普段皆さんが日常の中で欠かせないものというのは、会話であったり「喋る」という行為ですよね。

普段からそうですが、人というのはこの「会話」というものをしていかないと誰ともコミュニケーションをすることができなくなってしまいます。

ここで皆さんに質問があります。

会話をするために必要なものは何か、という点です。

簡単に言えば会話をする際に必要なものというのは何ですか?という事です。

人というのは会話をする時に大事なものは、その言葉の意味を理解している事が前提となりますよね。

例えば最近若者の流行りの言葉で「バズる」というような意味があります。

これはSNSのTwitterから流行り始めたものであり、バズるというのは噂になっているという意味があるそうです。

なので「この前のニュースがバズっている」というような会話であれば「この前のニュースが凄い取り上げられている、噂になっている」というような意味になるという事です。

この様に言葉の意味を理解しないと相手が何を言っているのか分からないというのが普通ですよね。

皆さんもこの様な経験というのはたくさんあるのではないかと思います。

なのでよく相手に物を聞いたりするというような事もあるのではないでしょうか?

相手が言っている意味が分からないとどういう意味なのか分かりやすく教えて欲しいというような事もあるのではないかと思います。

しかしながらこれは特殊な事例であり、普段の普通の言葉では理解しているけど、特定の場所で言われているようなものには分からないという人が多いとも思います。

しかしながら中には喋る際に言葉がつまり気味になってしまったり、話しが途切れてしまったりと、コミュニケーション能力が低い人も多く見られると思います。

この様な人達は基本的にボキャブラリー、いわゆる多くの言葉を知らないような人達が多いですよね。

今回はそんなボキャブラリーが貧弱な人たち、すなわち「ボキャ貧」についてお話をしたいと思います。

しかしながらこのボキャ貧を欠点に捉える人も多いですが、語彙力というのは学ぶことでどんどんついてくるものです。

知らなければ知ることができるので、そこでまた1つ学ぶことができますよね。

なので落ち込むというような事がないように、どんどんボキャブラリーを増やしていくことが大切になるのではないかと思います。

ではそんなボキャ貧の人たちの8個の特徴と改善策についてお話をしたいと思います。

皆さんはボキャ貧と聞くとどの様な特徴の人を思い浮かべるでしょうか?

ボキャ貧とは?

ボキャ貧というのはどの様な意味があると思いますか?

あまり聞かないような言葉でもありますよね。

ボキャ貧というのは、多くの言葉を知らないというような意味や、語威力が無いという事で使われることが多く、ボキャブラリーが貧弱という略語として使われることが多いです。

ボキャブラリーが貧弱の略

ボキャブラリーが貧弱という事は、更に詳しく言うのであれば多くの言葉を知らないという事になりますよね。

語彙力のない様子ということもあるでしょう。

基本的に言葉の意味というのは必ず学校で習うような事が多いと思います。

また、単語の意味を多く知っている人というのはよく本を読んでいたり、読み物を手にしていることが多いですよね。

その一方で、本などに興味もなく学校で習うようなことを忘れていたりすると、単語の意味を理解していないことが多く、自分達で言葉を作るような事も多いのではないかと思います。

特に会話をする際にはいつも同じような言葉を使っていたり、読解力が無いというような特徴もあるのではないでしょうか?

ボキャブラリーが貧弱という事は、通常の会話ができなくなってしまうというような事にも繋がってしまいます。

例えば会話をする際にも難しい単語があると話が途切れてしまったりするというのも代表的な例なのではないかと思います。

あまり多くの言葉を知らない様子

言葉というのはたくさんありますが、それでもその単語の意味をしっかりと理解できている人というのは少ないようにも思えます。

例えば知らずのうちに使っていた言葉が、実は別の意味だったというような事もありますよね。

周りの人達が同じような言葉を使っていたのでこの様なことになったのだとも思いますが、その言葉の意味というのが必ずあるという事です。

勘違いで使っていた言葉の意味とはちがい、本当の意味を知った時には間違った使い方をしていたという事になりますよね。

あまり多くの言葉を知らないと、間違って使うような言葉が多くなってしまうというのも事実なのではないかと思います。

語彙力のない様子

語彙力がない様子という意味でもあります。

ボキャブラリーが貧弱という事は、語彙力のないような言葉選びをしてしまうという事にも繋がるのではないでしょうか?

