カップルという関係性での旅行は色々な目的がありますよね。

付き合い立てで一気に仲を深めたい時の旅行、何かの記念日旅行、元々旅行好きなカップルである場合も少なくありません。

ただし、旅行というのは普段見えない相手の姿がよく見えてくるものです。

実際、旅行にいって険悪になってしまうカップルも多いと言いますよね。

そうならない為に、カップルで旅行するなら知っておきたい20個の注意点をご紹介します。

ポイントを押さえて楽しく思い出に残る旅行にしましょう。

事前に確認しておきたいカップル旅行の注意点20個

何事にも、出来る限りのトラブルを避けて予定を計画するのなら事前準備は欠かせないものと言えます。

旅行前にしっかりとパートナーを確認しておくべきカップル旅行の注意点20個をご紹介していきます。

1:余裕をもってスケジュールを立てる

特に1泊2日など、全体を通して短い宿泊期間の旅行をする場合「あれもしたい」「ここにも行きたい」と明らかに容量オーバーなスケジュールを立ててしまう事があります。

あまりに過密なスケジュールを立ててしまうと、それを守る事に意識が集中して折角の旅行を楽しめずにただただ疲労感だけが残ってしまう事も少なくありません。

スケジュールは十分過ぎる位に余裕を持って決めておく事がポイントです。

アクティビティや観光は優先順位をつけておく

目的の旅行地に行く際、その目玉となるアクティビティや観光などがありますよね。

その中でも「これだけは絶対に行きたい」「ここは余裕があれば行きたい」など優先順位を付けておくと予期せぬハプニングや天候不良で第一希望の観光が出来なかった場合でも、スムーズに予定を変更して観光の目的地を変える事ができますよ。

2:予算を事前に決めておくこと


お金に関するトラブルは、一気に二人の信頼関係を崩してしまう恐れもあります。

金銭面や予算に関してはきっちりと事前に話し合って決めておきましょう。

旅行のプラン以外にも、道中の軽食や旅先での観光料、お土産代など様々な場面でお金が動きます。

料金のかかる観光地やアクティビティを予定に組み込む際には、きっちりと下調べをして「このアクティビティをすると料金が〇〇円かかるけど良いかな?」と事前に打診する事をお忘れなく。

旅行中に使う共同財布を作るのもおすすめ

旅行中は、大抵同じ物を食べたり同じ観光地を巡る事が多いので出発前に多めに同じ金額ずつ共同財布の中にお金を入れてお土産など完全に個人の買い物以外はそこかた支払いをするのもおすすめです。

ただし、まだ付き合って間もない等信頼関係が出来上がっていない状態だと嫌がられる場合もあるので事前に「共同財布を作って旅行を楽しむのはどうかな?」とパートナーに打診してみるのも忘れないようにしましょう。

旅行が終わった際に残った金額を半額ずつに分ければ残りの清算も簡単に済みますよ。

車での旅行の際は交通費に気を付けて

パートナーが車を所持している場合、移動手段に車を使う旅行になる事も少なくありません。

しかし、車を動かすのにもガソリン代や高速道路を使えば高速料金がかかります。

近頃ではETCの普及でクレジット清算になる場合も多いですね。

直接現金のやり取りをしない為にうっかり忘れがちですが、それらの金額を車の所持者であるパートナーが負担しつつお金の事なのでなかなか相手に言い出せずに悶々とする場合も多いです。

車で移動する際にも、高速道路の使用料金は調べる事ができますし、ガソリンについても車の所持者がガソリンをフルに補充しておき、帰り間際に同乗者がガソリンをフルに補給した料金を支払うなど配慮する事が大切です。

大抵、運転手は好意で車を運転している場合が多いので同乗者や企画者が交通費についても事前にしっかりと話しをしておくのが大切ですね。

3:身だしなみに気をつける

旅行中は、ふとした身だしなみのゆるみが出やすいものです。

一晩を共にする事をしっかりと想定して準備を行う事も大切ですよ。

女性であればムダ毛の処理であったり、男性であればヒゲ剃りを忘れないようにするなど、親しき仲にも礼儀ありという言葉を肝に据えて旅行中も身だしなみには気を遣うようにしましょう。

4:服装に気を使うこと


旅行に行く事が決まると、女性が真っ先に考えるのは「何を着て行こう?」という事ですよね。

可愛いファッションでパートナーをドキっとさせたいと思うものの、行き先は山の中…なんて旅行先とリンクした服装に悩む人も少なくありません。

カップル旅行においての服装は特に気を遣って考えておきましょう。

動きやすい格好がベスト!

