最近流行りの言葉「好き避け」。

本当に嫌いで避けられている「嫌い避け」や「本気避け」とは違い、好きだからこそ避けてしまうという特徴を指します。

小学生が好きな子ほどいじめてしまうことと似ていますが、大人でも好きだからこそ仲良くできないということがあります。

50代男性でも好き避けがあるようなので、その行動を見てみましょう。

実は多い!50代男性の好き避け

おじさま好きな女子が増えていることもあり、50代男性の魅力にやられてしまう若い女性も多いですが、50代相手ともなると恋愛は一筋縄ではいきません。

厄介なのが50代男性の「好き避け」行動。

なんとなく相手からの好意は感じるのに避けられている気もする…そんな50代男性の行動にやきもきしてしまうこともあるでしょう。

しかも結構多いようです。

大人の男性ほど好き避けしてしまう?その理由は?

先述の通り、子供なら好きな子ほどいじめてしまうことがあります。

異性を意識し始めて間もなくなのでコミュニケーションの取り方がわからなかったり、周囲から冷やかされないために自分の気持ちを表に出せなかったりするからです。

でも、大人になると周りから冷やかされることはまずありませんし、コミュニケーションの取り方がわからない人も少ないので、「好きなら近くにいて仲良くすればいいじゃん!」と思うのが普通です。