普段の会話というのはその人がいかにどの様な人と付き合いをしているのかという所にも関わってくるでしょう。

例えば仕事でもそうですが、語彙力などがある人というのは言葉を選んだ使い方というのが上手い人達ばかりです。

なので営業などをしていても上手くいくというような事が多いようにも思えます。

しかしながら語彙力が少ない状態という事は、相手に対して辛いような事を言ってしまったり、せっかく良い方向にいっていたのに台無しになってしまうというような可能性もあるという事です。

語彙力がない様子のことをボキャ貧とも言いますが、基本的にこの言葉というのは会社でも使うような人が多いようにも思えます。

特に営業や商談などの話をするというような人は、いかに語彙力があるのか、という所が重要になってくるのではないでしょうか?

ボキャ貧の人の8個の特徴

ではそんなボキャ貧の人の特徴についていくつか見てみたいと思います。

例えば同じような言葉を使って喋るような人というのはボキャ貧である代表的な特徴でもありますよね。

どんな言葉でも意味があるので、その適した言葉を使うからこそ会話というのが成り立つものだと思います。

特に会話がスムーズにいかないというような人は、言葉選びができていないという証拠にも繋がるのではないかと思います。

ただ話すのが嫌というような人は仕方ありませんが、会話がスムーズにいかず話が途切れるというような事が多ければ多いほどボキャ貧の人というような認識をされてしまっても仕方ありません。

ボキャ貧の人の特徴というのはまだまだ他にもたくさんありますが、どの様な特徴があるのか、その8個の特徴について詳しく見てみたいと思います。

1.いつも同じ言葉ばかり使っている

いつも同じ言葉ばかり使っているというような人もいるでしょう。

基本的に言葉というのは先ほども言ったように様々な意味が込められています。

例えば「元気」というような言葉は人の状態を表す言葉で、明るいというようなイメージがありますよね。

しかしながらその「元気」というような言葉を体調が悪い人に対して使うという事はまずありえません。

しかしながら他の言葉が出てこずとりあえず「元気」と使い会話をするというような人も中にはいるという事です。

よく同じ言葉ばかり使ってしまうと脳を使っていないというような状態にもなってしまいますが、同じ言葉ばかり使うというような人は、脳の引き出しを引き出せていない状態なのではないでしょうか?

2.会話がスムーズにいかない


会話がスムーズにいかないというような事もあるでしょう。

会話をスムーズにいかせるためには、次にどの様な言葉を喋るのかという所が必須になってくるのではないかと思います。

しかしながら会話がスムーズにいかないという事は、それほど自分の言いたいことが言えていないのか、単語が出てこないかという事のどちらかになってしまうのではないでしょうか?

会話というのは言葉のキャッチボールとよく言いますよね。

こちらが話しかけて相手が答えて、相手が話しかけてきたらこちらが答える、というような事で始めて「会話」というものが成り立つのではないかと思います。

しかしながらその会話がスムーズにいかないと常に途切れ途切れの状態になってしまい、無言な状態が続いてしまうというような事もあるのではないかと思います。

話しが途切れる

話が途切れるという事は、相手が素気ないというような事ではなく、話すネタがないからというような人もいますよね。

話をする際には必ず話題というものが必要になりますが、たわいもない話をするような人もいます。

この様な人というのは基本的にどの様な話しからでも広げることができるので、会話がスムーズに行いやすいです。

しかしながら話が途切れるというような人は、会話がスムーズにいかないからというのもありますが、何より語彙力が少ないからというのも原因があるという事です。

適切な言葉を選ばなければ会話というものは成り立ちません。

簡単に言うと専門的な用語を言っても通じない人っていますよね。

その様な状態が続くと聞かされる方もなんと答えたら良いのか解らない状態になってしまいます。

その様なことが続いてしまうと、どうしても途切れるというのは仕方のないことなので、相手にも解りやすく伝えるというのが大事になるのです。

3.読解力がない


読解力というものはとても重要な事になります。

語彙力が無いという事は、その単語の意味を理解していないという事になるので、例えば本を読んでいてもその物語であったり、その本の言いたいことというものがつかめない状態になってしまっているという事なのです。

読解力というのは基本的に「どれだけ理解をしているか」というものが重要になりますよね。

その理解をするには単語の意味などを先ずは解らなくてはいけません。

先ほど専門的な用語についてお話をしましたが、専門的な用語を学ぶには、まずその用語の意味を理解するところから始まりますよね?

