「好き避け」をご存知ですか? 

本当は好きなのに、照れや恥ずかしさ、意地のために気持ちを隠してそっけない態度をとったり、無視したりと、相手を避けてしまうことをいいます。

この好き避け、実は最近増加傾向にあるんです。

でも、なぜ好き避けをしてしまうのでしょうか。

知らずのうちに好き避けをする女性を誤解していませんか? 好き避けの例やその心理をご紹介いたします。

あなたの好きな人は、こんな女性ではありませんか?

好き避け女どうやって攻略する?迷える男性陣は必見!

このコのことが気になっているんだけれど、避けられているような気がする。

LINEしても既読にならないし、メールを送っても返事がこない。

嫌いかと思えば時々そばにやってきたり、こちらの方を見ていたりする。

そんな経験はある方もいるはず。

それが好き避けなのか、あるいはあなたのことが本当に苦手なのか、どちらなのかわからなくて戸惑ったりはしていませんか? 

好き避けをする女性には特徴があります。

それを一つひとつ攻略していけば、そんな女性でも素直になって心を開いてくれます。

今現在、好き避け女性が気になっている方もいらっしゃるでしょうし、これから出会う人がそうだという可能性もあります。

近年とみに多くなっている好き避け女性の特徴や攻略法をここで紹介いていきます。

好き避けって何?

好き避けは、大抵片想い中に取ってしまう態度です。

両想いになって付き合い始めてからだと、単にツンデレだったり、恥ずかしがり屋と取られ、「好き」な気持ちは伝わっているので、厳密には好き避けとはいいません。

片想い中に、わざと無視したり、よそよそしかったり、まるで嫌っているように避けてしまったりといった行動をとったら、それは好き避けです。

心の奥には好き、という気持ちがあにも関わらず避けてしまうので、「好き避け」と呼ばれるんですね。

とはいえ、それまで良好な友人関係だったりした場合、いきなり好き避けをされてしまうと混乱してしまいます。

そう、好き避けの特徴は、本人が好意に気づいてからはじまるのが特徴なのです。

①なんだかわからないけど避けてしまう
②そうか、避けてしまうのはあの人のことが好きだからだ、ということはありません。あの人のことが好きなんだ
③どうしたらいいかわからないから避けちゃおう
という心理展開なのです。

まるで嫌いかのように無視され続ける


好きだ、と気づくと、自分の気持ちを隠してしまうのが、好き避け女の特徴。

要は照れ隠しなんですね。

恋心を意識してしまって、相手の前に出ると普段の自分通りにできない。

緊張してしまって、言葉がうまく出てこない、万一相手に気持ちを知られてしまったら嫌われてしまうかもしれない。

その恐れから、相手を無視したり、よそよそしくなったりしてしまうのです。

自分に自信がないんです。

けれども、例えばメールをスルーされたり、直接会っても顔をそむけられたりしたら、俺/僕の事が嫌いなのかと思ってしまいますよね。

それが好きな女性だったら、と思うとやりきれなくなります。

実際には両想いで付き合う事ができるにも関わらず、好き避けで無視されてしまうため、双方共に想いが届かず恋が終わってしまうことも多いのです。

これではあまりにも切ないですし、もったいないですよね。

ならば、そんな好き避け女を好きになった方へ、以下の攻略方法を試してみることをおすすめします。

好き避け女の攻略方法7個

好き避け女を好きになってしまったら、普通にアプローチをするだけでは足りません。

好きなのに意固地になってしまいがちな好き避け女を手に入れるのは難しいもの。

とはいえ、簡単に諦めてはいけません。

好き避け女の攻略方法はあります。

ここに7つ紹介しますので、まずはできそうなものから行ってみてはいかがでしょうか。

意外と早く素直になってくれるかもしれませんよ。

臆せず積極的にアピール

これは非常に重要です。

彼女に嫌われているかもしれない、とこちらも避けてしまえば、二人の関係に進展はありません。

好き避け女はあくまでも「好きだから」あなたを避けているだけ。

自分でもどうしたらいいかわからない状態なんです。

それならば、こちらが主導権を握ってしまいましょう。

大丈夫。

彼女は照れているだけ、あるいは嫌われるのが怖くて自分が出せないだけなんです。

ですから、男の人から積極的に好意を見せれば、少しずつ態度が懐柔されていきます。

接点が多くなればなるほど仲良くなるのは人間の心理。

好き避け女を好きになってしまったなら、相手の気持ちを探るのではなく、こちらがオープンマインドになって、相手の心に入り込んでいきましょう。

あなたの存在に慣れていけば、好き避け女も安心して素顔を見せてくれるようになります。

とにかく一緒にいる時間を多く持つこと。

これが第一の攻略法です。

連絡をどんどん取ろう!


