どこからがブサイク・ブスであり、どこからがフツメンであり、どこからが美男(イケメン)美女と呼べるのか

と考えた場合、なかなか正当な答えを出すのが難しいのではないでしょうか?

なぜならそこにはどうしても意識・無意識に関わらず、好み(薄い顔が好き・濃い顔が好き。可愛い系が好き・綺麗系が好き)

なぜか嫌いという本能的なもの、メイク、恰好、体型、髪型、話し方、仕草、性格、年齢、生き様、

そういったものを付随して考えてしまいがちだからです。

顔面偏差値という正当な基準ではなく、

他の部分でのプラスマイナス、イメージから来る好感度というものをどうしても付けてしまう、ということです。

ここでは、ブサイクという基準というものをかなり真面目に考え、

余計な感情を加えない「顔面偏差値」による判断、

そして「顔面偏差値」以外での、俗に言う雰囲気イケメンについて詳しく解説していきます。

どこが違うの?イケメンとブサイクを比較!

まずは、「顔面偏差値」のみの判断です。

冷静に分析した場合、男女ともに、

・ パーツ
・ バランス

が重要であるのは間違いないでしょう。

そこに、イケメン、ブサイク、の境界線があると断言できます。

何年か前から、風邪や花粉でもないのに男女問わずマスクをしている人を見かけますが、

目はとてもイケメンであり美女であるのに、マスクを外したらそうでもなかった、というのはよくある話で、

それは他のパーツ(鼻・口・輪郭)が平均値より低いからです。

あるいはバランスが悪いということになります。

ようするに、パーツ、バランスが基準になり、そこのみ着目しないことが、正当な顔面偏差値による顔立ちの測り方と言えます。

イケメン、美人の特徴

正当な顔面偏差値で考えた場合、

・目→ 大きい・二重瞼・切れ長・睫毛が長い・黒目がち
・眉毛→ 目を引き立たせるような毛並びであり、かたち
・鼻→ 高い・鼻筋が通っている・鼻腔が下向きであり小さい
・口→ 大きくもなく小さくもない・上向きでもなく下向きでもない
・顎→ すっとしている

が、美男美女の特徴と言えます。

ここに輪郭や髪型や肌質というパーツが加わり、バランス良く配置されていれば、イケメンであり、美女と言えるでしょう。

イケメン、美人だと思う有名人は?