そしてその意味を理解した上でその単語を使うというような事になるので、読解力というのはボキャ貧、語彙力の少なさなどに大きく影響をしてくるという事になるのです。

【読解力がない理由と、読解力を身につける方法は、こちらの記事もチェック!】

内容の本筋を理解しにくい

この読解力が低いとどの様なことになるのかというと内容の本筋を理解しにくい状態になってしまうというような事があります。

言うのであれば内容の本筋というのは、物語の主要の部分という事です。

本で言うところの盛り上がりや根本的な内容、と言った方が良いかもしれませんね。

内容の本筋を理解しにくいとボキャ貧に繋がってしまうというのは、単語の意味を理解していないので内容を間違って捉えやすくなってしまうというような意味があるという事です。

英文や漢文、古文といったものでもそれぞれ単語の意味がありますよね。

その単語の意味を間違って捉えてしまうと全く別の意味になってしまうので、本筋を理解しにくいというような事もあるのではないかと思います。

ボキャ貧でよくある事の1つにはこの様なこともあるのでよく覚えておくようにしましょう。

皆さんも心当たりはありませんか?

4.コミュニケーション能力が低い

ボキャ貧の状態というのはコミュニケーション能力が低いというような事もあるのではないかと思います。

例えばコミュニケーション能力が低いと相手と接するというような事も少なくなってしまいますよね。

相手と接するというような事が少なければ少ないほど、会話というものであったり人と接するというような時間がとても短くなってしまいます。

コミュニケーション能力が低い人というのは基本的に言葉などが直ぐに出てこなかったり、また出てきたとしてもその本筋を言えないというような人が多いようにも思えます。

相手にいかに接しているのか、自然とその単語を使うことができるのかというような事が重要になってくるのが「会話」というものです。

例えば同じ語彙力の人と話しをすると通じるというのは、お互いがそれぞれの単語の意味を理解しているからなのです。

なのでお互いがコミュニケーション能力が低い状態の人達と会話をする、逆に高い人達と会話をする、というような時はお互いが会話を弾ませることがあると思います。

しかしながら語彙力が低いのはどちらなのかというような事になればコミュニケーション能力が低い人というような事になってしまうのです。

いわゆる誰とでも話せるというような人がコミュニケーション能力が高い人なので、語彙力もその人にあった言葉を選び適切に使うことができるという事になります。

5.話しが長い

話が長いというような事もあるでしょう。

例えば話が長いとどの様なことになるのかというと、本筋が見えない状態になってしまうという事になるのです。

例えば学校の授業で説明を聞く際に「話が長い」といような事を感じたりしたことはありませんでしたか?それと少し感覚が似ているかもしれません。

ようはその話の本筋は結局どのようなものなのか、というような事が解らないというのがボキャ貧の人達の特徴になります。

特に言葉を選ぶことができても話が脱線をしてしまって話が長くなるというような事は、いわゆる本筋がまとまりきっていないというような事になるのではないかと思うのです。

要点をまとめられない

要点をまとめられないというのが、何故ボキャ貧に繋がるのかというと、例えば短く解りやすく説明をしたりする人というのは話しを簡潔にしてくれて、かつ要点を押さえて会話をするような人が多いです。

しかしながら要点をまとめられないというような人は、基本的に単語の意味や言葉が出てくれば短く簡潔に言うことができるものの、言葉が出てこないからこそ話が長くなってしまうという事になってしまうのです。

これはようは要点をまとめようとしてもまとめることができていないという事になります。

どんな事でもそうですが、要点をまとめられないというような人は基本的に会話などが長くなってしまい、本筋が見えない人達ばかりです。

なので要点をまとめるというのはボキャ貧を改善する際にはとても大事な要素となるという事です。

結論がない

また会話が長くなるという事は、簡単に言えば結論が無いという事になります。

結論というのは物語のまとめであったり、先ほどから言っている本筋という事になりますが、どんな作文であったり本であったり、論文などもそうですが、必ず起承転結で成り立っていますよね。

文章の構成というのは先ず最初は始まりというものがありますよね。

どんな文章でも出だしというものが大事になります。

そしてそこから何がおこったのか、といういうような展開があり、そこからどうしたのか、そしてどうなったのか、というような4つの構成で分けられていると思います。

結論が無いという事はこの最後の「どうなったのか」というまとめが無いという事になるのではないかと思います。

よく文章になっていないと学校で注意をされたことがあるというような人はいませんか?そのような人はもしかするとボキャ貧の可能性も高いのではないかと思います。

6.身振り手振りが多い

身振り手振りが多いのもボキャ貧の人である特徴の1つです。

身振り手振りというのは基本的に言葉が出てこないので体で表現をするというような事で使用することが多いです。

よくある例が外国人の人に対して英文が解らないので簡易的な英語を使いジェスチャーで教えるというような事がありますよね?

