50代の髪型を考える時の8個の注意点のイメージ写真
女性の皆さんは年齢を気にする事はありますか?

「もうこんな歳だわ」と思う人もいれば、「まだまだこの歳、年齢なんて関係ないわ」と思う人もいるかもしれませんね。

日本の女性は特に年齢を気にする傾向にあるようです。

海外などでは年齢はあまり関係なく自分がいいと思ったものや、自分が似合うと思う事ならどんな若い服装でもお構いなしなんだそうですよ。

いくつになっても女性は女性ですからね。

年齢など気にせず女性らしさを磨いていきたいですよね。

あなたの意見はいかがでしょうか。

50代とはいえ大人の魅力があふれる年代ですよね。

その反面髪の質なども徐々に変わってきてしまう年代でもあります。

今回は、50代で髪型を考える時に少し注意した方がいい点や、自分にあったスタイルを考える時の参考になればと思います。

️50代、まだまだ美しくいたい

50代まだまだ女性として輝いている年代です。

まだまだ美しくいたいと思う気持ちはとても大切ですし、まだまだ美しい大人の魅力あふれる年代と言えますよね。

この年代でしか出せない大人の色気もあふれる年代ではないでしょうか。

もう50代だからなんて思ってしまうのはご法度ですね。

女性はいくつになってもその年代にあった美しさを追及していきたいものではないでしょうか。

もう50代と諦めてはいないでしょうか。

もっともっと女性らしさをや美しさを追求していきたいですね。

️若々しさは髪型で決まる!

あなたの髪はロングヘアでしょうか?

それとも、ショートヘアもしくはミディアムヘアですか?

女性はお化粧意外に髪型でも雰囲気がガラリと変わるものですよね。

その年代ならではの若々しさも、髪型ひとつで大きく変わると言っても過言ではないんですよ。

それくらい髪型は大切なんですね。

あなたの近くにも若々しくて素敵な女性はいませんか?

年齢を聞いてびっくりしたなんていう経験はないでしょうか。

長さなどにも好みがあるとは思いますが、自分にはどんな髪型スタイルが一番似合うのか一度美容室などで相談してみるのもいいですね。

50代になるとショートヘアにする人が多くなるようです。

お手入れのしやすさがショートの魅力ではありますね。

ロングも素敵ですが、少し手入れに手間がかかる事があります。

パーマをかける事でお手入れのしやすさもありますね。

50代の髪型を考えていこう

50代の髪型と聞いてどのようなイメージをもたれますか?

若いころからずっとロングスタイルだったという人や、ずっとショートまたはロングからショートにイメージチェンジをしたという人もいるかもしれませんね。

50代での髪型を考える時はどんな事を気にしていますか?

髪のボリュームがなくなってきたと感じる人が圧倒的に多いのではなでしょうか。

やはり年代と共に髪のハリやコシがなくなってきてしまうのは仕方ないのかもしれません。

シャンプーなどでもハリやコシを強くするタイプもありますが、髪のスタイルによってもふんわりみせたりボリュームの出し方などを工夫する事もできると思いますよ。

意外と年代を重ねたからこそショートやボブスタイルにイメージチェンジする女性も多いようです。

お手入れのしやすさもありますが、ショートやミディアムたけの方がアレンジしやすいのかもしれませんね。

だからといってその人らしさやその人に似合う髪型は人それぞれですからね。

自分に似合う髪型をいまいちど考える機会にしてみてください。

髪が痛むのは女性ホルモンの影響?