好き避け女にアピールするために最も重要なのは、連絡をどんどん取ることです。

メールに電話、直接顔を見て話しかけるなど、機会があれば積極的に接するようにしましょう。

人間は慣れたものに安心を覚えたり、より親しみを感じたりするものです。

最初はそっけない態度を取られるかもしれません。

よそよそしくされるかもしれません。

でもそこで怖気付かないでください。

こちらが逃げても、相手が近寄ってくることはありません。

女性は恥ずかしいために好きという気持ちを隠しているのですから。

ですから、こちらからどんどん連絡を取ることが大事です。

最初は一呼吸をおいて返事ができるメールがいいかもしれませんね。

スルーかな、と思っても、待ってあげてください。

あるいはさらにメールをしてあげてください。

彼女がどう思っているか不安になるかもしれませんが、本当に嫌な場合はそういってくるでしょう。

好き避けの場合は、必ず連絡を返してきます。

そこから、電話や直接話しかけるというように、ステップアップしていけるといいですね。

その際に大事なことは、彼女の名前を呼ぶこと。

最初は苗字から、徐々に下の名前を呼べるようにしていけるのが理想的です。

ある程度距離が縮まったら「〇〇さんって呼んでもいいですか」と聞いてみましょう。

女性は自分の名前を呼んでくれると嬉しいものですから。

相手の行動を伺わないで自分から行動しよう

好き避け女は自分の気持ちを持て余して、どうすることもできなくて、結果相手を避けてしまっている人たちです。

気持ちと反対の行動をしてしまうのです。

ですから、彼女の行動を伺いながら行動するのは間違いです。

女性の方でも、どうしたらいいのかわからなくて気持ちを押し込めているのですから。

むしろ彼女の態度を気にせず、自分から声をかけたり、メールアドレスやLINEの連絡先を交換したりと、自分のペースで行動してみましょう。

待っていたり、相手の出方を伺っていたりしたら、好き避け女は気持ちと正反対の事をしてしまうのです。

何もせずに彼女の好意を察するのは非常に難しいです。

ですから彼女の様子なんて伺わなくてもいいんです。

好き避け女は素直に気持ちが出せないのですから。

自ら率先して行動し、アプローチをかけていくこと。

これは、好き避け女を攻略するには非常に重要で、かつ効果のあることです。

こちらからどんどん好意を示していきましょう。

ロマンチックなことに弱い

好き避け女が意外に弱いこと。

それはロマンチックなことです。

というのも、好き避け女はまず頭の中で想像するからです。

そして理想の恋愛形態を作り上げます。

それは大抵ロマンチックなことです。

なぜなら、好き避け女は、本当の恋愛をあまりしたことがなく、経験がないために、好きな人ができると「恋愛」の想像を膨らませがちだからです。

情報源はたいていマンガや小説。

それで疑似恋愛をしてきた人が多いのが、好き避け女。

つまり「恋愛はロマンチックなもの」という刷り込みがされているのです。

一生に一回の恋、誕生日の花束、夕日の見える場所へのドライブ。

恥ずかしがらないでください。

彼女たちはそれが恋愛だと思っているのですから。

好き避け女と会う時、思いつく限りのロマンチックな演出をしてあげましょう。

それは直接的な言葉でも構いませんし、彼女しか知られないようなメモを残すことでもいいですし、ロマンチックな場所でロマンチックな雰囲気を醸してもいいんです。

そういった状況を重ねていけば、彼女の心に火をつけ、あなたは心を開いても大丈夫な人なんだ、と思い始めます。

急いではいけません。

ゆっくりロマンチックを重ねていきましょう。

そのうち彼女はあなたのロマンチックなしでは心寂しく感じるようになります。

サプライズは意外と喜ぶかも

ロマンチックといったらサプライズ、と考える人も多いのではないでしょうか。