移動や観光、アクティビティなどを考えると動きやすい恰好がベストと言えるでしょう。

だからといって女性は絶対にパンツスタイルじゃないといけないのか?と言うとそういう訳ではありません。

明らかに動きが制限されるミニスカートや、ふんだんにフリルを使ったスカートでなければロングスカートもワンピースも適材適所ならば構わないでしょう。

ただし、アウトドア旅行なのにスカートなどはNGです。

旅の目的と服装をしっかりとリンクさせましょう。

女性は高いヒールはNG

どんな旅行先でも高いヒールはNGです。

高いヒールは言わばシティファッションです。

街中で履いているからこそ違和感がありませんが、温泉街を高いヒールで歩いている女性を見たら違和感を感じませんか?

ヒールは無いものか、低めで安定したものを選ぶようにしてヒールを履いていく場合は必ずスニーカーやペタンコ靴も持っていくようにしましょう。

羽織るものを1枚プラスする

特に遠方や山中、海沿いなど住んでいる地域と全く違う環境に旅行に行く場合はカーディガンやストールなど羽織れるものを1枚プラスしておくのが鉄則です。

夏で暑いからといっても山中は朝夕の冷え込みがきつかったりっもします。

特に女性は冷えを感じやすいので「暑かったら脱げば良いか」位の気持ちで1枚余分に持ち歩くようにしましょう。

5:お互いの気遣いを忘れない

長い時間を共に過ごす程、日常生活の中で見えなかった相手の事が良く見えてきます。

そんな中で相手を気遣えれば「この人は本当に素敵な人だな」と思えますが、逆もまた然りです。

自分が疲れている時には、相手も疲れている事を忘れずにお互いを思い遣った言葉や行動を選ぶようにしましょう。

声掛け一つで気遣いは変わる

相手が何だか疲れているように見えるから、急に予定を変更して宿に戻ろう!と提案するも、何だか益々嫌そうな表情になっていく…なんて事が旅行では良くあります。

良かれと思って提案した事も、真意が伝わらなければ「わがまま」になってしまうだけなのです。

「何だか疲れた?この次の予定は、そんなに重要でも無いし宿でゆっくりする?」と一声かけるだけで意図がしっかりと伝わりお互い嫌な想いをしないで済みます。

気遣いの中でも、必ず想いを言葉にして伝える事を忘れないようにしましょう。

6:旅行前の体調管理を怠らない

折角、長い時間をかけて計画した旅行も当日体調不良では全く楽しめない上に、中止になってしまう…なんて事もあり得ます。

旅行の予定があるのなら、その日に合わせて体調管理をしておくのは当たり前のマナーであるとも言えるでしょう。

風邪はひかないように万全で挑もう!

風邪は細菌やウイルスが原因のものが大半で一見すると「仕方のないもの」のように思えますが、その大元は寝不足や栄養不足、体の疲労などで細菌やウイルスへの抵抗力が落ちてしまう為に羅漢します。

つまり、事前に体調をしっかりと整えて細菌やウイルスを寄せ付けない様に予防しておけば防げるものなのです。

体調が悪いな?と感じたら早めに病院へ行っておくなどして体調管理をしておきましょう。

寝不足は厳禁

旅行を翌日に控えて楽しみで眠れない、という気持ちはよく分かりますが寝不足は様々なトラブルの原因となります。

旅先で睡魔に襲われては元も子もありませんし、寝不足だと日中の体力が持たなかったり些細な事でイライラしてしまう事もありますね。

前日は十分に睡眠をとって旅行当日を楽しめるように準備しましょう。

感染症や不慮のケガは割り切る事が大切

インフルエンザなどの感染症や、不慮のケガをしてしまった際には「仕方ない」と割り切って直ぐにキャンセル処理を出来るようにパートナーに相談する事が大切です。

相手を落胆させる事を思うと報告しにくくなる気持ちは勿論ありますが、仕方の無い事なら割り切る事も必要なのです。

早めのキャンセルならキャンセル料がかからない場合もあるでしょう。

そのお金で新たな旅行を計画する事もできますので、迅速な相談は必要不可欠です。

7:ケチケチしない

旅先で金銭感覚が合わない事は、意外と大きなストレスになってしまう原因なのです。

「これをしよう」「あれを食べよう」と誘われるのにも関わらず「お金を使いたくないから」という理由で拒否していると「何しに来たの?」と言われても文句は言えないでしょう。