なぜ髪が傷むのかというと女性ホルモンが大きく影響しているんですね。

年々女性ホルモンは減ってきます。

いずれは閉経を迎えた頃にはほとんど女性ホルモンの働きが少なくなってきてしまい、髪にも影響がでてしまいます。

しかし、生活習慣や食べ物に気を付ける事で髪の健康も取り戻す事ができます。

それを行動するかしないかによって全然違ってきますよね。

50代だからこそ上質なシャンプーを使う。

髪にいいトリートメントやヘアオイルを使用するなど。

髪に使うものだからこそ化粧品のように髪にもいい物にこだわってみてはいかがでしょうか。

ホルモンの減少に立ち向かうからにはやはりそこそこいい物を使用する事も大切です。

一度見直してみてはいかがでしょうか。

️50代の髪型を考えるときの8個の注意点

50代の髪型を考えるといってもどんな事に注意していけばいいのでしょうか。

若々しくいたいのは当然なのですが、その中でも50代らしさや50代ならではの大人の魅力にも気を配っていきたいですよね。

髪型だけではなくやはりお手入れにも気を配らなければいけない年代でもあります。

若い頃から比べるとどんどん髪質自体が変わってきてしまいますね。

お手入れひとつ少し気を配る必要がでてきます。

ではどんな事に注意していけばいいのか8個の例をあげてみました。

一緒に目を通してもらえればうれしいです。

上品さを重視する

この年代ならではの上品さを重視するようにしてみましょう。

この年代だからこそ出せる色気や魅力があります。

若い時にはいくら頑張っても出せない魅力ですね。

50代と言えば周囲の事も少し落ち着き時間の余裕も出てきている人もいるかもしれませんし、まだまだ家庭の中で忙しくされている人や、バリバリ仕事をしている人もいると思います。

朝忙しくて髪の毛の手入れをしている時間がないという人もいるかもしれません。

髪の長さはロングだけれども、いつもひとつに束ねている人もいるでしょうか。

時には髪のスタイルを変えてみてはいかがでしょうか。

ロングな人ならまとめ髪に挑戦してみるのもいいですね。

ミディアムな長さの人ならふんわりとパーマをかけてスタイリング材を使用するだけで、朝のスタイルは出来上がるかもしれません。

どんな長さであれ大人らしい上品さは重視してみてはいかがでしょうか。

無理に若作りをしない

若く見えるからと無理にショートヘアにしてみたり、巻き髪に挑戦するなど若い人のスタイルを真似る必要はないと思います。

50代の年代であれば、いかに自分らしく自分に似合う髪型かどうかが重点になってくると思いますよ。

少し白いものも見え隠れしてきますよね。

白髪染めはしっかりされているでしょうか。

若い時とは明らかに髪質が変わってきていますので、パーマのかけすぎなども髪を傷める原因になってしまいす。

ポイントは無理をしないことですね。

あくまでも自分らしさをお忘れなく!

若作りと若々しさは異なる

若作りと若々しさは違いますよね。

若くみせたいからと今若い人の間で流行しているようなスタイルを求めてしまうと、年齢とあまりにかけ離れてしまい違和感が出てしまう可能性もあります。

若い人には真似のできない女性らしさがあるのですから、けっして若作りと呼ばれてしまうような事は避けたいですね。

まずは髪質の変化を認めてあげましょう。

髪型を考える上で髪の質はとても大切だと思いますよ。

少し細くなってきた少し抜け毛も増えてきたと感じる事はありませんか?

目をそむけたくなるような現実ではありますが、だからこそしっかり向き合う事も必要になってくるかもしれませんね。

スタイリングがしやすくまた若々しく見える自分に合った髪型を探ってみてはいかがでしょうか。

毎日のお手入れをしっかりする

毎日のお手入れをしっかりする女性
髪の質が変わってくると何度もお伝えしましたが、これはどうしょうもない現実です。

だからといって諦めるのではなくシャンプーを替えてみるのもひとつですし、髪の洗い方にも工夫をしてみましょう。

力任せにごしごしなんて事はないでしょうか?

