皆さんは普段友達と話をしたり、遊んだりしますか?

また同僚と旅行に行ったり、休日を満喫をするというような人もいるでしょう。

基本的に「友達」というのは自分自身が選ぶことができますよね。

あの人と友達になりたい、と思って接して、とても仲良くなったというような事や、その逆で悪くなってしまった、友達にならなければよかったと後悔をする人も多いはずです。

友達になれる人の場合は、自分と気が合うような人が多いように思えます。

例えば意見が一緒だったり、考え方が同じような人というのは「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、自分と似た人達が集まります。

一方、友達になれなかった原因というのは相手の性格に難があるというような事や、嫌な人だったというような事が分かったからなのではないでしょうか?

例えば、普通に接していると何でもないのに、裏では悪口ばかり言っていた…というような人とは友達になれないですよね。

どんな人であれ、好きな人、嫌いな人がハッキリしているのではないかと思います。

そんな中、相手の性格を見る際に「がめつい人」はいませんか?

実際にがめつい人というのはあまり良い印象には聞こえないですよね。

いわゆる欲望に忠実な人であったり図々しい人、遠慮がない人というような意味合いで使われることが多いです。

そんな人が会社の同僚にいたり、上司にいたりするととても嫌な気分になりますよね。

今回はそんな、がめつい人の13個の特徴や心理についてお話をしたいと思います。

がめつい人というのは基本的に自己中心的な考えをするような人が多いので、自分にさえ利益があればあとはどうでも良いというような考え方もします。

また、この様な人というのは基本的に見分けや特徴などもハッキリとしているので、直ぐに分かるのではないかと思うのです。

ではどの様な人なのか、そして仮にこの様な人と接する際には、その対処法もいくつかあるので詳しく見てみたいと思います。

実際にがめつい人と接しているという人は、あるあると共感することもあるのではないでしょうか?そんな人にうんざりしているという人もいますよね。

ではどの様な対処法があるのか詳しく見てみたいと思います。

がめつい人と上手に付き合う方法を考えよう

先ずはがめつい人と上手に付き合う方法を考えてみようと思います。

がめつい人というのは友達にいたり会社の同僚や上司にいるというような人がほとんどなのではないかと思います。

その様な人がいない、という事であれば良いですが、時々その様な人と接するというような人もいますよね。

特に仕事上では接客などをしたり、話をするというような職業を持っている人は、このがめつい人と付き合うハメになるのではないでしょうか?

そんな人と上手に付き合い、話を上手くするにはどの様な方法を取っていますか?

がめついとは?

そもそもがめついとはどの様な意味があると思いますか?

また同義語などはどの様なものがあると思いますか?

実はがめついというのは関東ではあまり聞かれない言葉です。

なのでどの様な「意味?」と聞かれたりすることが多いでしょう。

関西では主に使われたりする言葉でもあるという事を覚えておくと良いかもしれません。

先ほどから言うようにがめつい、というのはあまり良いイメージではありません。

どういう意味なのかしっかりと理解をしてみましょう。

意味

ではそんながめついですが、ケチでがっちりとしていたり、利益を得るために行動をする際には積極的で、抜け目がないことを言います。

簡単に言えば「欲張り」というような事であったり、ケチな人であったり、強欲なというような意味が込められているのがこのがめついという意味になります。

がめつい人というのは実は多くいたりもしますが、皆さんはがめつい人になっていませんか?

押しが強いというような意味も実はあるので覚えておくと良いかもしれません。

漢字で書くと?

実は漢字で表すことができます。

がめついという言葉は「我滅い」という風に書くのです。

漢字で書くと分からないというような人もいるかもしれませんが、我という字に滅ぼすというような漢字で「がめつい」という風に言います。

漢字からすると、自分自身を滅ぼしているというようなことになりますが、まさに欲張りであったり強欲なというような意味合いにあっている漢字なのではないかと思います。

がめつい人というのを「我滅い人」という風に表すようなこともあるかもしれませんが、基本的に小説であったり、普段使う際には普通にひらがなの「がめつい人」という風に表現をすることが多いかもしれませんね。

同義語

ではその「がめつい」の同義語というのはどの様なものがあると思いますか?これには様々な同義語があります。

例えば「欲深い」というような言葉や「ケチ」「強欲」といった様々な同義語があるのも特徴的です。

簡単に言うと、「自分の欲」というような事も強い意味ではあるので、がめつい人というのは欲のために行動をするというようなイメージが強いのではないかと思います。

元々は大阪弁?

