好きという感情は本来とてもシンプルなものです。

恋愛のみならず、趣味、食事、仕事でも我々人間は好きという感情が我々の行動の大部分を占めているといっても過言ではありません。

「好き」という感情は人間の行動の目的ではなく原因になることが多いようです。

なので、いざ「好きって何なのだろう」とか「自分はどういう人を好きになるのだろうか」と考えれば考えるほど、思考をグルグル巡らして結局自分は何が好きなのか分からなくなってしまうという事は多くあります。

今回は、好きかわからない時に友達として好きか、異性としての好きなのか、その違いについて紹介していきます。

「好き」にも色々な種類がある!?

「好き」という感情が原因で行われる活動は金銭的な利益の追求ではなく、自分自身の満足にあります。

自分が何に満足するのかなんて最終的には誰も教えてくれません。

だからこそ「好き」という感情はシンプルであるが故に難しいと言えます。

ではこのややこしい「好き」という感情を自分の中で正確に捉えるために「能動的な好き、受動的なすき」という違いについて述べていきたいと思います。

結論から申し上げますと、受動的な好き、能動的な好きの両立が幸せな恋愛を成就するコツになります。

ここで述べる「能動的な好き」とは自分が好きになった人の事です。

「自分がその人に何かしてあげたい」「この気持ちを伝えたい」という感情が沸き起こっている事はその人を能動的に好きになって居るという事です。

それに対して「受動的な好き」とは「自分に何かして欲しい」「こんなことをしてくれる人が好き」という感情です。

自分からではなく、人から好きになってもらって恋愛が始まることで自分の中に新しい趣味や趣向を発見することができるかもしれません。

能動的に好きな人にアプローチするだけでは自分のことを好きになってくれる人の事を見逃してしまいますし、受動的に待っているだけではチャンスをのがしてしまうかもしれません。

なので重要なことは「自分の好き」を明らかにするという事です。

自分からアプローチをかけるだけでは、1回か2回で成功すればいいのですが、何回も失敗をしていると、「自分はどんなひとを求めているのだろう」という恋愛迷子の状態になってしまいます。

挙句の果てには「もう誰でもいいや」という状態になってしまいかねません。

こうなるとどんな人と結ばれても幸せになることは難しいでしょう。

空腹になってはいるのに今自分が何を食べたいのかわからない、「自分は今何腹なんだ」みたいな状況にになったことは誰しも一度はあると思います。

そんな状況では何を食べても美味しくないですよね。

或いは絶対に外さない無難なものをチョイスして食べることもあります。

これを恋愛で例えると男性なら「とりあえずおっぱい」女性なら「とりあえずイケメン」という感じになって外すことは少ないでしょうが、自分だけの運命の人に会える確率は低くなってしまいます。

ではどうすればいいか、能動的なアプローチと受動的なアプローチを通して、自分はどんな人を求めるのか、どんな人に求められるのかを探って行けば彫刻を掘るように自分だけの運命の人像が浮き彫りになっていくことでしょう。

恋愛と友情は似ている

恋愛と友情の共通点は、どちらも金銭的な利害ではなくお互いの感情的な満足を追求する関係という点であると言えます。

それが女同士、男同士ではなく男と女なっているのでややこしくなっていると筆者は考えます。

恋愛と友情の共通点

恋愛と友情は多くの点で共通しています。

「仕事ではなく、その人と会う事目的」「一緒にいて楽しい」「一緒に居て楽」「なんでも話せる」等男女問わず恋人に対して求める事と、友人に求めることは共通点が多いです。

では何が友情と恋愛関係は違うのかというと恋人に対してしかしない行為をその人に対して行い、またその行為を求めるという事です。

少し難しい言い方をしてしまいましたが要するに、「恋人に自分以外の異性とそれをされたら嫌だ!」というものだと思います。

例えばキスとか手を繋ぐとか体の関係を持つなどいろいろあります。

ただ、「これは恋人だけとしかしない!」という行為は人それぞれなので要は何処で線を引くのかという問題だと思います。

例えば「自分以外の異性と自分の恋人が会うのもいや!」という人もいれば「本命の恋人の他にセフレが居る」という人もいます。

ではキスをしたり手を繋いだり、恋人としかしない行為をなぜ特定の人に対して行うのか、それはその人が特別な存在だからです。

圧倒的に容姿がいい、突然圧倒的にタイプの人が現れたという事が無い限り、多くの人は友達や何でもない普通の知り合いから何回か会ううちに恋愛感情が生まれ特別な関係に発展するというケースが多いと思います。

