ブス・ブサイクの記事一覧

ブスとブサイクに関する記事一覧です。

可愛い子はブスの何十倍も得しているなんて言いますよね。

自分てブスなのかも…と思って落ち込んでいませんか?

美人とブスに対する上司の態度が違いすぎる!とか、モテるのはやっぱり可愛い子だけ。とかそんなふうに思っているかもしれません。

もちろん顔はもって生まれたもの。

しかし、それをどうするかは自分次第です!

卑屈になって諦めていたら、本当にブスのままです。

メイクやファッション、内面を磨くことで脱ブスだって可能なんです!

ブスとは?

ブスは漢字だと『醜女』と書きます。

意味もそのまま『顔の醜い女』と辞書に紹介されているようです。

しかし、実際には外見だけでなく、内面のことも指して使うことが多いですよね。

そして、ブスというのは男性には使わず、女性にのみ使われる言葉のようです。

もちろん中には男性に対して使う人がいるかもしれません。

広い意味で形が整っていないことを指すようですね。

ブサイクとは?

それに引き換え、ブサイクは漢字で『不細工』と書きます。

もちろん人に対して使われることもありますが、辞書には『作ったものなどの体裁が悪いこと・さま。顔かたちの整っていないこと・さま。』とあります。

要するに、人以外のものに対しても使われるということです。

洋服や箱、物などが不格好だったり、デザインなどがあまり良くないときにも『不細工』が使われるようです。

そして、『ブス』と違って男女ともに使われる言葉です。

『ブス』よりも『ブサイク』のほうが、広い意味があるようですね。

見た目と内面、両方のブス・ブサイクがある

ブスやブサイクというと、どうしても見た目が悪いと思いがちですよね。

しかし、『性格ブス』という言葉もあります。

見た目だけでなく、性格が悪いときにも容姿をたとえるときに使われる『ブサイク』という言葉が使われるのです。

なので、どんなに容姿が整っていて『可愛い』や『かっこいい』と言われていたとしても、性格が悪いと『ブス』や『ブサイク』と呼ばれてしまうこともあるでしょう。

ブス・ブサイクで損をすることは?

正直、ブスやブサイクだと、そうでない人に比べて、様々な面で損をしているといえると思います。

異性からも同性からもバカにされたり相手にされないこともあるでしょう。

実際に、美人やイケメンに比べて、お店でオマケしてもらえなかったり、同じように困っていてもなかなか助けてもらえなかったり、異性の視線の差にガッカリしてしまったりする人も多いようです。

また、比べるところが美人やイケメンでなくても、ブスやブサイクというだけで損してしまうことって、数えきれないほどあるのではないでしょうか。

可愛い人はこんなに得してる!

ブスやブサイクな人に比べて、可愛い人やイケメンはどれだけ得をしていると思いますか?
これも数えきれないほどあると思います。

先ほどブスやブサイクが損をしたときに出したように、お店でよくオマケをしてもらえたり、困っているとすぐに誰かが助けてくれたりするのはもちろんです。

また、仕事などでミスしたりしても、笑って許してもらえる傾向にあったり、女性の場合は男性と食事に行くと奢ってもらえるのが当たり前だったり、プレゼントなどをもらえるなんて、考えただけで羨ましいことばかり。

このほかにも色々な場面で可愛い人は得しているんです。

世の中の不平等さに、ちょっと嫌になってしまう人もいるかもしれません。

可愛くなるための方法。可愛いは誰でも作れる!