補足すれば、やや垂れ目、受け口、鷲鼻、あるいはタラコ唇などでも恰好いい、可愛いと呼ばれる人はたくさんいるので、

パーツがいまいちでも、それを補えるバランスの良さがあれば、ブサイクとは見なされないということが言えます。

ですが、「正当派」と考えた場合、少々ズレるかな、というのが、ここでの解釈です。

つまりパーツ・バランス、この両方をきちんとクリアし、そしてその人が持つ人間性を(できる限り)抜いて考え、

さらに全盛期といったものを排除して思慮すると、有名人で言えば、下記の人たちがイケメン・美女の部類に当てはまります。

★男性
岡田准一
滝沢秀明
竹野内豊
真田広之
反町隆史
木村拓哉
玉木宏
長瀬智也
安藤政信

★女性
橋本環奈
新垣結衣
夏目雅子
加藤あい
佐々木希
白石麻衣
吉永小百合
深田恭子
伊東美咲

上記はいろいろなデータ、意見を参考にして選出したものですが、おそらくここでも、多少は「好み」が入ってしまっている、と推測できます。

ですが、パーツ・バランス共にいい、と断言できる人選で間違いないと言えるのではないでしょうか。

正当派イケメン、正当派美女、だと。

男性ならば、坊主にしても恰好いいが基本でしょうし、女性ならば、江戸時代の結髪でも綺麗が基本でしょう。

恰好で言うのならば、Tシャツとジーンズでも様になっているという人です。

上記、どの人もそれに当てはまると思います。

そしてこの人選には、「顔の流行」がありません。

しょうゆ顔、ソース顔、というような部類です。

時代が変わろうと、イケメンと呼べる人、美女と呼べる人、それが正当派でしょう。

本当の美男美女とは

特徴はあるけれど実は特徴がない、のがイケメン、美人の特徴と考えます。

よくカップルやファミリーが集まる場所において、絵描きを見かけます。

そこで有名人の絵を展示しているところを誰もが一度は見かけたことがあるでしょう。

そこでの似顔絵はみな、その人の特徴(目立つ部分)を過剰に表現する描き方をしています。

長所・短所(人に寄っては感じ方が違う部分)、そこを印象づける画法を主に用いています。

だからこそ分かりやすく、見た人が、「似てる!」と判断できると言えるでしょう。

ですがそれがない場合、すなわち全てにおいてバランスが非常にいい場合、良い意味で特徴がない場合、完璧な人の場合、

「何か似ているような似ていないような」
「っていうか、単なるイケメンになっているような」

といった結果になる可能性が高いです。

ある画家が、「第一印象でパッと目がいった場所、気になった場所を強調して描きます。

そんな特徴がある人はすなわち描きやすいです。

逆に、『お、色男』『いい女』という感情が先に来てしまう人は描くのが難しいです」

とおっしゃっていたのですが、まさにその通りだと思います。

バランスが良すぎるが故に模写しづらいのです。

絵に描きづらいこと、それがイケメンであり美女と言えます。

まあそうですよね、目力は、目を大きく描けば目力がある、とは思ってくれないのですから。

ようするに、「絵にも描けない美しさ」、まさにその通りということです。

ブサイクな人の特徴

ここではあくまでも執拗に意識して顔面偏差値のみで解説しているので、

ブサイクな人の特徴は、上記で挙げた、イケメン、美人の特徴の逆のパーツであり、ふくわらいに失敗した状態(バランスが悪い)となります。

絵に描きやすい、といえるところです。

ですがそうは言っても正確なブサイクな人の特徴を挙げるのは難しいと考えます。

それはやはり、執拗に意識しているにも限らず、どうしても「感情」が入ってしまうからです。

具体的に言えば、「目が気になる人」「鼻腔が気になる人」「歯並びが気になる人」「肌質が気になる人」と

各自、ブサイクだと思う部分のランキングが違い、あるいは「許せる部分」「許せない部分」が心底に必ずあるからです。

そこで、

「いい男じゃないけど、ブサイクでもないんじゃないの?」

というような誤差が生まれる、と言い切れます。

そして加えて言うのなら、たとえブサイクという同じ結果においても、

AさんとBさんが考えるブサイクの感じ方が同じとは限りませんし、それを比べることはできません。

あるいは点数を付けたところで、その数字が、数式が、誰もが共通ではないのですから、正確さがありません。

しかし、絶対的に正確ではないにしろ、パーツでありバランスが基準になることは間違いなく、

それが完全なものであれば、「ブサイクじゃん!」とはとりあえず言われることはないとは断言できます。

逆に、数多くパーツが悪く、バランスが良くなければ、「イケメン、美人!」と呼ばれることはないとも言えます。

シビアな答えですが、「顔面偏差値」だけを基準にするとそういうことになります。

だからこその、それを自ずとみなさんが知っているからこそ、男女問わず、空前の美容整形ブームなのかもしれません。

ブサイクな人には自分に原因あり!?