実はというと元々は大阪弁なのです。

流行語として広まった言葉でもあるのですが、基本的に「がめつい」と聞くのは大阪などの関西圏なのではないでしょうか?

皆さんは関東などでその様な言葉を聞いたことがありますか?

もしかすると「がめつい」と聞いたのはここが初めてというような人もいるかもしれませんね。

関西ではよくこの様な言葉を使うことも多いので今覚えておくと良いかもしれません。

県民性にも関係する

県民性にも関係してくることが多いです。

県民性というのは、簡単に言うとその県での性質や行動をすることが多いというような事ですが、関西などではこのがめつい人というようなイメージを持っている人も多いかもしれませんね。

県民性というのは、皆がその様な人ではないという事をまずは覚えておくようにしましょう。

がめつい人の13個の特徴や心理

ではそんながめつい人の特徴というのはどの様なものがあると思いますか?先ほど意味で言ったとおり、ケチだというのも特徴でしょう。

また面倒な事が嫌いであったり、物欲がとても強いというような特徴もあります。

がめつい人というのは自分の思うがままにしたいという欲も強いので、人の幸せなどを見たりすると少し嫉んでしまうというような傾向にもあります。

簡単に言えば自分の利益となる事以外の事に関しては、どうしても嫉妬をしたりしてしまうという特徴があるのです。

また、この様な性格から友達が少ない人も多いでしょう。

よほどの事がない限り相手からよってくるというような事も少ないのではないかと思います。

また、言葉遣いが汚いのも原因があるでしょう。

基本的に相手を罵るような言い方をしたりすることも多いので、がめつい人だと思われたりするのではないかと思います。

では他にもどの様な特徴があるのでしょうか?

またそのがめつい人というのはどの様なことを考えていたりするのでしょうか?

13個の特徴や心理について詳しく見てみたいと思います。

羞恥心がない


羞恥心がないというような事があるでしょう。

例えば誰しも恥ずかしいことというのはありますよね。

失敗をして恥ずかしい、好きな人と一緒にいて恥ずかしい、というような事はあるかもしれません。

しかしながらがめつい人というのはその欲望のためであれば羞恥心ですら無くすというような事が多いです。

例えば何か失敗をしても堂々としていたり、一見それは良いことかもしれませんが、その事に関して罪悪感が無いというような事でもあるということです。

簡単に言うと失敗をしたけれど、自分は悪くないというような考えをしてしまうのも特徴的なのではないかと思います。

ケチ

ケチであるという特徴もあるでしょう。

ケチな人というのは簡単に言えばお金を使うことを嫌い、溜め込んでしまうという性格のある人のことを言います。

皆さんも貯金などはするので、どうしてもケチになるというような事がありますよね。

しかしながらがめつい人というのは、いわゆる自分の利益になるようなものに関しては使い、それ以外は絶対に使わないというような意思を持っているのです。

簡単に言うと、ケチだけれど、それ以上に強い考えがあるというような人が多いということです。

その考えというのはいわゆるお金設けという事になるので、ケチであるという特徴もあるのではないかと思います。

自分さえ良ければいい

自分さえ良ければいいというような考え方をする人も多いでしょう。

例えば自分さえ良ければいいという事は、他のことはどうでもいいと考えるような人のことを言います。

極端な例を言うと自分の仕事さえ終われば、他の事はどうでもいいというような考えの人が多いという事です。

手伝うという事やそれ以上の仕事をするのではなく、与えられたことをのみをするというような考えをしているので、その様なことからがめつい人だとも思われたりする人もいるのではないでしょうか?

