社会人になるに伴い、私たちは様々な難しい言葉などを扱うようになると思います。

ビジネスシーンにおいては非常に様々な難しい言葉などを用いて相手と意思疎通を交わしたりすることが圧倒的に増え、言葉遣いに悩んだりすることなどは誰しも必ず経験します。

難しく感じる理由の一つとしては、なかなかビジネスシーンなどで用いるような言葉遣いなどは事前に勉強したりする機会が少ないからです。

なので、早い段階でビジネスシーンで用いる言葉遣いなどを取得しておくことが非常にメリットがあることであると考えることができます。

そして、実際に言葉遣いというものは自分自身の印象を操作する大切な要因になりえると考えることができます。

例えば、あなたがもしもお店に足を運んで、敬語を上手に使えないような人に接客されたと考えるとどのような気持ちになるでしょうか。

おそらく、不快な気持ちになってしまったり、その会社自体に対してあまり良い印象を持たないようになるのではないでしょうか。

つまり、自分自身の評価も下がりますし、会社の評価も下がってしまうような結果になるということになります。

なので、結果として適切な言葉づかいをすることができる能力というものは、自分自身を守るということにつながるのです。

それを踏まえた上で、今回はビジネスシーンで頻繁に利用する難しい言葉として「ひとえに」という言葉をテーマにして、意味や使い方をご紹介していきます。

どのようなシチュエーションで使えばいいのかよくわかっていない方などは改めて、ひとえにという言葉がどのような言葉なのか、知るきっかけにしてみてください。

「ひとえに」の解説

あなたはひとえにという言葉を聞いたことがありますか?