必要無い事にお金を使う事はありませんが、ある程度金銭感覚を合わせて相手と歩み寄る事も大切ですね。

8:旅行中に仕事や遊び道具は禁止!

プライベートの旅行にも関らず、ノートパソコンを持ち込んだり電話で仕事のやりとりをするのはもっての他です。

また、携帯型のゲーム機やスマホでゲームばかりしているのも旅行中に険悪になってしまう大きな要因の一つですね。

仕事に関しては、どうしても仕方の無い場合パートナーに了承を得た上で時間を制限して行いましょう。

ゲーム機やスマホゲームについては、持ってこない事、やらない事がマナーでしょう。

9:電子機器の充電器はしっかり持って行こう

スマホの充電器やポータブル充電器は忘れずに荷物の中に入れておきましょう。

旅先ではぐれた場合、連絡手段が無いのは致命的です。

もしもの時にはコンビニなどで、すぐに充電できる携帯充電器を購入するのも良いですね。

10:携帯の触りすぎに気をつけて

旅行中は携帯をマナーモードにしておき、必要最低限しか使用しないでいるのもマナーと言えるでしょう。

特に最近はSNSで旅行の写真をアップしたりすると直ぐにコメントがつきますよね。

そのコメントをチェックしている横顔が見られているんだと自覚しましょう。

SNSに写真をアップするのは後日にして、旅行中はそおの一瞬一瞬を楽しんだ方がずっと有意義ですよ。

旅行出発時のSNS投稿は危険

携帯の触り過ぎで一番気を付けたいSNSですが、防犯の面からもSNSでの「旅行に行ってきます」などの投稿は危険だと最近話題になっていますね。

空き巣犯などは、そういった投稿からターゲットを決める事もあるのだとか。

折角楽しい旅行を終えて帰ってきてても、その間に事件が起きていたら台無しになりますのでSNSは帰宅後がおすすめです。

11:「たら」「れば」は言わない

突然のアクシデントで旅行の予定が狂ってしまった際に、マイナスの言葉である「たら」「れば」を使うのは絶対にNGです。

予定が狂ってしまった原因が、どうしよも無い事でも相手に非があったとしても、相手を責めて不満を口に出してしまえばそこから巻き返すのは不可能になってしまします。

「こうしていれば」「ああしてたら」はあくまで仮定に過ぎませんん。

言った所でっどうしようも無い事をわざわざ言って、相手を不快にさせてしまう事にメリットは一つもありません。

12:お酒の飲み過ぎには注意を

旅先の旅館で美味しい料理に舌鼓をうってお酒がすすむのも旅の醍醐味ですが、泥酔する程飲んでしまっては楽しい旅が台無しになってしまいます。

お酒絡みのトラブルの怖い所は、酔っている自分自身は相手を不快にさせている事に全く気付いていない事です。

美味しいお酒を飲んだ翌日、何だか相手が不機嫌になって険悪な状態になっているが自分には全く身に覚えが無いなんて事も少なくありませんよね。

お酒は飲んでも飲まれるな、忘れないようにしましょう。

お酒が弱い人は2日酔い対策をしておく

お酒があまり強くないものの、折角の度の醍醐味をパートナーと共有したいと思い普段飲まない日本酒やワインなどを飲んで翌日二日酔いになってしまう人も居ます。

折角旅の楽しみを共有しても、翌日が潰れてしまっては元も子もありません。

そんな時には、アルコールを飲む量は少量にし、トマトジュースや100%のグレープフルーツジュースなど、肝機能を補助して2日酔いを防ぐための対策を講じておくのがおすすめです。

