感情はとても尊いものではありますが、それを爆発させることが尊いことではありませんよね。

気持ちや感情を適切に爆発させることはアートの世界では求められますが、意味もなく感情を爆発させて周囲に嫌な思いをさせるのはヒステリーとして、社会の中では最も求められない者の一つとなってしまいます。

女性に多いヒステリーですが、これは一度ヒステリー状態になってしまうと、なかなか直すことができません。

まして、ヒステリーを途中でやめるようなことはできないでしょう。

それでは、ヒステリーはそもそもどのようなことを原因にしているのでしょうか。

また、ヒステリーを持っている女性には、いったいどのようにして対処すると良いのでしょうか。

自分も周囲も困るヒステリーをどうにかしたいと思ったときには、きちんとヒステリーに対して正しく向き合うことが大切です。

自分や周囲の人で困っているという人のために、ここでは詳しくヒステリー及びその対処方法について見てみることにしましょう。

感情的になってしまうヒステリー女子必見!原因と改善方法

つい感情的になってしまうという自覚がある人はいませんか?

感情と言うのはとても尊いものではありますが、現代の人間社会の中で生きていくためには、きちんと理性を働かせていなければいけません。

感情を爆発させてヒステリーになってしまうようなことがあるとすれば、それは、社会の中ではかなり生きにくいものでしょう。

実際に、ヒステリーを起こすような人は、周囲の人間にとっては迷惑ですし、あまり付き合いたくない人扱いされている可能性もあります。

ここではヒステリーに着ついて少し見てみることにしましょう。

ヒステリックは女性が8割?

元々、ヒステリーは婦人病とも言われていました。

女性は男性よりも感情的な生き物であるとも言われていますし、現代でもヒステリーを起こしやすいのは女性の方だと言われています。

ヒステリーが女性特有のものと言うわけではありませんが、やはり、8割程度は女性のものであるなど、女性が特になってしまいがちな状態だということができますね。

あなたの周囲にもヒステリー女子と言われる人がいるのではないでしょうか。

ヒステリーは病気の可能性も?

現在では、ヒステリーは病気として扱われているわけではありません。

感情を爆発させるような状態のことを「ヒステリック」と呼んでいることがほとんどです。

最も、現代でも、病的なヒステリーを起こしている人はいるはずです。

この背後には感情的なものや精神的なものがありますから、例えば心身症などが一緒に出ていることもあるかもしれませんね。

ただ、ヒステリーを起こしやすくなるというようなことが症状として出ているとしても、ヒステリー自体が病気とされるようなことはありませんし、ヒステリーを婦人病と呼んでいるような時代ではありません。

ただ、病的なヒステリーに悩んでいるようなときには、精神科などに行ってみた方が良いでしょう。

ヒステリー自体が病気扱いされるわけではないとはいえ、精神的な歪みが原因になっているのなら、それを取り除くことでヒステリーを直すことができるからです。

ヒステリーになってしまう原因

ヒステリーに対処するためには、ヒステリーの原因になっているものを知ることも大切です。

何が背後にあるのかということに気づくことができれば、それを取り除くのも簡単だからです。

もちろん、ヒステリーの原因は細かく見てみると、人それぞれでしょう。

ですが、背後にある大きな精神的な原因を見ると、以下のような4つの原因に分けられるのではないでしょうか。

葛藤

ヒステリーの原因としてあげられる大きなものとしては、葛藤があります。

葛藤と言うのは、どうして良いのか政界が分からずに苦悩することです。

時には、答えがないということもあるでしょう。

このような葛藤状態に陥ったとき、人はどうすることもできずに苦悩して感情が爆発しそうになります。

どうすることもできない状況に対して、悩みを抱えている自分に対して、悩みに正しい答えを出すことができない自分に対してなど、怒りを生む原因はたくさんあります。

葛藤状態に耐えられなくなると、人は感情的に爆発してしまい、それが原因のヒステリーが起こるようになるのです。

精神的な葛藤状態の原因は人それぞれですが、もちろん「間違っていると認めなければいけない場面なのに、プライドが邪魔してそのようなことはできない」というような自分勝手な葛藤も含んでいます。

過去のトラウマ

過去のトラウマのようなものもヒステリーの原因となります。

過去のトラウマから逃れるためには、感情を爆発させて、そこから目を背けるしかありません。

過去に起こったことから完全に逃れることはできないからです。

過去のトラウマが原因のヒステリーの場合には、そのトラウマをきちんと乗り越えてあげることが必要です。

もちろん、強い人は自分自身で過去に向き合うということもできるかもしれませんが、場合によっては専門家の力を借りることで過去のトラウマが原因のヒステリーに対処できるようになるということもあるでしょう。