髪の地肌を傷める原因になってしまうそうです。

乾燥も髪にとっては大敵ですね。

髪質の事は美容師さんに相談してみるのもひとつですね。

行きつけの美容室を見つけて気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

やはり美容のプロですので適格なアドバイスがもらえると思いますよ。

毎日きちんとお手入れする事で、昔のような髪質にだって近づけるかもしれないですからね。

諦めてしまわないようにしてくださいね。

ドライヤーできちんと乾かす

夜お風呂に入った後、自然乾燥でそのままなんて事はないでしょうか?

少し面倒ではあるのですが、しっかり乾かしてあげる事がとても大切です。

水で濡れた髪は水分が乾くとぱさぱさになります。

そうなると朝広がったりはねていたりと逆に手入れが必要になりますよね。

またこのドライヤーなんですが、熱をガンガン当てると髪を傷める原因にもなります。

斜めから動かすように乾かしましょう。

同じ場所にずっと熱を当ててしまうと傷める原因になりますのでご注意くださいね。

可能であればドライヤー自体にこだわってみるのもいいですね。

ナノケアなど熱を出しつつも髪にうるおいを与えてくれるようなドライヤーが、各メーカーから出ています。

これを使ったから絶対いいというわけではありませんが、もし気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

トリートメントやヘアオイルをつける

トリートメントやヘアオイルを使用しましょう。

洗い流さないタイプのものもありますね。

夜寝る前に抵抗があればトリートメントにして、朝に髪のパサつき防止としてヘアオイルを使用してみてはいかがでしょうか。

いろんな種類がでていますが少し価格にもこだわってみるのもいいと思います。

べたつきが控え目なタイプのものもありますので、自分にあっていると思うトリートメントやヘアオイルを見つけるのもいいですね。

美容師さんからお勧めを聞いてみるのもいいと思いますよ。

特にロングヘアの場合ではパサつきのある髪はあまり見栄えもよくないですね。

ロングヘアの人は後ろからも見られている事を意識してみてくださいね。

時にはヘッドスパを体験してみてはいかがでしょうか。

毛穴の汚れを一気に落としてくれるのでさらさらヘアになりますよ。

数か月に一度でも毛穴の汚れをリセットしてみるのもいいですね。

トリートメントやヘアオイルを使用いているので、その日の汚れはシャンプーでしっかり洗い流してくださいね。

でもごしごし洗いは禁物です。

ブラッシングをする

ブラッシングをするくし
ブラッシングする事を心がけてみてください。

髪がもつれたり絡まっている時には無理に引っ張るのはやめておいてくださいね。

髪が抜けてしまう事があります。

絡みがある時は寝ぐせ直しなどのスプレーを使用してみてはいかがでしょうか。

ブラッシングは血行をよくする効果があります。

かといって何事もやりすぎはよくないのでご注意ください。

ブラシの質にもこだわってみてはいかがでしょうか。

せっかく髪をとかして血行をよくする効果のあるブラッシングですので、安価なものより上質なブラシでブラッシングするようにしてみてはいかがでしょうか。

ブラシでもつやをだしたりと意外と効果があるものです。

また地肌を傷める事がないように優しくブラッシングしてみてください。

美容院代をケチらない

これも大きなポイントと言えます。

美容院代をケチる事はやめておきましょう。

決して安いとは言えない美容院代ではありますが、やはり美容院でケアするのとしないのとでは大きな差があると思います。

なにより適切なアドバイスがもらえる事が大切なのかもしれないですね。

美容師さんはものすごい数の人の髪と接しているので、その人の髪の質などもすぐにわかるのです。

髪質に悩んだ時には美容師さんに頼ってみてはいかがでしょうか。

素敵な女性はやはり美容室に通う回数も多いと思います。

髪質が変わってきているとはいえ髪は伸びていきますので、スタイルに変化がでてきてしまいますよね。

ロングだけれどもついひとくくりで済ましてしまう人や、ショートヘアにしたけれども髪が伸びてきてはねやすくなったなどと悩みはつきないものですよね。

是非美容院に通う回数は減らさないでくだださいね。

今の素敵をキープするためには必須です!

