2018年の7月時点で全世界の人口は74憶8234万人いると言われています。

なかなか具体的に想像できない数になるかとは思いますが、日本を含めてこの世界に存在している国にはこれだけの数の人間が存在しているということになります。

そして当然それぞれの国により自然環境などは異なり、国によって様々な文化の元で人々は生活を営んでいると考えることができます。

だからこそ国によって生活習慣が違ったり、考え方も違うようになるといえます。

例えば、寒い場所に住んでいる人は呼吸器の関係上、鼻が高くなる傾向にありますし、暖かい場所では鼻が低くなる傾向があります。

それ以外にも、寒い場所と暖かい場所では取れる食物な度も違いますし、その気温に適した料理なども異なります。

つまり、自然環境やその国の文化などによって人間性などが構築されていくものであるといえます。

それを踏まえて考えてみると、それぞれの国によって性格などや考え方は大きく切り分けられるようになるといえます。

もちろん個人レベルで考えてみると若干の差異はあるかもしれませんが、大きく分ければ国によってその影響を受けていると考えられるはずです。

そこで、今回は日本以外の国の女性に着目し、今回はモンゴルの女性の性格や恋愛傾向などについてご紹介していきます。

なかなかモンゴルの女性と関わったりすることは少ないかもしれませんが、知識として蓄えておけばモンゴルという国の文化などについても理解できるようになるはずです。

視野を広げるという意味でも有益なことであり、広い目線で物事を考えられるようになるはずです。

なので、この機会にモンゴルの女性の考え方を知り、自国とどのように違うのか、どういう魅力があるのか考えるきっかけにしてみてください。

モンゴル女子の性格

なかなかモンゴルの女性と関わったりする機会がありませんし、そもそもモンゴルがどこの国なのか具体的に理解していない方もいると思います。

簡単に説明すると、モンゴルはもともと東アジア北部に位置している国家であり、東と南が中華人民共和国、そして北部がロシアに面している国でもあります。

そしてどのような国民性を持っている国なのかと言いますと、モンゴルの国民は多くの人が遊牧民であり、定住地を持ってないで生活している文化を持っています。

なので遊牧をしながら一定の牧草地たよ季節的に移動しており、牧畜に依存して生活をしている民族であると考えることができます。

このような文化を持っている国民性がありますのでどちらかといえば遊牧民同士があまり近寄ったりすることが少なく、他人と接触する機会自体が少ない人数ではあります。

なのでお互いの空間を尊重しあい、あまり人のことに対して入り込んだりすることなどが少ない人間性を持っている場合が多いです。

また、遊牧の生活においては様々な決断などを自分自身で行わなければいけないのであまり他人に依存しておらず個人主義な考え方を持っている場合がほとんどです。

なので様々な国における集団生活の中で起きるいじめなどの問題がモンゴルにおいてはあまり存在しておらず、他人に対して淡白な考え方であるといえます。

このような背景があるということを理解した上で、モンゴルの女性はどのような性格をしているのか、ご紹介していきたいと思います。

1.負けず嫌い

まず初めにご紹介するモンゴル女子の性格は「負けず嫌い」であるということが挙げられます。

なぜモンゴルの女子は負けず嫌いな性格をしていることが多いのかと言うと、そもそもモンゴル人という人種自体が負けず嫌いな性格をしているということが理由に挙げられます。

