイミングを見計らわないと難しいと思って下さい。

かなり駆け引きが出来ないと難しいはわがままになります。

ベタな台詞かもしれませんが、私と仕事どっちとるのよ!?という台詞を言う人がいますよね。

これを言ってしまうとアウトになってしまうので絶対に言わないで下さいね。

野球に集中させてくれる

野球に集中させてくれるというのは、まさしく良妻賢母のような女性をさします。

相手の事を思いやれる人であれば、自分の好きなことを専念してくださいと言ってくれる女性は多いです。

相手のやっている事に理解があるかが重要になりますね。

そのため女性側も野球に携わっている人物であれば、文句は言われないでしょう。

マネージャーや野球などの観戦が好きな人であれば、理解してくれると思います。

しかし自分の事しか考えていない女性は、野球部男子からは嫌がられてしまうのです。

これは野球部だけではなく、今現在何かに夢中になっている男性から見れば迷惑な存在でしょうね。

練習の妨げになってしまうような女性は、デートが出来なくてブチ切れてしまったり、感情をむき出しにしてしまうようであれば論外です。

4.我慢強い

我慢強いというのは本来あまり良いものではありません。

どちらかと言うと気にしない人の方が正しいでしょう。

確かにデートがあまり出来る訳ではありませんし、他のカップルと比べると普通のデートやスキンシップなど気楽には出来ないです。

しかしそこで我慢してしまうと、体にストレスを溜めすぎてしまうので、いずれ別れてしまう傾向があると思って下さい。

考え方を変えてみましょう。

別にデートなんか出来なくても良いと思う事ですね。

正直な話、デートなんか出来なくても死にません。

むしろ普段からデートがあまり出来ないカップルの方が、いつまでもプレミア気分でいられるので良いですよ!

普段からデートばかりしていると、相手に飽きてくる傾向があります。

毎週毎週デートしていたり、1週間に1回以上会っているとその内飽きてくるかもしれません。

デート内容もマンネリ化してしまいます。

自分も相手も退屈してくるので、そちらの方が我慢してしまう事になるでしょう。

我慢はたまになら良いのですが、時々発散させるようにして下さいね。

あまりデートできなくても大丈夫

デートは出来なくても、相手と一緒にいる時間があれば幸せだと思えるような気持ちがあれば上手くいきます。

長く付き合っているカップルほどそういう気持ちが薄くなってしまうので、次第に新鮮さがなくなってしまうんです。

新鮮さを継続させるためには、あまり会う時間がない状態を作ることですね。

野球で忙しく会えないのであれば、自分の時間を有効に使いましょう。

自分の時間を有効に使い、趣味や自分磨きなど女性らしさをアップさせておく事も重要です。

会えないストレスから暴飲暴食に走ってしまう人も中にはいます。

ストレスで太ってしまう人はたくさんいますし、野球部男子自身もそこは多少なりとも罪悪感を抱いてはいるので、絶対に責めてはいけません。

野球を一緒に楽しもう

野球部男子の理想を言えば、一緒にキャッチボールとはバッティングなどを楽しみたいということです。

練習相手にはならないと思いますが、お遊び程度なら一緒に楽しめるのではないでしょうか。

野球が得意ではなく、ルールが分からないという女性も多いですが、相手の事を知るのであればルールくらいはちゃんと知っておいた方が良いですね。

難しいものではありませんし、最近では強い選手も増えてきているのでサッカーよりも楽しめるのではないでしょうか。

一緒に野球観戦デートをしてみるのも楽しいかもしれませんよ。

ページトップ