顔面偏差値だけでブサイク、あるいは真ん中のラインを判断するのはとても困難ということは上記で説明した通りです。

それは再三述べたように、感情がどうしても入ってしまうからです。

タイプはもちろん、印象やイメージが意識の片隅に知らない間に根付き、判定を大きく左右してしまうのです。

それによって人に寄っては、「フツメン」が「ブサイク」になったり、「ブサイク」が「フツメン」なったりする現象が起きるのです。

ということは、別の見方をするのなら、「ブサイク」、もしくは「もったいない」という状態になっているのは、

必要以上に点数を落としてしまっているのは、顔立ち以外に自分自身に原因があるとも言えます。

感情の部分での減点。

つまり印象、イメージの部分でマイナスを付けていると。

自分に自信がない

自信は姿勢や歩き方、仕草や話し方や立ち振る舞いや目つきに関わってきます。

何ひとつ自分の中で、「個性」ではなく、「短所」としか捉えられないのです。

「顔面偏差値」以外に出る、オーラ的部分が皆無なのです。

誰もが無意識にプラス、マイナスを付けてしまう「感情」に関わる部分に対し、まるで無頓着なのです。

もう一度言います。

良くも悪くも、イケメンや美人の「正当な点数」「判定」「評価」は付けづらいのです。

難しいのです。

だからこそ、本来ならばこの部分を利用し、磨かなくてはいけないのですが、自信が無い故に何もせず、さらに点数を落としていっているのです。

周りからいじられて気になる

心ない人が溢れている世の中です。

面と向かって「ブサイク」と言ってくる人はもちろん、中傷、陰口、嘲笑、に溢れています。

お笑い芸人でもないのですから、それを笑いに変えることははっきり言って難しいでしょう。

指摘されたパーツがコンプレックスへと変貌するというものです。

ということから、ここで二つに分かれると言えます。

・気になるから引っ込み思案にある。
・気になるからその部分を何とかしようと試行錯誤する

です。

笑いに変えることは難しいです。

気にしないことも難しいです。

なので、上記の感情、どちらかになることが多いでしょう。

そして、前者の感情を抱いてしまうのが、さらに自分を下の位置に持って行っている人の特徴です。

悔しい、だから何とかして異性にモテたい、という前向きな感情にはならず、内に籠もる。

絶世のイケメン・美人に顔立ちを指摘されたのならまだしも、大した見た目じゃない人に言われ、内に籠もるなんて馬鹿らしい、という考えが全くないのです。

ブサイクだと落ち込んでいる

落ち込みは負の感情を生みます。

どこまでも、底などあるのかと思うほど、深く落ちていきます。

自らさらにネガティブになるような感情へと向かいます。

それによって目に力がなくなります。

大きな闇を背負ったような雰囲気を漂わせます。

内面次第で雰囲気イケメン、モテ女になれる!

