アメリカ人と聞くと、どんなことを思い浮かべますか?

「感情表現がとにかくストレート」「オーバーリアクション」「ファストフード大好き」など、さまざまなことが想像できると思います。

しかし、実際のところアメリカ人はどんな性格をしているのでしょうか?

多くのアメリカ人に共通する22個の性格の特徴をまとめました!

アメリカ人の性格22選!

「自由の国アメリカ」と称されるように、アメリカでは個人の主義主張の自由が比較的通りやすいです。

そのため、アメリカ人は何かあれば直ぐに自分の思う通りに行動に移します。

それが良い方向に働く時もあれば、とんでもない大トラブルを引き起こすこともあります。

例えばアメリカでは、「スーパーマン」のように悪と戦う正義の味方の存在が人気です。

それゆえアメリカ人には、相手がどれだけ強者であっても、それに負けじと立ち向かう強さや勇気を持ち合わせている一面があります。

アメリカ合衆国という国は成立してからまだ二百数十年程度です。

しかしアメリカ人一人ひとりの個性と力の強さから、今や世界の中心となって動いています。

そんなアメリカ人たちは、具体的にはどのような性格をしているのでしょうか。

一つずつご紹介していきます。

自己主張が強い

アメリカでは他国に比べて、個人の主義主張が通りやすいです。

今よりも人種差別が強かった頃には、人種ごとに自由がかなり制限されていました。

しかし現在では、大抵は人種に関係なく主義主張を掲げることが出来ます。

そういった国民性から、一人ひとりは当たり前のように自己主張が強いです。

日本人は「自己主張が強い」と聞くと、「わがままで自分勝手で他人に気を遣えないタチの悪い人」という良くないイメージを思い浮かべやすいです。

それゆえに、沈黙は美徳とされ、自分の主義主張は抑え、余計な発言は控える傾向があります。

そんな日本人からすると、アメリカ人の自己主張の強さは正に「我が道を行く」といった印象に映ります。

人間は自分の価値観で物事を判断しますので、私たち日本人からすると、アメリカ人の自己主張の強さは少々図々しく思えるかもしれません。

しかし反対に、アメリカ人からすると、日本人の沈黙を美徳とする考えは、「何を考えているのか分からなくて理解不能」に思われてしまっているのです。

もし私たちが、アメリカ人とコミュニケーションを取ろうと思うのなら、少々図々しいと思えるくらいに自己主張をする必要があります。

競争的

アメリカという国は、最初からアメリカ人が作ったものではありません。

他の大陸から移動してきた白人たちが、原住民のインディアンたちを追いやって、侵略して、今のアメリカ大陸を築き上げたのです。

歴史的に見れば、とても酷いことをしてきました。

しかし、そうした争いの歴史に勝利し続けてきた強さが、今のアメリカの大きな力の源となっています。

そしてそういった歴史の観点からみても、アメリカ人はとても競争心の強い民族といえます。

競争して勝つことによって、多くのものを手に入れることが出来るということを、彼らはよく理解しているのです。

だからこそ、アメリカ人はどんなにささいなことでも直ぐに勝負ごとに持ち込む癖があります。

何かあれば直ぐに勝負や賭けに出て、勝敗を競うのです。

そうした競争心の強さがまた、今日のアメリカという国の強さを増幅させているのかもしれません。

負けず嫌い

競争心が強く、勝利することで多くの国の中からのし上がってきたアメリカは、その国民一人ひとりも負けず嫌いな性格をしている人が多いです。

勝利することの重要性をよく理解しているからこそ、勝敗を競っては、とにかく「勝つ」ことにこだわります。

中には勝利するために小ずるい手を使う人もいますが、大抵の人は正々堂々と戦って勝利することを望みます。

そして勝てば大いにそれを喜びます。

対して日本人は元々島国で閉鎖的な生活をしてきた歴史があるため、集団生活や規律を重んじ、「みんなで一緒に行動する」ことを大切にしてきました。

集団生活を穏便に送るために、個人の主義主張は抑え、むやみやたらと揉め事を起こすこともなく生活してきました。

その名残から今も、争い事を好まない性格の人が多いです。

そんな日本人の場合は、アメリカ人と一緒にいれば、本心はどうであれ大抵はアメリカ人の意見に従うことが多いです。

しかし何でもハイハイと言い過ぎるのも、アメリカ人には理解出来ないようです。

自由な考え方

