人からはいつも見られている横顔

自分でチェックしていますか?

完璧にメイクしたつもりでも、実は横顔ブスになっているかもしれません!!

横顔美人は美人の条件のひとつ。

美人は、横顔もキレイで初めて美人と認識されるのです!

正面から見た自分の顔に満足していても、横から見ている周りの人にはどのような印象を与えているのか、今一度確認してみませんか?

今回は、まず『横顔ブスの特徴』を解説していきます。

合わせ鏡で自分の横顔を見ながらチェックしてみましょう。

そこで…「私って横顔ブス!?」と気づいてしまった人のために!

『横顔美人になれるメイク』や『マッサージで横顔美人になる方法』、『横顔美人になるヘアスタイル』や『避けたほうがいい髪型』などを一挙ご紹介していきます。

横顔美人になりたい人、横顔ブスを卒業したい人必見です!

横顔は自分では見えにくい


横顔は、自分では見えにくい場所です。

でも、他人からはよく見えるのが横顔。

どちらかといえば横顔のほうが見られる機会が多いかもしれません。

それに気づかずに、正面から見た自分だけで満足している人も少なくないのではないでしょうか。

自分では見えないだけに、正面と横顔の印象がそんなにも違うなんて…気づきませんよね。

意識して見ないと分からないので、キッカケがないと横顔には意識も及ばないのが普通だと思います。

ところが、ふと合わせ鏡で自分の横顔を見た瞬間や、写真に写っていた自分の横顔を見た瞬間など、自分の横顔が思っていた印象と違うことに気づくとかなりの衝撃を受けますよね!

「私って実は横顔ブス!?」と知ったら、それほどショックなことはありません。

でも、正面から見た自分も、横から見た自分も自分です。

いつもメイクやヘアスタイルで美人になる努力をしてきた人なら大丈夫!

