CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

モンゴル女子の7個の性格と4個の恋愛傾向


2018年の7月時点で全世界の人口は74憶8234万人いると言われています。

なかなか具体的に想像できない数になるかとは思いますが、日本を含めてこの世界に存在している国にはこれだけの数の人間が存在しているということになります。

そして当然それぞれの国により自然環境などは異なり、国によって様々な文化の元で人々は生活を営んでいると考えることができます。

だからこそ国によって生活習慣が違ったり、考え方も違うようになるといえます。

例えば、寒い場所に住んでいる人は呼吸器の関係上、鼻が高くなる傾向にありますし、暖かい場所では鼻が低くなる傾向があります。

それ以外にも、寒い場所と暖かい場所では取れる食物な度も違いますし、その気温に適した料理なども異なります。

つまり、自然環境やその国の文化などによって人間性などが構築されていくものであるといえます。

それを踏まえて考えてみると、それぞれの国によって性格などや考え方は大きく切り分けられるようになるといえます。

もちろん個人レベルで考えてみると若干の差異はあるかもしれませんが、大きく分ければ国によってその影響を受けていると考えられるはずです。

そこで、今回は日本以外の国の女性に着目し、今回はモンゴルの女性の性格や恋愛傾向などについてご紹介していきます。

なかなかモンゴルの女性と関わったりすることは少ないかもしれませんが、知識として蓄えておけばモンゴルという国の文化などについても理解できるようになるはずです。

視野を広げるという意味でも有益なことであり、広い目線で物事を考えられるようになるはずです。

なので、この機会にモンゴルの女性の考え方を知り、自国とどのように違うのか、どういう魅力があるのか考えるきっかけにしてみてください。

この記事の目次

モンゴル女子の性格

なかなかモンゴルの女性と関わったりする機会がありませんし、そもそもモンゴルがどこの国なのか具体的に理解していない方もいると思います。

簡単に説明すると、モンゴルはもともと東アジア北部に位置している国家であり、東と南が中華人民共和国、そして北部がロシアに面している国でもあります。

そしてどのような国民性を持っている国なのかと言いますと、モンゴルの国民は多くの人が遊牧民であり、定住地を持ってないで生活している文化を持っています。

なので遊牧をしながら一定の牧草地たよ季節的に移動しており、牧畜に依存して生活をしている民族であると考えることができます。

このような文化を持っている国民性がありますのでどちらかといえば遊牧民同士があまり近寄ったりすることが少なく、他人と接触する機会自体が少ない人数ではあります。

なのでお互いの空間を尊重しあい、あまり人のことに対して入り込んだりすることなどが少ない人間性を持っている場合が多いです。

また、遊牧の生活においては様々な決断などを自分自身で行わなければいけないのであまり他人に依存しておらず個人主義な考え方を持っている場合がほとんどです。

なので様々な国における集団生活の中で起きるいじめなどの問題がモンゴルにおいてはあまり存在しておらず、他人に対して淡白な考え方であるといえます。

このような背景があるということを理解した上で、モンゴルの女性はどのような性格をしているのか、ご紹介していきたいと思います。

1.負けず嫌い

まず初めにご紹介するモンゴル女子の性格は「負けず嫌い」であるということが挙げられます。

なぜモンゴルの女子は負けず嫌いな性格をしていることが多いのかと言うと、そもそもモンゴル人という人種自体が負けず嫌いな性格をしているということが理由に挙げられます。

