好きだと思える人はいるけれど、果たして友達として好きなのか、異性としての好きなのかわからないと悩んでいませんか?

もしくは告白されたけど、ずっと友達だったから異性として好きかわからないという人もいるかもしれませんね。

今回は、そんな人たちのために「友達として好き」と「異性として好き」の違いをご紹介していきます。

「友達として好き」「異性として好き」の14個の違い

では早速、友達としての好きと異性としての好きの違いをご紹介していきます。

あなたの感情に当てはまるかどうか確かめてみてくださいね。

1.相手とキスをしている姿を想像できるか


まずは、「相手とキスしている姿を想像できるか」です。

大事なのは想像できるかどうかではなく、想像したとき自分がどんな気持ちになっているのかということです。

異性として見ていない人とはキスしたくないという人が多いはずです。

友達として好きな人の場合、キスする想像をしてもドキドキしないし、しっくりこないのではないでしょうか。

反対に、ドキドキしたり、会いたいという感情になる場合、異性としての好きということになるでしょう。

でも実際は、本当にキスしてみないとわからない場合もあります。

友達だと思っていた人にいきなりキスをされて、好きになってしまうケースもありますし、想像だけでははっきりとはしませんよね。

なので、これは現時点での好きを判断するときに使える方法になります。

2.相手を独占したいか

相手のことを「自分だけのものにしたい」と思いますか?

自分だけのことを考えていてほしいし、イベントや誕生日は一緒に過ごしたい、他の人に取られたくない…こう思うのであれば、異性として好きなのは間違いないでしょう。

友達としての好きであれば、相手を独占したいとは思わないはずです。

独占したい気持ちが強いようなら、異性として意識している証拠です。

3.相手のことばかり考えてしまうか


特に理由もなく相手のことばかり考えてしまうのであれば、それは明らかに好きという感情が存在します。

会社などで一緒に仕事をしている部下に対して、その人があまり仕事ができない人で手がかかるような後輩であれば、その人の事について考える時間が長くなるでしょう。

面倒見がいい女性であれば、手のかかる後輩に対して世話をやいているうちに気がついたら自分は相手の事が好きだったという感情に気が付く時があるかもしれません。

ただその場合は「仕事だから」という明確な理由があるわけで、その様な場合は自分の感情を明らかにするのは困難だと思います。

ですが、特に利害関係もなく、ただなんとなく相手のことばかり考えてしまうのであればそれは間違いなく異性として好きという事です。

もし相手の事が好きで、ずっと考えてしまうのであれば、その妄想の中に自分が登場するのではないかと思います。

その自分が何をしているのか、何をしたいのかデートしたり、甘えたりしているのであれば明らかに相手の事が好きになっています。

4.相手に甘えたいと思うか

特に疲れているときや、仕事で何か嫌な事があった場合、誰かに甘えたいと思うでしょう。

そんな時に誰に会いたくなるでしょうか。

親しい友人や両親、兄弟に会って気持ちを癒したいと思う時があるのではないでしょうか。

そんな時に気になっている人の事を思い浮かべて見たり、ふと会いたくなったら明確な「異性としての好き」になっているかは微妙なところかもしれませんが、気持ちが傾いていると言えます。

もし、疲れていないときでも会いたくなったり、甘えたいなと思ったら、それは異性として好きになっている証拠ではないでしょうか。

甘えるという行為は人に自分の弱いところを見せる行為でもあるので、「自分をわかってほしい」「相手を信頼したい」「秘密を共有したい」という思惑があると思います。

5.他の異性といるのが嫌かどうか

気になる人ができたらその人のSNSの投稿を見たりして、その人の事についてもっと知りたいと思うようになります。

SNSで頻繁に投稿している人であれば、異性と交流している写真を見かけることがあると思います。

それについてどう思うのかです。

SNSだけではなくても、気になる人が職場などで他の異性と話しているときに嫉妬心を抱くかどうかを確かめてみましょう。

そもそも「他の異性と一緒に居る時に自分はどう感じるのだろう」という事を考えている時点で、相手の事が「気になっている」わけです。

もし、他の異性といても何の感情も湧かないし、誰と会っていようが関係ないと思うのであれば、友達としか思っていないでしょう。

6.相手に恋人ができたらどう思うか


もし相手に恋人が出来たら耐えられないと思うのであれば、もう好きで仕方がなくなっています。

自分以外の人と付き合ってしまって、キスをしたりいちゃいちゃしたり…そう想像するだけで、モヤモヤしたり嫌な気持ちになるのなら異性として好きだと認めても良いでしょう。