おそらく社会人として活躍しているような方であれば一度くらいは聞いたことがある言葉だと思います。

もちろん社会人として活躍していない方だったとしても、これまでの人生で何度か使われた経験があるという方も多いと思います。

それぐらいひとえにという言葉に関してはビジネスシーンでよく用いる言葉として知られています。

なので裏を返してみると、社会人ならば知っておかなければいけない言葉であると考えることもできるのです。

社会人として知っておかなければいけない言葉というものは非常に様々な言葉が存在しています。

社会人になりたての方などに関しては難しく感じるかもしれませんが、難しいという理由だけで敬遠するのは自分のためにはなりません。

いずれ必ず勉強しなければいけないようになるので、どうせなら早い段階で知っておいた方が必ず自分自身のためになります。

それを踏まえた上で、ひとえにという言葉を正しく理解し、扱えるように意味や使い方を理解してみましょう。

仕事でも日常でも使う言葉


ひとえにという言葉はビジネスシーンにおいてかなり用いられる言葉であるとご紹介しました。

しかしながらひとえにという言葉はビジネスのシーンにおいてのみ用いられるような言葉というわけではありません。

考えてみるとビジネスシーン以外でも普段の日常のシーンにおいてもよく頻繁に用いられる言葉であると考えることができます。

なのでひとえにという言葉の意味や使い方を知っておけばビジネスシーンだけではなくプライベートの場面でも適切な表現方法を行えるようになります。

非常にかしこまった表現になりますので、親しい間柄の人に対しては使用しないかもしれませんが、それでも目上の人に対して用いることができる利便性が高い言葉です。

なので、プライベートで目上の人に会ったりすることなどもあると思いますので、必ず身に付けておきたい言葉でもあります。

難しく感じる言葉ですが、案外知っておけばそこまで難しい言葉でもありませんので、この機会に自然に言葉を扱えるようにマスターしてみましょう。

「ひとえに」の意味

先ほどもお伝えした通り、ひとえにという言葉は非常にかしこまった言い回しとして知られています。

どちらかといえば親しい間柄の人間に対して用いる言葉ではなく、かしこまった場などで使用されるような言葉として認識されています。

具体的なシチュエーションとしては、冠婚葬祭やビジネスシーンなど、様々な厳正な場所で使用されるようになっています。

また、ひとえにという言葉は話し言葉として使用される印象がありますが、会話の中で用いられる以外にも文章などで使用される場合などもあります。

なので、様々な利用シーンで用いることができる利便性が高い言葉になっています。

社会人になると目上の人と接する機会も圧倒的に増えますし、プライベートでも目上の人と関わる場面などもあると思います。

特に仕事などで目上の人に対して文章を作成したりする場合などには重宝できる言い回しになりますので、必ず覚えておきましょう。

他には心を向けずに

ひとえにという言葉は意味が想像しにくい難しい言葉として知られていますので、ここからは簡単にひとえにという言葉の意味合いについてご紹介していきたいと思います。

ひとえにという言葉の基本的な意味合いとして「他には心を向けずに」という意味が存在しています。

意味合い自体もかなり難しく感じるような複雑な表現であり、言葉からは連想しにくい意味でもありますので、余計にややこしく感じてしまうかもしれませんね。

しかしながら、楽しく理解しておけばそこまで難しくない意味合いになりますので改めて確認していきましょう。

他には心を向けずにということはどのような意味なのかと考えてみると、簡単に言えばそのことだけに対して向き合っていると考えるとわかりやすいと思います。

ほかの事に目を向けずに、そのことだけに対して目を向けているということは非常に真摯な印象を相手に与えるようになりますよね。

なので、ひとえにという言葉は具体的には相手に謝罪などを行ったりするときや、相手に対して感謝をしたりするときなどに用いられたりすることがほとんどです。

なので、ビジネスシーンなどにおいては、かしこまった表現として用いられたりすることが多い言葉でもあるということになるのです。

他のことはさておき

ひとえにという言葉は一つの意味合いだけではなく様々な意味合いを持っている言葉としても知られています。

では、他にどのような意味を持っているのかと言いますと「他のことはさておき」という意味なども持っている言葉になります。

これはどういう意味かといいますと、そのままの意味で、他の事などにとらわれない様子を表している意味として解釈することができます。

どちらかといえば先ほどご紹介した他には心を向けずにという言葉とかなり近い意味合いとして解釈することができます。

日常生活においては様々な物事が起きたり様々な状況の中で私たちは日々を過ごしています。

そのような中で他のことに目を捉われずに、目の前の事や自分の事だけに対して向き合ってくれるということは非常に喜ばしいことですよね。

なので、ひとえにという言葉は正しく扱えばしっかりと相手に礼節を重んじた会話ができるような言葉遣いになりえると考えることができます。

特に、目上の人と会話をするときに正しく扱えば、礼儀のある人間という印象を与えることもできますので、自分自身の好印象にもつながる利便性の高い言葉遣いでもあります。

なので、正しく意味を理解し、適切な場面で使用できるように認識を高めておいてください。

ただそのことだけをするさま

ひとえにという言葉の他の意味合いとして「ただそのことだけをするさま」という意味が存在しています。

この意味合いも、聞いてみると難しく感じますが、これまでご紹介してきた意味合いとそこまで大きく変化するようなものではありません。

他の事には心を向けずに、そのことだけを行うさまを表しているので、言い替えてみれば、ひたすらにという言葉で表現もすることができます。

または、一途にという言葉でも表現することができる言葉でもあります。

なかなかひとえにという言葉は日常生活の中では使ったりする機会は少ないかもしれませんが、他の言葉に言い換えてみると日常的に使っている言葉などが多く存在します。

なのでそれらの言葉が目上の人と接する時に変化する言葉であると考えてみると非常にわかりやすく解釈することができると思います。

様々な状況で用いることができる言葉なので、早い段階で知っておけば必ず役に立つ言葉でもありますので、覚えておきましょう。

原因・理由・条件などが、それに尽きるさま

ひとえにという言葉の意味合いをいくつかご紹介していきましたが、ひとえには「原因・理由・条件などが、それに尽きるさま」という意味も備わっています。

この意味合いも、これまでご紹介してきた意味とそこまで大きく変化はしませんので、併せて覚えておくようにしてください。

具体的な使用状況を想像していただくために、簡単に一例を出すとすれば、例えばビジネスシーンなどでは相手を持ち上げたりするときに使用したりする場合もあります。

例えば、今日の成功はひとえに〇〇さんのおかげです~などという風に扱えば、相手のおかげで成功したという意味として解釈することができます。

なので、〇〇さんのおかげに尽きているというような解釈ができますので、ビジネスのシーンなどにおいては目上の人に対して用いることができるという風になるのです。

あくまでこの表現は一例になりますので、ひとえにという言葉は想像以上に様々な状況で使用することができる言葉です。

まずはこの基本形を覚えておき、様々な例文に変化させて使用できるように、様々な意味を正しく解釈してください。

「ひとえに」を漢字で書くと?