面倒なことが嫌い

面倒なことが嫌いというような事もあるでしょう。

皆さんも同じかもしれませんが、自分が面倒だと思うような事はやりたくないと思うのが普通ですよね。

仕方なくやるというような事も多いのではないかと思います。

ですががめつい人というのは、面倒なことが嫌いなので、その様なことがある場合は、断じて断るというような考えをします。

一番に行動として考えることが、自分に利益があるのかないのか、というような事になるので、その利益になることであれば行動はするものの、利益にならないと分かったものに関してはずっと面倒だと思い、何もしないような人が多いのではないかと思います。

物欲が強い

物欲が強い人も多いでしょう。

がめついという意味の中には欲が強いというような意味も含まれていますが、欲しい物であれば何としてでも手に入れるというような欲深い人も多いのががめつい人の特徴です。

物欲というような欲求というのは誰でもあるものですが、諦めたり、とりあえず考えようというような人が多いですよね。

今の自分にその物が買えるのかどうかというような事も考えたりする人が多いと思います。

しかしながら物欲が強いとどんな事をしても欲しがるので、誰かにお金を借りたりしてそのまま買い、お金を返さないというような事がおこったりするのではないかと思います。

物欲というのは強ければ強いほど、何としてでも欲しいというような人が多いので、後先考えずに大金を使うというような事もあるのではないかと思います。

物欲が物凄い強いという人が、身近にいるのであれば、その人はがめつい人である可能性が高いです。

人の幸せを妬みやすい


人の幸せを嫉みやすいのも特徴的でしょう。

言うのであれば、自分だけが得をするようなことを考えたりするので、他人の幸せなどを見るとどうしても嫉んでしまったり、不幸になれ!というような相手を批判したりするような意見が多くなってしまうのも特徴の1つなのではないかと思います。

人の幸せを素直に祝えない人も多いと思いますが、それは嫉んでいると同時に自分もそうなりたいというような願望があるからですよね。

がめつい人というのは実は自分もそうなりたいというような気持ちも強いので、どうしても人の幸せを嫉んだりすることが多いのです。

友達が少ない

友達が少ないというような事もあるでしょう。

自分だけ良ければいいというような考えをしてしまうと、どうしても他人のことはどうでも良いと考えてしまいます。

なので友達が次第に減っていくというような事もあるのではないかと思います。

特に自分に寄ってくる人達も、自分にとって価値がないと思うような人は自分から切り離すというような事が多いです。

なので友達としている理由も、自分に利益のあることがあるからというような人が多いのではないかと思います。

一緒にいて楽しいというような事ではなく、別の意味があるという事を覚えておくと良いかもしれません。

言葉遣いが汚い

がめつい人の多くは言葉遣いがとても汚いです。

言うのであれば他人のことをどうでもいいと考えているので、基本的に罵るような言い方をしたり、敬語を使わないというような事も多いのではないかと思います。

特に言葉遣いが汚いというのは、簡単に言えば相手のことを自分よりも下の人だと捉えていることが多いということです。

言葉遣いが汚いというような人は、基本的に社会などに出ても使い分けというようなものができず、言い方がどんどん酷くなっていく一方になってしまうのではないかと思います。

冷徹

マイナスなイメージが多いのががめつい人ですが、冷徹でもあるという特徴があります。

いわゆる自分の興味を持つようなことに対してはとても熱心に接してくれたりもしますが、興味がないものに関してはとことん冷たい性格をしているのです。

特にがめつい人というのは、お金の事に関するものであれば努力をするものの、それ以外の事に関しては何もしないというような事も多いので、冷徹な人も多いという事になるのです。

自尊心が強い

自尊心が強いというような事もあるでしょう。

自尊心というのは自分のことをどれだけ好きでいれるのかというような事があるのではないかと思います。

特にがめつい人というのは貪欲な自分などを好む傾向もあるので、自尊心がとても強く、またプライドも高いです。

相手が仮に何もできなかった場合などはとことん落ち込んだりすることも多いのではないかと思います。

しかしながら自分が一番と考えてしまうので、どうしても相手のことを利用して、自分だけを得をするというような考えをしてしまうのも特徴的なのではないかと思います。

自尊心が強いというのは時には良いことになりますが、今回のような場合はマイナスなイメージになってしまうのではないかと思います。

釣った恋人にエサをやらない

釣った恋人にエサをやらないというような事もあるでしょう。

これはどういう事かと言うと、釣った恋人というのは簡単に言えば、好きだと相手に言って相手と付き合う際に、相手には何もしないというような事が多いのががめつい人です。

例えば相手は構って欲しいというような事や、買って欲しいというようなものがあると思いますが、それを一切せずにそのまま放置をしたり、自分の好き放題にするというような事が多いのも特徴的なのではないかと思います。