競争し、勝利してきたアメリカは、勝者ゆえに物事を実に自由に考えることが出来ます。

「ああしたい」「こうしたい」と思ったら、細かな規則や常識には囚われず、心のままに行動する人も少なくはありません。

もちろんアメリカ国内でもきちんと法律があり、それが守られています。

その決められたルールの中で、せいいっぱい自由に行動するのがアメリカ人なのです。

アメリカ人の自由な考え方は、時にトラブルの引き金にもなりますが、多くは新たな発想を生み、前向きで社交的な良い方向へと向かいます。

「〇〇だと〇〇だから」などとうじうじと悩み過ぎることもありません。

決められたことのみに従って生きることなく、そこから自分で新たな可能性を探っていける部分は、私たちも見習いたいところですね。

イベント・パーティー好き

アメリカ人の多くはとても社交的です。

そのため、初対面の人とも直ぐに仲良くなることが出来ます。

大勢で集まってわいわい騒ぐのも大好きなので、何かきっかけがあれば直ぐにイベントやパーティを開きます。

身内だけで楽しむこともあれば、友達がその友達を呼び、さらには近所の人まで呼ぶといった具合で、最終的にはまったく知らない人同士で普通に楽しむこともあります。

パーティを開く際には知り合い同士が基本という私たち日本人からすれば、ちょっと理解出来ない行動かもしれませんね。

イベント好き、お祭り好きなアメリカ人らしい一面でもあります。

フレンドリー

アメリカ人の多くは、とても好奇心が強いです。

よほど危ないと感じるものでない限り、新しいことにもどんどんチャレンジしていきますし、初対面の人にも積極的にコミュニケーションをはかります。

アメリカに旅行に行った際に、道でまったく知らない相手に「Hi!」と声をかけられた経験のある日本人も、少なくはないと思います。

彼らは観光客を見つけると、自分たちの国に遊びにきてくれたという嬉しさからフレンドリーに接してくるのです。

中には下心や悪巧みをもって近づいてくるアメリカ人もいますが、大抵はただコミュニケーションをはかろうとして寄ってきます。

いきなり声をかけられたこちらは大いに戸惑いますが、声をかけた方は一言二言会話をしたいだけなので、笑顔で返してあげると良いでしょう。

社交性がある

アメリカ人は好奇心旺盛で、知らない人にもフレンドリーに接します。

それゆえ、とても社交性があります。

アメリカという国は、人種のサラダボウルです。

さまざまな国や人種の人間が個性を持ちながら一つの国内に混在しています。

知らない相手が当たり前のように同じ国内で生活しているからこそ、自分の周りにどんな人間がいるのか気になって、自分たちから接触的に話しかけていくのです。

その結果、自然とアメリカ人には社交性が身についたといえます。

対して日本では、昔から日本という島国の中で、日本人のみが生活していました。

それゆえ、同じ日本人に対してはあまり偏見や差別はないものの、外国人に対してはつい身構えてしまう傾向にあります。

そしてその習慣は、現代でも根強く残っています。

日本国内で生活していても、いきなり外国人に話しかけられると驚いて、戸惑って、困惑してしまう人も多いと思います。

その一番の原因は言語の壁にありますが、それ以外にも「いきなり見知らぬ相手に話しかけられた」ことに対する戸惑いと警戒心が大きく働いています。

日頃、日本人同士でも見知らぬ相手にいきなり話しかけることはそう多くはありません。

アメリカ人は平気でその「日本人の常識」を飛び越えてくるため、耐性のない私たち日本人は困惑しやすいのです。

素直

アメリカ人は素直な人が多いです。

自己主張の強さも、自分の気持ちを知って欲しいという思いから声や態度に表れています。

ただ感情が豊かというだけであれば、私たち日本人も変わりはありません。

ただ、日本人は自分の気持ちを犠牲にしても相手との協調性を選んだり、気を遣うことが多いため、本音と建前がまったく別のものであることも少なくありません。

対してアメリカ人は、他人との協調性よりも、個人の主義主張を重んじる傾向があります。

そのため、自分の気持ちにとても素直で、思ったことをそのままストレートに伝えることが多いです。

例え自分の気持ちを伝えてトラブルになったとしても、アメリカ人にとっては言いたいことを言えないことのストレスの方が大きいのです。

明るい

アメリカ人には、明るい人が多いです。

もちろんアメリカ人のすべてがそうというわけではありません。