このようにブサイクと言われがちな人は、顔立ち云々の前に、内面にマイナスオーラを発生させている可能性が高いです。

だからこそ、内面からプラスオーラを大量に発生させていれば、前向きな感情でいれば、努力を怠らなければ、

ブサイクと呼ばれない、あるいは、緩和される、その顔立ちが武器になる、ひいてはモテるようになると言えるのではないでしょうか。

何の苦労せずに、「イケメン」「美人」と呼ばれる人を羨ましいと思うかもしれませんが、

努力はどんなものよりも美しいですし、力強いものですし、

何より、昨今良く聞く、「劣化」という言葉に悩まされる心配がないというのは利点ではないでしょうか。

歳を怖がる必要がないのです。

日々、ポジティブに努力を積み重ねれば、歳さえも味方にできるのです。

そんな考えを持った人が、「雰囲気イケメン」であり、モテるようになるのです。

「私(俺)の凄いところ、見せてやる!」

とそんな気持ちで未来へと進むこと、これが印象、イメージを変え、イケメン・美女へと変貌していくのです。

ブサイクの特徴3要素を男女別に見てみよう

「どうしようもないブサイク」と嘆くこと、「何をしてもモテない」と悪い意味で開き直ること、この考えをまずは捨てること、

それが上記でご説明したプラスオーラを発するために必要な考えです。

これを身につけることです。

そして次に、ブサイクな人に足りない部分は、

本当の意味で自分を知らない

ということが挙げられます。

自分をただ、「ブサイク」とだけしか思っていないのです。

「勘違いブス」というような言葉もありますが、それも含まれます。

自分をしっかりと知らないが故に、ちゃんとした見せ方、魅せ方、それが分かっていないのです。

では具体的にはイケていない人は、どんなふうに見せ方、魅せ方が分かっていないのか。

男女別に詳しく解説していきます。

男の子編


ブサイクよりももっと上にあると言える「キモい」。

ブサイクで止まらず、「キモい」まで行ってしまうのは、まさに見せ方、魅せ方が分かっていないと言えるでしょう。

自分に対して無頓着、それがブサイク要素を増やし、「キモい」にまで行き着いてしまっているのです。

1.外見

髪は伸ばし放題、そして千円カットで済ます、ワックスは付けない、無精髭、眉は整えない、鼻毛も気にしない、歯をきちんと磨かない

第一印象はまず顔で判断されるのですから、これではいけないことは明白なのですが、何もしません。

ブサイク云々の前に、ある程度の活発さ、若さ、は必要なのに、そこに気を配っていないのです。

眉、髪型、それは人の印象をがらりと変えるのに、すぐに何とかできる部分であるにも関わらず、何もしないのです。

これがブサイク男子のひとつ目の特徴です。

2.ファッション

ブサイク男子は、ダサイ服というよりも、爽やかさのない、汚い恰好をしている要素が強いです。

あるいはいつも同じ服を着ている、すなわちファッションにお金を掛けないということです。

例えばファッション雑誌で掲載されている服装を一式買うという行為。

「女子に軽蔑をされるだろ」
「着る人が重要だろ。写真と同じにはならないだろ」

と言い訳をし、簡単なファッション改善をしません。

まず、一式ファッションを軽蔑する女子は全員ではないです。

そして着る人が重要、それも分かりますが、汚い恰好、イケてない恰好をしていたら、さらに点数は下がります。

少なくとも、それほど奇抜な恰好じゃない限り、眉をひそめる人は少ないのではないでしょうか?

すなわちファッションに気を配れば、プラスにしかならないのではないでしょうか?

と、いった自分分析ができない人、努力をしない人、それがブサイク男子のふたつ目の特徴です。

3.雰囲気

「雰囲気イケメン」という言葉がありますが、これは教訓になります。

「よく見ればそれほどでもない」、そんな感じなのですが、雰囲気次第でイケメンになるということができるのです。

低い声で落ち着いて喋る、それだけでイケメン度は上がります。

博学、それだけでイケメン度は上がります。

そして上記で述べた、髪型やファッションに気を配ることでもやはりイケメン度は上がります。

断言しますが、雰囲気イケメンは、フツメンであり、下手したらフツメンより下です。

それを見せ方、魅せ方により、イケメンに変えているのです。

つまりどんな人にも雰囲気イケメンになれる素質はある、ということです。

頑なに雰囲気を変えようとしない、すなわち、これがブサイク男子のみっつ目の特徴なのです。

女の子編

女性に関してのブサイク・ブス、は、「女を捨てている」「女を楽しんでいない」そんな要素が強いと言えるでしょう。

せっかく女性という、服も靴も男性よりも豊富にある環境、メイクや髪型を楽しめる性別なのに、それをただ、「億劫がっている」のです。

1.外見

整形否定派ではないので、整形は賛成です。

それで明るい性格になれるのなら、人生を楽しいものに変えられるのなら、整形はひとつの手段でしょう。

ですが、整形に躊躇いを覚えてしまう人もいることでしょう。

だから整形しなさい、とは決して言いません。

でも、メイクはきっちりとしましょう、とは言いたいです。

よくプチ整形と言いますが、それはきっちりとしたメイクでも「プチ整形」と言えるのではないでしょうか?

メイクはビジュアル系バンドでも無い限りは、女性だけに許された特権です。

それを怠っているのです。

2.ファッション

良くも悪くも年相応の恰好をしていない、どこに行くにも近所のコンビニエンスストアに行くような恰好をしている、

これがふたつ目のブサイク女子の特徴です。

また普段は見えない部分もそうです。

上下種類の違う下着、ゴムの伸びきった下着を履いている、そういったことからも、輝きをなくしているのです。

「基本、いつでも勝負下着!」

という感じの恰好をしていたら、自然と歩き方が変わるのに、顔付きが変わるのに、それをしないのです。

モテファッションというものはあります。

男性受けのいいコーディネートです。

ですがそれを、「すぐにヤラせてくれる女と思われたくない」という生真面目さ(?)から、それさえもしないのです。

別に見知らぬ人に声をかけられたら必ずついていけ、尻軽女になれ、と言っているわけじゃないです。

声をかけられることによりそれは自信になる、あるいは未来を変えるきっかけにもなる可能性がある、ということを言いたいのです。

イケてない女子は、意識が変なふうに高い系になってしまっているのです。

3.雰囲気

大した顔立ちでもないのに、なぜかモテる、そんな女性は周りにいませんか?