好きだからこそ避けてしまう心理とはどういうものなのでしょう。

1、プライドが高い人が多い

大人になると恋愛経験のみならず社会的地位を得るなどして、さらに認められたいという思いから追う恋愛よりも追われる恋愛をしたい人が増えてきます。

自分から好意を示すのは負けだと考える節もあり、「君になんて興味ございませんよ。

好きになるのはあなたの自由です」という雰囲気を出したがります。

反面、高いプライドのせいで傷つきたくないという心理も働いています。

プライドが高い人は他者からの拒絶を恐れる傾向があるため、自らアプローチして想い叶わずだったときのダメージが大きすぎるのです。

相手に気に入られようと振る舞って、プラスの状態から拒絶というマイナスへ落ちるより、単なる知り合いという0の状態の方が精神的な負荷がありません。

また、仲良くなると一緒にいる時間が長くなるため嫌でもカッコ悪いところを見られる確率が上がります。

好き避けしていれば、自分が万全の体制の時だけ目の前に現れればいいのですから気が楽です。

恋愛感情によって本来自分が目指すところではない行動をとってしまうなど動揺を隠したいという理由もあります。

2、羞恥心が強い

単に恥ずかしがり屋で逃げてしまうという男性もいます。

こういった人は恋愛感情に限らず自分の感情を表に出すことが苦手なので、恋愛感情ともなるととても行動に移すことができません。

好きな女性が明らかに自分を好いてくれていると確信が持てるまでは近づくことすら困難です。

羞恥心が極度に強いと好きな人の前でだけ露骨にどもったり赤面してしまい、周囲にも当人にも即座に好意が知られてしまうのが嫌だという人もいるでしょう。

羞恥心に加え自分に自信がないことも伴っていると「自分みたいなやつに好意を寄せられても迷惑だろうし」と考えてしまうこともあります。

3、女性経験が少ない

大人になって女性経験が少ないことを恥ずかしいと思ってしまう人がいます。

異性との交流の経験が少ないので言葉の節々に経験の少なさが露呈していないかと気にするあまり避けてしまうパターンです。

あるいは、片想いでも恋愛経験自体が少なく、自分の恋愛感情を持て余してしまう場合もあります。

50代男性に特化して言うと、若い女性とのコミュニケーションの仕方がよくわからないというのもあります。

セクハラが問題視される昨今、うっかりした発言が相手を傷つけたりしないかという怯えが第一前提として存在するため、なかなか距離をつめることができないでいます。

飲みに誘おうものならパワハラだなんて言われるのですから恐ろしいです。

それなら自分からは近づかず、相手から話しかけられることを待つ方が安全なので自分から動くことはできません。

かといって、若い女性に興味がないわけではありません。

それはキャバクラなど夜の世界の客層に50代男性が多いことから考えてもよくわかります。

ではなぜキャバクラなら行けるのかというと、客と店側という立場がはっきりしていますし、そこで働く女の子たちは客の話を聞く受け入れ態勢を取ってくれるからです。

その歳で好き避けする人はそもそも少ない

50代ともなると、恋愛経験が皆無という人の方が少ないので「好き避け」は珍しいケースではあります。

とくにこの記事を読んでいる人が興味を持つような相手なわけですから、箸にも棒にもかからないような人物ではないので、告白された経験もあるはずです。

それでも好き避けをするのは、やはり何かしら踏み出せない大きな理由が存在しています。

年齢差に懸念を抱いているとか、先述のセクハラ問題を重視しているとか、あるいは既婚者、離婚歴ありなどの理由から女性に近づくことのハードルが高いなどです。

既婚者や大人男性の好き避け行動

では大人の男性の好き避け行動について具体的に7つ見てみましょう。

対比として、本当に嫌いで避けられている場合も記載していくので、自分がどちらに該当しそうか判断してみてください。

もし意中の男性が「好き避け」に該当する行動をとっているなら、おそらく脈ありです。

1、目を見て話してくれない


照れながら目を見てくれないのは完全に脈ありです。

口角の上がり具合や血色、ふいに合ったときの瞳孔の開き方で判断できます。

嫌いな人と話している時は口角が下がり、血色も通常か悪くなり、死んだ魚みたいな目になるので好き避けなのか嫌い避けなのかはハッキリわかるはずです。

また、目の逸らし方でも少し違いがあります。

上司であっても下を向くなら男性として自分に自信がないことが多く、ふいに目が合ったとき首ごと左右のどちらかを向くなら表情をバレまいとする照れ隠し、常に視線が左右どちらかを向いていて一度もこちらを見ないなら完全に興味無しです。

好意がある相手のことはついつい目で追ってしまいますが、目が合うと見ていたことがバレてしまうし、どういう視線でその人を眺めていたか気づかれたくないので目を逸らすことは男女や年齢に限らずよくあることです。

ずっと見つめても目をそらす

女性からして、胸やお尻ばかり見ている人がスケベだというのがわかるように、かなりの鈍感でなければ自分がどういう視線で見られているかはわかるものです。

とくに50代男性は自分が女性から恋愛感情の目で見られる範疇ではないと思い込んでいる傾向があるので、そのような視線に気づくと驚いてどうしていいかわからなくなってしまうので目を逸らします。

それで一旦冷静になって相手を見つめ返してみても、やっぱり恋愛感情の目だとわかると、びっくりしたり戸惑ったりします。

勘違いだったらどうしようとも思いますし、ちょっとしたパニック状態です。

2、近づくと距離を取る

これは好き避けなのか嫌い避けなのかの判断が非常に難しいところです。

距離を取られてしまうと表情で判断することができないからです。

めちゃくちゃわかりやすい人ならしどろもどろの挨拶とともに顔を赤くしながら立ち去ってくれますが、そこまでシャイな50代もなかなかいないので、ばったり出くわしたときの一瞬の表情を読み取るか、相手の醸し出すソワソワ感を感じ取るしかありません。