ひとえにという言葉に関しては、複数の意味が存在している言葉であるということをご紹介していきました。

ある程度基本的な意味合いを理解いただけたところで、ここからはひとえにという言葉の特徴について様々な点をご紹介していきたいと思います。

ひとえに、という言葉はたくさんの方がひらがなで表記する言葉であると認識していますが、実はひとえにという言葉は漢字で表現することができる言葉でもあります。

ひとえにという言葉は漢字に直すのが難しいので、よくひらがで用いられることが多いということもあり、漢字に直すことができることを知らない方もとても多いです。

しかしながら、実は漢字に直すことができ、これを知らないと場合によっては漢字が読めなかったり、理解ができなかったりして困ってしまう場面に該当する可能性もあります。

なので、この機会にひとえにという言葉はどのような感じに直せるのか、どのようにして使うのかということを詳しくご紹介していきたいと思います。

ひとえに:偏に

ひとえにという言葉は漢字に直すとすると「偏に」という漢字で表現することが出います。

おそらく、大多数の方がなぜこのような漢字の表記になるのかよくわからないと感じるかもしれませんね。

なぜこのような漢字に直すことができるのかと言いますと、ひとえにという言葉の意味はよく考えてみると想像をすることができるはずです。

先ほどお伝えした通りひとえにという言葉に関しては「他には心を向けずに、ほかのことはさておき」などの意味を持っている言葉です。

つまり、そのことだけに対して向き合っているさまを示している言葉であると解釈すること出来ますよね。

なので漢字に直すとすると、偏るという言葉で表現することができ、偏るという言葉に使われている偏という漢字で表現することができるということになります。

少し時代がかったような古風な言い回しとして解釈をすることもできますのでなかなか積極的に用いられたりすることは少ないと思います。

しかしながら文章の中に組み込んだりする際にはしっかりと漢字に直す必要性がありますので、必ず覚えておきましょう。

一重にという場合もある

ひとえにという言葉は「偏に」という漢字に直すことができるとお伝えしましたが、実はそれ以外にも漢字で表現することが可能でもあります。

ひとえにという言葉は実は「一重に」という漢字になおすことができる場合もあり、どちらの漢字でも表現することが可能なのです。

しかしながら、注意しなければいけない点としてこの表記に関しては正式な表記ではないということを覚えておくようにしてください。

ひとえにという言葉を漢字で変換を行うと一重にという言葉がでてきますので、どうしても勘違いしてしまいやすい場合が多いです。

場合によってはこのような漢字が使用される場合などもあるのですが、正式にはひとえにという言葉を感じに直す場合は偏にという感じが正式な漢字になります。

辞書に関しても記載がある場合もあれば、ない場合もありますので、目上の人に対して文章で表現する場合は必ず正式な表現を用いるようにしてください。

絶対に間違っているということはないのですが、やはり使用するのであれば正式な漢字を使用することが相手に対する礼儀にもつながります。

なので目上の人に対して使用する場合は必ず注意して漢字に直すように心がけてください。

「ひとえに」の使い方

ここまではひとえにという言葉を漢字に直す場合、どのような漢字で表現できるのかということをご紹介していきました。

ある程度ひとえにという言葉の特徴について理解いただけた所で、ここからはひとえにという言葉の具体的な使い方についてご紹介していきたいと思います。

冒頭でもお伝えした通りひとえにという言葉は様々な場面で用いることができる言葉でもありますが、毎日使用したりするような言葉というわけではありません。

古風な言い回しの一つとして認識されており、目上の人に対して用いる言葉でもありますので、使い方が曖昧になってしまったり、わからない場合などがよくあります。

しかしながら、まったく使わない言葉でもありませんので、社会人であれば正しい使い方などについては必ず理解しておくことが求められます。

それを踏まえたうえで、ひとえにという言葉の正しい使い方などについてもご紹介していきたいと思いますので、使い方がわからない方は確認してください。

副詞として文の中に用いる

ひとえにという言葉はどのようにして用いるのかと考えた時に、文法的な意味合いで考えるのであれば副詞として文の中に用いる言葉であると考えることができます。

副詞自体の意味合いがよくわからない方などもいると思いますので、簡単に意味合いなどについてもご紹介していきます。