おそらくその人にはこんな特徴がありませんか?

・明るい
・よく笑う

可愛くはないけれど、可愛げがある、だからモテるのです。

可愛げ、それは自身で操作可能なのです。

その操作をしないのです。

よってモテません。

このような男女ともに共通していることは、必要以上にモテなくしているのは自分自身にあり、

すなわち見せ方、魅せ方がまるで分かっていないのです。

男性ならば、髪型、他に魅力を出せる場所(ヒゲなど生やす)、

女性ならば、コンプレックを感じる部分をメイクで誤魔化す、このような対処が不十分なのです。

短所と思う箇所でさえ見せ方、魅せ方が分かっていれば、そこが気にならなくなる、

あるいは長所となり得ることもある(プラスオーラを発せられる)、そのことを理解することが必要なのです。

ブサイクとは言わせない!人気者の特徴とは?

ブサイクなのにいじられない(いじめられない)、あるいは、ブサイクなのに好感度が高く、異性から言い寄られる、そんな人っていますよね。

そんな人は先に述べた外見的な見せ方、魅せ方をしっかりと知っていて、そしてこれから述べる「生き方」が、プラスオーラを発生させていると言い切れます。

親しみやすい

イケメン、美人でもモテない人はいます。

それはイケメン、美人すぎるが故に、無意識に周りに「見えない壁」を作ってしまっているからです。

近寄りがたい、ということです。

そういった深刻であり羨ましい悩みがないのに、容姿に自信がないからか、人気のない人は壁を自ら意識的に作り、親しみやすさをなくしています。

あるいは輪の中に入って行こうという意志がないです。

人気者の容姿がいまいちな人には、そんな壁はないです。

率先して輪の中に入っていきます。

自分を受け入れ、そして胸を張って様々な人のところへ向かいます。

ちなみにこういった感情は実は奇跡を生みます。

よく美女と野獣というようなカップルを見かけますが、

それは美女が無意識に作ってしまう壁さえも、大きな期待をしないが故に特別な感情を持たずにブサイク人気者男子は軽々と乗り越えることができるからの結果なのです。

近寄りやすい

上記の別の見方をするのなら、イケメン、美人が持つ壁がないので、周りの人ももちろん近寄りやすいです。
(自ら向かわなくても近寄ってくる)

友情、恋愛、どちらの面においても声をかけやすいのです。

そして、ブサイクということがいい意味でメリットを生み、相手が気を使うようなことがないため、より双方の仲が深いものになっていきます。

相手を知り得るスピードが違ってきます。

そして知り得た部分が魅力的で、そして人気者になるということです。

何かイベントがあった場合、「あいつも呼ぼうよ」と、そういう流れを発生させるのです。

変に緊張しない

緊張感は容姿が整った人の前だと感じてしまいますよね。

それは容姿が整っているので、内心が読み取りづらいという部分から生まれる緊張です。

その分、ブサイクな人は、相手にその緊張感を抱かせることがありません。

ブサイク人気者は、その長所とも言える部分をしっかりと理解し、利用します。

お笑い芸人さながらに、と開き直れる特殊な人はもちろん、そこまではいけない人でも、人気がある人は、「ブサイク」を決してネガティブに捉えてはいない、と断言できます。

いじってもらえて会話に困らない


容姿をいじる、と思ってはいませんか?