行きつけの美容院があると良い

行きつけの美容院があるといいですね。

お気に入りの担当者がいるのといないのとでは違うかもしれません。

美容師さんは同じ人の髪質を何度かカットしている間に、その人の髪の特性がわかるのだそうです。

ご指名料なんていうものがかかってしまうかもしれませんが。

そこは担当を決めている方が自分の髪質を知ってもらえるし、どんな髪型がしっくりくるのかなどもわかってもらえるのではないでしょうか。

何より話しやすくなる事も大切ですよね。

せっかく美容院に行っているのに毎回違う担当になってしまい、微妙に違う髪型になっているのはこれまた微妙ではないでしょうか。

ともあれ行きつけのお気に入りのお店を見つけてくださいね。

見つかるまではあちこちのお店に行ってみたり、また人から情報をもらうのもいいですね。

素敵な髪型をしている人ならいろんな美容室の情報をもっているかもしれません。

美容師さんにアドバイスをもらう

美容師さんにアドバイスをもらってはいかがでしょうか。

自分が好みの髪型であったとしても、顔の輪郭や髪質などで自分ではわからなかった似合う髪型あるかもしれませんよ。

髪型の雑誌や芸能人のスタイルをみて素敵なだと思う事もありますが、人ぞれぞれ髪の癖があったりしますので、100%真似る事は難しいようです。

それならばいっそ自分に合った髪型にして欲しくはないですか?

かといってすべてお任せしますというのも勇気がいりますよね。

そこまでとはいきませんが一度自分にはどんな髪型が合うのか、若々しく見えるにはどんなスタイルがいいのかと尋ねてみてはいかがでしょうか。

思いもよらなかった答えがかえって来ることもあるかもしれません。

50代だからこその魅力的な髪型があると思います。

新しい発見があると思いますよ!

ケア方法やセットの仕方など

美容室でカットしてセットしてもらった時は、とても素敵に仕上がっていますよね。

でも、そこからの持続が大変だったりします。

カットした時は素敵だったのに、自宅で自分でセットするとなるとなぜかうまくいかないという経験はありませんか?

美容室では、ケアの方法やセットの仕方も教えてもらえますよね。

もしあまりセットは得意ではないという人の場合は、なるべく簡単にセット出来る髪型にしてもらうのもいいと思います。

そんなリクエストもきっと応じてくれると思いますよ。

しっかり自宅でもセットをしたい人であれば、どんな所に気を付ければいいのか少し聞いておくだけでも違いますよね。

カットしたてのスタイルを持続させる為にも、しっかりとケアやセットの方法など聞いてみてくださいね。

おすすめの髪型も教えてくれる

先にも書きましたが、美容室でのアドバイスにはお勧めの髪型を教えてもらえるメリットがありますよね。

ショートにしていたけどやはりセミロングぐらいに伸ばしてみたいとか、ロングだけど思い切ってショートにいてみたいなんて急に思い付く事もありでしょうか。

美容室にいってショートにしてくださいとお願いしたものの、もしかしたらショートにしてしまうよりこの程度の長さの方がお手入れしやすいですよ、なんてアドバイスがいただけたりします。

なにより若々しく上品に見える髪がを目指してくださいね。

年代に関係なく髪型ひとつで雰囲気もガラリと変わります。

派手な色に染めない

50代いえもう少し前から白いものがちらほらでてきてしまいますよね。

髪の色が白く白髪が増えてくるのも年代的にどうしようもない事です。

しかしカラーをして白髪を染めてしまったり、髪全体の色を変えることで雰囲気がまったく違ったりもしますね。

若い時には思い切った色に染めていたという人もいるでしょうが、50代どもなると派手な色に染めてしまう事で逆に似合わない場合がありますし、カラーを考える場合に注意した方がいい事もあります。