私たち日本人の場合は相手と言い争いをしたり、喧嘩をしたりしてもある程度の線引きは考えて行動している場合が多いです。

例えば、相手が謝ったらそれで終わりになるということもありますし、相手を一発殴ればそれで終わるということなどもよくあります。

しかしながら、モンゴル人にとってはそのようなことはあまりなく、最終的なまでに勝ちにこだわる姿勢を持っています。

なので、喧嘩になった時にも完全に勝利するまでは納得いくことがなく、相手をとことんなまでにたたきのめすまでいくつくことが多いです。

なぜならばモンゴルという国の環境自体が、非常に厳しい環境の中で生活していますので、弱肉強食という感覚が常に存在しています。

ちょっとした油断をすることで精子が危険に関わる可能性がありますので、様々なことに対して容赦したりすることがあまりありません。

このような文化の中で生きているからこそ、モンゴル人は負けず嫌いであり、スポーツなどにおいても非常に強い信念を持っていることなどが多いといえます。

そして、これは男性だけではなく女性に関しても同じなので、結果的にモンゴルの女性は負けず嫌いな考え方、性格をしているといえるのです。

相手に勝つことが重要

モンゴル人は負けず嫌いな性格をしている人が多いとも紹介していきましたが、その背景にはモンゴルの国技の存在が関係しているといえます。

日本の国技として相撲が存在していますが、モンゴルでも同様に国技としてモンゴル相撲が存在しています。

モンゴル相撲は現地においては「ブフ」と呼ばれており、どちらかといえば総合格闘技の総称としても呼ばれています。

日本でも数多くのモンゴル人が相撲の力士として活躍しており、現在では白鵬関などが該当しています。

このブフと呼ばれる国技が負けず嫌いな性格を生み出しており、所以としてはブフのルールが大きく関係しています。

日本において相撲を行う際、必ず土俵で試合は行われますが、ブフにおいては細かいフィールドなどは決まっていません。

元々モンゴルが大自然の中に存在していますので、試合を行う際には草原の中で試合が行われるようになります。

なので、決まったフィールドなどがなく、勝利するためには相手を倒す必要性があり、戦死同士が死力を尽くして戦うようになっています。

なので、日本とは違い、押し出しなどで勝利がきまったりしないので、最後まで相手を倒すという気持ちをもってスポーツを行っています。

この気持ちを幼少期の頃から持ち続けているのか、いないのかということは個人の性格を決定づける上で非常に大きな要因になると考えられます。

試合を行う上で負けてもいいやという気持ちを持たなくなりますので、結果的に勝負に対して強くこだわる性格になりやすいといえます。

だからこそモンゴル人は負けず嫌いであり、それは女性に関しても同様でこの考え方が幼いことから身についているといえます。

2.時間を気にしない


次にご紹介するモンゴル女子の性格は「時間を気にしない性格」であるということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、その意味の通りですがあまり細かい時間などを気にして行動したりする人間性ではないということになります。

