CoCoSiA(ココシア)

アラフィフで結婚した女性に共通する5個の特徴!50代だからこそできる幸せな結婚


47歳~53歳あたりまでを指すアラフィフ

もう恋愛や結婚なんて…と諦めるにはまだ早いです。

再婚も含めてアラフィフの結婚の件数は増えて来ています。

そして、恋愛や結婚は、肉体的な限界がある出産ではないので年齢の上限なんてありません。

将来を共にするパートナーを見つけるのに遅いも早いもないし、90歳で恋愛したって良いのですから前向きにいきましょう。

アラフィフ女性の良いところ

アラフィフ女性だからこそ持っている、若い女性にはない魅力や良いところを見ていきましょう。

ただ、全アラフィフ女性が持っている良いところとは言い切れませんので、念のため「こいつは違う」という、ただ年がアラフィフになっただけの人も例示できるところはしていきます。

自立している

1人で生活しているアラフィフなら当然ながら自立しているはずです。

自分の生活や定年退職後も生きていくには十分な収入と将来設計があって、身の回りのことは一通りできる家事能力があり、自分で体調や精神状態をコントロールできる、というのを自立しているといいます。

若い女性だとまだ十分な収入を得られていない確率の方が高いですし、身の回りのこともすったもんだ、体調や精神状態のコントロールはあまりうまくないので、これらで勝っているのがアラフィフ女性の良い所です。

自立していないアラフィフなんて、そもそも論外

アラフィフにもなれば自立して当たり前だろと思っていたのですが、そうではないようです。

インターネット上の掲示板にあった相談なので、もしかしたらコレは全部釣りかなとも思いつつ、例としてご紹介します。

結婚歴なし、派遣社員、手取り収入年間200万円台前半、親と同居で親の年金で生活、自分で稼いだお金は全部自分のもの、貯金も少なく、家事は母親がしてくれるというアラフィフ女性。

結婚相手への希望条件は年収800万円以上、年齢が近く、イケメン、親と同居しなくていい男性とのことでした。

今まで「妥協して結婚したな」と嘲笑っていた友人たちが幸せになっていき、女子会で惨めになるから結婚したい。

でも婚活が上手くいかないのが悩み、なんだそうです。

「なーにが悩みだ馬鹿野郎」って感じですよね。

見も知らぬ人のことながら怒りが湧いてくるレベルです。

ところがどっこい、共感するレスが割とついているんですよ。

びっくりです。

世の中の女性の感覚を疑います。

もちろん「親が死んだあとの保護者探しじゃ無理だと思いますよ」という至極真っ当な意見もたくさんありました。

アラフィフにもなって親に飯食わせてもらってるだけでなく、家事までしてもらっておいて、年収が高いイケメンと結婚したい、しかも結婚したい理由は女子会で友達に負けたくないからとか、本気で言ってるんなら笑えてきます。

釣りであることを祈るばかりです。

男性に尽くす気持ちを持っている

これは面白い見方ができます。

熟年離婚する夫婦の場合はアラフィフの妻にこの気持ちはありません。

なぜなら、若い内に結婚して20年くらい一緒にいると、もうトキメキがなくなることがほとんどで、トキメかない相手に尽くすことはしんどいからです。

或る程度雑な扱いになっていくのが普通で、そこにも愛情があれば添い遂げ、愛情が破たんすれば別れます。

一方、今まで男性に尽くすことなく自分の道を突き進んできたアラフィフ女性なら、男性に尽くすことも新鮮に思えてきます。

また、年齢的にこれから双方支え合っていかなければいけない状況にもなってくるので、男性に尽くすくらいの気持ちがある女性の方が結婚にたどり着けます。

死別や離婚で新たなパートナーに出会う場合も同じ

「男に尽くすなんて、もうコリゴリ」と思っていても相手が変わると「この人のことは支えたい」と思えることがあります。

そんな気持ちが伝わってくれば男性も愛情を感じて、たとえ子持ちでも求婚してくれる人は少なくありません。

「尽くして欲しい」だけの女性は離婚するし結婚もできない

若い頃の結婚なら彼氏に「尽くしてくれる?」と聞いても「うん」と言ってくれるでしょうけど、それが長年にわたって「尽くしてよ!」ばっかり言われていたら離婚するでしょうね。

だって男性からしたらしんどいですもん。

無理無理って感じです。

アラフィフになって「尽くしてよ!」だったらそりゃあ結婚なんかできませんよ。

よくよく考えてみて欲しいですが、アラフィフと結婚する男性の年齢からして、今更女性に尽くすためだけに人生を使いたい人なんてまずいませんもの。

「先に倒れたら離婚」なんて言われたら地獄です。

感謝の気持ちを持っている

良い年のとり方をしていれば、周囲の人たちへの感謝の気持ちを忘れることなく今にいたるはずです。

若い頃はたった1人で生きてきたような気になることはあっても、次第にそうではなかったことに気づき始めます。

会話をする相手がいるだけでも恵まれていること、自分以外の誰かの働きで不自由のない生活を送れていること、自分の働きに給与という形で応えてくれる職場があることなど、感謝することはたくさんあります。

この気持ちを持っている人は、物腰が柔らかく、人の良いところを見ようとする傾向にあるため、男性と出会ってもコミュニケーションが開始されるまでに時間がかかりません。