それと同じく、身振り手振りをするような事が多いという人は、単語が出てこないので体で表現をして補うというような事が多いのではないかと思います。

言葉がでてこない

何故身振り手振りをするのかというと、その原因の1つには単純に言葉が出ないからというものがあります。

よく解らないものに対しては手を×にするというような事がありますよね。

それと同じく、解らないことに関してはとりあえず手で表現をするというような事が多いのではないかと思います。

子供の頃というのはどうしても言葉足らずな状態になってしまい、身振り手振りで教えていたような人がほとんどですよね。

しかしながら大人になってある程度言葉の意味や様々な単語を理解しているので、ジェスチャーをせずとも言葉だけで伝えるというような事ができるようになっていると思います。

しかしながら未だにジェスチャーをしてしまうというような人は、言葉足らずな状態になってしまっている可能性が高いです。

これは「いかに解りやすく教えることができるのか」というものにも影響をしてくるものだと思います。

動作で補う

動作で補うというような事は実はとても良い方法ですが、単語の意味を理解していないというような事でも捉えられることが多いです。

例えば見知らぬ外人に道を聞かれた際に、英語をスムーズに言いつつジェスチャーを入れるのと、簡易的な英語でジェスチャーを交えて教えるのでは、圧倒的に前者の方が解りやすいですよね。

仮に言葉の意味を知っていて英語を話せるというような人であれば前者のような行動をすることが多いですが、後者の人の場合は英語が解らないからこそ体を使いジェスチャーをして補うというような事が多いのではないかと思います。

7.擬音が多い

実はボキャ貧の人達が会話をする際に、多い特徴、いわゆる癖というものがあります。

それはどういうものなのかと言うと、擬音が多いという事がまずあがるでしょう。

擬音というのは簡単に言えば効果音と考えてください。

例えば「ごろごろする」と聞くと寝転がっているのだと想像をすることができますよね。

この様に「ごろごろする」というような言葉や他の言葉など頻繁に擬音を使うような人が多い人はボキャ貧である可能性が高いという事になるのです。

簡単に言うと他の言い回しができなくなっているという事にも繋がります。

心当たりがあるというような人はよく考えてみてはいかがでしょうか?

8.漢字が苦手

漢字が苦手だというような人もいるでしょう。

基本的に漢字というのは高校生までのものであれば読めるようなものがほとんどだと思います。

今現に見ている記事でも難しい単語というようなものはありませんよね?仮に難しくて解らないというような人がいるのであれば、是非その漢字を調べてみてください。

そして苦手だからそのままにするというような人はボキャ貧である可能性が高いです。

大事なのはその単語の意味をいかに理解しているのか、という所にあるのではないかと思います。

漢字が苦手だからといってその意味を理解しなければ一向に単語を覚えるような事というのはできません。

なので漢字が苦手だという意識をいかにして抵抗を無くすのか、というのがボキャ貧から脱する鍵となるのではないかと思います。

ボキャ貧の人の改善策

ではそんなボキャ貧の人の改善策というものはあるのか?という疑問についてお話をしたいと思います。

実はボキャ貧の人というのは直ぐに改善をすることができるのです!少し意識をしただけで改善をすることができるでしょう。

先ずはいかに自分がどの様な言葉を選んでいるのかを知るような事が大事になります。

同じような単語を使っていないのか、癖というものがあるのかというのは知ることで改善をすることができます。

また読書をするというのが改善での近道だとも思います。

例えば本によっては難しい表現をしているようなものも多いです。

そこでその様な言葉にも慣れるという行為をすることが大事になるのではないかと思います。

そしてその言葉を調べるというような事もあるでしょう。

言葉には様々な意味があります。

なのでその単語を調べて言葉を理解するというのが一番です。

他にも改善策があるのですが、その代表的なものをいくつか見てみたいと思います。

1.自分の癖を知る

自分の癖を知るというのはとても大事なことです。

先ほども言ったようにボキャ貧の原因の1つというのはいかに自分がどの様な単語を知っているのか理解をしていないからというものがあるのです。

例えばですが英語も同じで、ボキャブラリー検定と呼ばれる、いかに単語の意味を理解しているのかという検定があります。

それはあくまでも目安の検定なのですが、それと同じように目安をつけることができます。

いわゆる自分の癖を知ることができるという事です。

頻繁に使っている言葉は何か

自分の癖を知るのにどの様な効果があるのかと言うと、頻繁に使っている言葉は何かというものがわかります。

例えば「ありがとう」という単語を頻繁に使っているのか「辛い」という単語を頻繁に使っているのか、人によって様々だと思います。

その頻繁に使っている言葉というものを理解して、言い方を改善するというような事であったり、他の言い換えを意識するというような事ができるようになるのです!