友情としての好きなら、相手に恋人ができら素直に「よかったね。」と言えるはずなのです。

7.しばらく会わなくても平気かどうか

もし頻繁に会っている関係なら、相手としばらく会わないとどういう気持ちにあるか想像してみてください。

「会えなくなるなんて嫌だ」「少しでも顔が見たい」と思うのであれば、異性として好きなのかもしれません。

もし友達としての好きであれば、会えなくて寂しいとは思っても、「仕方ない」と思えるのではないでしょうか。

8.好きになった理由が明確に説明できるか

「相手のこういうところが好き」ときちんと説明できるのであれば、異性として好きと言えるかもしれません。

友達として好きなら、わざわざ相手のこういうところが好きとは考えないはずです。

9.一緒にいる時テンションが上がるか

異性として好きなら、話したり一緒にいる時に知らず知らずのうちにテンションが上がったり、声のトーンが上がったり、自分の印象を少しでも残そうとするはずです。

また相手がなにか困ったことがあるといち早くそれを察するようになり、積極的に相手と関わる機会を作り出そうとします。

普段あまり人と話さない人が好きな人の前だと急におしゃべりになったり、仕事が終わって疲れているはずなのに好きな人が現れると急にまたスイッチが入ったりします。

10.自分をよく見せようとしているか

異性として好きな場合、相手に少しでも好きになってもらいたいという思いから、自分のことを良く見せたいと誰もが思うでしょう。

もし友達として好きなら、素の自分をさらけ出すことができるでしょうし、「女の子扱いしてほしい」「男らしくかっこいい姿を見せたい」とは思わないのではないでしょうか。

11.無意識に目で追ってしまうか

女性は好きな人をチラチラ見ますが男性はガン見します。

いずれにしても好きな人の動向が気になるというわけです。

女性の場合は自分の気持ちを気づいてほしくて、男性は自分の気持ちを伝えたくて好きな人を見ています。

しかもこれは意識しているわけではなく、無意識に目で追ってしまうので自分ではどうすることもできません。

異性として好きだからこそ、相手の行動が気になるし、ちょっとでも見ていたいと思ってしまうのです。

友達として好きなら、相手のことを目で追ったりはしないでしょう。

12.自分のことを知ってもらいたくなるか

好きな人と話す機会があると、自分の事を積極的に伝えようとするものです。

自分の趣味や食べ物の好みや週末の過ごし方などです。

自分の情報を相手に伝えると相手も自分の事が話しやすくなりますし、自分も相手に聞きやすくなります。

そうやって自分のことをもっともっと知ってほしいと思うのであれば、異性として好きな可能性が高いでしょう。

13.相手の過去の恋愛が気になるか

異性として好きなら、「今までどんな人と付き合ってきたんだろう」「どんな恋愛をしてきたんだろう」など、相手の過去の恋愛が気になるはずです。

過去だけでなく、どんな人がタイプなのか、今好きな人はいるのかなど、相手の恋愛に自然と興味が湧くでしょう。

もし友達として好きなら、相手の過去の恋愛にはそれほど興味を持たないのではないでしょうか。

それに、会話中に相手が恋愛の話をしてきても何とも思わないはずです。

14.LINEの返信を待ってしまうか

好きな人とLINEをしているときは、返事が遅いとスマホを何度も確認してしまいます。

「返事が来た、来ない」がすごく気になるのです。

仕事中や勉強中でも、返信が来ないと気になって仕方ないというのなら、異性として好きだという証拠です。

恋愛と友情の3個の共通点

どっちの好きか迷ってしまうぐらい恋愛と友情はとても似ているのです。

相手のことを「好き」だからこそ、恋愛も友情も成立するのです。

では、具体的にどのような共通点があるのでしょうか?

1.一緒にいて楽しい

一緒にいて楽しくないと恋人としてはおろか、友人としても楽しくないですね。

一緒にいて楽しくてさらにそこから恋人関係に発展するとなると、特別楽しい、ずっと一緒にいたいと思えるような相手です。

そうなれば、少しづつ二人の距離が縮まって恋人同士になるという事はよくあります。

「楽しいから一緒にいる」というのは非常にシンプルですよね。

それは、友情にも恋愛にも共通することなのではないでしょうか。

2.尊敬できる

尊敬できるという感情は何も上司と部下、師匠と弟子の様な関係だけではありません。

自分から見て同僚や後輩に対して尊敬できる所はいくらでもありますし、そこから何かを学んで成長の機会にすることはいくらでも出来ます。

男女の関係であれば相互尊敬の関係になれば、お互いを刺激し合えるとても良い関係が長続きします。

相手を尊敬する事が出来れば新しい発見が生活の中に常にあるので、飽きるということは無くなるでしょう。

恋愛も友情も尊敬できるからこそ一緒にいるのです。

3.信頼できる

信頼できるというのもお互いに特別な関係だと認識できる要素の一つですね。

誰にも言えない悩みを打ち明けることが出来ればお互いの絆はより深くなります。

仮にパートナーが自分の欠点を指摘してきたとしても信頼関係があれば、お互いの関係がそこで終わらずに済みます。

これは尊敬の関係とも似ているかもしれませんが、相手を尊敬している、信頼しているから相手が言う耳の痛い話にも耳を傾けられるというものがあります。

信頼していなければ、友情も恋愛も成立しないのかもしれません。

友情から恋愛感情に発展することも大いにある?!

何気ない知り合い、ただの友達から恋人同士になることは十分あり得ます。

何がきっかけで恋に落ちるかは誰にもわかりません。

ドラマや漫画でもよくありますよね。

長年の友情がふとしたことをきっかけに恋愛に変わるのです。

例えば、相手に恋人ができてしまった時にはじめて異性として好きだと気付くこともあるでしょう。

友達だと思っていた相手に告白されて、異性として好きになってしまうこともあります。

このように友達として好きだとしても、いつ異性として好きに変わるのかは誰にもわかないのです。