CoCoSiA(ココシア)

ボキャ貧の人の8個の特徴と改善策!...(続き4)

擬音というのは簡単に言えば効果音と考えてください。

例えば「ごろごろする」と聞くと寝転がっているのだと想像をすることができますよね。

この様に「ごろごろする」というような言葉や他の言葉など頻繁に擬音を使うような人が多い人はボキャ貧である可能性が高いという事になるのです。

簡単に言うと他の言い回しができなくなっているという事にも繋がります。

心当たりがあるというような人はよく考えてみてはいかがでしょうか?

8.漢字が苦手

漢字が苦手だというような人もいるでしょう。

基本的に漢字というのは高校生までのものであれば読めるようなものがほとんどだと思います。

今現に見ている記事でも難しい単語というようなものはありませんよね?仮に難しくて解らないというような人がいるのであれば、是非その漢字を調べてみてください。

そして苦手だからそのままにするというような人はボキャ貧である可能性が高いです。

大事なのはその単語の意味をいかに理解しているのか、という所にあるのではないかと思います。

漢字が苦手だからといってその意味を理解しなければ一向に単語を覚えるような事というのはできません。

なので漢字が苦手だという意識をいかにして抵抗を無くすのか、というのがボキャ貧から脱する鍵となるのではないかと思います。

ボキャ貧の人の改善策

ではそんなボキャ貧の人の改善策というものはあるのか?という疑問についてお話をしたいと思います。

実はボキャ貧の人というのは直ぐに改善をすることができるのです!少し意識をしただけで改善をすることができるでしょう。

先ずはいかに自分がどの様な言葉を選んでいるのかを知るような事が大事になります。

同じような単語を使っていないのか、癖というものがあるのかというのは知ることで改善をすることができます。

また読書をするというのが改善での近道だとも思います。

例えば本によっては難しい表現をしているようなものも多いです。

そこでその様な言葉にも慣れるという行為をすることが大事になるのではないかと思います。

そしてその言葉を調べるというような事もあるでしょう。

言葉には様々な意味があります。

なのでその単語を調べて言葉を理解するというのが一番です。

他にも改善策があるのですが、その代表的なものをいくつか見てみたいと思います。

1.自分の癖を知る

自分の癖を知るというのはとても大事なことです。

先ほども言ったようにボキャ貧の原因の1つというのはいかに自分がどの様な単語を知っているのか理解をしていないからというものがあるのです。

例えばですが英語も同じで、ボキャブラリー検定と呼ばれる、いかに単語の意味を理解しているのかという検定があります。

それはあくまでも目安の検定なのですが、それと同じように目安をつけることができます。

いわゆる自分の癖を知ることができるという事です。

頻繁に使っている言葉は何か

自分の癖を知るのにどの様な効果があるのかと言うと、頻繁に使っている言葉は何かというものがわかります。

例えば「ありがとう」という単語を頻繁に使っているのか「辛い」という単語を頻繁に使っているのか、人によって様々だと思います。

その頻繁に使っている言葉というものを理解して、言い方を改善するというような事であったり、他の言い換えを意識するというような事ができるようになるのです!

2.読書をする

読書をするというのはボキャ貧を改善する中でも一番の近道と言えるのではないかと思います。

例えば読書をすることで大事な事はいかにその物語の本筋を掴むことができるのか、そして言葉の意味を理解できるのか、という事です。

本によっては難しい表現をしているようなものも多く、中にはどの様な言葉の意味なのか解らない、というような事もあるのではないかと思います。

そんな時に大事なのは、その言葉などを調べ、そして慣れるというような事が必要になるのです。

言葉に慣れる

言葉に慣れるというのがどの様な事なのかというと、言葉に慣れるという事は、文字に対しての抵抗であったり、単語の意味などを理解することができるという事になります。

簡単に言えば本を読む際に理解をしなければ面白くない、と感じたりしますよね。

よく「私には難しい本だった」というような人と「とても面白かった」というような人がいますが、感性の違いというのもありますが、単語の意味や言葉に慣れていないというような人は基本的に「面白くない」と感じることが多いのではないかと思います。

なので言葉に慣れるというような事はとても重要なことになるのです。

3.言葉の言い換えを意識する

ここで大事なのは言葉の言い換えを意識することです。

先ほど擬音が多いという話をしましたが「ごろごろする」というような言葉を別の言葉にして言い換えるという事を意識してみてはいかがでしょうか?

例えば「寝転がる」というような事や「横になる」というような表現でも良いかもしれませんね。

言葉の言い換えをすることで様々な別の言い換えを会話の中でも使うことができるので、意識をして文章を読んだり会話をしてみてはいかがでしょうか?