これにはコツがあります。

あなたはどんな立場で好き避け女性に恋していますか? 職場? でしたらまずは小さな付箋で彼女のをねぎらうことをしてみましょう。

お疲れさま、助かってるよ、これすごい役に立った、といったような言葉ですね。

大袈裟でない方がいいです。

職場は特に、周りの目が気になって、好き避けの気持ちが強くなる傾向もありますから。

ですので、あくまで彼女が隠せる範囲でさりげなくサプライズ。

こういうのはじわじわと効いてきます。

少し仲良くなったら、サプライズのプレゼントを持っていってもいいでしょう。

その場合、彼女は受け取っても「ありがとう」と短く一言だけいったり、「いらない」などと突き返してくるかもしれません。

でもそれは全て照れ隠し。

どう対応していいかわからずにいっていることが多いんです。

サプライズも、彼女へと近づいていくのと同じように、少しずつ、彼女が受け入れやすいように出していきましょう。

お花よりも、モノの方がいいですよ。

そうしますと、彼女の手元に残りますから。

もらったものを眺めて、彼女は何度もあなたのことを思い出すでしょうね。

勝負するときは2人きりで!

こちらはかなり重要です。

というのも、好き避け女はあなたを避けているだけでなく、他の関係のない人に「この人が好き」と思われたくないがために避けていることが多いからです。

ギャラリーが多ければ多いほど萎縮してしまうのです。

それならば2人きりになれる機会を伺いましょう。

他の人がいない分、彼女も心の壁が低くなっています。

好き避け女は真面目な場合が多いので、仕事中に心を告げるのは好印象ではないでしょう。

それよりも、例えば「いいイタリアンレストランを見つけたんだ」などといって2人きりになる機会を作っておいて、その上で気持ちを告げた方が効率的ですし、彼女としても周りの目がないので素直になりやすいのです。

彼女と付き合いたい、深い関係になりたい。

そう思っているあなたは、彼女と二人きりなれる機会を待つか、同僚や友達に協力をたのんで、まずは2人きりになってみましょう。

そうそう、この場合も、すぐに告白はダメですよ。

彼女が完全にこちらに慣れてから気持ちを伝える方がずっと成功率が高いです。

何度かデートを重ねよう

好き避け女と恋人同士になりたい場合、急ぐのは禁物です。

彼女の恥ずかしさや、嫌われるかもしれないという恐れ、そういうものを取り外していく必要があります。

そのためには急いではいけません。

メールがスムーズに交わせるようになって、2人で出かけるようになれたら(この時点で告白はしないほうがいです。彼女はまだ身構えていますので)、機会があるごとに彼女を誘ってみましょう。

映画館、オープンな飲み屋さん、話題のスポット、自然の綺麗なところ。

彼女の趣味に合わせてもいいですね。

そうして頻繁に2人で外出をしているうちに、彼女は「これって、デート?」と思い始めてどきどきしす。

また、何度も会っている人に心を開きやすいという人間の心理のため、さらにあなたに好意を感じるはず。

近所のスポットのみならず、新体験ができる科学館や感性を磨ける美術館もいいでしょう。

そして、そういうところに行ったら、「知ってるんだぜ」なんて格好をつけては絶対にダメです。

女性は全般的に、自意識過剰すぎる男性を好みません。

むしろ2人で楽しむ、というスタンスを保ちましょう。

そうやって何度も2人きりで会うことによって、女性はあなたに心を開き始めるでしょう。

2人で何かをする。

これも好き避け女を攻略する方法のひとつです。

女性に自信を持たせる

好き避け女は、自分に自信のない人がほとんどです。

好き→告白したら嫌われるかもしれない(あるいは好意を知られてしまったらいやがられるかもしれない)→そんな風になってしまうくらいなら避けてしまおう、だって私みたいな人を好きになってくれることなんてないもの。