若く見せるためにと思い切ったカラーの色にする事は控えた方が無難です。

ここでも美容室のアドバイスをもらうのもいいですね。

髪が細くまた抜け毛も増える年代で地肌がうっすらとなっている事もあるので、派手が色にしてしまうことで逆効果になってしまう場合があります。

髪型がきまったらカラーの色も考えてみましょう。

カラーは肌の色と目の色に合わせて選ぶ

若く見せる為にまた若いころから好きだった色に染めてしまうのは控えた方が無難です。

若い時とは髪質なども変わっているのは承知だと思うのですが、もう若くないからと真っ黒に染めてしまうのも逆効果になります。

カラーは肌の色と目の色に合わせて選ぶのがベストな選び方です。

ここでも美容師さんに相談してみましょう。

若い人の色は恥ずかしいわなんて思う事はありません。

一番の定番はブラウン系のようですが、それでも明る目や少し暗目と多少の差がありますのでカラーを選ぶ時には是非相談してみてください。

明るい目に色を選ぶ方が顔色などもよく見える場合もあります。

普段のスタイルなどでも髪色を決めてみてもいいですね。

白髪染めだからと色を諦めてしまわないでくださいね。

頻繁に染めると髪が傷むことも

白髪も心配だけど髪が傷むのであまり染めたくないという人もいるでしょう。

カラーをすると髪の芯までカラーリング剤が浸透するので、どうしても髪をいためてしまう原因になりますよね。

それでも白髪は気になるし、と悩む所でもあります。

確かにあまり多い頻度は髪を傷める原因となります。

理想的な回数は2ヵ月に1回、多くても1か月に1回が理想なんだそうです。

白髪染めの回数は気にした事はありますか?

カラー自体をあまり好まない人やアレルギー体質な人もいるかもしれません。

カラーにもいろんな種類があり、それぞれメリットデメリットがあります。

ヘアマニキュアやヘナカラーは白髪染めに比べると少し髪の傷みが軽減される方法でもあります。

髪を傷めるのであまり染めたくない人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

鏡で髪の状態をチェック


毎日鏡をみていますか?

鏡をみて自分の髪をチェックしてみましょう。

どこか気になる所はあるでしょうか。

お顔の手入れはするのに髪の手入れにはあまり気を配らない事もあるかもしれませんね。

50代であればお顔の手入れ同様に、髪の手入れにも気を配る必要があるかもしれません。

髪の状態を見る場合、後ろって見えにくいですよね。

鏡を二つ使うなどして頭頂部や後ろの髪もチェックしてみましょう。

思わず目をそむけたくなるような現実がある事も。

しかしその対策をする為にも必要ですので、目をそむけず気になる所があればお手入れをしていきましょう。

傷み具合

髪の傷み具合はどうでしょうか?

枝毛や切れ毛ができていませんか?

傷みがひどくなっていないでしょうか。

トリートメントやヘアオイルなども大切ですが、シャンプーなども変えてみる事も必要ですね。

あまりに傷みがひどい場合にはシャンプーやドライヤーなど考えてみましょう。

髪のボリューム

髪のボリュームはありますか?

どんなにセットしてもすぐにぺちゃんとなってしまう悩みなどもあるかもしれません。

ロングヘアの方がボリューム感がなくなりがちですよね。

セットの方法やドライヤーの方法でボリュームを出しやすくなる事もあります。

どうしても髪のボリュームがなくなってきてしまいますので、対策を考えてみましょう。

パサつき

髪はパサつきはいかがでしょうか。

冬などでしたら静電気で余計にパサついてしまいがちかもしれません。

トリートメントやヘアオイルでお手入れしましょう。

お風呂上りのまま髪を乾かさないとパサつきやすくなります。

しっかりとドライヤーで乾かしましょう。

ドライヤーの当て方や種類にもこだわってみるとパサつきを押さえる事も可能です。

白髪が増えていないか

ついこの間染めたばかりなのにと白髪が増えてはいないでしょうか?

