CoCoSiA(ココシア)

顔がブサイクな女性はどうすればいい...(続き2)

このEラインが一直線ではなく、唇が出ていたりするとブス顔として認識される場合があります。

ただし、このラインも顎のトレーニングや唇のトレーニングで改善することも可能です。

3.エラが張っている


エラとは顎の咬筋と呼ばれる筋肉がある辺りを指します。

このあたりの骨や筋肉が通常よりも発達していると、正面から見ると顔が角ばって見えます。

この状態がエラが張っている状態と呼ばれるものです。

エラが張っていると、顔が横に広がって見えるため、ブス顔の特徴のひとつとされています。

しかし、元々小顔でエラが張っている人は、顔のサイズ自体が小さいのであまり気にならない人もいます。

どうしても気になる人は、骨を削る整形手術や、咬筋を萎縮させる手術、小顔にするエクササイズなどで改善する道もあります。

ただし、自分では欠点だと思っていても、他人から見ると魅力的である場合もあります。

客観的な意見も大切に、自分の魅力を見極めましょう。

顔が大きく見える

エラが張っていると、顔の輪郭が四角くなるので、どうしても顔が大きく見らえがちです。

また、強情そうな印象を人に与える場合もあります。

そのため損をすることが多くなる可能性がありますが、中には自分の個性と割り切り、エラが張っている顔を浮かしたメイクをする人もいます。

シャープなイメージにならない

エラが張っていると顔の輪郭が四角いため、シャープなイメージにはなりません。

小顔の特徴のひとつには、顔が頭から顎に向けて細くなるシャープなラインがありますが、エラが張っているとこのラインがありません。

そのためシャープさや繊細さに欠ける顔になるのです。

4.鼻が低い

鼻が低いこともブス顔の特徴の一つです。

鼻が低いと、顔が地味な印象になりがちです。

特に横顔では美しいEラインが描けないので、印象が悪くなります。

西洋人に比べて私たちアジア人は鼻が低い傾向にあります。

もちろん普通の高さのある鼻があれば、十分魅力的な鼻の持ち主といえますが、極端に低い鼻の場合、魅力が低くなる可能性があります。

西洋人の場合は、鼻が高すぎることがコンプレックスに繋がりやすいといわれていますが、アジア人は反対の傾向にあります。

鼻の低さは整形手術で改善が可能です。

シリコンなどの人工的な軟骨を埋め込み、鼻を高くするのです。

実際に手術を考えている人は、信頼できるクリニックや整形外科医院で行いましょう。

団子鼻

全体的に丸くて低い印象のある鼻を、団子鼻といいます。

団子鼻はあまりクリエイティブな印象を与えません。

漫画などで描かれる団子鼻のキャラクターも、大抵は三枚目や脇役のキャラが多くいます。

二枚目や美人キャラ、美しい容姿のキャラは大体高い鼻を持つキャラとして描かれています。

もちろん現実には、団子鼻の持ち主でもクリエイティブな人や社会的に成功している人はたくさんいます。

どうしても高い鼻にしたい人は、整形手術を検討しても良いでしょう。

しかし、そのままの鼻でも幸せになれる人もいるのです。

ぶた鼻

鼻が上を向いている印象のある鼻が、ぶた鼻と呼ばれる鼻です。

動物の豚のような印象があることから、ブス顔の特徴のひとつとされています。

ぶた鼻も整形手術で改善が可能です。

しかし、多少上を向いているくらいの鼻でしたら、むしろ可愛らしいこともあります。

他のブス顔の特徴と同じく、本人の感覚以外に周りの人の意見も大切にして判断しましょう。

ただし、親身になってくれる人の意見以外は信用しないことです。

中には悪意をもって誇張する人もいるからです。

5.肌が荒れている


肌荒れはブス顔の特徴であると同時に、男女を問わず魅力を損ねる原因です。

肌荒れの原因には様々なものがあります。

ケガや日焼けの跡、ウィルス性のものやアレルギー反応など、人により色々です。

どの原因でも改善策をとらないと、見た目の印象が悪くなってしまいます。