13:旅行当日は早めに集合する

旅行当日の朝は何かとアクシデントが起きやすいものです。

忘れ物をしたり、公共交通機関を使う場合は、多少タイムスケジュールが遅れても問題の無いように前倒しで動いておくのが良いでしょう。

旅の始まりで躓いてしますと、そのままダラダラした旅行になってしまう事も少なくありません。

気持ち良く旅行に出発できるように、事前準備を滞りなくしておきましょうね。

車で旅行するなら移動時間はかなり余裕を持って

旅先に車で行く場合は、公共交通機関の倍以上時間に余裕を持つ事が重要です。

大きな渋滞にハマれば1時間や2時間動けない状態なんてよくある事です。

旅館やホテルのチェックインの時間や行楽シーズンで渋滞予想が出ていないか?など、事前に下調べをした上で時間に余裕を持ったスケジュールを組んでおきましょう。

14:荷物は最小限でまとめて

1泊2日の旅行で大きなトランクケースとボストンバッグ、中身を見れば大量の洋服、コスメ、ヘアアイロンやはたまたドライヤーまで入っているなんて事も。

旅行の荷物は最低限のものをスマートに用意しておくのがおすすめです。

今やインターネットで何でも調べる事ができますので、旅館に設置されてるアメニティーグッズを調べ不必要なものは持って行かないようにしましょう。

女性はストレートアイロン一つを持っておくのがおすすめ

特に女性は翌日のヘアスタイルを整える為にあれやこれやと色々持っていきたくなりますよね。

そんな時にはコンパクトタイプのストレートアイロンを一つ持っておけば安心です。

クセ毛はしっかり伸ばせるし、使い方次第で毛先にカールを付ける事もできるので大変重宝しますよ。

ロングヘアの女性は吸収力の強いタオルを準備

ロングヘアの女性だと、旅館やホテルに置いてあるドライヤーではなかなか乾かないといった悩みがでてきますよね。

そんな時には、吸水力の高いタオルを一枚持参しておくのがおすすめです。

そこまでかさばる事もないですし、しっかりと水分を取り去る事が出来ればドライヤーの時間も大きく短縮できます。

タオルは特に、水泳用などの少し良いものを用意しておくのが安心です。

メイク道具、スキンケア製品は詰め替えてコンパクトに

女性の荷物で最もかさばるのがメイク道具とスキンケア製品ですよね。

旅行中も、普段と同じメイクやスキンケアをしたい場合は旅行用の小さな入れ物に詰め替えて荷物をコンパクトにするのがおすすめです。

100均などで手軽に購入できるので、少量を詰め替えて持って行くようにしましょう。

メイク道具に関しても、クリームタイプのものやリキッドタイプのものを旅行用ケースに移し替えるだけで随分すっきりとまとまる様になりますよ。

15:旅行先では奢りはNG

旅行先で、相手にいい恰好をしたくて「ここは出すよ」と会計に向かいたくなる気持ちは大いに分かりますが、旅行中何度もそうされると相手がお金を使う事を心苦しく思ってしまう場合が多くあります。

また、順番にお金を出したとしてもトータルで見るとどちらかに負担が偏るのは目に見えているでしょう。

そんな事が気にならない位の関係性なら良いですが、まだ関係の浅い内は旅行中のお金は共同財布を持つか、各自きっちりと自分の分だけを支払いする方がトラブルが起きにくいものです。