でも視界には入りたがる

距離の取り方は判断基準となり得ます。

本当に嫌いで避けたいなら視界にすら入らないようにするものですが、好きなら気づかれない程度には見たいという思いがあるので、視界に入る位置まで距離を取る程度です。

女性側から声をかけられるのを待っていることもあるので、声が届く程度の距離感なのかが重要です。

職場の相手でオフィスが狭いなら違いがよくわかりませんが、限りなく離れるのかそうでないのかで考えてみましょう。

3、頼ると素っ気なくする

職場などで頼ったとき、快く引き受けてくれるというよりは素っ気ない場合があります。

他の人からの頼みごとは笑顔で請け負うのに自分の時だけ素っ気ない気がしたら嫌われていると思ってしまいますよね。

でも、やはりこれも表情や仕草で判断できます。

嫌いな人からの頼まれごとほど面倒くさいことはないので、コミュニケーション能力に長けた人以外は表情のどこかが死にます。

言葉もトーンのない沈んだ感じで「わかりました」に留まります。

そうではなくて、小さな声で「あ、うん、いいよ…」くらい返答してくれるなら実は喜んでいるサインです。

また頼んだことを完了して報告に来てくれた時の話しぶりも見極めポイントです。

好きな人からの頼まれごとなら内心張り切って取り組みますし、十分にできたら認めて欲しいという思いもあるので、丁寧な報告が上がってくるはずです。

これも嫌いな人からの頼まれごとならメールで「あとは読んどいてください」の報告書が上がってくるだけか「やっときました」くらいのものです。

でも本当は頼られたい

50代ともなると、大体役職がついているので、1人の部下だけに手厚くすることは回避しようとします。

仕事は仕事としっかり割り切っているので好きな人から頼まれたらなんでも頑張るという雰囲気が部下にバレてはいけません。

これを意識するあまり、好きな人にだけ素っ気ない態度を取ってしまうことがあります。

でも内心では頼ってくれたことを喜んでいて、これからも頼られる存在でありたいと頑張ってくれます。

4、普段は結構喋るのにいきなりクールになる


素っ気ない態度とも似ていますが、他の人とは結構楽しそうに話しているのに、こちらに対してだけクールな喋り方をされることがあります。

これも好き避けか嫌い避けなのか微妙なラインですが、プライベートのことになると鉄壁のガードをされるなら嫌われているとみて間違いないでしょう。

あるいは、複数人で喋っている中に入った時に締め出されるようなら嫌われています。

好き避けの場合は、自分のテンションが上がったことを悟られたくないからクールに振舞おうとするだけなので、会話は続きますし、質問しても返ってきます。

でもあんまり自分のことを掘り下げられてボロが出るのは嫌なので、どちらかというとこちらのことを知るための話題にシフトしようとします。

声のトーンが自然に上がる

テンションが上がれば声のトーンも自然に上がってしまいます。

これがバレたくないというのがクールに振舞う大きな要因です。

もしこちらから話しかけてワンテンポ置いてから振り向いたりするなら、瞬時にクールさを取り繕っている証です。

もし嫌いな人に話しかけられたら、その用事はとっとと済ませたいし、取り繕わなくても冷たい声が出るのでワンテンポ置く必要がありません。

また、50代では嫌いな人に嫌いな態度を露骨にとるほど幼稚な人もまずいないので、嫌いな人にほど努めて明るく振舞おうとするものです。

こういう人は酔っぱらうと取り繕えなくなるので地が出やすくなります。

飲みの席では会話がはずむのに普段はクールに振舞うのなら間違いなく好き避けです。

5、話の内容は仕事ばかり

職場であれば年齢差のある二人の会話が仕事ばかりになるのは普通のことです。

しかし、こちらから仕事以外の話を振っても反応が乏しいならあえて仕事の話だけに徹していることがわかります。

この項目は好き避けと嫌い避けの他に「ごめん避け」の場合もあります。

ごめん避けは、妻や彼女がいる場合で、仕事の話だけを振ることで「あなたとは職場だけの関係なんだ、ごめんね」と遠回しに線を引いている状況です。

話しの内容が仕事ばかりである場合はあらゆる可能性があるので、これだけではどの「避け」なのか判断できません。

その他の行動で判断しましょう。

プライベートの話をしたいけどなかなかできない

好きな人にも男性からプライベートの話をするのは難しいものがあります。

50代男性からすれば若い女性との共通点が仕事しかない状況です。

そのため、会話の続く仕事の話ばかりを振るしかありません。

それに、仕事の話だけをしていればセクハラだのパワハラだの言われなくて済むので安心することもできるからです。

また、自分が男性として見られているなど露ほども気づいていなければ「こんなおじさんのプライベートの話を聞いたって面白くないよね」と配慮してくれている可能性もあります。