過去のトラウマの場合には、原因はかなり根深いものですから、周囲の人は軽々しく首をつっこむようなことをしてはいけません。

裏切り

裏切りを原因とするヒステリーもあります。

誰かの裏切りと言うのは、自分の力ではどうすることもできません。

誰かの力によってねじ曲がってしまった現状を戻すのは簡単ではありませんし、自分の所為ではないというところが怒りを招くことになります。

裏切りに合ったようなときには、少しくらいはヒステリーになるということも必要ではあります。

感情をきちんと爆発させておかなければ、精神的に歪んでしまうからです。

ですが、慢性的にヒステリーが続くような場合には、裏切りによって傷ついた心が歪んでしまい、それによってヒステリーが起こりやすい状態になっていることもありますので、注意が必要です。

女性特有の生理現象


ヒステリーは女性特有の生理現象を原因としていることもあります。

例えば生理や閉経、更年期障害などのホルモンバランスに依るものです。

女性のホルモンバランスは簡単に崩れてしまうものです。

生理がある限りは一か月に一回は精神状態が乱れやすい状態の時がありますし、ある程度の年齢になった場合には更年期障害に気を付けなければいけません。

ヒステリーが元々女性に多いとされているのは、原因が女性特有のホルモンバランスにある場合もあるからでしょう。

この場合には、自分のホルモンバランスの乱れに正しく対処しなければいけません。

もちろん、その時々に自分の感情を律してあげることも必要ですが、それよりも、ホルモンバランスの乱れに対する対処をした方がヒステリーには効果的なのではないでしょうか。