2.読書をする

読書をするというのはボキャ貧を改善する中でも一番の近道と言えるのではないかと思います。

例えば読書をすることで大事な事はいかにその物語の本筋を掴むことができるのか、そして言葉の意味を理解できるのか、という事です。

本によっては難しい表現をしているようなものも多く、中にはどの様な言葉の意味なのか解らない、というような事もあるのではないかと思います。

そんな時に大事なのは、その言葉などを調べ、そして慣れるというような事が必要になるのです。

言葉に慣れる

言葉に慣れるというのがどの様な事なのかというと、言葉に慣れるという事は、文字に対しての抵抗であったり、単語の意味などを理解することができるという事になります。

簡単に言えば本を読む際に理解をしなければ面白くない、と感じたりしますよね。

よく「私には難しい本だった」というような人と「とても面白かった」というような人がいますが、感性の違いというのもありますが、単語の意味や言葉に慣れていないというような人は基本的に「面白くない」と感じることが多いのではないかと思います。

なので言葉に慣れるというような事はとても重要なことになるのです。

3.言葉の言い換えを意識する

ここで大事なのは言葉の言い換えを意識することです。

先ほど擬音が多いという話をしましたが「ごろごろする」というような言葉を別の言葉にして言い換えるという事を意識してみてはいかがでしょうか?

例えば「寝転がる」というような事や「横になる」というような表現でも良いかもしれませんね。

言葉の言い換えをすることで様々な別の言い換えを会話の中でも使うことができるので、意識をして文章を読んだり会話をしてみてはいかがでしょうか?

単語を置き換える練習をする

単語を置き換える練習をするというのがとてもベストです。

言うのであれば先ほども言ったように別の表現をすることができるものはないかと調べることが重要になるでしょう。

例えば単語を置き換える練習をする際には、似たような類語を調べると良いかもしれません。

その単語の類語を調べてその類語で文章を作るというような事もすることで、楽しく学ぶこともできるのではないかと思います。

4.言葉を調べる

何よりボキャ貧から脱したいという思いがある人は言葉の意味を調べることが大事になります。

例えば本などもそうですが意味が解らないものを分からないままにしないというのがボキャ貧を脱する鍵になります。

言うのであれば言葉というのは分からないからこそ学ぶことができるので、どうしても勉強というような感覚を覚える人が多いかもしれません。

しかしながらそのような事ではなく、言葉の意味をよく調べることが大事になるのではないかと思います。

わからないことをそのままにしない

一番してはいけない事としてわからないことをそのままにしないというのが大事になってくるでしょう。

どんな事でも言葉というのには必ず意味があるので、それを「理解」するというような事が大事になります。

言葉の正式な意味を知る

言葉の正式な意味を知るきっかけにもなるでしょう。

例えば今まで間違って使っていた言葉というのは実はたくさんあるのではないでしょうか?

これは誰にでも言えることですが、知らずのうちに使っていた言葉が間違った使い方をしていたというような事はよくありますよね?

なのでふと疑問に思ったことであったり、分からないものに関しては言葉の正式な意味を知ることが大前提となります。

5.インプットとアウトプットをバランスよく行う

インプットとアウトプットをバランスよく行うことも大事です。

インプットというのはいわゆる学習をするという事、そしてアウトプットは学習した成果などを出すという事です。

学ぶだけでは終わらず、実際に会話でも使用をしていくという事をバランスよく行うことが単語を覚えるコツになるという事です。

人間関係をより円滑に構築できるように

いかがでしたか?

ボキャ貧の人というのは会話がスムーズにいかなかったりするような人達がほとんどです。

なので人間関係もあまりよくないというような人が多いようにも思えます。

しかしながら人間関係をより円滑に構成できるようになるにはボキャ貧を脱してみてはいかがでしょうか?

様々な対策がありましたが、誰にでも簡単にできるものばかりです!特に学んだことはしっかりと使っていくという事が大事になります。

そうする事で印象であったり、会話などもスムーズに事を運ぶことができるのではないかと思います。