でも話したいという気持ちを持ってくれているなら、仕事の相談と称して複数人でも食事に連れ出せば仲良くなれるはずです。

若い人たちが興味を持って聞いてくれることがわかれば安心します。

6、不機嫌そうに見えがち

好きでも嫌いでもない、興味もない相手に対していちいち表情を出す人はいませんから、いつも不機嫌に見えるなら何かしら個人的な感情を持っていることになります。

好き避けの場合は嫌われたいわけではないのですが、それ以上に好きバレすることに怯えているので表情を険しく取り繕うとする人がいます。

不機嫌そうなのに頼みごとは絶対やってくれるとか、こちらの疲れた表情に気付いてくれたりすれば好意的な感情を持っているでしょう。

面白おかしいことを言って思わず笑ってくれることがあるなら嫌われてはいません。

単に取り繕っている表情や態度が不機嫌そうなだけなので、ふいを突かれると一気に崩れます。

もし全く笑わないなら、すさまじくスベった場合でもなければ心底嫌われているので何かやらかしていないか思い返してみましょう。

内心は嬉しい気持ちで溢れている

内心では「やったぁ!話しかけてくれたぞー!いぇーい!」とうかれまくっているかもしれませんが、50代男性がそれを表に出すことはまず無いでしょう。

そうしてくれれば可愛いですが、それは男性として魅力的であっても、職場としてはマズイです。

その男性より上役の人に見つかれば問題ですし、配置換えされることもあります。

そういった感情は完全にプライベートの場でしか出ないので、思い切って仕事以外の時間でも会うことをお願いしてみるしかないでしょう。

もちろんそれだって一回目は断られる可能性が高いですが、めげずにお誘いしていれば、一度はさも仕方なさそうに応じてくれます。

そこからは壁も崩れていくはずです。

7、他の男性と話していると急に冷たくなる

自分からは避けているくせに、こちらが他の男性と話していると冷たい態度をとるなら、完全に嫉妬なので脈ありと断定できます。

「○○君と仲いいの?」と聞いてくるならもう決定的。

ただ内心では「やっぱり同い年くらいの人とくっつくよね…」としょんぼりしているかもしれないので、どんな話をしていたか教えてあげると安心します。

大人男性の好き避けの注意点!ちょっと厄介かも

好き避け行動はちょっと可愛く思えますが、実は結構厄介です。

仮に相思相愛だということがわかって付き合えても、厄介なことが待ちうけています。

どんなことが考えられるのか見てみましょう。

好き避けが続いたら面倒くさいことに

まず一に、仕事に支障が出る場合があります。

職場において避けられていると、それがどんな感情に基づくものであれ報連相がスムーズにできませんし、手が空いていても仕事を振ってくれない恐れもあるので、こちらの能力不足かと思い悩むこともあるでしょう。

次に、周囲からも「あの人避けられてるね」と認知されてしまうので悪い噂を引き起こす要因になりうるという点が挙げられます。

職場にいる人はみんな大人ですから、まさか好き避けだなんて、よっぽどわかりやすくなければ想像しません。

避けられているとすればそれは悪い理由に違いないと思うのが普通です。

また、役職がある男性、つまり評価者である場合は、こちらの昇給や昇進にも影響します。

好きな人の評価を高くしたら個人的な感情で査定してしまったかもしれないと悩むため自然と評価が厳しくなりがちだからです。

だんだん離れていく可能性もある

仕事と恋愛感情がごちゃごちゃになるのを避けたい男性は、恋愛よりも仕事を優先するために、どんどん距離をとっていくことがあります。

一度抱いてしまった好意を押し殺すには物理的に距離をとらないと上手くできないからです。

あるいは、精神的な距離を外的要因を用いて取るために、わざと他の男性社員とくっつけようとしてきたり、彼女がいないのに彼女がいると言って、相手から離れていってくれるように仕向けることもあります。