私たち日本人の場合は相手と言い争いをしたり、喧嘩をしたりしてもある程度の線引きは考えて行動している場合が多いです。

例えば、相手が謝ったらそれで終わりになるということもありますし、相手を一発殴ればそれで終わるということなどもよくあります。

しかしながら、モンゴル人にとってはそのようなことはあまりなく、最終的なまでに勝ちにこだわる姿勢を持っています。

なので、喧嘩になった時にも完全に勝利するまでは納得いくことがなく、相手をとことんなまでにたたきのめすまでいくつくことが多いです。

なぜならばモンゴルという国の環境自体が、非常に厳しい環境の中で生活していますので、弱肉強食という感覚が常に存在しています。

ちょっとした油断をすることで精子が危険に関わる可能性がありますので、様々なことに対して容赦したりすることがあまりありません。

このような文化の中で生きているからこそ、モンゴル人は負けず嫌いであり、スポーツなどにおいても非常に強い信念を持っていることなどが多いといえます。

そして、これは男性だけではなく女性に関しても同じなので、結果的にモンゴルの女性は負けず嫌いな考え方、性格をしているといえるのです。

相手に勝つことが重要

モンゴル人は負けず嫌いな性格をしている人が多いとも紹介していきましたが、その背景にはモンゴルの国技の存在が関係しているといえます。

日本の国技として相撲が存在していますが、モンゴルでも同様に国技としてモンゴル相撲が存在しています。

モンゴル相撲は現地においては「ブフ」と呼ばれており、どちらかといえば総合格闘技の総称としても呼ばれています。

日本でも数多くのモンゴル人が相撲の力士として活躍しており、現在では白鵬関などが該当しています。

このブフと呼ばれる国技が負けず嫌いな性格を生み出しており、所以としてはブフのルールが大きく関係しています。

日本において相撲を行う際、必ず土俵で試合は行われますが、ブフにおいては細かいフィールドなどは決まっていません。

元々モンゴルが大自然の中に存在していますので、試合を行う際には草原の中で試合が行われるようになります。

なので、決まったフィールドなどがなく、勝利するためには相手を倒す必要性があり、戦死同士が死力を尽くして戦うようになっています。

なので、日本とは違い、押し出しなどで勝利がきまったりしないので、最後まで相手を倒すという気持ちをもってスポーツを行っています。

この気持ちを幼少期の頃から持ち続けているのか、いないのかということは個人の性格を決定づける上で非常に大きな要因になると考えられます。

試合を行う上で負けてもいいやという気持ちを持たなくなりますので、結果的に勝負に対して強くこだわる性格になりやすいといえます。

だからこそモンゴル人は負けず嫌いであり、それは女性に関しても同様でこの考え方が幼いことから身についているといえます。

2.時間を気にしない


次にご紹介するモンゴル女子の性格は「時間を気にしない性格」であるということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、その意味の通りですがあまり細かい時間などを気にして行動したりする人間性ではないということになります。

