CoCoSiA(ココシア)

ボキャ貧の人の8個の特徴と改善策!...(続き2)

特に営業や商談などの話をするというような人は、いかに語彙力があるのか、という所が重要になってくるのではないでしょうか?

ボキャ貧の人の8個の特徴

ではそんなボキャ貧の人の特徴についていくつか見てみたいと思います。

例えば同じような言葉を使って喋るような人というのはボキャ貧である代表的な特徴でもありますよね。

どんな言葉でも意味があるので、その適した言葉を使うからこそ会話というのが成り立つものだと思います。

特に会話がスムーズにいかないというような人は、言葉選びができていないという証拠にも繋がるのではないかと思います。

ただ話すのが嫌というような人は仕方ありませんが、会話がスムーズにいかず話が途切れるというような事が多ければ多いほどボキャ貧の人というような認識をされてしまっても仕方ありません。

ボキャ貧の人の特徴というのはまだまだ他にもたくさんありますが、どの様な特徴があるのか、その8個の特徴について詳しく見てみたいと思います。

1.いつも同じ言葉ばかり使っている

いつも同じ言葉ばかり使っているというような人もいるでしょう。

基本的に言葉というのは先ほども言ったように様々な意味が込められています。

例えば「元気」というような言葉は人の状態を表す言葉で、明るいというようなイメージがありますよね。

しかしながらその「元気」というような言葉を体調が悪い人に対して使うという事はまずありえません。

しかしながら他の言葉が出てこずとりあえず「元気」と使い会話をするというような人も中にはいるという事です。

よく同じ言葉ばかり使ってしまうと脳を使っていないというような状態にもなってしまいますが、同じ言葉ばかり使うというような人は、脳の引き出しを引き出せていない状態なのではないでしょうか?

2.会話がスムーズにいかない


会話がスムーズにいかないというような事もあるでしょう。

会話をスムーズにいかせるためには、次にどの様な言葉を喋るのかという所が必須になってくるのではないかと思います。

しかしながら会話がスムーズにいかないという事は、それほど自分の言いたいことが言えていないのか、単語が出てこないかという事のどちらかになってしまうのではないでしょうか?

会話というのは言葉のキャッチボールとよく言いますよね。

こちらが話しかけて相手が答えて、相手が話しかけてきたらこちらが答える、というような事で始めて「会話」というものが成り立つのではないかと思います。

しかしながらその会話がスムーズにいかないと常に途切れ途切れの状態になってしまい、無言な状態が続いてしまうというような事もあるのではないかと思います。

話しが途切れる

話が途切れるという事は、相手が素気ないというような事ではなく、話すネタがないからというような人もいますよね。

話をする際には必ず話題というものが必要になりますが、たわいもない話をするような人もいます。

この様な人というのは基本的にどの様な話しからでも広げることができるので、会話がスムーズに行いやすいです。

しかしながら話が途切れるというような人は、会話がスムーズにいかないからというのもありますが、何より語彙力が少ないからというのも原因があるという事です。

適切な言葉を選ばなければ会話というものは成り立ちません。

簡単に言うと専門的な用語を言っても通じない人っていますよね。

その様な状態が続くと聞かされる方もなんと答えたら良いのか解らない状態になってしまいます。

その様なことが続いてしまうと、どうしても途切れるというのは仕方のないことなので、相手にも解りやすく伝えるというのが大事になるのです。

3.読解力がない


読解力というものはとても重要な事になります。

語彙力が無いという事は、その単語の意味を理解していないという事になるので、例えば本を読んでいてもその物語であったり、その本の言いたいことというものがつかめない状態になってしまっているという事なのです。

読解力というのは基本的に「どれだけ理解をしているか」というものが重要になりますよね。

その理解をするには単語の意味などを先ずは解らなくてはいけません。

先ほど専門的な用語についてお話をしましたが、専門的な用語を学ぶには、まずその用語の意味を理解するところから始まりますよね?

そしてその意味を理解した上でその単語を使うというような事になるので、読解力というのはボキャ貧、語彙力の少なさなどに大きく影響をしてくるという事になるのです。

【読解力がない理由と、読解力を身につける方法は、こちらの記事もチェック!】

内容の本筋を理解しにくい

この読解力が低いとどの様なことになるのかというと内容の本筋を理解しにくい状態になってしまうというような事があります。

言うのであれば内容の本筋というのは、物語の主要の部分という事です。

本で言うところの盛り上がりや根本的な内容、と言った方が良いかもしれませんね。

内容の本筋を理解しにくいとボキャ貧に繋がってしまうというのは、単語の意味を理解していないので内容を間違って捉えやすくなってしまうというような意味があるという事です。

英文や漢文、古文といったものでもそれぞれ単語の意味がありますよね。

その単語の意味を間違って捉えてしまうと全く別の意味になってしまうので、本筋を理解しにくいというような事もあるのではないかと思います。

ボキャ貧でよくある事の1つにはこの様なこともあるのでよく覚えておくようにしましょう。

皆さんも心当たりはありませんか?