この様な人というのは、恋人にさえお金を使うのが勿体無いと感じる人なので、この様なことになるのではないかと思います。

罪悪感がない

罪悪感がないというような事もあるでしょう。

罪悪感がなく好き勝手に行動をすることで自分に対して満足感を得るような人がほとんどです。

なので悪気があってしたことに対しても何も罪悪感を感じることがないので、自分は正しいと思うような人も多いのが特徴的なのではないかと思います。

特にこの様なことを考えてしまう人というのは、どんな人でも利用をして自分だけを得しようと考えてしまいがちです。

なので罪悪感がないというような事は、危険なことなので、この様な人と接する際には十分に注意をするようにしましょう。

ずるい

何よりもがめつい人で多い特徴の中にはずるい人が多いです。

ずるいというのはどういう事かと言うと、簡単に言えば、せこいやり方をしているという事です。

例えば極端な例を言うと、友達にお金を借りてそのまま返さずにするというようなことや、お金持ちの人に何かを買ってもらうというような事をして生きている人達のことを言います。

特にこの様な人というのはどうしても悪知恵が働いてしまうので、仮にバレたとしても逃げ道を作っておくというような事も多いのではないかと思います。

ずるい人というのは多くいるかもしれませんが、お金の事に関するずるさというのはがめつい人に一番多い傾向があるのではないかと思います。

がめつい人への上手な対処法

ではそんながめつい人への対処法というのはどの様なことをすれば良いと思いますか?

例えば要望には応えないというような事もあるでしょうし、リア充アピールをして、相手から近寄らせないというような事もあるでしょう。

基本的にがめつい人は人の幸せを嫉むので、相手が楽しそうにやったりする事に対して反論をしたり、適当なことを言って批判をしたりすることも多いです。

なのでこちらからアピールをしてわざと遠ざけるというような方法も1つなのではないかと思います。

また物をあげないというような事もあるでしょう。

相手に対して物をあげてしまうと、利用されたりすることが多いので、その様なことは絶対にしないようにしましょう。

他にも様々な対処法があるのですが、いざ皆さんの近くにこの様な人がいる場合は、どの様にして対処をするのかを考えると良いでしょう!

ではどの様なものが他にもあるのか詳しく診て見たいと思います。

要望に応えない

要望に応えないことが大事になるでしょう。

言うのであれば相手は利益のある人としか接することがありません。

お金のことになれば、特に熱心に聞いてきたり、どうだ?というような事を要望として接してくるので、十分に注意をするようにしましょう。

また、要望に応えてしまうと、どうしても相手が良い人だと思い込み、相手がこちらを利用するような事も多くなるのではないかと思います。

なのでここで大事なことは要望に応えずに、そのまま放置をするというのが良い対処法の1つになるのではないかと思います。

メリットが無い人と思わせる

特にこの様なことがある場合は、応えないことでメリットが無い人だと思わせることが一番大事になります。

よくお金がある人につるんでいる人というのは、基本的にその人から何か奢ってもらおうという事や、この人は何か物をくれるから一緒にいるというような事が多いのではないかと思います。

