CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

ボキャ貧の人の8個の特徴と改善策!ボキャブラリーを増やすにはどうすればいい?


普段皆さんが日常の中で欠かせないものというのは、会話であったり「喋る」という行為ですよね。

普段からそうですが、人というのはこの「会話」というものをしていかないと誰ともコミュニケーションをすることができなくなってしまいます。

ここで皆さんに質問があります。

会話をするために必要なものは何か、という点です。

簡単に言えば会話をする際に必要なものというのは何ですか?という事です。

人というのは会話をする時に大事なものは、その言葉の意味を理解している事が前提となりますよね。

例えば最近若者の流行りの言葉で「バズる」というような意味があります。

これはSNSのTwitterから流行り始めたものであり、バズるというのは噂になっているという意味があるそうです。

なので「この前のニュースがバズっている」というような会話であれば「この前のニュースが凄い取り上げられている、噂になっている」というような意味になるという事です。

この様に言葉の意味を理解しないと相手が何を言っているのか分からないというのが普通ですよね。

皆さんもこの様な経験というのはたくさんあるのではないかと思います。

なのでよく相手に物を聞いたりするというような事もあるのではないでしょうか?

相手が言っている意味が分からないとどういう意味なのか分かりやすく教えて欲しいというような事もあるのではないかと思います。

しかしながらこれは特殊な事例であり、普段の普通の言葉では理解しているけど、特定の場所で言われているようなものには分からないという人が多いとも思います。

しかしながら中には喋る際に言葉がつまり気味になってしまったり、話しが途切れてしまったりと、コミュニケーション能力が低い人も多く見られると思います。

この様な人達は基本的にボキャブラリー、いわゆる多くの言葉を知らないような人達が多いですよね。

今回はそんなボキャブラリーが貧弱な人たち、すなわち「ボキャ貧」についてお話をしたいと思います。

しかしながらこのボキャ貧を欠点に捉える人も多いですが、語彙力というのは学ぶことでどんどんついてくるものです。

知らなければ知ることができるので、そこでまた1つ学ぶことができますよね。

なので落ち込むというような事がないように、どんどんボキャブラリーを増やしていくことが大切になるのではないかと思います。

ではそんなボキャ貧の人たちの8個の特徴と改善策についてお話をしたいと思います。

皆さんはボキャ貧と聞くとどの様な特徴の人を思い浮かべるでしょうか?

ボキャ貧とは?

ボキャ貧というのはどの様な意味があると思いますか?

あまり聞かないような言葉でもありますよね。

ボキャ貧というのは、多くの言葉を知らないというような意味や、語威力が無いという事で使われることが多く、ボキャブラリーが貧弱という略語として使われることが多いです。

ボキャブラリーが貧弱の略

ボキャブラリーが貧弱という事は、更に詳しく言うのであれば多くの言葉を知らないという事になりますよね。

語彙力のない様子ということもあるでしょう。

基本的に言葉の意味というのは必ず学校で習うような事が多いと思います。

また、単語の意味を多く知っている人というのはよく本を読んでいたり、読み物を手にしていることが多いですよね。

その一方で、本などに興味もなく学校で習うようなことを忘れていたりすると、単語の意味を理解していないことが多く、自分達で言葉を作るような事も多いのではないかと思います。

特に会話をする際にはいつも同じような言葉を使っていたり、読解力が無いというような特徴もあるのではないでしょうか?

ボキャブラリーが貧弱という事は、通常の会話ができなくなってしまうというような事にも繋がってしまいます。

例えば会話をする際にも難しい単語があると話が途切れてしまったりするというのも代表的な例なのではないかと思います。

あまり多くの言葉を知らない様子

言葉というのはたくさんありますが、それでもその単語の意味をしっかりと理解できている人というのは少ないようにも思えます。

例えば知らずのうちに使っていた言葉が、実は別の意味だったというような事もありますよね。

周りの人達が同じような言葉を使っていたのでこの様なことになったのだとも思いますが、その言葉の意味というのが必ずあるという事です。

勘違いで使っていた言葉の意味とはちがい、本当の意味を知った時には間違った使い方をしていたという事になりますよね。

あまり多くの言葉を知らないと、間違って使うような言葉が多くなってしまうというのも事実なのではないかと思います。

語彙力のない様子

語彙力がない様子という意味でもあります。

ボキャブラリーが貧弱という事は、語彙力のないような言葉選びをしてしまうという事にも繋がるのではないでしょうか?

普段の会話というのはその人がいかにどの様な人と付き合いをしているのかという所にも関わってくるでしょう。

例えば仕事でもそうですが、語彙力などがある人というのは言葉を選んだ使い方というのが上手い人達ばかりです。

なので営業などをしていても上手くいくというような事が多いようにも思えます。

しかしながら語彙力が少ない状態という事は、相手に対して辛いような事を言ってしまったり、せっかく良い方向にいっていたのに台無しになってしまうというような可能性もあるという事です。

語彙力がない様子のことをボキャ貧とも言いますが、基本的にこの言葉というのは会社でも使うような人が多いようにも思えます。

ページトップ