これもモンゴルという国の文化が関係しており、先ほどもご紹介したとおりモンゴル人は遊牧民として多くの人が生活を行っています。

つまり、定住地を持たずに生活を行っているということになりますので、日本のように家を作って長い期間そこに住む生活ではないのです。

そして、家を作ったりしないということは当然ながら家に時計などを飾って時間を気にして生活をしたりすること自体があまり文化として根付いていないのです。

つまり細かい時間を指定してその時間に相手と会ったりするようなことなどは基本的な行っておらず、時間にルーズな考え方を持つ傾向にあるということです。

もしも逆に私たちが時計を持たないで生活をするとなると、どのように生活を行っていくのでしょうか。

その答えとして、彼らは時間を確認する際には太陽の動きを見て行動を行っていると言えます。

だからこそ、ちょっとした時間の誤算なども生まれますし、細かい時間を指定してもうまく行動ができないということになってしまいます。

なので、モンゴル人は時間に対してルーズな性格をしており、これは男性女性限らずすべてのモンゴル人に共通していることであるといえます。

時間を意識しない生活

なかなかモンゴル人と親密な関係者になることは少ないかもしれませんが、もしもモンゴル人と何かの約束をしたりする際には注意が必要です。

なぜならば先ほどお伝えした通りモンゴル人は時間にルーズでありあまり時間を意識しない生活を送り続けています。

なので、約束をしたとしても30分や1時間遅刻をしたりすることはザラに存在しており、本人からしてみるとそれが遅刻であるという概念自体も持っていません。

だからこそ自分たちの時間間隔を相手に押し付けてしまうと、相手との意識にズレが生じてしまい険悪な状態になる可能性もあります。

そもそも私たちと違ってモンゴル人は時間を厳守するという概念自体が存在しておらず、時間の最小感覚なども大きく異なっていることが判明しています。

具体的に言うとモンゴルの場合は時間間隔の斎場時間はおおよそ30分であると言われており、30分よりも少ない時間を示す言葉自体が存在していないのです。

私たちにとって少ない時間を述べるとすれば1秒と答える人がとても多いと思いますが、それがモンゴル人にとっては30分であるということです。

この時点で、私たちの感覚とモンゴル人の感覚は全く違う感覚を持っているということは明白であり、時間を合わせること自体がまず不可能であるということになります。

なので、モンゴル人女性と約束をする際には、細かい時間の指定などは行ってはいけないことを理解してください。

3.温厚

次にご紹介するモンゴル女子の性格は「温厚」であるということが挙げられます。

負けず嫌いであり、勝負事にこだわったりする性格を考えてみると、激しい性格をしているような印象を持つ方も多いと思います。

しかしながら、モンゴル人は基本的に温厚な性格をしている人がとても多いです。

そもそもモンゴル人は大きな体格をしている人が多く、なおかつ国技なども存在していますのでもともと強い人が多いです。

そして、自分たちがパワーを持っているということを理解しているからこそ普段は温厚な性格をしており、意見が違わない限りは攻撃的にもなりません。

勝ち負けにこだわる勝負を重んじる性格をしているからこそ、無駄な争いを好んで行ったりすること自体があまりありません。

意味の争いと無意味な争いなどをきっちり特別かして考えることができるからこそ、温厚な性格をしている人がとても多く存在しているといえます。

そして、それは男性だけではなく女性に対してもいえますので、女性も温厚な性格をしている人がとても多いということになります。

普段は穏やかで優しい

モンゴル人は基本的に温厚な性格をしている人が多いとご紹介しましたが、それはモンゴル人という国民性や文化なども関係しているといえます。

例えば、モンゴル人は基本的に困っている人に対して全力で相手を助けてあげる国民性を持っています。

これは何故かと言いますと、先ほどもお伝えした通りモンゴル人はもともと遊牧民として生活を送っているので、大自然の中で生きています。

つまり、ちょっとした判断ミスを行うことによって生死の問題に直面してしまう可能性があるということになります。

これをよく知っているからこそ大自然の中で自分たちのテリトリーに入ってきた人間に対して全力で助けてあげることが多いのです。

本来であれば自分たちのテリトリーに入ってきた外部の人間に対して助けを行うということはあまりありませんよね。

しかしながらモンゴル人はそれを平気で行ったりしますし、助けてあげたとしても必要以上に相手に対して恩を売ったりすることもありません。

これは相手を助けてあげることを当たり前だと思っており、当たり前のことをして思ったりすることに対して違和感を感じているためでもあります。

このような背景を考えてみるとモンゴル人がいかに温厚な性格をしており優しい性格をしているのかということがよく理解できるはずです。

4.マイペース


次にご紹介するモンゴル女子の性格は「マイペース」であるということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、モンゴル人は非常に自由な発想で行動したりすることがあるということです。

例えば私たち日本人にとっては夜中に相手に電話をしたりすることはあまり良いことではありませんよね。

なぜならば相手が寝ている可能性もありますし、そもそも夜中に電話をしたりすること自体があまり相手から喜ばれないことを知っているからです。

しかしながらモンゴル人は夜中でも特に気にせずに相手に電話をしたりすることも多く、あまり深く考えて行動したりすることがありません。

夜中だったとしても相手が声を聞きたいと思えば電話をしたりしますし、相手と話をしたいと思えばすぐに行動して相手に電話をしたりすることが当たり前です。

もともと細かいことを考えて生活をしている人種ではありませんので、心を許している関係性の人にはとても楽観的に接してくれるのがモンゴル人です。

なので、時には文化の違いから非常識だと思われることはあるかもしれませんが、自分の考えに素直な性格をしているということをまず理解してください。