あるいは「恋愛感情に持ち込んで出世したいのではないか」と疑いを持ち出すと徹底的に距離を取るようになるので、誤解されないように配慮する必要があります。

誤解される行動は「給料をアップしてください」「リーダーを務めてみたい」など昇給や出世欲を臭わせる発言です。

これは本来自分から言わなくても実力があればそうなりますから、言わないようにしましょう。

精神的に幼稚かもしれない

既婚者や彼女がいるなら「ごめん避け」で、対応も好意を含め個人的な感情はないことから、あくまで事務的なやりとりはできますし、ある程度プライベートな会話をしますが、踏み込んだ言動は無いというだけです。

フリーの場合も、年齢に関わらず精神的に大人であれば、職場にいる全員に同じ対応ができます。

どんなに嫌味な人に対しても仕事を進めるにあたって支障のないように温和な対応に努め、好きな人であっても悪いところは改善を求め、提案や議論も躊躇なく行います。

ところが、独身でこれといって避ける理由もないのに大人になって好き避けするのは、正直なところ、精神的に幼稚だという懸念を払拭することが払拭できません。

好きな気持ちがバレたくないからといって避けたり不機嫌そうに振舞うのは、いい年してあまりに対人スキルに乏しく、個人的な感情と職場の人としての付き合いに線引きができていないということに他なりません。

気持ちをコントロールできない

仕事と恋愛の感情がごちゃごちゃになってしまう程度には感情のコントロールができないということを示しています。

好きな人のことばかり考えてしまって仕事に身が入らない、好きな気持ちが評価にまであらわれてしまうなど、感情と理性を分けて考えられない人物です。

このような人とは付き合ってからも苦労することは間違いありません。

結婚するともなれば尚大変です。

恋愛関係はプライベートなので、全てにおいて感情論で対応してくる恐れがあります。

資金繰り、子育て、家事分担など感情だけではどうにもならないことすら「疲れている」「愛しているなら」「頑張ってる」なんて言われたら本当に苦労しますから、感情のコントロールができない人と共に過ごす気力や精神的余裕が自分にあるかどうか、よく考えてみましょう。

過度に嫉妬させないように注意する

完全にその男性が好きなら嫉妬させるような振る舞いをすると損なので、当然注意するでしょうが「ちょっといいな」くらいの場合でも相手からの好意を感じるなら気を付けなければなりません。

大人の嫉妬ほど厄介なものはなく、50代ならそこそこ権力を持っているので、あまり嫉妬させるとこちらの立場が悪くなったり部署全体の雰囲気が悪くなったり、はたまた、他の男性社員が可哀想な目に合ってしまいます。

もちろん権力を楯にそんなことをする男性なんて好きにならないに越したことはありませんが…。

また、好き避けする男性の特徴で触れた「女性経験が少ないタイプ」が相手なら個人的に被害を受ける可能性があります。

ちょっと良いかなと好意的に思っていたとしても、女性経験が少ないタイプは異性との距離の詰め方がわかっていないのでストーカー的になったり乱暴な態度をとったりする恐れがあるからです。

そんな態度を見ていざ好意が失せても時すでに遅し。

しつこくまとわりつかれるかもしれないので、好き避けをするくらい感情のコントロールができない相手だということを念頭に、自分の恋愛感情が確定するまでは思わせぶりな態度は控えましょう。

若い男性の好き避けと一緒にしないこと

若い男性の好き避け行動は理由も「かっこつけたい」「追われる恋愛がしてみたい(モテたい)」など可愛らしい理由が大半ですが、50代男性の場合は仕事での立場や妻子持ちなど社会的理由で避けている場合があるので若い男性の好き避けと一緒だと考えて距離を詰めると迷惑になってしまいます。

既婚者でも彼女持ちでも、たまに心が揺らいでしまうことはあります。

若くて美しい女性からの好意を感じて全くテンションの上がらない男性の方が少ないです。

しかしその喜びは「まだまだ俺も捨てたもんじゃないな」くらいのもの。

その好意を受け入れることによる社会的ダメージの方がはるかに大きいのです。

既婚者であれば職場の女性から好意を寄せられていること自体、変な噂が立たないかと悩むことになりますし、長く付き合っている彼女がいれば誤解を招くようなことはしたくありません。

自分より上の役職の人に浮気や不倫をしているとでも思われたら昇進にも影響しますし、過度なアピールをされることは迷惑です。

好き避けしているうちは可愛い!