副詞とは品詞の一つとして考えられており、主語や述語になることのない言葉のうち、連用修飾語として使用される言葉の一つになります。

連用修飾語とは修飾語のうち、用言を修飾する言葉を表しており、例えば非常に暑い、楽しく過ごす、といったような言葉の非常に、楽しく、などを指している言葉です。

そして、ひとえにという言葉は意味合いとしては「もっぱら、ただそれだけ」という意味の副詞として活用することができます。

なので、文の中に加えて「もっぱら、ただそれだけ」という意味を付け加えて表すことができるということになるのです。

「ひとえに●●のおかげ」という定型文

ひとえにという言葉が文章の中でどのようにして用いることができるのかということを簡単にご紹介していきました。

ある程度ひとえにという言葉の使い方を理解いただけたところで、ここからはひとえにという言葉の簡単な定型文についてご紹介していきたいと思います。

ひとえにという言葉はなかなか頻繁に用いたりすることがない言葉なので、どのようにして表現すればいいのかわからないと感じる方も多いと思います。

しかしながらひとえにという言葉は使う機会が少ない分、使う場合には同じような使い方で用いられたりすることが多い言葉でもあります。

つまり言い換えてみれば簡単な定型文さえ覚えておけば様々な場面で同じような言い回しで表現することができると考えることができます。

ではひとえにという言葉を使った定型文にはどのような文章があるのかと言いますと、「ひとえに●●のおかげ」という定型文が存在するといえます。

先ほどお伝えした通りひとえにという言葉を使うシチュエーションの一つとして相手に対して感謝をしたりする場面があります。

この定型文に関しては、相手に関する感謝の気持ちを表現するときに使用される定型文になりますので、非常に使い勝手が良い定型文でもあります。

使い方としては、単純に〇〇の部分に相手の名前を入れて表現するだけ簡単に使用することができます。

例えば、佐藤さんのおかげで商談がうまくまとまったとするならば、「ひとえに佐藤さんのおかげ」という風に表現すれば佐藤さんに対する感謝の気持ちを表現することができます。

このようにして使えば、難しく考える必要もなく、簡単に相手に対する感謝の気持ちを表現できますので、定型文を必ず頭に入れておくようにしましょう。

「ひとえに」を使うシチュエーション

ひとえにという言葉を使った簡単な定型文についてご紹介していきました。

ある程度ひとえにという言葉を使いこなせるようになったところで、ここからはひとえにという言葉を実際に使う場面についてご紹介していきたいと思います。

ひとえにという言葉はなかなか積極的に使う機会がないかもしれませんが、実は知っておくと様々なシチュエーションで用いることができる言葉でもあります。

なので、用いることができるシチュエーションを改めていくつかご紹介していきますので、使用する際の参考にしてみてください。

正しく適切に使用することで、語彙力のある人間であると判断をされたり、誠実な人間性を相手に印象づけることができるようになります。

それは自分自身にとってメリットのあることであり、ビジネスにおいては非常に大切な印象になりますので、社会人の方は必ず確認してください。

ビジネスシーン

まずはじめにご紹介するひとえにという言葉を使うシチュエーションとしては「ビジネスシーン」が挙げられます。

ではさらに具体的にビジネスシーンの中でどのような場面で用いるのかと言いますと、相手に対して感謝をしたときやお詫びをしたい時などに用いたりすることが多いです。

例えば先ほどもお伝えしたように相手に対して感謝をしたいのであれば「ひとえに●●様のおかげ」というような使い方をすれば相手に対する感謝を表現できますよね。

また、相手に対して申し訳ないことをしてしまった場面では「~ひとえに私の責任です」という風に使用するようにすれば、相手に対する謝罪の場面で使用することができます。

意味合いとしては「原因はすべて自分自身に尽きる」という解釈をすることができますので、非常に丁寧な謝罪をすることができる表現になります。

なので、このようにビジネスの場面においてはひとえにという言葉を使って表現できる言葉が数多く存在しています。

知っておけば必ずビジネスシーンにおいて用いることができるようになりますので、改めてひとえにという言葉で表現することができる例文を頭に入れておきましょう。

冠婚葬祭

次にご紹介するひとえにという言葉を使うシチュエーションとしては「冠婚葬祭」が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、例えば冠婚葬祭におけるスピーチなどを行ったりするような場面で用いることができるということになります。

