CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

夢想家の10個の性格や特徴!「理想家」との違いとは?


大人になっても夢を追っている人っていますよね。

何も夢がないより、夢想家の人の方がイキイキ生きていることも多いのではないでしょうか?

この記事では、夢想家の性格や特徴と、理想家との違いなどをご紹介します。

このような生き方をしている人がいることを知ってみましょう。

夢想家とは


夢のような取りとめのないことを思い描いている人を夢想家と言いますが、夢のようなと考えている時点で夢は叶わないものと思っている感じがします。

つまり、この夢想家という言葉は夢を叶えることができなかった人たちの目線の言葉だと言えます。

夢を叶えている人からすれば、夢は叶うもの、つまり、夢を持つことが大切だと考えているのです。

つまり、この言葉は夢をかなえれられなかった人の言葉であり、夢を持つことへの皮肉めいた言葉でもあります。

とはいえ、「ドラえもんがほしい」「ウルトラマンになりたい」など途方もない夢を大人になっても持っているとちょっと痛い人のように思えてしまうので、相手がどんな夢を持っているのかが鍵になりそうです。

はっきり言えば、夢は死ぬまで持つことができます。

夢に賞味期限もなければ、持ってはいけないというルールもありません。

また、必ず1つしか持ってはいけないというルールもありません。

つまり、何個持ったって良いのです。

夢は!それをわからないでいるから、就職した後に夢を持たなかったりするのです。

もしくは、「クレヨンしんちゃんみたいな家族を持てたからもういい」と言っている人もいますが、クレヨンしんちゃんに出てくる野原ひろしは年収600万です。

あなたの年収は追いついているでしょうか。

このように知らないことが多すぎると、人間は夢を持たなくなってしまうのです。

何度も言います。

この記事を読んだこの瞬間から夢を持っていいのです。

むしろ、読む前から持ったって良いのです。

持つことで周囲からバカにされるという方もいらっしゃるかもしれませんが、それはドリームキラーな人たちです。

世の中には夢を持つとわかるのですが、相手の夢を壊そうとするドリームキラーがいるのです。

夢を持っていないから知らないだけです。

実現できない夢のようなことばかり思い描いている人

夢が叶わないから夢想家という言葉が生まれたような感じはありますが、夢が叶っている人でも非現実的な夢を持っている人を見ると夢想家に見えてしまうこともあります。

要は夢が叶うのは現実世界で通用することだけです。

理想や空想などは叶うことはないのです。

そのようにぶっ飛んだ感じの夢を持っていると夢想家として見られてしまう可能性が高いのです。

ただ、夢は大きい方がいいというので、非現実的な夢を抱いてしまう人もいますが、あなたの夢を聞いた時に、相手が現実的か非現実的かと判断するのは相手の考え方次第です。

故に人によってはあなたの夢が現実的に思える人もいれば、非現実的に思えてしまう人もいるのです。

つまりは夢想家に見えられるかどうかは相手の考え方次第なのです。

相手にとって非現実的な夢と思えてしまったのならば、夢想家として見られてしまう可能性が高いです。

しかし、その現実的か非現実的かどうかは相手の考えや知識の量で決まってしまうので計ることはできません。

相手がイギリスへ行く方法を知らないと、イギリスへ行くという夢が相手にとっては非現実的なものに見えてしまうのです。

このようにそれぞれが抱く夢がどのようなレベルなのかは、人によって違ってくるのです。

夢想家の10個の性格や特徴!

それではここまでの説明でざっくりとした感じで夢想家のことがわかったと思います。

ここからはどういった人が夢想家なのか説明していきたいと思います。

大きくピックアップして10個の性格や特徴などをご紹介します。

実はもしかしたら、あなたの中にももうすでにあるかもしれませんよ。

人間は夢を叶える動物です。

つまり、あなたが知らないところで、無意識のうちにそのように動いているのです。

つまり、誰でも持っている可能性が高いのです。

夢を持つことに関して、どう思うかはあなた次第ですが、夢を持っている人をバカにする権利はあなたにはありません。

同時に夢を持っていない人をバカにする権利もありません。

夢想家を知ることで、夢を持つことに関してもしかしたら若干考え方が変わるかもしれませんよ。

ぜひ、夢想家というワードに関してネガティブ考えず、まずはフィルターを外して、どうぞ、読んでみてくださいませ。

1.こうしたい、こうなりたいという大きい夢がある


単純に夢を持っている人のことを言いますが、その持っている夢が聞いた人にとって大きすぎると相手が夢想家に見えてしまうのです。

ページトップ