一緒にいて楽しい

友人関係から恋人関係に発展するにあたって最もポピュラーなプロセスではないでしょうか。

やはり一緒に居て楽しくないと恋人としてはおろか友人としても楽しくないですね。

一緒に居て楽しくてさらにそこから恋人関係に発展するとなると、特別楽しい、ずっと一緒に居たいと思えるような相手だと少しづつ二人の距離が縮まって恋人同士になるという事はよくあります。

「楽しいから一緒にいる」というのは非常にシンプルでまさにそれ以上もそれ以下も無いような理由であると思います。

ただ、一筋縄ではいかないのが男女の仲。

デートを重ねていくうちにお互いの距離が縮まってもすれ違いが生じることが時として起こります。

私がよく目にするのは「付き合っている、付き合っていない問題」です。

デートを何回か重ねて女性の方は付き合っていると思っているのに男性の方は付き合っていないと思っている、というものです。

筆者は海外で生活していたのですが、日本ではキスをしたら、デートをしたら、体の関係をもったら等なんとなく「カップルの定義」の様なものが存在します。

私が生活していた中で関わっていた中南米の人達は日本人が考える以上に性に放埓で、「キスしても体の関係をもってもカップルじゃない」と考えている人は当たり前のようにいます。

もちろんワンナイトラヴも当たり前のように存在します。

そのような経験を踏まえて「カップルの定義は人それぞれなんだな」と感じました。

そこでお互いの関係をより強力なものにするためには「楽しいから」以外の付き合う理由がお互いの中に必要だと思います。

そもそも本当に真剣な恋愛であれば楽しいだけではなくて、お互いの人生に良い影響を与え合うのが理想ではないでしょうか。

また真剣な恋愛を通してお互いの人生が明るくなれば結婚も視野に入ってくるでしょう。

尊敬できる

尊敬できるという感情は何も上司と部下、師匠と弟子の様な関係だけではありません。

自分から見て同僚や後輩に対して尊敬できる所はいくらでもありますし、そこから何かを学んで成長の機会にすることはいくらでも出来ます。

男女の関係であれば相互尊敬の関係になれば、お互いを刺激し会えるとても良い関係が長続きします。

相手を尊敬する事が出来れば新しい発見が生活の中に常にあるので、飽きるということは無くなるでしょう。

相互尊敬は「楽しいから」という理由以外でお互いを繋ぎとめる理由のひとつと言えます。

信頼できる

信頼できるというのもお互いに特別な関係だと認識できる要素の一つですね。

誰にも言えない悩みを打ち明けることが出来ればお互いの絆はより深くなります。

仮にパートナーが自分の欠点を指摘してきたとしても信頼関係があれば、お互いの関係がそこで終わらずに済みます。

これは尊敬の関係とも似ているかもしれませんが、相手を尊敬している、信頼しているから相手が言う耳の痛い話にも耳を傾けられるというものがあります。

また同じ職場の人間であれば毎日、或いは一日に何度も顔を合わせる事になります。

もしくは同じ仕事に携わっていてそれがきっかけで仲良くらるという事も大いにあり得ます。

そういう人に対しては「この人はこのくらいの能力を持っている」というように、デートしただけでは解からないその人のキャラクターではなくスキルを評価できるので、そのうえでパートナーが良い人であればお互いを信頼できる安定した関係が続きます。

友情から恋愛感情に発展することも大いにある?!

何気ない知り合い、ただの友達から恋人同士になることは十分あり得ますが、確率的には半々だと思います。

特に男性の恋愛の感情はON、OFFの切り替えが激しく、男性目線から「この人は恋愛対象、この人はそうでない人」と自分の中で恋愛対象の基準を明確に持っている傾向があります。