例えば、具体的な例を挙げるとすれば結婚式などが行われたりするときにスピーチでひとえにという言葉を用いることができると考えられます。

結婚式のスピーチなどにおいては出席してくれた全員に対してお礼の言葉を伝えたりするようなことなどがよくあると思います。

そのような時に「皆様のご尽力のおかげとひとえに感謝しております~」というような表現などをしたいすることがあります。

このような表現を覚えておけば、冠婚葬祭などのスピーチの場面で適切な表現を行うことができるようになるはずです。

冠婚葬祭の場面などでスピーチ行ったりする時にはどのような言葉遣いをすればいいのかとても難しく感じたりすることが多いと思います。

しかしながら基本的な意味合いを理解しておけばどのように表現すればいいのかということなどもなんとなく想像することができるようになるはずです。

このようにいくつかの言葉の引き出しを身につけておけば様々な場面で知っておいてよかったと思えるような状況がやってくるはずです。

それなりの年代になるとそれなりの言葉遣いが求められるようになりますので、なるべく早い段階に身につけておけば自分自身を助けてくれるようなスキルになります。

それを踏まえた上でどのようなシチュエーションで用いることができるのか、どのような表現で使用することができる言葉なのかということをセットで覚えておいてください。

手紙・ビジネスメール

次にご紹介するひとえにという言葉を使うシチュエーションとしては「手紙・ビジネスメール」が挙げられます。

今の時代はどちらかといえば相手と連絡を取ったりする手段としてはメールなどが多くなっていると思います。

また、ビジネス上で取引先の人間とメールアドレスを交換したりするということはかなり多いと思います。

なので相手に対してビジネスメールを送ったりするような場面でも、ひとえにという言葉を使ったりする機会はあると言えます。

また、人によってはメールではなくて相手に対して直接手紙を出したりするようなこともあると思います。

特に、年配の方などに関してはメールではなく手紙を出す習慣などがある方はたくさん存在しています。

なので、手紙を書いたりするような場面などにおいて、ひとえにという言葉で感謝の気持ちを表現したりする場合もあるので、必ずしも会話限定で使うというわけではないのです。

先ほどもお伝えした通り相手に対する感謝の気持ちを伝えたりする場合は「ひとえに〇〇様のおかげ~」というような記載を行うと思います。

これをそのままメールや手紙などの文章の中に記載したりすることもあると思いますので、手紙やビジネスメールなどでも使用する可能性があることを覚えておきましょう。

「ひとえに」の類語

ここまではひとえにという言葉を使うことができるシチュエーションについていくつかご紹介していきました。

ある程度ひとえにという言葉を使うことができるシチュエーションを理解いただけたところで、最後にひとえにという言葉に似ている言葉をいくつかご紹介していきます。

ひとえにという言葉が持っている意味を考えてみると、私たちが普段日常生活の中で使っている言葉の意味と近い言葉があるということがおわかりいただけるはずです。

つまり、知っておけば目上の人と同じ意味の言葉を話すときには、ひとえにという言葉に変換すれば意味が通じる、というような判断をすることができるようになるはずです。

なので、同じような意味を持っている言葉をいくつか覚えておき、適切な変換ができるようにチェックしてみてください。

まったく

ひとえにという言葉と似ている言葉の一つとして「まったく」という言葉が挙げられます。

改めて確認していただきたい点としてひとえにという言葉が持っている意味合いとしては「他には心を向けずに、ただそのことだけをするさま」という意味が存在しています。

そして、まったくという言葉には「完全にその状態になっているさま」という意味が存在しています。

なので、これら二つの言葉を比較して考えてみると、かなり似ている言葉であるということがよくわかるはずです。

完全にその状態になっているということはその状態だけを表しているという解釈をすることができますので、ひとえにという言葉の意味と同じような解釈ができます。

なので、結果的にひとえにという言葉とまったくという言葉は類語であると考えることができます。

ただただ

次にご紹介するひとえにという言葉と似ている言葉の一つとして「ただただ」という言葉が挙げられます。

なぜひとえにという言葉とただただという言葉が類語なのかと考えると、ただただという言葉には「ひたすら」という意味が存在しています。

そして、ひたすらという言葉には「まったく」という意味が含まれていますので、結果的にはひとえにという言葉の類語であると考えることができます。

実際に、ひとえにという言葉をただただという言葉に変換してもある程度意味が通じるような使い方ができます。

なので、二つの言葉はかなり似ている言葉であると判断できるのです。

「ひとえに」の使い方をマスターしよう

今回はひとえにという言葉をテーマにしてひとえにという言葉の意味や使い方などを詳しくご紹介していきました。

なかなか日常生活の中では用いたりすることが少ない言葉でもありますが、ビジネスの場面においてはまだまだ使用する機会が多い言葉でもあります。

意味なのか曖昧になってしまいがちだ難しい言葉でもありますが、正しく意味を理解しておけばそこまで難しい言葉というわけでもありません。

目上の人に対して接したりする時に用いたりする言葉なので、必ず早い段階で覚えておき、正しく扱えるようにしておきましょう。

言葉遣い一つだけで相手に与える印象などは大きく変化しますし、自分の印象としてそのまま長く残るようになります。

なので、自分自身を高める一つの要因になりえるということを十分に理解した上で、マスターできるようにしてみてください。