「普段の自分とは違う自分」のようになっているときには、そう簡単に理性は効いてくれないからです。

ヒステリーを楽に直す方法11個

ヒステリーを自覚した時には、自分のことをとことん嫌いになってしまうでしょう。

ヒステリーの厄介なところは、一度ヒステリーを起こしてしまうと、自分を止められなくなってしまうというところです。

自分のことを自分で止められずに後悔するというのがいつものパターンとなってしまい、もう既に自分のヒステリーは諦めているという人もいるかもしれませんね。

ですが、ヒステリーは直らない病気と言うわけではありません。

ヒステリーを完全になくすのは難しくても、楽に納める方法と言うものはあります。

ヒステリーを起こしてしまう自分に悩んでいる方は、ぜひ、ヒステリーを楽に直す方法として、以下の方法を試してみてください。

もし自分に合う方法が見つかれば、そこから少しずつヒステリーを起こす回数を少なくしていくということも大切です。

1:深い深呼吸をする

ヒステリーは感情が爆発してしまっている状態ですから、究極的に言えば、気持ちを切り替えて理性的な状態になることができれば収まります。

ですが、それができれば苦労はしませんよね。

そう簡単に気持ちを変えることができないのが人間であり、さらに言えば、ヒステリー女子なのです。

ヒステリーを楽に止めるためには、ヒステリーが起こりそうだと思ったときに気持ちを切り替えることが大切です。

一度アクセルを踏み込んでしまったら、曹宇簡単に止まることはできないのです。

そのため、アクセルを踏み込む前に、本当にそのまま走り出してしまっても良いのかということを考えるのです。

そのためには、深い深呼吸をすることが大切です。

感情的になっているときには、人は呼吸が浅くなっているものです。

交感神経が働いている状態で、怒りやすい状態になっているのです。

そこで深い深呼吸をすることで副交感神経を働かせることができます。

要するに、リラックスする状態になることができるのです。

深い深呼吸をしてきちんと気持ちを切り替えれば、ヒステリーが起こるのを防ぐことができるかもしれません。

2:一人になれる場所に駆け込む


ヒステリーが起こってしまった場合には、無理にそれを収めるよりも、周りに迷惑をかけないようにした方が良いでしょう。

ヒステリーを起こした自分を許すことはできなくても、周囲に迷惑をかけていなければ、気持ちは少し楽になるはずです。

周りに迷惑をかけないようにするためには、まずは一人になれる場所に駆けこむことにしましょう。

一人の空間では怒りを発散させても、相手が困るというようなことはありません。

自分の思うままに感情を爆発させることができます。

周囲に迷惑をかけることもないので、後から自己嫌悪に陥るようなこともありません。

事前に家の中や会社の中で、確実に一人になれる場所を作っておくことが大切なのです。

例えばトイレの個室でも良いですし、屋上のような場所でも良いでしょう。

自分が自由に感情を爆発させて、かつ、落ち着くまで過ごすことができる場所に駆けこめば、ヒステリーによって人間関係を壊してしまう危険性は低くなります。

3:事前に相手に伝えておく

もし、周囲にヒステリーの被害者となりそうな人がいたら、自分がヒステリーを起こしやすい人間であるということを事前に伝えておくことも必要でしょう。

事前に相手に伝えておけば、相手も「ああ、ヒステリー状態なのだ」ということに気づいてくれるはずです。

その上でさらに、ヒステリーになったときにはどのような対処をしてほしいのか伝えておいてください。

例えば、放っておいて逃げてほしいということを伝えておくだけで、相手の迷惑度はかなり下がるはずです。

周囲に迷惑をかけることが分かっているのなら、できる限り迷惑を小さくするということを考えてみてください。

4:ヒステリーな状態になってみる

どうしても自分のことを律することができない時には、諦めてヒステリーな状態になってみるというのも良いかもしれません。

自分で、きちんと自分のことを押さえるための努力をした後でヒステリー状態になると、心のどこかで冷静なままでいることができます。

また、きちんと自分で決めてヒステリーになることができれば、その前に一人になる場所を探したり場所やシチュエーションをわきまえたりすることができますよね。

その上で、ため込んでおくのは不健康的なので、諦めてヒステリー状態になるのです。

同じヒステリー状態であったとしても、自分で選んでヒステリー状態になることができれば、コントロールが不可能なヒステリーよりはマシです。

そうしてヒステリーを少しずつコントロールできるようになれば良いのではないでしょうか。