よって男性は「自分はこの人の事を好きなのだろうか」という風に自分の気持ちを見失う事が女性に比べて少ない気がします。

女性は男性に比べて恋愛対象になる人とそうでない人が曖昧になりがちです。

その為自分の気持ちを見失ってしまう事が多いです。

「友達として好き」「異性として好き」の8個の違い

人それぞれ「好き」定義はそれぞれですが今回は一般的に「好き」の定義とされているものを述べていきます。

自分の気持ちを知る為のたたき台として活用できるかと思います。

1.相手とキスをしている姿を想像できるか


「相手とキスしている姿を想像できるか」これは本当にストレートな問いかけですね。

大事なのは想像できるかどうかではなく、想像したとき自分がどんな気持ちになっているのかということです。

ビジネスでも舞台でもリハーサルやシミュレーションを本番前に行いますが、それと同じです。

ただ恋愛の場合はそのような格好いい言い方ではなく妄想と一敗的には呼ばれていますが、相手の時間を想像してみて、自分がどんな気持ちになるのかを疑似体験することは今後の相手との関係を占う良いシミュレーションです。

また実際に会って見ると想像と違ったと言うことはよくあります。

もし相手といつ、どこで、どんなシチュエーションでキスしているのか想像してみて、それが心地よくて現実のものとしたいのであれば、自分は相手の事が好きということですし、自分の気持ちがよく分からないというのであればとりあえず会ってみるのが良いと思います。

実際に会ってみて悪ければ恋を終わらせる踏ん切りがつきますし、良ければこの恋を成就したいという思いが強くなることでしょう。

妄想はあまり自分勝手にならなければ、相手と自分の関係を観察する良いシミュレーションです。

男性と女性で考え方に違いがある

男性と女声で考え方は多いに違います。

それは考え方というよりも生理的に全く異なった生き物であると言えます。

男女の考え方、及び感覚的な面で決定的に違うなと筆者が感じる点は男女問わず友人に対してお詫びをするときです。

待ち合わせの時間に遅れた、友人の対決な物を壊した、等です。

女性は相手に対して何か詫びを入れる時には心を込めて誠心誠意謝って詫びを入れます。

これは欧米の女性は特に顕著だと私個人的には感じます。

それに対して男性は「食事を奢る」「プレゼントをする」といった具体的な行動で結果を残そうとします。

心と心で人と関わろうとするのが女系、行動と行動で人と関わろうとするのが男性です。

2.相手を独占したいか

恋愛上級者であればあるほどこの独占欲のコントロールが上手です。

弾性としては女性に焼きもちを妬かれるというのは気分が良いものです。

ですので女性の方は上司に焼きもちを妬いて銀杏の男性を振り向かせるのがいいと思います。

男性は女性が思っているよりもだいぶ鈍感でバカなのでかなり大げさなアプローチをして丁度良いくらいかもしれません。

3.相手のことばかり考えてしまうか


特に理由もなく相手のことばかり考えてしまうのであれば、それは明らかに好きという感情が存在します。

会社などで一緒に仕事をしている部下に対して、その人があまり仕事ができない人で手がかかるような後輩であればその人の事について考える時間が長くなるでしょう。

面倒見がいい女性であれば手のかかる後輩に対して世話をやいているうちに気がついたら自分は相手の事が好きだったという感情に気が付く時があるかもしれません。

ただその場合は「仕事だから」という明確な理由があるわけで、その様な場合は自分の感情を明らかにするのは困難だと思いますが、特に利害関係人歓声もなくただなんとなく相手のことばかり考えてしまうのであればそれは間違いなく好きという事です。

もし相手の事が好きで、ずっと考えてしまうのであればその妄想の中に自分が登場するのではないかと思います。

その自分が何をしているのか、何をしたいのかデートしたり、甘えたりしているのであれば明らかに相手の事が好きになっています。

4.相手に甘えたいと思うか

特に疲れているときや、仕事で何か嫌な事があった場合人恋しくなります。

そんな時に誰に会いたくなるでしょうか。

親しい友人や両親、兄弟に会って気持ちを癒したいと思う時があるのではないでしょうか。

そんな時に気になっている人の事を思い浮かべて見たり、ふと会いたくなったら明確な「好き」になっているかは微妙なところかもしれませんが、気持ちが傾いているのかもしれません。

或いは疲れていないときでも会いたくなったり、甘えたいなと思ったら好きになっていると思います。

甘えるという行為は人に自分の弱いところを見せる行為でもあるので、「自分をわかってほしい」「相手を信頼したい」「秘密を共有したい」という思惑があると思います。

5.他の異性といるのが嫌かどうか

気になる人ができたらその人のSNSの投稿を見たりしてその人の事についてもっと知りたいと思うようになります。

その様な気になる人のSNS巡りをしていると「自分はこの人の事を好きになれるのだろうか」「この人は自分の事を好きになってくれるのだろうか」と知らず知らずのうちにシュミレーションしていることがあります。