それも時にはあるかもしれませんが、そうではなく、容姿以外の部分を言っています。

人気があるから、いじってもらえるのです。

ふってもらえるのです。

そして、そのふりに答えてくれる、という絶対的信頼感が相手にあるからこそ、会話に入れてもらえるのです。

置いてけぼりにされないのです。

「恰好つけない」
「飾らない」

これは人気がある男女が持っている人柄です。

全力で変顔やギャグができる

自分を捨てろ、ということでないです。

自虐的な行為をしろ、ということでもないです。

飾らないので、行動に制限がないということが言いたいのです。

そしてそんな行動は好感度を発生させます。

例えば、「ほら、私モテるから」と言って、相手に引かれないということ。

これをどう自分の中で処理するか、それによって人気者になるか、ならないかが別れます。

美男美女がこの台詞を言ったら、嫌味にになるでしょう。

人が離れていくでしょう。

フツメンがこの台詞を言ったら、勘違いしている、と陰口を叩かれるでしょう。

よってやはり人が離れていくでしょう。

ブサイクな人がこの台詞を言ったのなら、決して人は離れていきません。

唯一、発することが許されている人です。

こんな部分にうじうじするか、それとも前向きに考えるかは自分次第ってことなんです。

イケメンや美女は、妬みややっかみを生みやすく、すなわち敵を作りやすいのです。

そんな環境じゃないことを、ポジティブに捉えること――つまりブサイクと呼ばれない人、

ブサイクなのに人気者は、決して自分を卑下することなく、その自由度の高い世界の中で、誰よりも大きく動き回り、素敵な友情、恋愛をゲットしているのです。

そして補足するのならば、イケメン、美女なのにモテない人は、ナルシスト、コミュニケーション能力が低い、 理想が高い、 消極的、が挙げられます。

美男美女でさえそんな生き方をしていたらモテない、ということを是非覚えておいてください。

それほどに、「生き方」は重要なのです。

今日からできる!脱ブサイク!