まずは、始めるタイミングをコントロールできるようになりましょう。

5:専門家に頼む

どうしてもヒステリーを直すことができないようなら、専門家に頼んでみるというのも良いかもしれませんね。

ヒステリーは感情の爆発のようなものなので、自分の精神状態と言うのが関係して来ています。

これは、素人にはそう簡単に直すことができない者である可能性も高いのです。

手っ取り早くヒステリーを直すためには、それの専門家に相談してみましょう。

ヒステリーの治療方法にもいくつかの者がありますから、自分の心に合ったものを選んで、専門的な治療でヒステリーをの直すというのは、とても効果的だと言えます。

6:散歩・運動をする

散歩や運動をしてヒステリーを直すというのも良いかもしれません。

ヒステリーと言うのは、自分の心の中にたまっている淀が原因となっている可能性が高いものです。

心と体は密接につながっていますから、身体を動かすことによって気持ちの中にたまっている嫌なものを出してしまうというのも良い方法だと言えるでしょう。

散歩や軽い運動は簡単にすることができますが、ストレス発散のためにはとても良い方法です。

本格的に始める必要はないので、少しいつもより身体を動かすことを心がけてみましょう。

簡単なエアロビクスようなものを始めるなどすれば、精神的なストレス発散だけでは介抱することができなかった気持ちを、少しは解放できるようになるかもしれません。

7:自分自身と向き合う

自分自身と向き合うということもヒステリーを直すためには必要なことだと言えるでしょう。

自分自身を知らなければ、何が原因で自分がヒステリーになってしまっているのかを知ることができないはずです。

意外とヒステリーの原因は、自分がきちんと自分に向き合っていないからこそ起こってしまっているのかもしれません。

自分と言うのを一番に抑圧するのは自分自身です。

理性的にいなければと思って、自分の心や体が発しているSOSに気づかずにいるために、どこかで精神が歪んでヒステリーが怒っているのかもしれません。

きちんと自分自身に向き合って、自分の心が乾いた状態にないかということを気づいてあげる必要もあるでしょう。

8:ストレス発散方法を知っておく

ヒステリーと言うのは、ストレスがたまったときにも起こってしまうものです。

ストレスが多い生活の中では、ヒステリーを起こしてしまってもおかしくはありません。

ストレス由来のヒステリーを収めるためには、ストレス発散方法を知っておくというのが一番です。

ストレスの発散方法が分かっていれば、ヒステリーになる前に感情を抑えることができるからです。

自分に合ったストレス発散方法を探して、こまめにストレス発散をするようにしましょう。

特に、ヒステリーになるようなタイプの人は、人よりもストレスをため込んでおく器が小さいのです。

それなのに、ため込んで発散する方法を知らないという人がほとんどです。

満杯になってしまう前に、ストレスを受け止める器を殻にする術を探しておきましょう。

9:水を一杯飲む

ヒステリーになってしまったときには、水を一杯飲むというのも気持ちが切り替わって良いかもしれませんね。

頭を冷やすという意味でも、冷たい水を一杯飲むというのはとても良い方法です。

冷たい水程度で頭は冷えないと思うかもしれませんが、キンキンに冷えた水なら、食道を伝っていく感覚があるはずです。

それを感じ取れば、自分の体が熱くなっているということを自覚することができるでしょう。

自分が怒っている、感情的になっているということに気づくことができれば、そこから自分の気持ちを律することもできるはずです。

水を一杯飲んで、きちんと深呼吸をしてみれば、感情的になっている自分を理性が何とか押しとどめてくれるかもしれません。

10:一旦それから離れてみる

ヒステリーになるには必ず原因があります。

それは自分の夫かもしれませんし、思い通りにならない子供かもしれません。

もしくは、友人関係というような人間関係かもしれませんし、仕事と言う可能性もありますよね。

いずれにせよ、ヒステリーになってしまうということは、どこかで煮詰まっているということになります。

煮詰まっているような状態では、いつまでも気持ちを収める場所を見つけることができないでしょう。

ヒステリーを楽に納めたい時には、いったん、一時的にそれから離れて見るというのも良いのではないでしょうか。

永遠に、もしくは長いこと離れているのは無理かもしれませんが、例えば10分ほどの間離れて見るというのでも効果的かもしれませんし、他の人に頼んでその場を離れることができるのなら、そうして見るのも良いかもしれません。