これもモンゴルという国の文化が関係しており、先ほどもご紹介したとおりモンゴル人は遊牧民として多くの人が生活を行っています。

つまり、定住地を持たずに生活を行っているということになりますので、日本のように家を作って長い期間そこに住む生活ではないのです。

そして、家を作ったりしないということは当然ながら家に時計などを飾って時間を気にして生活をしたりすること自体があまり文化として根付いていないのです。

つまり細かい時間を指定してその時間に相手と会ったりするようなことなどは基本的な行っておらず、時間にルーズな考え方を持つ傾向にあるということです。

もしも逆に私たちが時計を持たないで生活をするとなると、どのように生活を行っていくのでしょうか。

その答えとして、彼らは時間を確認する際には太陽の動きを見て行動を行っていると言えます。

だからこそ、ちょっとした時間の誤算なども生まれますし、細かい時間を指定してもうまく行動ができないということになってしまいます。

なので、モンゴル人は時間に対してルーズな性格をしており、これは男性女性限らずすべてのモンゴル人に共通していることであるといえます。

時間を意識しない生活

なかなかモンゴル人と親密な関係者になることは少ないかもしれませんが、もしもモンゴル人と何かの約束をしたりする際には注意が必要です。

なぜならば先ほどお伝えした通りモンゴル人は時間にルーズでありあまり時間を意識しない生活を送り続けています。

なので、約束をしたとしても30分や1時間遅刻をしたりすることはザラに存在しており、本人からしてみるとそれが遅刻であるという概念自体も持っていません。

だからこそ自分たちの時間間隔を相手に押し付けてしまうと、相手との意識にズレが生じてしまい険悪な状態になる可能性もあります。

そもそも私たちと違ってモンゴル人は時間を厳守するという概念自体が存在しておらず、時間の最小感覚なども大きく異なっていることが判明しています。

具体的に言うとモンゴルの場合は時間間隔の斎場時間はおおよそ30分であると言われており、30分よりも少ない時間を示す言葉自体が存在していないのです。

私たちにとって少ない時間を述べるとすれば1秒と答える人がとても多いと思いますが、それがモンゴル人にとっては30分であるということです。

この時点で、私たちの感覚とモンゴル人の感覚は全く違う感覚を持っているということは明白であり、時間を合わせること自体がまず不可能であるということになります。

なので、モンゴル人女性と約束をする際には、細かい時間の指定などは行ってはいけないことを理解してください。

3.温厚

次にご紹介するモンゴル女子の性格は「温厚」であるということが挙げられます。

負けず嫌いであり、勝負事にこだわったりする性格を考えてみると、激しい性格をしているような印象を持つ方も多いと思います。

しかしながら、モンゴル人は基本的に温厚な性格をしている人がとても多いです。

そもそもモンゴル人は大きな体格をしている人が多く、なおかつ国技なども存在していますのでもともと強い人が多いです。

そして、自分たちがパワーを持っているということを理解しているからこそ普段は温厚な性格をしており、意見が違わない限りは攻撃的にもなりません。

勝ち負けにこだわる勝負を重んじる性格をしているからこそ、無駄な争いを好んで行ったりすること自体があまりありません。

意味の争いと無意味な争いなどをきっちり特別かして考えることができるからこそ、温厚な性格をしている人がとても多く存在しているといえます。

そして、それは男性だけではなく女性に対してもいえますので、女性も温厚な性格をしている人がとても多いということになります。

普段は穏やかで優しい

モンゴル人は基本的に温厚な性格をしている人が多いとご紹介しましたが、それはモンゴル人という国民性や文化なども関係しているといえます。

例えば、モンゴル人は基本的に困っている人に対して全力で相手を助けてあげる国民性を持っています。

これは何故かと言いますと、先ほどもお伝えした通りモンゴル人はもともと遊牧民として生活を送っているので、大自然の中で生きています。

つまり、ちょっとした判断ミスを行うことによって生死の問題に直面してしまう可能性があるということになります。

これをよく知っているからこそ大自然の中で自分たちのテリトリーに入ってきた人間に対して全力で助けてあげることが多いのです。

本来であれば自分たちのテリトリーに入ってきた外部の人間に対して助けを行うということはあまりありませんよね。

しかしながらモンゴル人はそれを平気で行ったりしますし、助けてあげたとしても必要以上に相手に対して恩を売ったりすることもありません。

これは相手を助けてあげることを当たり前だと思っており、当たり前のことをして思ったりすることに対して違和感を感じているためでもあります。

このような背景を考えてみるとモンゴル人がいかに温厚な性格をしており優しい性格をしているのかということがよく理解できるはずです。

4.マイペース


次にご紹介するモンゴル女子の性格は「マイペース」であるということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、モンゴル人は非常に自由な発想で行動したりすることがあるということです。

