CoCoSiA(ココシア)

がめつい人の13個の特徴や心理と上...(続き4)

ずるい人というのは多くいるかもしれませんが、お金の事に関するずるさというのはがめつい人に一番多い傾向があるのではないかと思います。

がめつい人への上手な対処法

ではそんながめつい人への対処法というのはどの様なことをすれば良いと思いますか?

例えば要望には応えないというような事もあるでしょうし、リア充アピールをして、相手から近寄らせないというような事もあるでしょう。

基本的にがめつい人は人の幸せを嫉むので、相手が楽しそうにやったりする事に対して反論をしたり、適当なことを言って批判をしたりすることも多いです。

なのでこちらからアピールをしてわざと遠ざけるというような方法も1つなのではないかと思います。

また物をあげないというような事もあるでしょう。

相手に対して物をあげてしまうと、利用されたりすることが多いので、その様なことは絶対にしないようにしましょう。

他にも様々な対処法があるのですが、いざ皆さんの近くにこの様な人がいる場合は、どの様にして対処をするのかを考えると良いでしょう!

ではどの様なものが他にもあるのか詳しく診て見たいと思います。

要望に応えない

要望に応えないことが大事になるでしょう。

言うのであれば相手は利益のある人としか接することがありません。

お金のことになれば、特に熱心に聞いてきたり、どうだ?というような事を要望として接してくるので、十分に注意をするようにしましょう。

また、要望に応えてしまうと、どうしても相手が良い人だと思い込み、相手がこちらを利用するような事も多くなるのではないかと思います。

なのでここで大事なことは要望に応えずに、そのまま放置をするというのが良い対処法の1つになるのではないかと思います。

メリットが無い人と思わせる

特にこの様なことがある場合は、応えないことでメリットが無い人だと思わせることが一番大事になります。

よくお金がある人につるんでいる人というのは、基本的にその人から何か奢ってもらおうという事や、この人は何か物をくれるから一緒にいるというような事が多いのではないかと思います。

がめつい人というのはどうしてもお金の事に関することに敏感であり、物を無料でもらうというような事にも敏感です。

なので友達と一緒に行動をしている時にこの様なことがあると、どうしてもその人についていって、また貰えないかと伺ったり、お金設けできないのかと考えたりするのです。

なのでその様なことをさせないためには、先ずこちらから相手を遠ざけるというような事も必要になるのではないかと思います。

相手から諦めてくれるのが一番良いので、メリットが無い人だと思わせることで、自然と離れていくのではないかと思います。

リア充をアピールする

リア充アピールをするというような事も大事なことです。

先ほど言ったように人の幸せを嫉む傾向がとても強いです。

自分はこうなのに、あの人はこうだというような事を思わせることができれば、相手の嫌いなタイプとして相手から遠ざかる可能性が非常に高いです。

しかしながらこれは少しデメリットになることもあります。

言うのであれば嫉んでしまい、自分と相手の知っている関係者の人に対して悪い噂などを流したりするというような事にもなるからです。

リア充アピールをすることで、その人を遠ざけることはできますが、その相手から何かしてくるというような事は直接的にはなく、間接的にしてくることが多いです。

しかしながらそれにのってしまうと、返ってまた相手が寄ってくることになるので、近寄らせない距離をずっと保つという事が大事になるのではないかと思います。

嫌いなタイプを演じて近寄らせない

嫌いなタイプを演じて近寄らせないというような事も必須なことです。

言うのであれば相手の嫌う人間になり、相手から近寄らせないというような事はとても効果的な方法の1つなのではないかと思います。

特に嫌いなタイプを演じるというような事は、どうしても相手が近寄ろうとしないような人になるという事です。

なのでその効果的なのがいわゆるリア充アピールになるのではないかと思います。

嫌いなタイプというのは人それぞれですが、がめつい人ほど他の人の幸せを素直に祝えることができず、嫉んだりするような人なので、嫌いなタイプを演じて近寄らせないようにすることが大事になるでしょう。

物をあげない

物をあげないという事も大事なことになります。

特に物をあげてしまうと相手が寄って来たりすることが多いので、相手が調子にのるというような事になってしまう可能性があるのです。

言うのであれば、相手というのは利益のある人としか基本的につるまないように行動をすることが多いです。

なので物をあげないようにして、利益のない人だと思わせることも重要なことになるのではないかと思います。

特に物をあげてしまうとどうしても相手から近寄ってきて相手は「この人は物をくれるので利用しよう」というような考えになってしまうのではないかと思います。

調子にのって利用しようとしてくる

それを防ぐためには先ずは物をあげないという事から始まります。

言うのであれば、初対面の人に対して何か渡すというような事はないですよね。

ある程度仲良くなってからお土産を渡すというような事が多いのではないかと思います。

そんな時に調子にのって利用をしてくるような人に対しては何もあげないというような事が大前提となります。

最初は分からなかったけれど物をあげると途端に近寄ってきたというような人がいるのであれば要注意です。

そして相手から気笑われるような存在になることで、相手から離れていくので、関わりを持つ際には十分に注意をするようにすることが大切になるのではないかと思います。