コツを掴めば横顔美人になる道も遠くはありません。

横顔は見えにくい場所ですが、きちんと把握しておくことが最も大切なこと。

いつも意識しておけば、きっとあなたも横顔美人になれますよ♡

横顔ブスの特徴

横顔を見ると、自分の顔や頭の輪郭がくっきりと浮かび上がります。

鼻の高さや形、顎の輪郭、後頭部のラインまで…。

その浮かび上がったラインや凹凸具合が美しく見えるかどうかが、横顔美人か横顔ブスかの分かれ道。

頭全体の丸いラインに程よいメリハリが付き、そのバランスがとれているのが横顔美人の条件で、美人の条件が満たされていないほど横顔ブスということになります。

顔で言えば、横顔美人には『Eライン』があることが美しいとされています。

顔を真横から見た“鼻先・唇・顎先”のラインに直線を引いたとき、鼻先と顎先を結んだ直線よりも唇が奥に引っ込んでいるのが、アルファベットのEに見えるEラインです。

また、フェイスラインから後頭部、額にかけて円を描くように丸みを帯びたキレイなラインが作られているのが理想的な横顔。

円に近いほど可愛らしく、シャープなラインがあると大人っぽく見えます。

これらの横顔美人の逆をいくのが横顔ブスの特徴。

まずは自分がなぜ横顔ブスに見えるのか、その特徴を把握していきましょう。

顎は顔の輪郭のなかでも凸になる部分で、横顔にメリハリをつけるパーツです。

Eラインにも影響し、横顔美人か横顔ブスかの印象に大きく関わっています。

顎がないとメリハリがつかないし、出すぎていてもバランスが悪くなってしまいます。

また、顎のラインがハッキリ見えないのも、ぼやけた印象になってしまい横顔ブスになってしまうのです。

顎が顎として存在し、キュッとしまった美しいラインを形成していてこそ美しい顎であり横顔美人の条件。

横顔ブスになってしまう顎の特徴とは?3パターンの横顔ブスの顎をご紹介します。

顎がでている

顎がでているのは、横顔ブスの顎の特徴のひとつです。

いわゆるしゃくれ顎で、顎が出すぎていると横顔は三日月のような形に…。

バランスの悪い横顔に見え、横顔ブスになってしまいます。

横顔美人の場合、横顔の凸パーツの中で最も高いのが鼻。

そして顎は、凸パーツでも額のライン上か、ちょっと出る程度がバランスの良い顎です。

凸パーツとはいえ突起する部分ではなく角となる部分で、出すぎていると顔全体のバランスを崩してしまうのです。

それに、顎は鼻や唇のような華のあるパーツに比べて、控えめな存在があるべきカタチ。

出すぎていれば主張が強すぎて目立ってしまいますよね。

Eラインを形成する重要なパーツだけど、目立ってはいけない!それが顎なのです。

顎がない

出すぎた顎は横顔ブスの特徴になりますが、引っ込んでいればいいかと言えば、そうではありません。

引っ込みすぎて顎がない状態も、横顔ブスの特徴になってしまいます。

顎がない状態とは、顎が引っ込み唇のほうが前に出ている状態や、顎から首元にかけての境目がなくつながったような状態。

実際に顎はあるものの、横顔で見ると顎がないように見えるのです。

顎がないとフェイスラインもぼやけてしまい、顔が大きく見えたり、首と顔の境目が分からずバランスが悪い印象を与えたりします。

そのため、横顔ブスになってしまうのです。

二重顎

美しいフェイスラインを崩してしまう顎にはもうひとつ、二重顎があります。

二重顎になっている人もまた、横顔ブスになってしまいます。

横顔美人の顎やフェイスラインを見ればわかる通り、美しい顎はキュッとしまって顔の支点となり、そこから伸びるフェイスラインは、耳元にかけてほんのりと美しい1本の弧を描いています。

フェイスラインが見えないのも、歪んでいるのも違和感を与えるし、何よりそのラインは1本でなければなりません。

二重顎のように顎周りに2本の線が見えてしまうと、主張すべきではない顎を強調することにもなってしまいます。

顔も大きく見えるし、太った印象も与えてしまう二重顎は、ほっそりした小顔美人とは真逆の印象を与える横顔ブスになるのです。

顔の中でも顎同様に凸のパーツとなり、顎と違って花形パーツとなる鼻。

正面から見てもスッと鼻筋の通った鼻は美人の条件とされますが、それは横から見たときにも同じです。

ラインがハッキリと見える横顔では、とくに目立つ重要なパーツでもあります。

鼻筋は真っすぐのラインを描いているほうが美しく、鼻先から鼻の下の角度は90度に近いことが美鼻の条件。

小鼻も小さめで、鼻の穴がうっすら見える程度が美しく見えると言われています。

カタチ、ライン、高さなど、顔のポイントとなり横顔美人か横顔ブスかを分ける鼻。

ブスになってしまう特徴には、鼻が低いこと、上を向いていることなどが挙げられます。

鼻が低い

鼻が低いのは、横顔ブスの特徴のひとつです。

鼻が低いと横顔にメリハリがなく、華やかさに欠ける顔になってしまいます。

また、横顔美人の条件となるEラインのバランスもとりにくく、のっぺりとした横顔ブスになってしまうのです。

一方で、高すぎるのもアンバランスになってしまうことがあります。

横顔美人の美鼻は目頭から鼻先のラインと、鼻先から顎のラインの交わる線の角度が30~40度程度が理想の高さ。

とくに日本人顔の人は鼻だけが高すぎるとバランスが悪くなりがちで、高ければ良いというわけではありません。

鼻は低すぎてもカッコ悪いし、高すぎてもバランスがとれず、横顔ブスになってしまいます。

上を向いている

鼻先が上を向いていることも、横顔ブスの特徴です。

美鼻の条件は鼻先から鼻の下の角度が90度。

鼻先が上を向いていると角度が90度以上に開いてしまい、美しく見えません。

何より、鼻先が上に向いていると小鼻も上向きになりがちで、鼻の穴が目立ってしまいますよね。

正面から見ると豚鼻のように見えるので、コンプレックスに思っている人もいるのでは?