例えば私たち日本人にとっては夜中に相手に電話をしたりすることはあまり良いことではありませんよね。

なぜならば相手が寝ている可能性もありますし、そもそも夜中に電話をしたりすること自体があまり相手から喜ばれないことを知っているからです。

しかしながらモンゴル人は夜中でも特に気にせずに相手に電話をしたりすることも多く、あまり深く考えて行動したりすることがありません。

夜中だったとしても相手が声を聞きたいと思えば電話をしたりしますし、相手と話をしたいと思えばすぐに行動して相手に電話をしたりすることが当たり前です。

もともと細かいことを考えて生活をしている人種ではありませんので、心を許している関係性の人にはとても楽観的に接してくれるのがモンゴル人です。

なので、時には文化の違いから非常識だと思われることはあるかもしれませんが、自分の考えに素直な性格をしているということをまず理解してください。

他人に左右されない

モンゴル人の性格がマイペースであるということをご紹介しましたが、これもモンゴルのこれまでの文化や生活様式などに大きく関係していることになります。

具体的にはもともとモンゴル人は遊牧民なので自分たちの生活の中で様々な決断を自分で行わなければいけない環境で生きています。

つまり、複数の人間と共存しながら生きているわけでもなく個人で生きているということになりますので個人的な考え方になりやすい傾向があります。

なのであまり他の人のことを深く考えて行動したりする概念がないので、自分たちの決断を他人に左右されたりすることがあまりありません。

日本人にとっては周りの人の意見も重要だと考えて、周りの人の意見を聞いてじっくりと熟考したりすることが多いと思います。

しかしながらモンゴル人はそれとは全く真逆になりますので、そのような背景もありマイペースな考え方や行動を行いがちであるということにつながるのです。

5.友達を大切にする

次にご紹介するモンゴル女子の性格は「友達を大切にする性格」であるということが挙げられます。

遊牧民としての生活の中で個人的な考え方を持っているということを考えてみるとあまり友達を大切にする習慣がないような印象を持つ方もいると思います。

しかしながらモンゴル人は基本的に友達のことを非常に大切に考えており、友達が困っている時には必ず助けてあげる性格をしています。

私たち日本人も困っている人を助けてあげたりすることは当たり前な概念がありますが、それも限度が存在していることが多いです。

例えば、困ってる人を助けてあげるにしても自分の時間が大きく消費されてしまうということを悟ると敬遠してしまう人も中にはいます。

しかしながらモンゴル人は自分の時間がどれだけ消費されても相手を助けてあげようとする性格をしていますので、非常に頼もしい存在であると考えることができます。

元々モンゴル人は義理や人情に厚い性格をしているので、一度信頼関係を結べば長い友情をはぐくむ考え方を持っています。

なぜならば、ちょっとした期間会わなかっただけで疎遠な関係性になってしまうということが基本的にモンゴル人にはありません。

なぜならば、遊牧民は移動し、定住地を持たないので、昨日会った人と再会するのがかなり先になったりすることなどは当たり前になるのです。

なので、長い期間会わなかったとしても、疎遠な関係性になったりすること自体があまりなく、次に会っても信頼関係を大事にしている関係性になるのです。

まさに遊牧民ならではの考え方であり、素晴らしい考え方であるといえます。

6.ドタキャンが多い

次にご紹介するモンゴル女子の性格は「ドタキャンが多い」ということが挙げられます。

なぜモンゴル女子はドタキャンが多いのかと言いますと、元々モンゴルという国自体がドタキャンをすることに対して悪いという概念を持っていないからです。

私たち日本人にとってはドタキャンを行ってしまうことは相手に対して非常に悪い印象を与えてしまうということを自覚しています。

相手の時間を無駄に消費してしまうことにもつながりますし、何より信頼関係を揺るがす行動になってしまうという概念を持っているからです。

しかしながら、細かい時間に対する概念が無いモンゴルにとってはドタキャンすることが悪という概念自体がありません。

ビジネスに関係することだったとしてもドタキャンをすることが当たり前に存在していますので、ドタキャンされた側も特に何も思わないことが多いのです。