染めた後から白髪がでてくるとまだらになってしまう事がありますね。

このまだら白髪になると余計白髪が目立ってしまいがちになります。

市販の白髪染めは傷みにくいものを選ぶ

白髪染めはいつも自分で市販の物を使っているという人は、少しでも傷みにくい成分のものを選びましょう。

白髪染めはたくさん種類があるのですが、染料などは市販の方がきつい場合があります。

安価ものから揃っているのですが、値段だけに囚われず傷みにくい物を選ぶようにした方がいいですね。

できれば美容院で染めよう

自分で白髪染めくらいできるからと市販の物を使う人も多いとは思うのですが、50代の女性であれば髪の悩みも増えてくる年代です。

出来れば美容院でプロの美容師さんにお願いする方が綺麗に染まりますし、何より長持ちします。

自分で染める事でまだら染めになってしまう事もあると思いますし、市販のカラーの方が刺激性が強い分、年代と共に美容室でお願いした方が髪や地肌の為にはいいと思います。

50代女性のお勧めの髪型

もし薄毛が気になる女性であればショートヘアがお勧めです。

50代に限らず髪の量が少ない女性にはショートにすることでカバーしやすくなりますね。

あえて分け目を付けずふんわりしたスタイルにする事でボリュームも出しやすくなります。

またミディアムの長さもいいですね。

セットにはワックスなどでトップにボリュームを出してみてはいかがでしょうか。

ショートボブもケアしやすく、髪がはねるのを防ぎながらセットもしやすくなります。

意外とショートボブはドライヤーをしてしまえばセットが決まりやすい髪型でもあります。

いろいろするのは面倒と思う人にはお勧めですね。

ミディアムは大人っぽさを表現するにはダントツすね。

髪をかき上げる仕草はいくつになってもドキッとさせられる仕草ではないでしょうか。

毛先にパーマをかけることで動きを出す事もできますね。

髪のカラーを明るめにしてみましょう。

ミディアムの少し重いイメージを軽くする事もできますよ。

50代ならでばの薄毛は悩みの種ですよね。

昔はかなり髪の量があったのにと悲しくなってしまいがちですが、髪型を工夫する事でカバーする事も出来ます。

何事も諦めずにいろんな髪型を楽しんでみたいですね。

ただロングにしてしまうと髪の重さで頭頂部がめだってしまいがちです。

髪の薄毛が気になる方にはロングはあまりお勧めではないかもしれません。

ロングが好きな人はせめてミディアムの長さにしみてはいかがでしょうか。

思い切った髪型にイメージチェンジしてみるのも新たな魅力が見出せるかもしれません。

この年代になったからこその魅力を見つけてくださいね。

️50代でもオシャレを諦める必要はない

50代だからとオシャレ諦めてしまっていませんか?

40代まではしっかりオシャレにも気をくばっていたのに、50代に入った途端気を抜いてしまってなんて人はいないでしょうか。

今まで忙しくしていた毎日ですが、これからは自分だけの為の時間が増えもっともっとオシャレに時間をかける時間もできてきているのに、年齢を気にしてしまっていないでしょうか。

女性は年齢が上がるにつれ体調の変化なども現れる事から、オシャレをする事にあまり積極的になれない人もいるかもしれません。

年齢を重ねるからこそ出る魅力は充分あります。

大人の落ち着きも若い時には出せない魅力ではないでしょうか。

海外では女性に年齢を聞くことはご法度なんだそうです。

また女性も年齢でオシャレを諦めることはないそうですよ。

いつくになってもおしゃれを諦めたりすることなく、自分らいしオシャレを楽しんでいきたいですね。

また、健康な髪を取り戻すとオシャレにも磨きがかかってくるかもしれませんね。

この年齢だからと諦めてしまう事はダメですよ。

せっかく女性に産まれてきたのですから、一生涯女性として磨きをかけていきませんか?

誰もが振り返るような素敵な女性を目指していってくださいね。