16:自分本位な行動は避けること

旅行中は常に他人と行動している事を意識しましょう。

カップルといえども他人同士です。

あまりに自分本位で身勝手な行動を続けていると呆れられてしまう可能性も大いにありますよ。

旅行中ほど、その人の本質がよく見えるといいます。

特に付き合い初めて間もなく、お互いの事をあまり知らない状態なら注意しておくに越した事はありません。

体調不良などの非常時は相手に伝えよう

旅行中でも、フと立ち眩みがしたり気分が悪くなる事もあり得ない事ではありません。

しかし、それを旅行中に相手に伝えるのは気が引けると思い内緒にして、さり気無く予定を変えさせようとする人も少なくありませんがそれは優しさではありません。

「ちょっと体調が悪いから休みたい」という事は悪い事でも自分本位な行動でもありません。

しっかりと自分の限界を見極めて我慢ができる所はする、できないならしっかりと申告する勇気を持ちましょう。

17:旅行中のマイナス発言は禁止

折角の楽しい旅行も、何気ないマイナス発言一つで気分を盛り下げてしまう事はよくあります。

自分は何気なく、無意識に口から出た言葉でも「今言わなくても良いのに…」と相手を嫌な気持ちにしていまわないように注意しましょう。

無意識に言ってしまった場合は

マイナスの言葉はふとした瞬間に口からこぼれてしまい「あ!」と思った時には、もう言ってしまった後だった。

という事もあります。

そんな時には直ぐに「今のは何だか空気悪くする発言だったね。ごめんね」と直ぐにフォローしましょう。

悪い空気は時間が経つと共に影響が大きくなります。

失言をしてしまったと感じたなら直ぐに謝るなどのフォローを忘れないようにしましょう。

18:女性はすっぴんにも注意しよう

旅行して宿泊する時にはじめて、パートナーにすっぴんを見せるという女性も少なくないのではないでしょうか?

あまりにすっぴんとメイクしている時にギャップがあると男性が引いてしまう事もあります。

旅行の前から少しメイクを薄くするなどして耐性を作っておくのも良いアイデアかもしれませんね。

眉毛は書いた方が良い

クレンジングをすると眉毛がほとんど無くなってしまう女性は、お風呂上りでも眉毛だけでもメイクした方が良いかもしれません。

眉毛は顔の印象を大きく変えると共に、バランスを整える役目も持っているのでなくなってしまうととても印象が変わってしまいます。

また、心理的に眉毛が無い人と対面していると不安な感情になってしまうという説もあります。

せめて眉位は書いたまま寝ても良いのではないでしょうか?

スッピンに自信が無いなら

自分のスッピンに自信が無く、いくら恋人と言えどもスッピンを見られるのが恥ずかしいと感じる人は事前にまつ毛エクステをしておくのもおすすめです。

まつ毛エクステをするとまつ毛が自然と上を向いているので、スッピン時の顔映りが全く変わりますよ。

元々まつ毛が多くて長い人はお風呂上りにもビューラーだけしておくと、目元の見え方が全く変わります。

19:トラブルが起きても冷静に…

天候不良や災害、人為的トラブルなど、予定を立てていたものの予期せぬトラブルでスケジュールが崩れてしまう事もあるでしょう。

そんな時は冷静に落ち着いて代替え案を相談しあう事が重要です。

事前にしっかりと旅の優先順位を決めておけば、そこまで焦る事でもないですしスマホを使えば情報を調べる事も簡単にできます。

予定がくずれたからといって焦らず冷静になる事が最も重要だと言えますね。

観光案内所の場所をチェックしておく

有名な観光地には必ずといって良い程、観光案内所があります。

その旅行先に観光案内所があるか?

あれば、どこにあるのを調べておくとトラブル時にとても役に立ちますよ。

予定していた観光やアクティビティが行えなくなってプランが立てられなかった時には観光案内所で相談すれば、おすすめのスポットや地域住民しか知らない穴場を教えて貰える事もあります。

常備薬は絶対に忘れない

旅行中最も避けたいトラブルは自分自身の体調不良によるものですよね。

女性は特に突然体調不良になる方も少なくありません。

もしも、に備えて常備薬や痛み止めなど症状を緩和できる薬は必ず忘れないように持ち歩きましょう。

また、自分でも予期できぬタイミングで具合が悪くなる事が多いのであれば、事前にパートナーに薬を所持している事を伝えておくと対応して貰える事もあります。

20:いきなり海外旅行は避けること

付き合って間もないカップルにも関らず、海外旅行に行くのはあまりにもハードルが高すぎるかもしれません。

海外旅行は宿泊数も多くなる上に、国内旅行では考えられないようなトラブルに見舞われる可能性も大きくあります。

まだ、お互いの事を深く理解できていない内は海外旅行は避けておいた方が良いでしょう。

カップル旅行にトラブルはつきもの!