生まれつきのものが良くないからと言って、諦めてしまう必要はありません。

誰にでも、ブスやブサイクと言われる自分から、可愛いとチヤホヤされる自分に生まれ変わりましょう。

それは様々な努力をすることで、可能になります。

もしかしたら、あなたの周りの可愛い人も、ブスやブサイクだからと諦めてしまわずに、努力をしたからこそ勝ち取った可愛さなのかもしれませんよ。

具体的に可愛くなるための方法にも、様々なものがあります。

ぴったりなものを探してみましょう。

メイク・ファッション・ヘアスタイル

まずは基本ですが、見た目を魅力的にすることです。

人はファッションやヘアスタイル、そしてメイクによって、大きく印象が変わります。

ブスであることを認めて諦めてしまうと、ファッションに気を使ったり情報を集めたりしなくなってしまうかもしれません。

しかし、流行のファッションを研究したり、自分に似合うヘアスタイルを見つけることによって、異性からも同性からもオシャレで自分に合うものが分かってると、高評価が得られるはずです。

そして、メイクは自分のコンプレックスや強調したい部分によって、様々な方法がありますよね。

それを研究して、練習して習得しましょう。

周りにもスッピンだと、驚くほど印象が変わる人っていませんか?

そういった人たちの多くは、自分を良く見せるための努力や研究を欠かさないと思います。

なので、可愛く見られるためにはメイクや肌のスキンケアに力を入れましょう。

整形も今なら一般的

どうしてもコンプレックスが気になるのであれば、整形も視野に入れてみてもいいかもしれません。

昔に比べて、整形はポピュラーなものになってきていますし、価格もずっと手を出しやすくなっていると思います。

二重整形などに関しては、腫れも少ないものなどの様々な種類があるようです。

また、技術もどんどん発達しているので、どうしても隠せないコンプレックスを消すことも可能かもしれません。

もし、整形に興味がある場合、事前に口コミや情報収集は抜かりなくしておくことをおすすめします。

最後に表情を明るく変える

メイクやファッションなどに力を入れることももちろん大切です。

しかし、最後に大事なことがもう一つあります。

それは、表情を明るくイキイキしたものに変えることです。

どんなに美人だったり可愛かったとしても、いつも暗く悲しそうであれば、人は自然と距離を置いてしまうことがあります。

また、たとえ顔などが好みでなかったとしても、いつも笑顔でニコニコしていたら、『この子と一緒にいたら、いつも楽しそうだな』と惹かれてしまう人もいるはずです。

また、誰だってムスッとしている人よりもニコニコしている人に良い印象を持つでしょうし、仲良くなりたいと思うでしょう。

もし自分に自身が持てなかったら

どんなに色々な努力をしても、なかなか自分に自信が持てない人もいると思います。

過去に見た目のことで笑いにされてしまったり、傷つくことを言われたりすると、難しいこともあるでしょう。

しかし、自分に自信を持つことはとても大切なことなんです。

人は自信を持つと、表情や言動にも変化が出ます。

オドオドしていた人が、自信を持つことで堂々と話せるようになったり、後ろ向きな考え方を前向きにしてしまう効果まであるんだとか。

それに、自分自身が認めてあげないと、せっかくの努力がかわいそうではないでしょうか。

少しでも自分を良く見せようと、ファッションやヘアスタイルを研究したりすることは無駄なことではないはずです。

また、見た目だけでは自信を持つことができないという人は、トーク術を身に着けたり、何か自分の特技を見つけてみましょう。

特技は手先が器用だったり、歌が上手いや絵が上手いなど、どんなことでもいいんです。

何か一つでも自信を持てることを見つけられれば、そこから自信を持てるようになることもあるんだそうです。

日本ではブスでも、海外だとモテる可能性も大いにある!

そして、日本人が外国人というだけでカッコよく見えてしまう傾向があるように、海外に行くと日本人はモテたりします。

海外と日本の可愛いやブスの基準は全く違ったりすることも多かったりします。

日本人は目鼻立ちがはっきりしている人のほうが可愛いという傾向にあります。

しかし、海外では薄い顔のほうが日本人らしいと言われたり、痩せていればいるだけ良いという考えも、海外では細すぎるのは魅力がないと思われてしまったり…。

基準はバラバラなので、海外に行ってみたら、今のままでとってもモテモテになってしまう可能性も大いにあるでしょう。

「ブス・ブサイク」のおすすめ記事を19件中、1〜19件目を表示

彼氏はイケメン×彼女はブスが多い12個の理由

なんというぞんざいな物言いだということは重々承知していますが、世の中には容姿が整っていない人、通称ブスがいます。 そして、意外なことにブスほど彼氏がイケメンな確率が高いのです。 逆もしかりで、美女とブサイクのカップルも多・・・

美人は得する15個のこと。ブスには分からない美人の世界!