そういう思考経路なのです。

恋をするのは人として普通の感情ですが、それを持て余してしまうのが好きさ避け女。

さて、これをどこで断ち切ればいいでしょうか。

好き避け女には「自分のことなんて好きになってくれるはずがない」という思いが根本にあります。

そういった経験を過去にしているのです。

ですから、これを覆す必要があります。

それには、どうしたらいいのでしょうか。

まずは褒めてみましょう。

1回くらいでは信じてくれないことがほとんどなので、何度も何度も褒めることが必要です。

その際ですが、いいと思ったワンポイントとふわっとした全体像の両方を褒めると、彼女はより嬉しく感じます。

自分はそういうふうに人に見られているんだ。

だったら自信なんてなくさなくていいんだ。

コンプレックスというのは幼少の頃より築き上げられているものなので、簡単には抜け出せません。

ですから何度も褒めてみましょう。

髪留めが変わったなど小さことを見つけたら、かならず言葉に出して彼女にきれいだと告げるようにするのです。

すると女性は輝き出します。

そして、「私はあなたの腕のなかにいてもいいんだ」と思い、最終的には両手を広げてあなたを待つようになるでしょう。

女性に安心感を持たせる

こちらもすごく大事です。

というのも、好き避け女はとにかく自信がないものですから。

どんなに美人でも、頭が良くても、異性との接し方を知らない人は多いのです。

その結果、好き避けをしてしまうのですが、彼女だって本当は好きな人と想いを交わし合い、できればいちゃいちゃしたいと願っているのです。

それに肝要なのが、安心感。

絶対そばにいるよ、君のことをずっと好きでいるよ、一緒に幸せになろうね。

こういったメッセージを常に持って(必要時以外、声に出す必要はありませんが……)、彼女に接するようにしましょう。

いつも大きな心で彼女を迎えてあげましょう。

そのうち、あなたのくれる安心感がなくてはないものになり、彼女はあなたに好意を告げずにはいられなくなります。

好き避け女の攻略はLINEが肝

LINEは便利な道具です。

あなたの好きな女性もきっと持っていることでしょう。

でも、LINEを送って返事が返ってこなかったら?

それこそ不安になってしまいますよね。

普通の女の子であなたに好意を持っている人なら、すぐにでも(仕事や授業の関係もあるかもしれませんが)返信がくるもの。

けれども好き避け女の場合は、ちょっと違います。

あなたからのLINEに気がついても、どう返信したらいいのかわからず、既読や未読スルーをしてしまうことも。

もし彼女のメールがあまり絵文字がなかったら。

あるいはスタンプだけだったり、関心のないような内容だったら。

それこそ好き避け女の特徴なんです。

とはいえ、たいていの好き避け女は、遅くなろうとも、何らかの返答をくれます。

彼女があなたのことを好きかどうかわからない場合は、どんどんLINEを送ってしまいましょう。

LINEは便利なコミュニケーションツールで、スタンプだけでもやり取りができます。

つまり好き避け女にとって、敷居が低いんです。

こちらとしても、LINEの連絡先を聞き出すのは、機会さえあれば比較的楽ですよね。

【好き避けLINEについても知っておこう!こちらの記事もチェック!】

不器用だから時間を与えさせる

好き避け女には、表面上は非常に器用に何でもこなす人が多いです。

職場だと高嶺の花として見られている場合もあるかもしれません。

けれども、その実、プライベートになると、しかも好きな人のこととなると、臆してしまう人がほとんどです。

経験もないし、あの人の方がきれいだし、私なんて……、なんて考えてしまうんですね。

つまり臆病なんです。

ですから例えばあなたからLINEをもらっても、どうしたらいいのか混乱し、よくない結果を考えてしまって萎縮します。

けれども、好きな人からのLINE。

絶対に返したいですよね。

彼女はそれを実行するまでに時間がかかります。

彼女の機嫌や行動は伺わなくてもいいですが、タイミングはよく見るようにしましょう。

もし返信してこないようなら、直接一言かけてあげましょう。

どんな普通の内容でも「あのライン、気になってるんだ。返事くれない?」といってみるのです。

すると彼女もやっと自分の考えをまとめて、ずっと頭の中にあったあなたへの返事をするでしょう。

それまでの時間、彼女に任せてゆっくり待ってみませんか。

攻略の鍵、好き避け女の特徴を知ろう!