これはもうどんどん相手の事が好きになっている状態で自分からその人の事を好きになろうとしていると言えます。

もちろんSNSで頻繁に投稿している人であれば異性と交流している写真を見かけることがあると思います。

それについてどう思うのかです。

SNSだけではなくても、気になる人が職場などで他の異性と話しているときに嫉妬心を抱くかどうか、そもそも「他の異性と一緒に居る時に自分はどう感じるのだろう」という事を考えている時点で相手の事が「気になっている」わけで、筆者個人的にはもう好きだと認めてもいいような気がします。

6.相手に恋人ができたらどう思うか

相手にもし恋人が出来たら、片思いしている人に恋人が出来たら自然に考えればあまり気持ちのいいのもではないのですが、片思いの状態が辛く感じるのであれば相手に恋人がもし出来たらホッとするという事があるかもしれません。

もう相手の一挙手一投足に一喜一憂しなくて済むわけですから気持ちの疲れは無くなるだろうと思います。

しかし片思いをしていた相手が自分以外の人とデートしたり仲良くしているのを見ると「もしあれが自分だったら」と考えてしまう事がありますし、簡単に忘れるのは難しいです。

もし相手に恋人が出来たら耐えられないと思うのであればもう好きで仕方がなくなっています。

7.しばらく会わなくても平気かどうか

人は会えない時に人を好きになるものです。

毎日会う人に対してはその人の欠点ばかり注目してしまいがちですが、普段会えない人に対しては、なかなか会えないからこそその人の良い点が際立って見えるのです。

また、会えないからこそ少しずつその人の事について考える時間が減っていき、少しずつ恋が冷めてくるという事もあります。

「会えない」という時間は人を好きになる時間でもあり、時間でもあるのです。

8.好きになった理由が明確に説明できるか

自分の好みの異性は解かっているようで明確に出来ている人は案外少ないのではないかと思います。

結局「好きになった人がタイプ」という人が多いのではないでしょうか。

恋愛ではなくても普段食事をする時に、「自分が何を食べたいのかよくわからない」という状況はないでしょうかそういう時はどんな高級な料理を食べたとしてもイマイチに感じてしまいます。

また、「今日はものすごく牛丼が食べたい」みたいな日もあります。

そういう時は安いファーストフードでもものすごく美味しく感じるものです。

普段から自分は「こういう人が好き」というように自分の好みを自分で自覚しておけば理想の相手が目の前に現れたときにすぐに自身を持ってアプローチをすることが出来ます。

もし理想の相手を自分の中で明確にすることができなければ、理想の恋人に出会うためには相手の方から自分を見つけてもらう事になります。

普段から自分はどういう人が好きか、好きになった人をなぜ好きになったのかを明確にする事は理想の恋人に出会うためには非常に重要な事です。

相手を好きになった理由を「ただ何となく」で終わらせてしまっては、後になって喧嘩をした時などに「自分はなんであの人の事が好きなんだろう」と悩み苦しむことになります。

早めになんで好きになったのかを自分でよく知っておくことが上手に恋愛を楽しむ秘訣です。

異性として好きになったら

異性として好きになったら人は一体どんな行動をとるのでしょうか

積極的になる

好きな人が出来ると知らず知らずのうちにその人の一挙手一投足に過敏になってしまっているものです。

その為好きな相手と話したり、一緒にいる時間に出来るだけアピールしたいと思って知らず知らずのうちにテンションが上がったり、声のトーンが上がったり、自分を少しでも相手の印象に残ろうとします。