ヒステリーを起こす原因から一度離れて、気持ちを切り替えるということも、ヒステリーを収めるためには必要な方法なのです。

11:自分の非を認める

ヒステリーな女性は、基本的には自分の悪かったところを認めることができない状態にあります。

自分は悪くないと自分に暗示をかけてしまっていることもありますし、本当は悪いと気づいているのに認めることができない状態にあるのかもしれません。

ですが、自分に非があるのに、それを認められない状態と言うのは苦しいものです。

いっそ、自分の非を認めてしまった方が気持ちが楽になるのではないでしょうか。

もちろん、これは簡単にできることではありません。

認められないからこそヒステリーを起こしている女性が、そう簡単に素直に自分の非を認めることなどできるようになるはずがありません。

ですが、最終的にヒステリーを直したいのなら、きちんと自分の非は認められるようにならなければいけないのです。

もし、他の方法でヒステリーを緩和できるようになったのなら、最終的に自分の日を潔く認められるようになることを最終目標として見てはどうでしょうか。

ヒステリーな女性の対処法

ヒステリーな女性と関わるのはとても面倒くさいものですよね。

何か気に障るようなことをするとすぐに怒りだすのですから、気軽に話をすることもできずに困ってしまうということもあるかもしれません。

ですが、ヒステリーな女性と全く関わらずに生きていくのも、それはそれで難しそうなところがありますよね。

どうしてもヒステリーな女性と関わらなければいけないのなら、ヒステリーな女性の対処法について知っておいた方が良いでしょう。

ヒステリーな女性の正しい対処法について知っていれば、ヒステリーが起こったときにも、おろおろしなくて済むようになります。

ヒステリーな女性の神経を逆なでするようなことがないように、ヒステリーな女性の正しい対処法について理解することにしましょう。

気分が変わるまでほおっておく

ヒステリーな女性の正しい対処法の一つは、彼女の気分が変わるまでは放っておくということです。

ヒステリーな女性は感情が爆発しているような状態にあるため、人の話など聞けるような状態ではありません。

これは、要するに小さな子どもと同じなのです。

どうすることもできないので感情を爆発させて、相手を思うままにしようとするのがヒステリーな女性です。

ですが、子どもが放っておかれてずっと泣きわめくことができないと同じように、ヒステリーな女性も、放っておかれてずっと気分を同じままに保つことなどできません。

時には放っておかれてさらに感情が爆発するようなこともあって危険ではありますが、気分が変わるまでは放っておくと、自然と彼女の気持ちも収まっていくものでしょう。

気分が変わって気持ちが落ち着いて来るまでは放っておいて、収まってから話を聞くようにすれば、ヒステリーな女性も楽に扱うことができるようになるかもしれません。

聞き役になる

ヒステリーな女性に対処するためには、相手の聞き役になるというのも一つの手で賞。

ヒステリーは自分の思い通りにいかないようなときに起こるものです。

それを収めるためには、相手の話をまず聞いてあげることが大切でしょう。

きちんと聞き役になって相手の不満を理解してあげるだけで、ヒステリーな女性の気分は少し良くなるはずです。

少なくとも、誰も自分の話を聞いてくれないという想いからは解放されることになるのではないでしょうか。

ヒステリーを起こしてしまっているときに聞き役になるのは、サンドバックになるようで辛いかもしれません。

ヒステリーのピークの時には放っておいた方が精神の安定上良いかもしれませんが、ヒステリーが一段落したくらいのところで聞き役になるというのは効果的でしょう。

また、ヒステリーを起こす前に、ガス抜きとして聞き役になることも大切です。

ヒステリーを自覚させる

ヒステリーな女性には、自分のヒステリーを自覚させるということも大切です。

自分のヒステリーや、自分が迷惑をかけているということを彼女が知れば、少しは改善しようと努力してくれるようになるかもしれません。

もちろん、ヒステリーは簡単に対処することができるものではありませんから、自覚したからと言ってヒステリーがなくなるようなことはないでしょう。

むしろ、代わることができない自分にイライラしてヒステリーを起こすようなことも起こってしまう危険性もあります。

ですが、自分のヒステリーを自覚していないよりはましです。

少しは自分のヒステリーを理解していれば、それを改善しようとする気になるかもしれないからです。

ヒステリーを直すためには、まずは強く意志を持つことが大切です。

そのためにも、彼女たちに、まずは「自分がヒステリーを起こしやすいタイプである」と言ことを自覚させてあげて下さい。

ヒステリー女子の前で他人を褒めない

ヒステリー女子の前では、他人を褒めないようにするということも大切です。

ヒステリーには色々な原因がありますが、その中には羨望や嫉妬も含まれているからです。

誰かを羨ましいと思う気持ちには、「それには絶対に適わない」という気持ちも含まれています。

何をしても誰かに勝つことができないというのは、もどかしくて、悔しい気持ちでしょう。

これはヒステリーの原因となりかねません。

ヒステリー女子と一緒にいるときには、できる限りヒステリーとなるような原因を避ける方が良いのです。

意味もなく他の女性を褒めて、ヒステリー女子のスイッチを入れるようなことはやめた方が良いでしょう。

誰かと比べるような発言をすることも危険ですね。

相手を正そうとしない

ヒステリーな女性は、自分のことが正しいと思っています。

もしくは、正しくないと分かっているのに、どうしようもない気持ちの中で感情が爆発してしまっているのです。

それなのに、誰かから正されてしまうようなことがあれば、気分が悪くなってしまっても仕方ないでしょう。

普通は、間違っていることを言っているときには、間違っていると言って正してあげるのが良いはずですよね。

ですが、ヒステリーを起こしやすい女性の場合には、無理に相手を正す必要はありません。

相手の気持ちを逆なでするようなことをしたくなければ、相手を無理に正して気持ちを損ねるようなことをしない方が良いのです。

論破しようとしない

ヒステリーな女性を相手にしているときには、論破しない方が良いというのも覚えておきましょう。

ヒステリー女子は感情的になって行っていることがおかしいということもよくあるでしょう。

言っていることの整合性が取れずに、簡単に論破することもできるはずです。

あまりにもおかしいことを感情的に言われては、何となく論破したくなってしまうという気持ちは理解できます。

ですが、ヒステリー女子にうまく対処するためには、ぐっと飲みこんで相手を論破しないということも大切です。

火に油を注ぐようなことをしたいのなら良いかもしれませんが、あまり良い対処方法であるとは言えないでしょう。

相手をバカにしているような態度を見せず、相手に逆らうようなことをせずに嵐が去るのを待つというのは、ヒステリー女子に対処するときには一番良い方法なのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

ヒステリーな女性は、ひどく扱いにくいものですし、自分でもそう簡単に止めることはできません。

自分のヒステリーが他の人に迷惑だということを分かっていても、それを止められないからこそヒステリーだと言われてしまうものなのです。

ですが、ヒステリーは直すことができない病気と言うわけではありません。

自分が他の人に迷惑をかけているということをきちんと自覚して、その上で少しずつ直していけばよいものなのです。

周囲の理解も落ち論必要ではありますが、強い意志が一番必要なことかもしれません。

もし、ヒステリーな女性が周囲にいる場合にも、大変ではありますが、上手な付き合い方をして、相手にヒステリーを起こさせないようにしましょう。

ヒステリーと言うのは付き合っていくのは難しいものではありますが、直せない病気と言うわけではありませんので、自分のヒステリー、もしくは近しい人間のヒステリーとは上手に付き合っていくことにしましょう。