世の中の全ての人が好き避けとは限りません。

また、あなたを避けている人全てが「好き避け」とは限りません。

ただし、好き避け女には特徴的な行動があります。

下記を参考に、彼女が自分のことを「好き避け」しているのか「嫌い避け」しているのか、考えてみませんか。

1、ツンデレ

好き避け女はツンデレの傾向があります。

普段はそっけなく、ツンとした印象ですが、2人きりになるとさりげなく近づいて話しかけてくる。

どうしてこのようなことをするのでしょうか。

それは、周りに対する意地、恥ずかしさや矜持、そして恐れからです。

あなたのことを好きだと他に知られたくない人もいるでしょう。

職場内ならなおさらかもしれませんね。

心の中では思いっきり甘えたい!と思っていても、振られたり傷ついたりするのを恐れて、親密なゾーンにあなたを入れることができないのです。

他の人がいたり、あなたが少し遠くに行ってしまったらツンとしているのに、2人きりになるとさりげなく自分の気持ちをアピールしてきたら、彼女はまさに好き避け女。

もし彼女を気になっているなら、上に述べたような攻略法を試してみましょう。

2、態度が頻繁に変わる

好き避け女性は自分の気持ちに戸惑っていることが多いもの。

あなたのことを考えて考えて、自分でもどうしたらいいのかわからず感情をコントロールできずにいるのです。

好きだと知られたら嫌われてしまうと恐れておきながらも、恋する気持ちは隠しきれない。

そのため、感情をコントロールできたときと、恋する気持ちが大きすぎてコントロールできなかったときの態度が違ってくるのです。

ある時は、好きな人に話しかけられて、本来なら素っ気なくするはずが、思わず笑顔になってしまった。

他の時は避けることが上手にできて、そっけない態度になる。

この繰り返しです。

そしてますます混乱していくのです。

そのあたりをうまく察することができると、好き避け女を攻略しやすくなるかもしれません。

3、実はとても他人の行動を気にしている

好き避け女は、自分から行動できない代わり、あなたへ近づく人、あなたの噂話、あなたの評判などといったものをとても気にしています。

もし突然魅力的で積極的な女の子が現れて、あなたを連れ去ってしまったら……。

それを恐れて、好き避け女は常に他人の行動を意識しているのです。

本当はあなたを好きで手に入れたいのですから、周りの人に注目してしまうのも当然です。

ただし、気になっても好き避け女はじぶんからいい出すことができません。

何か悩んでそうだな、と思ったら、なるべく声をかけてあげるようにしましょう。

その方が彼女も安心しますし、何よりあなたに対しての信頼感が増します。

4、実はかなりモテる女性

モテる女性も好き避け女になりがちです。

というのも、これまで男性に言い寄られる経験が多く、その分、自分から告白したり、好意を見せたりしたことがないため、恋をすると、その気持ちを持て余してしまい、とまどってしまって相手を避けてしまうのです。

恋愛経験が豊富で、これまで何人もの男性と付き合ってきたとしても、それはあくまで受け身として。

自分から好きになった時にはどうしたらいいのか、その経験はないのです。

となると、とたん臆病になります。

恥ずかしさもあるでしょう。

アプローチの方法を知らないこともあるでしょう。

とにかく初めてづくしの恋ですから、初恋中の小学生や中学生と同じように、思い余って相手を避けてしまうのです。

5、LINEの返信が遅い

LINEの返事が遅い女性も好き避けの傾向があります。

例えばそれがお誘いのLINEだった場合、嬉しさのあまりどう返したらいいのかわからなくなって、返事を書いては直し、書いては直しを繰り返しているうちに、1日2日と連絡が遅くなってしまいます。

また、返事の内容も「好き」という気持ちがわかってしまうのを恐れ、短めになることもあります。

「嬉しい!」や「楽しみ!」などと入れてしまうと、あなたに関心が向いているのだということを知られてしまい、嫌われてしまうのを懸念しているため、そっけない内容になりがちでもあります。