なのでモンゴル女子と付き合ったりする際にはドタキャンされたりしてもいちいち腹を立てたりすることはしないようにしなければいけません。

おおらかな気持ちで相手とゆったりと付き合うことがモンゴル女子と恋愛を成功させる一つの秘訣だと覚えておきましょう。

7.怠け者が多い

次にご紹介するモンゴル女子の性格は「怠け者が多い」ということが挙げられます。

これは、モンゴル人が何もしないような人種であるというわけではありません。

大自然の中で生きているモンゴル人は必要最低限の事は自分たちで行わないといけないので、何も行わない人種であるというわけではありません。

しかしながら、かといって日本人のように細かい時間に縛られながら細かいことをコツコツとを行ったりするわけでもありません。

元々大自然の中で生きているので時間の流れがゆったりとしており、いつまでに何をしなければいけないという考え方がそもそも存在していない場合が多いです。

なので細かい時間に縛られている私達日本人からしてみると怠け者な印象を持ってしまうかもしれません。

しかしながら大自然の中で生きているモンゴル人からしてみると特に怠けているわけではないので、お互いの概念自体に違いがあるということを理解する必要性があります。

モンゴル女子の4個の恋愛傾向

ここまではモンゴル女子の性格についてご紹介していきましたが、ここからはモンゴル女子の恋愛傾向についても触れていきたいと思います。

性格と同様に恋愛傾向に関してもどのような環境の中で育ってきたのかということが大いに関係してくる部分になります。

これまでご紹介してきた国民性などを思い出しながら、モンゴル女性はどのような恋愛をするのか、どの部分を重点的にええるのか、思考をめぐらせながら把握してみてください。

1.喧嘩になると豹変

まず初めにご紹介するモンゴル女子の恋愛傾向の一つとして「喧嘩になると豹変する」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどご紹介した通りモンゴル人は基本的に温厚な性格をしている人がほとんどです。

無意味な争いをしようとはしませんし、そこまでヒステリックな人はあまり多くは存在していません。

しかしながら、それはあくまで普通の状態のときだけであり、喧嘩などをしてしまうと豹変してしまう可能性があります。

なぜならば、先ほどもお伝えした通りモンゴル人はそもそも勝負などに対してかなり熱い性格をしているので負けず嫌いでもあります。

つまり、簡単に自分が悪かったと折れることは基本的にはありませんし、とことんまで喧嘩してしまう可能性もあります。

だからこそ喧嘩になると普段のときとは違う印象を与えてしまいがちになるので、表現してしまうという恋愛傾向があります。

しかしながら、それも含めて性格であり、それも一つの感情表現であるということを忘れずに対処しなければいけません。

浮気には厳しい

これはモンゴル女子に限ったことではありませんが、当然ながら浮気をするということは完全にNG行為のひとつです。

モンゴル女子は相手のことを好きになったらとことんまで好きになる傾向があり、浮気がばれると激高する可能性があります。

そうなると、手をつけられないほど怒り狂ってしまう可能性もありますので十分注意が必要です。

しかしながらそれとは反することとして、そもそもモンゴル人の恋愛の感覚として浮気の概念が実はそれほど存在していません。

どういうことかと言いますと、そもそもモンゴル人は魅力的な人がいれば話しかけずにはいられないような人が多いです。

つまり、魅力的な人がいれば積極的に話しかけるので、どちらかといえば自由気ままな性格をしている場合が多いのです。

それは男性だけではなく、女性も同じであり、女性も浮気をすることに対して抵抗がない場合もあります。

しかし、好きになるととことん好きになるので、その状態で浮気がばれた場合は怒られる可能性が高いという相反する事実を受け入れなければいけません。

2.早熟

次にご紹介するモンゴル女子の恋愛傾向の一つとして「早熟」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、モンゴルという国の生活様式が大きく関係しているといえます。