また相手がなにか困ったことがあるといち早くそれを察するようになり、積極的に相手と関わる機会を作り出そうとします。

普段あまり人と話さない人が好きな人の前だと急におしゃべりになったり、仕事が終わって疲れているはずなのに好きな人が現れると急にまたスイッチが入ったりします。

やっぱり恋はアドレナリンを呼ぶのですね。

丁寧に接する

接客業をしている人であればお客様とそれ以外の人世接する際の態度はやはり違うと思います。

接客業をしていない人でも普段から人によって態度を変えるという事は当然あると思います。

その自分の持てる最上級の営業向きの態度で好きな人に接するようになります。

笑顔の厚化粧は女の武器ですね。

目で追う

女性は好きな人をチラチラ見ますが男性はガン見しますね。

いずれにしても好きな人の動向が気になるというわけですが、女性の場合は自分の気持ちを気づいてほしくて、男性は自分の気持ちを伝えたくて好きな人を見ています。

筆者も好きな人が出来たときは目で追いかけてしまいますが、周りにばれない様に一応努力していますいます。

好きな人には自分の気持ちを知ってほしいですがまわりには悟られられたくないと個人的には思うのですが皆様いかがでしょうか

自分のことを知ってもらいたくなる

時々好きな人と話す機会があると自分の事を積極的に伝えようとするものです。

自分の趣味や食べ物の好みや週末の過ごし方などです。

あまりきわどい話題は避けて当たり障りなく無難な会話から始めるのが良いと思うのですが、その中に次々と自分の情報をねじ込んでいきましょう。

好きな人が自分の事についてより多くの情報を持っていれば少なくとも相手の方から自分に対して接してくる時に困らなくなります。

また自分の情報を相手に伝えると相手も自分の事が話しやすくなりますし、自分も相手に聞きやすくなります。

相手に質問が多くなる

自分の事を知ってほしいのはもちろんのことですが、相手に事も知りたくなります。

そうすると相手に対しての質問が多くなるのは自然な事だと思います。

まあ相手が嫌がらない程度にやるのが良いと思いますが。

ちなみに筆者は男なのですが、なんかやけに質問をされるなと思っていたら実はその人は自分の事が好きだったという事を後から知りました。

男は女性が思っているよりも相当鈍感なので、女性からしたら相当大胆にアプローチをしてちょうどよいくらいではないかと思います。

LINEやメールでも…

好きな人とメールやLINEをすると、「返事が来た、来ない」がすごく気になるものです。

返信が早くなる

メールをチェックするのが早くなります。

そしてすぐに返信します。

というよりも相手と同じペースで返信します。

筆者の場合は相手と同じペースで同じ様な長さの文章で送ることが多いです。

もしメールを送っている相手も同じようなペースでこちらに返信をしてきたらひょっとすると脈ありかもしれません。

男性女性問わず気のない人にはそもそもメールをしたりしませんし、そんな人からメールが来たとしても見て見ぬふりをするものです。

内容に気を配る

もし好きな人相手にメールやlineをするのであれば、本音を言えば早く自分の気持ちを相手に伝えたいところですが、それを悟られるのは恥ずかしいしそもそもあまり仲良くなってない段階で好きだと伝えるのは当然ながらリスキーなので最初は様子見という感じです。

まずは仲良くなって気軽に話が出来る関係になればむしろ相手が自分を好きになってくれることがあるかもしれません。

ストレートに「好き」をいうのではなく「ひょっとしたら好かれているかも」くらいに相手に思わせるのがちょうどいいです。

友情から恋愛感情は長続きしやすい

恋人関係というのあらゆる人間関係の中で特殊なものです。

友情より重く、夫婦関係より軽いのでそれらの人間関係の間に位置するものでしょう。

一昔前であればお見合い結婚というものが主流でしたが、最近ほとんど見かけなくなりました恋愛から発展して一生のパートナーを探すというのが当然ながら今の時代です。

選択肢が多い方が相手に合わせて自分を変えるという事をあまりしなくて済みますし、結婚をするにしても恋愛から、もし気があれば結婚というプロセスを経るのが自然です。

また、男性から女性にプロポーズをする際に、プロポーズを受ける女性は「全く予想していなかった」「結婚なんて初めて聞いた」という事は恐らくあまりないと思います。

ある程度お互い結婚を意識して予定調和のようにプロポーズが進んでいくと思います。

告白して振られたという話は山ほどありますが、プロポーズして断られたという話は恐らくあまりないのではないでしょうか。

告白をするにしても、されるにしても成功する告白はそれを行う際にある程度お互いがなんとなく想定しているものですプロポーズの時みたいに。

筆者も経験上成功した告白というのはお互いにそれをなんとなく想定していたと思います。

相手も「そろそろ告白されるんだろうな」と思っていたでしょうし自分も「そろそろ告白するぞ」と思っていてそれが相手に伝わっていたと思います。

もうそこまで行けば告白という儀式は付き合えるかどうかの「勝負」ではなくお互いの意思を確認しただけの「事務作業」になります。