事前にしっかりと確認しておいたとしてもカップルでの旅行にトラブルはつきものです。

そのトラブルすらも「楽しかったね」と思い出にするにはこんな事に気を付けておくのが良いでしょう。

最高な思い出から最悪にならないように

どれだけ旅行が楽しかったとしても、最後の帰りの旅路や別れ際が嫌な思い出になってしまうとその旅行は「嫌な思い出」になっていしまいます。

旅の終盤程、気を抜かずに良い気持ちで旅行を終える事が最も大切な事だと言えますね。

トラブルが起きた時の事を事前に話しておく

予定を立てる際に「もしも、ここに行け無くなったらどうする?」と簡単にでも話し合っておくと、いざという時の判断がとてもスムーズに行えます。

何パターンも予定を作っておく必要はありませんが、「ここが無理だったらここに行きたいね」などと話しておくだけでもトラブルの対応ができるようになりますよ。

カップルでの旅行がもっと楽しくなる裏技!

カップルでの旅行をより楽しく、素敵な思い出にするためにはこんな一手間を加えてあげると充実度がグッと増しますよ。

簡単な事ばかりなので是非実践してみて下さいね。

写真をたくさん撮る

旅の思い出は全て写真に残しましょう。

簡単に確認できるスマホと高画質で撮影できるデジカメ両方あると尚良いですね。

また、自撮り棒やセルフタイマー機能を使って二人のツーショット写真を残しておくのもお忘れなく。

風景や観光地、それぞれの楽しんでいる写真をたくさん残しておいて旅行後アルバムなどに纏めておけばとても良い思い出として残りますよ。

美味しいものを食べる

食は旅の醍醐味だと考える人がとても多いです。

旅先ではちょっと足を延ばしてでも、美味しいと話題のお店や有名なお店に行ってみるのがおすすめです。

そこまでの旅路が辛かったり、たくさん並んでくたびれたとしても美味しいものを食べた瞬間にその苦労は報われてとても満足いく時間に早変わりしてしまいますよ。

普段と違う雰囲気を楽しむ

せっかく旅行に行くのなら、普段は見れない姿を見たりしたいものですよね。

近頃では観光名所もエンターテイメント化しており、その土地柄に添った衣装を着て記念撮影ができる写真館や温泉街なら浴衣の貸し出しをしている所も多いです。

普段なかなか見れない姿に変身してパートナーをドキっとさせるのも良いかもしれません。

旅のしおりを作る

ちょっとの一手間を惜しまずに、遠足気分でしおりを作ってみるのもおすすめです。

学生気分に戻って、旅のしおりを作りそこにタイムスケジュールや観光地のちょっとしたマメ知識などを書いておくと情報共有にも役立ちますよね。

旅行に行く前から、どんどん楽しい気分になれるのでおすすめです。

お揃いのものを買う

旅の記念に二人でお揃いのものを買うのも良い思い出になりますよ。

アクセサリーやストラップなど、ご当地のものをペアで持っていればそれを見る度に楽しかった旅の思い出がよみがえりますよね。

工芸品などの製作体験ができる場合は、お互いの作ったものを好感するのもおすすめですよ。

定番の観光地を選ぶ

秘境や隠れたスポットは、やはり前情報が少なく旅行のプランを立てにくいものです。

旅行を計画する際にカップルの親密度をに合った旅行先を選ぶのも大切なポイントと言えますよ。

定番の観光スポットは良くも悪くも「観光地」として出来上がっています。

在り来たりな感じがしたりコースが出来上がっているようにも感じますが、その分情報も集めやすくまだ信頼関係の浅いカップルにはおすすめです。

逆に、秘境系やあまり有名でない旅先を選ぶと、一つの観光スポット以外には何もなく時間を持て余してしまったり、外食したりお土産を買える店舗が無かったりする場合もあります。

思い出に残る最高の旅行にしよう!

旅行を楽しい思い出にできるかどうかの大きなポイントはずばり「最後まで相手を思いやれるか」という事です。

付き合いの長いカップルほど、旅行を上手に楽しめているのはお互いをしっかりと尊重できているからに他なりません。

旅行を楽しんで最高の思い出にしつつ二人の距離をグッと縮めてみて下さいね。

【彼氏から旅行に誘われた際、気を付けておくべきことは、こちらの記事もチェック!】