ブスにとって美人は、得する生き物だと感じていませんか?昔から、「美人は得する」と耳にすることがあります。 確かに、美人なことで優遇されているように感じることもあります。 今回は、そんな美人に対して得する15個のことをご紹・・・

ブサイク男の18個の基準!やっぱり顔って大事なんだね…

不細工=ブサイクあんまりいい感じの言葉ではありませんが自分はブサイクだからと思い悩んでいる人もいるでしょう。 テレビでみる女優さんや俳優さんはなんであんなに整った顔をしているのだろう。 と羨んだりしている人もいるでしょう・・・

横顔ブスの12個の特徴と治し方

写真に写る自分の横顔などにコンプレックスを感じている人はいませんか? なんだがブサイクに見えて嫌ですよね。 なるべく横顔は見せないようにするといっても限度もあるし彼氏といるときは横顔を見せている時間が何気に多いって感じま・・・

ブサイク女と言われる人の14個の基準。対策も紹介!

「あなたってブサイクだよね」 もし、こんなことを他の人から言われたら、あまりにショックを受けちゃいますよね。 それを同性から言われてもショックですけど、男性から、しかも気になる人や好きな人から言われたら、立ち直れないほど・・・

ブス女の18個の特徴。それぞれの改善方法も紹介!

世の中には完全なブス女が存在します。 本当に女性の魅力が全くなくて色々と問題のある人っているんですよね~ 自分の知り合いなら恥ずかしいし、もしかしたら気がついていないだけで自分もブス女かもしれません。 ブス女になってしま・・・

勘違いブスの18個の特徴

「あの人なんだか勘違いしてるよね…」そんな人に出会ったことはありませんか? いわゆる”勘違いブス”のことです。 こんな言い方をすると、ちょっとひどいかもしれないですが目の前にその人がいるとまさにそのように言ってしまいたく・・・

ビジュアルが悪いとやっぱり損する9個のシチュエーション

ビジュアルが悪いと、やっぱり損なのでしょうか…。 人は見た目じゃなくて、ハートが大事!なんて言う人もいますが、それもなんだか腑に落ちませんよね。 ハートが大事なのは間違いないとしても、やっぱりそれだけじゃないと思えてなり・・・

性格悪い女の40個の特徴。隠れ性格ブスも見分けよう!

人は皆正確に良い面、悪い面があります。 中々完ぺきな性格の人はいないでしょう。 また、お互いの相性もありますので、ある人にとっては良い人でも、他の人にとっては嫌な人になる場合もあります。 しかし、不特定多数の人に嫌われる・・・

B専な人の10個の特徴と、B専の言い分

異性の好みは人それぞれ。 そんな中でも、B専…つまりブサイク専門と言われる人達がいるんですよね。 美男美女のカップルがいる一方で、美女と野獣カップルも、その逆の組合せのカップルも、実際沢山見かけます。 美女にはイケメンっ・・・

ブサメンと言われる人の8個の特徴

ブサメンなんて言葉…一体誰が作ったんでしょうね。 不細工な面(顔)とmen(男性)を掛け合わせて作られた言葉で、 イケメンの反対語となっていますが、筆者はあまりこの言葉が好きではありません。 筆者は女性なのでブサメンと呼・・・

デブスと言われる人の10個の特徴。努力で改善できます!

デブスということばは、デブでブスな容姿の女性のことをいうそうです。 デブだからブスになった女性のことへも使うそうです。 ものによっては男性に対してもいうと書いてあるものもあるようです。 デブスの特徴を解明してみよう 1.・・・

ブサイクの基準って?3つの特徴を男女別に紹介

どこからがブサイク・ブスであり、どこからがフツメンであり、どこからが美男(イケメン)美女と呼べるのか と考えた場合、なかなか正当な答えを出すのが難しいのではないでしょうか? なぜならそこにはどうしても意識・無意識に関わら・・・