雰囲気イケメンは努力家、そう言い切れます。

あるいは、モテなかったのにモテるようになった、そんな人も努力家です。

努力――頑張れば何とかなる部分、そこに力を懸命に注いでいるのです。

ダイエットに挑戦してみよう

自分じゃどうしようもできないことをいじるのはいじめです。

つまり持って生まれた部分です。

しかし、できることをいじるのは忠告であり助言です。

だからそれをしないのは怠慢です。

ダイエットをしましょう。

ダイエットをするだけで、ひとつ上のステップへと行けます。

男性なら筋トレもいいでしょう。

「脱いだらビビるぜ」ぐらいになれば、自信も活気も身体からみなぎります。

コンタクトデビューをしてみよう

お洒落な眼鏡をかけているならまだしも、銀縁の、一昔も二昔も前のタイプの、かつレンズが脂で汚れているような眼鏡をしているのはNGです。

コンタクトレンズは、目からの距離が近いため、眼鏡より視力が上がり、よく見えます。

そしてそのよく見えるは景色だけでなく、世界ががらりと変わって見えます。

すなわち鏡の中の自分が違って見えます。

テレビの番組で、タレントの過去のイケてない時の自分を紹介するコーナーがあり、写真が出れば、大抵、ダサい眼鏡を掛けていますよね。

その対比は、つまり今現在のタレントは、お洒落な眼鏡なり、コンタクトレンズをしています。

そのぐらい目元は重要であり、コンタクトレンズは自分を変えることのできる、垢抜けることができる簡単なアイテムなのです。

スキンケアを改良してみよう

今のネット社会を利用すれば、ステマに気を付けながら検索すれば、どのスキンケアが評判がいいのか、それが分かります。

近所のドラッグストアで買える安価なものは悪いとはいいませんが、世間で評判のものを1度は試してみることをおすすめします。

そのスキンケアは評判にしろ値段にしろ、きちんとしたわけがあります。

少なくとも、「この人気商品を使っている私はきっと輝く!」とそう思えると言い切れます。

自分に合ったファッションを見つけよう

まさに見せ方、魅せ方、の集大成的な要素、ファッション。

流行を取り入れるより、一歩さらに進むには、どれが自分に似合うのか、それを知ることが重要です。

ファッション雑誌を読むことももちろん必要ですが、その中にある知識を得ることは大切ですが、

何より重要なのは、その様々な知識から自分には一番どれが似合うのか、それを知り得ることがモテるための必須条件です。

恥ずかしがらずに試着し、自分に合った服装を見つけてください。

似合う、似合わせ、それを意識してください。

内面からキレイになろう

マイケル富岡さんが、本当か嘘か、あるいは盛っているかは分かりませんが、

「何十人の女性とおつき合いしている」という浮き名を流しているのは有名な話です。

これを聞き、女性ならば下記のような感想に別れると思います。

① イケメンだからね~。(好印象)
② 最低だ。(嫌悪感)
③ 女性がいいと思っているのならいいんじゃないの。(客観視からの肯定)

おそら①、あるいは③、この答えを言う人が多いのではないでしょうか?
つまり嫌悪を抱いていないということです。

彫りが深く、整った顔立ちをしているマイケル富岡さんは、ブサイクではなく、つまり妬みややっかみを受けやすい環境にいます。

それなのに、「② 最低だ(嫌悪感)」を抱く人が少ないのは、あのノリであり、快活な部分であり、ポジティブさであり、そしていやらしさを感じる部分がないからでしょう。

つまり、イケメン・美女だろうと、ブサイクな人だろうと、内面はとても大事、ということになります。

同じ容姿でも、言動、行動で、周りの態度が良くも悪くもがらりと変わるのです。

内面はイメージ、そして振る舞いに反映されます。

内面は輝きや、目には見えない恰好良さ、美しさを醸し出します。

内面を磨くには

磨く。

つまり内面とは自分で変えることができる部分です。

上品さであり、気さくさであり、セクシーさです。

自身に気を配ること、自身を改革しようと思うこと、それが内面を磨くということです。

上品さ、気さくさ、はご説明はいらないと思いますが、セクシーさはどうしたらいいのか、と悩みますよね。

仕草がセクシー、話し方がセクシー、これらはきっと、「セクシー」と呼ばれる人に、「どのようにすればセクシーになれますか」と訊ねても、明確な答えは出て来ないと思います。

ですが、ひとつだけ明言できることは、

セクシーな人は落ち着きがある

です。

ばたばたとしている人にセクシーさは感じませんよね。

落ち着いた言動と行動、その中に芯(自分)がしっかりと見える、そんな人がセクシーと言えますよね。

だから、「余裕」――それをどうか意識してみてください。

内面キレイ人の周りには人が集まる

結局は、と考えたら、人が最終的に求める者は、外面ではなく内面なのです。

どんなに頼りがいがある顔をしていても、実は頼りがいがなかったり、どんなに優しそうな顔をしていても、実は性格がキツかったりしたら、人はやがて離れていきます。

逆に言えば、容姿に自信がある人こそ、自分を向上させることや反省することを忘却してしまっていると言えます。

そんな人はやがて、「イケメン」「美人」だったのに、「雰囲気イケメン」「劣化」「昔は美人」「全盛期は可愛かった」と言われることでしょう。

ブサイクは常に努力する! 常に向上しつづける!

と強く決めた時点で実は、イケメンの仲間入りをしている、と断言します。

まとめ

例えば、カフェにてスマホをいじりながらサンドイッチを頬張り、ぼろぼろと零し、なんて、モテるわけがないですよね。

「ブサイク以上にブサイク。必要以上に自らモテなくさせている」

と思いますよね。

そういったことはやめましょう。

確かにごまかしがきかない部分はあります。

ですが、ごまかせる部分、曖昧にできる部分もちゃんとあるのです。

そして、輝かせようと思えば輝く部分も必ずあるのです。

たった一度の人生です。

だからこそ自分を愛してあげてほしいな、とそう考えます。

自虐的なことを考える暇があるのなら、こんな顔立ちに生まれたかったなとそう夢想する暇があるのなら、

自分を変える行動をすること、これが大事です。