スタンプで済ませることもある

好き避け女は言葉での返事の代わりにスタンプで済ませることがよくあります。

これは面倒だからというわけではありません。

スタンプなら気軽に使えますし、また他の人も多用しているので、気持ちが知られることがありません。

また、返事の内容を悩んで悩んで、何を返したらいいのかわからなくなり、結局スタンプに頼るということもあります。

そのため、スタンプは好き避け女にとっても便利な道具なんですね。

ですので、もし返事がスタンプのみだったとしても、気にしないでアプローチを続けてください。

もし文章での返事が欲しいのであれば、オープンタイプの質問(何が好き? どこに行きたい? というものです)をしてみるといいでしょう。

返事は少し遅くなるかもしれませんし、簡素な言葉になるかもしれませんが、彼女自身の文章で返事をしてくれるでしょう。

6、2人きりになったら口数が減る

好き避け女の特徴のひとつとして、好きな人と2人きりになったら、口数が減る、というものがあります。

というのも、緊張してしまって何を話したらいいのかわからなくなってしまうからです。

またおしゃべりしている内容によっては、自分の気持ちがバレてしまうかもしれないと危惧しているのです。

あるいは変なことをいってあなたを傷つけ、結果自分が嫌われるのが怖いんですね。

そのため、口数が少なくなります。

あなたが機嫌が悪そうだと察すると、席を立ってしまうことも。

けれども「うん」「そうだね」と軽い相槌を打っている分には、好意が伝わることがないので安心していられます。

ですから、好き避け女と2人きりになる機会があったら、相手の態度を気にせず自分の話をしましょう。

その方が女性も安心してそばにいてくれますし、2人きりでいられる時間も長くなるでしょう。

好き避け女性を落とす際の注意点

好き避け女性を落とすには、普通の女性と違うアプローチをする必要があります。

好きだと意識してしまうと相手を避けてしまう女性をどう落としたらいいのか、いくつか注意点をお伝えします。

好き避けと嫌い避けを見極める

いくら世の中に好き避け女が増えてきたからといって、あなたを避ける女性の全てが「好き避け」だというわけではありません。

嫌いで避けている場合もあります。

この「好き避け」と「嫌い避け」を見極めることも、相手を落とすにあたって重要なことです。

落とし方に違いが出てきますからね。

どう判断するかには、いくつか方法があります。

たとえば好き避け女は、言葉を交わさずともそばにいようとします。

あなたのことが好きだから、近くにいたいんです。

嫌い避けの場合、近寄ってこようともしません。

また、好き避け女はLINEなどの連絡に、どれだけ遅くなっても返事を返してきます。

スタンプ一つだとしても、必ず返信をします。

ところが嫌い避けであれば、嫌いという気持ちが先に立って、返事をしないこともあります。

そうすることで、あなたとの接点を少なくしようとするのです。

また、2人きりでいることも避けます。

相打ちすら打ってくれず、必要最低事項のみでさっさと会話を終わらせようとするでしょう。

好き避け女であれば、会話は少なくともあなたと2人でいる時間を大切にするはずです。

好き避けの行動を知る

好き避け女性を落とすには、これまで書いてきた行動の特徴を知ることが大事です。

そしてゆっくりゆっくり慣れさせていきましょう。

性急にアプローチをしすぎると、混乱してしまって、かえって遠ざかっていくことも。

ツンデレでも、行動と言葉が逆であなたが混乱しても、LINEの返事が遅くても、2人きりでいるときに言葉数が少なくても、それはすべてあなたを好きなため。

彼女の行動を観察して、行動パターンを把握しましょう。

そして、それに合わせてアプローチをするようにします。

あなたが避けないと知れば、好き避け女も落ち着いて行動できるようになりますから。

何も行動しないのはNG

いくら好き避け女があなたを避けているからといって、一緒にいるのが嫌なのかと恐れて何も行動をしないのはNGです。

好き避け女だって恋を叶えたい、できればあなたと付き合いたいと思っているんです。

でも、行動する勇気がない。

それをサポートしてあげるのが、あなたの役目だと考えましょう。

長い目、優しい目で見てアプローチをするのが、好き避け女と落とすコツです。

毎日少しでも話しかけたり、LINEをしたりして、彼女との接点を増やしましょう。

彼女の態度が緩まってきたら、その頻度をあげましょう。

好き避け女は徐々に、「嬉しい」「楽しい」「好き」という気持ちを表しても大丈夫なのだと感じはじめます。

そうしたらこちらのもの。

好き避け女を落とすまではもうすぐです。

まとめ

「好き避け」をする女性の特徴や攻略法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

はっきりいえることは、好き避け女を好きになった場合、とにかくこちらから行動するのが大事だということです。

近くにいればいるほど、態度のはしばしで彼女の好意を感じるはず。

それを掴み取って、様子を伺いながら、彼女を落としていきましょう!