地域や住む場所によっては、陽気だったりそうでなかったりします。

しかし、私たち日本人の大半がアメリカ人に対して思うイメージが「明るい」というように、やはり明るくて社交的なアメリカ人は多いです。

楽しいことやイベントなどの行事ごとが大好きで、初対面の人にも臆することなく

積極的にコミュニケーションをはかっていくことが多いアメリカ人は、やはりそれだけ明るくて気さくに他人と接することも多いのです。

感情表現が大きい


アメリカ人の多くは感情表現が豊かです。

日本人の私たちからすれば「オーバーリアクション」に映る言動も、アメリカ人からすれば、

「自分の気持ちを理解してもらいたい」と思っているからこそ、無意識に身振り手振りが大きくなっているのです。

また、アメリカ人の自己主張の強い部分も、感情表現が大きいことと関係しています。

「自分はこうしたい」「相手にはこうして欲しい」という希望や要求を、隠すことなくストレートに言葉と共に体の動きでも他者に伝えます。

一方で、私たち日本人は、自己主張を良くないものと捉えている場合が少なくありません。

そのため、自分がどうしたいか、何をしたいのかを我慢して言葉に出さないことも多いです。

自分の気持ちを他人に知って欲しくても、それを上手に言動に表すことが出来ないため、自然と身振り手振りも少なくなっているのです。

その代わりに、「空気を読む」「相手のささいな仕草から、本心を探る」「相手を気遣う」といった部分に長けています。

しかし、アメリカ人はとにかくストレートに感情表現をするために、日本人のそれらの部分を理解出来ずに、言動で直接求めてくることがほとんどです。

オープンな話し方

日本人は、人と話す時に相手に「さん」や「くん」などの敬称を付けて呼ぶことが多いです。

敬称は親しさの程度で変わってきますが、会社のようなビジネスの場においては、そのほとんどが苗字で呼んでいます。

また、言葉使いも初対面、もしくはあまり親しくはない相手に対しては丁寧語、年上や目上の相手に対しては敬語など、言葉使い一つとっても、相手によってかなり変わってきます。

しかし、アメリカ人の場合は、日本人のように相手によって話し方を変えることはそこまで多くありません。

もちろん上司や目上の相手に対しては多少丁寧な話し方をしますが、それでも畏まり過ぎることはありません。

立場が違わなければ、初対面の相手でも気さくに接します。

日本人で言うところの「タメ口」で、堂々と相手の名前を呼びながら話しかけます。

日本人にはとても真似できないオープンな話し方ですが、アメリカ人はその社交性ゆえに相手に対し物怖じせず、

また相手との間に自ら壁を作ることもなく積極的にコミュニケーションを取っていけるのです。

ハッキリものを言う

アメリカ人は、自分の感情をそのままストレートに相手に対し伝えてきます。

好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとハッキリものを言うのです。

日本人であれば、みんなが好きなものを一人だけ「嫌い」と言うのは抵抗があり、また勇気が要りますが、アメリカ人は他人の目を気にすることなく平気で「自分は嫌いだな」と言えます。

それは、日本人の「集団に合わせる」という国民性と、アメリカ人の「自己主張が強い」という国民性の違いによるものが大きいです。

アメリカ人の場合は、例え大多数の意見に合わせなくても、それで自分が集団から弾かれたり、いじめられることがあまりありません。

それは、アメリカ人がそれぞれの個性を大事にしているからです。

もし日本人でありながら、アメリカで生まれ育っている人がいたなら、きっとその性格はアメリカ人特有のものになっていることでしょう。

そういう人は、いざ日本で生活するとさまざまな部分で不便さや理不尽さを感じてしまうかもしれませんね。

オーバーリアクション

アメリカ人に限った話ではありませんが、特にアメリカ人ではオーバーリアクションをする人が多いです。

その理由は先にも挙げたように、「自分の感情やその時の気持ちを相手に理解して欲しいから」です。

言葉にするのと同時に、大きく身振り手振りを加えることで、「こんなに自分はこう思っているんだ」と、相手に理解して欲しいのです。

よく、「日本人がオーバーリアクションをするとおかしい」と言われますが、

それはオーバーリアクションが日本人の国民性とはまったく異なっているため、どこかぎこちなく、不自然に映ってしまうのです。