鼻は正面からも横からもベストな黄金比が存在し、他のパーツとのバランスがとれていることも重要です。

ちょっとした違いで、横顔ブスになってしまうのが鼻なのです。

エラが張っている

エラが張っているのも、横顔ブスの特徴のひとつです。

エラが張っていると、正面から見れば顔はベース型、横顔のフェイスラインはキレイな弧を描いておらず、横顔ブスに見えてしまいます。

美人の条件とされる顔型は卵型。

卵型の人の横顔は、全体的には顎を支点としてしずく型のようになっており、フェイスラインもその形を壊しません。

それにエラが張っていると、横顔は幅が広く見えて、顔全体が大きい印象になります。

また、女性的な美人顔より、どちらかというとゴツゴツした男性顔。

どちらにしても、小顔の横顔美人とは程遠い印象です。

頬骨が張っている

横顔ブスの特徴には、頬骨が張っていることも挙げられます。

輪郭には影響しない頬ですが、横顔の平面の印象を左右するのが頬。

頬骨が張っているとエラ張りさんと同じくゴツゴツした男性的な印象を与えてしまうのです。

横顔美人の頬は、横顔の中でも女性らしさを感じさせるパーツ。

ふっくらキュッと上がっていれば、女性らしい可愛らしさや、若々しくフレッシュな印象を与えます。

それとは逆に頬骨が張っていると、影が入って老けた印象になったり、痩せこけたような暗い印象になったり…骨を感じさせると女性らしい印象を与えません。

結果、横顔ブスと言われてしまいます。

出っ歯

出っ歯なのも、横顔ブスの特徴です。

出っ歯の場合、口元は前に突き出たカタチになってしまいますよね。

そうなると、Eラインよりも口元がはみ出してしまい、横顔美人の条件には一致しなくなってしまいます。

出っ歯なのは生まれつきなことが多く、気にしている人も多いかもしれませんが…横顔になるとさらに際立ってしまうのが出っ歯。

横顔ブスの特徴となってしまうのです。

ただ、生まれつきのような気もする出っ歯も、実は習慣が原因の後天的な場合もあるようです。

もともと気にならなかったのに、ふと横顔を見たときに「あれ?なんか口元が前に突き出してる?」と気になった場合は、生活習慣の癖が影響しているのかもしれません。

どちらにしても、横顔美人にはなれないのが出っ歯です。

矯正する方法もありますし、習慣によるものなら癖を治すことも大切です。

横顔ブスを進行させないよう注意しましょう。

受け口

横顔ブスを作ってしまう口元の特徴には、受け口もあります。

受け口とは、上顎より下顎が前に出ている状態で、歯のかみ合わせも、下の歯が上の歯より前に出ています。

顎がしゃくれている人や、顎が出ている人の原因になっている場合もありますよね。

受け口になっている場合も、横顔美人の黄金比Eラインから口元が前にはみ出てしまいがち。

フェイスラインも綺麗な卵型やしずく型にはなりません。

かみ合わせも悪いそうなので、顔全体が歪む原因にもなるでしょう。

保険適用の歯科矯正ができる場合もあるので、コンプレックスだった人は一度相談してみるのも横顔美人になる近道かもしれません。

フェイスラインがたるんでいる

横顔ブスに見えるのは、フェイスラインがたるんでいることも影響します。

しかしこれは、顎や鼻、出っ歯や受け口などの骨格と違い、自分の努力で卒業できる横顔ブスの特徴なのではないでしょうか。

フェイスラインがたるんでいると、横顔美人にあるきれいなラインが見えません。

フェイスラインがハッキリしていないと、顔が大きく見えたり、太って見えたり…卵型やしずく型のラインも形成されず、だらしない印象を与えてしまいます。

フェイスラインのたるみは、太っていることによるぜい肉の影響や、老化によるたるみ、老廃物が溜まっていることによるむくみなど、さまざまな原因によって引き起こされます。

それでも、マッサージで引き締めたり、メイクを工夫したりすることで横顔美人に見せることもできるのがこの特徴。

後ほどご紹介するメイク方法が、きっと役に立つでしょう。

絶壁

横顔ブスを印象付けてしまう頭部の特徴が絶壁です。

絶壁とは、後頭部に丸みが無く、まさに断崖絶壁のようにストーンと真っすぐになっている頭のこと。

ここに丸みが無いと、横顔美人の輪郭となる卵型やしずく型にはなりません。

顔のバランスが良くても、絶壁だと横顔ブスになってしまいます。

頭のカタチは、普段髪に隠れてあまり気にならないかもしれません。

でも、他人から見れば全体的なバランスのほうが気になるもので…丸みがないと、やっぱり美しいとは感じないのです。

ただ、頭は普段髪に隠れているというのがポイントで、絶壁は髪型の工夫で何とでも出来るのが嬉しいところです。

髪で印象操作すれば、絶壁とは感じさせないようにも出来るのです。

横顔美人になるヘアスタイルについても後ほどご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

横顔美人になれるメイク


ここまでは、横顔ブスの特徴をご紹介してきました。

自分の横顔に気になる特徴はありましたか?

横顔ブスの特徴には、長年のコンプレックスになっているものも多いと思いますが、中にはメイクなどで印象を変えられるものもあります。

ちょっとしたひと手間、ちょっとしたコツを掴んでメイクするだけで横顔はぐっとあか抜けて、どこから見ても美人顔にすることができるのです!

ご紹介していくメイク方法をマスターして、メイクの時は横顔美人メイクも取り入れるようにしてみてくださいね!