がめつい人というのはどうしてもお金の事に関することに敏感であり、物を無料でもらうというような事にも敏感です。

なので友達と一緒に行動をしている時にこの様なことがあると、どうしてもその人についていって、また貰えないかと伺ったり、お金設けできないのかと考えたりするのです。

なのでその様なことをさせないためには、先ずこちらから相手を遠ざけるというような事も必要になるのではないかと思います。

相手から諦めてくれるのが一番良いので、メリットが無い人だと思わせることで、自然と離れていくのではないかと思います。

リア充をアピールする

リア充アピールをするというような事も大事なことです。

先ほど言ったように人の幸せを嫉む傾向がとても強いです。

自分はこうなのに、あの人はこうだというような事を思わせることができれば、相手の嫌いなタイプとして相手から遠ざかる可能性が非常に高いです。

しかしながらこれは少しデメリットになることもあります。

言うのであれば嫉んでしまい、自分と相手の知っている関係者の人に対して悪い噂などを流したりするというような事にもなるからです。

リア充アピールをすることで、その人を遠ざけることはできますが、その相手から何かしてくるというような事は直接的にはなく、間接的にしてくることが多いです。

しかしながらそれにのってしまうと、返ってまた相手が寄ってくることになるので、近寄らせない距離をずっと保つという事が大事になるのではないかと思います。

嫌いなタイプを演じて近寄らせない

嫌いなタイプを演じて近寄らせないというような事も必須なことです。

言うのであれば相手の嫌う人間になり、相手から近寄らせないというような事はとても効果的な方法の1つなのではないかと思います。

特に嫌いなタイプを演じるというような事は、どうしても相手が近寄ろうとしないような人になるという事です。

なのでその効果的なのがいわゆるリア充アピールになるのではないかと思います。

嫌いなタイプというのは人それぞれですが、がめつい人ほど他の人の幸せを素直に祝えることができず、嫉んだりするような人なので、嫌いなタイプを演じて近寄らせないようにすることが大事になるでしょう。

物をあげない

物をあげないという事も大事なことになります。

特に物をあげてしまうと相手が寄って来たりすることが多いので、相手が調子にのるというような事になってしまう可能性があるのです。

言うのであれば、相手というのは利益のある人としか基本的につるまないように行動をすることが多いです。

なので物をあげないようにして、利益のない人だと思わせることも重要なことになるのではないかと思います。

特に物をあげてしまうとどうしても相手から近寄ってきて相手は「この人は物をくれるので利用しよう」というような考えになってしまうのではないかと思います。

調子にのって利用しようとしてくる

それを防ぐためには先ずは物をあげないという事から始まります。

言うのであれば、初対面の人に対して何か渡すというような事はないですよね。

ある程度仲良くなってからお土産を渡すというような事が多いのではないかと思います。

そんな時に調子にのって利用をしてくるような人に対しては何もあげないというような事が大前提となります。

最初は分からなかったけれど物をあげると途端に近寄ってきたというような人がいるのであれば要注意です。

そして相手から気笑われるような存在になることで、相手から離れていくので、関わりを持つ際には十分に注意をするようにすることが大切になるのではないかと思います。

同じことを言い返す

同じことを言い返すというような事も大事になるでしょう。

例えば相手が「これを買って欲しい」というような事を言ってきたとします。

それを断り、次に自分から「これを買って欲しい」という風に言うことで、相手にどの様な気持ちになるのかを分からせることが大事になります。

お金に貪欲な人が多いので、お金の事に関することになれば、どうしても食いつきが凄い良い人が多く、また利用をしようとするような人も多いです。

ここで大事なことはその事と同じような事を相手にすることで、相手がどの様に思うのかという事が分かるのではないかと思います。

特にこの様な事は、基本的に相手にどの様な気持ちかを分からせたりすることができるので、とても効果的な方法の1つになるのではないかと思います。

客観性を持たせるため

客観性を持たせるためにするという事になるでしょう。

言うのであれば、相手は自分のことしか考えていないので、どうしても同じことを言われると断るような人が多いです。

しかしながらこれを繰り返し言うことで、相手は自分と同じことを言っているという事に気付かせることができ、客観性を持たせることでがめつい人から離れさせることもできるのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

がめついという言葉の意味や同義語などを知り、どの様な人が多いのか、そしてどの様なことを考えているのかという事について理解をしたのではないかと思います。

ここで大事な事というのは、その人と付き合う場面があった際に、いかに相手に分からせることができるのか、そして相手から離れることができるのかという事が一番重要になるのではないかと思います。

対処法もいくつかお話ししたいと思いますが、それ以外の方法もたくさんあります。

がめつい人と一緒にいるとどうしてもお金のことに関して言って来たり、自分だけを得しようと考えているので、相手からこちらに近寄ってきたりと、基本的に人のことを考えずに行動をしてしまうような人が多いです。

この様な人というのは、嫌な経験をしなければ分からないので、何度も同じようなことを繰り返して大人になっていくのではないかと思います。

なので先ほどあった対処法の1つには客観性を相手に持たせるというような事もありましたが、どんな事でも客観的に見るというような事は大事になります。

特にお金の事というのはトラブルの元にもなってしまうので、十分に注意をするようにして相手と接するようにしましょう。

そしていかにがめつい人に、どういう事なのか、という事を知らせることができれば、相手も考え方などが変わったりするかもしれませんね。

がめつい人はケチな性格などでもありますが、自分自身のことしか考えずに行動をするような人が多いので、その事についても、変える必要があるのではないかと思います。