まずモンゴルという国は男女平等の国であり、遊牧民という生活様式を考えた時に、どうしても幼い年齢から自立した考え方を持つことが求められます。

モンゴルという国は自然環境豊かな場所なので、たった少しの判断ミスによって生死の危険にさらされてしまう可能性は十分考えられます。

また、厳しい環境の中で生きているので、早く仕事を覚え、独り立ちし、自分の生活を成り立たせていく力が早い段階で求められます。

このような背景の中で生活を行っているからこそモンゴル女性は早い段階で大人の考え方を身に着けていき、その結果早熟になりやすいと考えることができます。

なので、恋愛においても比較的早い段階で意識をしやすく、大人の階段を駆け上がるスピードが私たちと違って早いことを意識してあげなければいけません。

初恋が早い

モンゴル女性は早熟であるということをご紹介しましたが、そのような背景もあり私たちと比べると一般的に初恋が早い傾向があります。

冷静に考えてみると厳しい生活環境の中で生きているということであれば、当然早い段階で安定的な生活を求めますし、子孫を残す必要もあります。

このような背景から、恋愛をする年齢なども早まっていると考えられ、10代前半から積極的に恋愛を行う傾向にあります。

また、モンゴル女性は積極的な人も多いので、恋愛に発展しやすいケースも非常に多いです。

なので、モンゴル女性の恋愛傾向としては早い段階で恋愛に対して目覚め、積極的に行動するという特徴を持っているといえます。

3.強い男性が好み

次にご紹介するモンゴル女子の恋愛傾向の一つとして「強い男性が好み」ということが挙げられます。

これは何故かと言いますと、そもそもモンゴル人男性が様々な意味合いで強い男性である場合が多いからです。

例えば、モンゴル人は勝負事に関して熱くなる特徴を持っており、負けず嫌いであるとお伝えいたしました。

これは国技であるブフなどの影響によるものであるといえますが、負けず嫌いであるということは言い換えてみれば強い精神力につながると言えます。

なぜならば、反骨精神があり、やってやろうという気持ちがあるからこそ努力を行いますし、目標を持つことができるようになります。

そうすることで、目標を達成するためにどうすればいいのかということを考えて自発的に行動することができるようになります。

なので、結果的に物事に対してストイックな考え方を持つ男性が多くなり、身近にいる女性もそれを見ているので強い男性が理想的だと感じやすくなるのです。

また、厳しい自然環境の中で生きているので、強い男性であるということは厳しい自然環境の中で生きていく可能性を高める一つの要因にもなります。

子孫を残していくという大きな目的を考えてみると強い男性に対して惹かれるのは当然なので、結果的に強い男性が魅力的だと思うのも一つの特徴だといえます。

4.愛情が深い

次にご紹介するモンゴル女子の恋愛傾向の一つとして「愛情が深い」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、モンゴル女子は好きになるととことんまで好きになる恋愛傾向を持っている人がとても多いです。

その結果、好きになると相手が何をしているのか常に気になり、相手に対して自分だけを見てほしいという気持ちを強く持つようになります。

場合によっては、束縛などを求めるようになったりする場合がありますが、それも言い換えてみれば相手が好きだという愛情表現の一つだといえます。

このように、好きになればとことんまでに好きになるので、愛情が非常に深い恋愛傾向を持っているといえます。

しかし、先ほどもお伝えした通り、魅力的な人がいれば目移りする可能性も否定はできません。

なので、魅力的な存在であればとことん好きになってくれるし、そうでなければあっさりと別の人に行ってしまう可能性があるので、逆に注意が必要だといえます。

モンゴル女子は自分のペースで無理をしない

今回はモンゴル女子をテーマにして、モンゴル女子の性格や恋愛傾向についてご紹介してきました。

なかなかモンゴル女子と関わったりする機会は少ないかもしれませんが、一つの知識として考えてみると非常に興味深いといえます。

また、もしもモンゴル女子と恋愛をすることがあるのであれば、自分のペースで無理をせずに自然体な自分を見せることが大事だと意識してください。

無理に自分をよく見せることは、基本的にどのような恋愛においてもあまり良いことではありません。

なので、今回ご紹介した内容を踏まえて、どのような工夫をすることが恋愛を円滑に進める上で大切なのかということを意識しながら恋愛を楽しむようにしてみてください。

ページトップ