CoCoSiA(ココシア)

顔が赤くなる=好き?好きな人の前で赤面する5個の心理


好きな人と話したり、目が合ったりすると顔が赤くなる事があると思います。

自分では分からないため、誰かに指摘されると恥ずかしいですよね。

今回はそんな、好きな人の前で赤面する心理についてご紹介していきます。

好きな人の前で赤面する5個の心理

では、好きな人の前で赤面するのは、どういった心理が隠されているのでしょうか。

1.相手に好かれたいから


相手に好かれたいという思いから、緊張してしまい顔が赤くなってしまうこともあるでしょう。

好かれるために、何を話せばいいのか、どんな表情でいればいいのかなどを考えすぎてしまうと、焦ったり緊張したりして上手く話せないことがあります。

好きな人に好かれたいと思うのは、誰でも当たり前のことなので仕方ありません。

ですが、顔が赤くなってしまうと、好きなことが相手にも周りにもバレてしまうのではないかと焦ってしまいますよね。

2.いつもよりも良い自分でいたいから

好きな人の前では、より良い自分を見せたいですよね。

でもそう思いながらも緊張していれば、平常心ではいられなくなってしまいます。

いつもより早口になったり、逆に緊張してしゃべれなくなったり、目を見れなくなったりしてしまう人もいるでしょう。

そんな自分に気が付いて、恥ずかしくなって顔が赤くなってしまうのです。

好きな人の前ではいつもより良い自分でいたいと思っていても、それを考えすぎるとプレッシャーになってしまうわけですね。

心を無にしろとまでは言いませんが、ありのままの自分でいることができれば赤面せずにすむかもしれません。

3.好きなのがばれたくないから

好きなのがバレたくないという思いから、いつもよりも緊張してしまいぎこちなくなってしまうこともあるでしょう。

そして、その緊張からか顔が赤くなってしまう人も多いのです。

好きなことがバレたくないために緊張して、顔が赤くなってしまうせいでバレれしまうなんてちょっとかわいいですよね。

本人にはバレないにしても、周りの人から見たら好きなことがバレバレなんてこともあるんですよね。

4.嫌われたくないから

好きな人に嫌われたくないからと思っている人は、自分に自信がないのかもしれません。

自分に自信がないので、好きな人と話したり目が合ったりするだけで、恥ずかしくなって顔が真っ赤になってしまうのでしょう。

しかも、そういう人は自分が赤面していることがわかっているので、もっとはずかしくなってしまい、なかなか好きな人とコミュニケーションを取ることができません。

このようなタイプの人が好き避けをしてしまうんですよね。

直接顔を見ないで話せる電話やLINEなどは、けっこう得意な人も多いのではないでしょうか。

5.好きな人に会えて幸せだから

ただ単に、好きな人に会えて幸せだから嬉しくて顔が赤くなってしまう人もいるようです。

きっと本人は気付いておらず、とても幸せな気分に浸っていることでしょう。

このタイプは、恥ずかしさやプレッシャーを感じることなく、自然と好きな人と会話をすることができます。

自分を良く見せたいとか、嫌われたくないという思いはないのかもしれません。

好きな人の前で赤面する原因

好きな人の前で赤面をしてしまう原因はいくつかあります。

女性は恋愛をすると綺麗になると聞いた事はないでしょうか?

赤面にもその理由は大きく関係していきます。

別に悪いものではないので、それを受け入れるようにしていきましょう。

好きな人の前で赤面をするなんて可愛いものですよ。

医学的に見れば、良い事ずくめだったりします。

ドーパミンが排出されている

ドーパミンというのは、興奮ホルモンのアドレナリンと前駆体とされています。

このドーパミンが大量に排出されていると、快感を得やすくなったり、行動的になるという良いホルモンの1つなのです。

ドーパミンはホルモンなので目には見えません。

生きる意欲がある人間には、ドーパミンが多く排出されているという感じでしょう。

恋愛関係もですが、その他ですと褒められた時や喜んだ時など、自分の感情が嬉しい時にドーパミンが分泌されているのです。

即ち恋愛に関して言えば、好きな男性に会えた時、もしくは見れて嬉しい時などに感じます。

ここでメリットが1つあります。

何故恋愛すると綺麗になるのか?という理由の1つが、ドーパミンによるものなんです。