厄介にならないレベルで好き避けしているなら可愛いものです。

明確な理由もなく好き避けしているのは、ちょっと子供っぽいですが、男性は年齢に関わらず多少なり子供っぽいところがあるので、そこが愛せるならその恋愛を楽しんでみましょう。

だんだんと素直に心を開いてくれる様子に喜びを感じることもあります。

とくに職場に好きな人がいると会社に行くモチベーションも上がりますし、気に入ってもらえるように仕事を頑張れるなど相乗効果もあります。

自分が楽しく過ごせるなら好き避け男性を好んでも何も問題ありません。

気を付けたいのは、恋愛ゲームをする相手に50代男性を選んではいけないということです。

人生の折り返し地点に到達した50代をゲームにひっぱり出すのは可哀想すぎます。

遊ばれていたなんて思ったら立ち直れません。

真剣にお付き合いをしたいのかどうか、単に大人の男性に憧れているだけなのかは冷静になって考えてみてください。

自分からアタックして告白するのもあり!

難攻不落に見えて好き避けするくらいにはガンガン意識しているのでちょっと突っ込めばすぐに崩れるもろい壁です。

こちらから歩み寄れば相手が心を開くのも一瞬でしょう。

最初は複数人で飲みに誘うなどして日常的な会話がしやすくなるように距離を詰めていけば、自然とプライベートな会話もできるようになります。

思い切って告白するのもありです。

50代男性は戸惑うでしょうし、即座に返答をくれはしないかもしれませんが、相手の好意が明確になれば拒絶される、セクハラになるといった怯えが失せるので誘ってくれることも増えるでしょう。

ただし、50代男性と恋愛関係になるなら注意が必要です。

年齢差があるならまず価値観が違いますし、仕事に対する考え方も大きく異なっている傾向があります。

管理職についている男性と平社員なら視点も違いますから、愚痴のレベルもかけはなれているし、自分が支えにはならないことに寂しさを感じることも多いです。

若い人ならLINEなどタイムリーなやりとりを求めることも多いですが、年齢が上がるにつれ今まで行ってきた連絡手段が電話やメールで、1日に何度もやりとりすることもなかったことから「恋人なら頻繁に連絡をとる」という考え方が根付いていないこともあります。

自分が連絡をたくさん求めるタイプなら、合わないかもしれません。

そして、50代まで独身を貫いてきたのなら、結婚するという選択肢を持っていない可能性もあります。

自分が結婚して子供が欲しいと思っているならちょっと難しいものがあるので、自分の将来像と合致したお付き合いができるのかどうかは深いお付き合いに発展する前に確認しておいた方がいいでしょう。

まとめ

50代男性の好き避け行動や心理について見てきました。

好き避けの動機は単純でも行動は好き避けなのか嫌い避けなのか、ごめん避けなのか見極めるのは結構難しそうです。

よく観察して微妙な表情や声のトーンで判断していきましょう。

そして、職場の男性ならお互い社会的立場というものがありますから「恋は盲目」にならないように注意してください。

50代にとっての恋愛はジェットコースターのようなものではありません。

人生の折り返し地点で共に歩けるような、穏やかで不安のない関係を好む傾向があります。

お互いにとって素敵な恋愛に発展するように、少しずつプライベートの会話を増やして人となりを知り「一緒にいて気が楽だなぁ」と思えるようになることがベストです。

そうなれるように、一歩ずつ距離を縮めていきましょう。