CoCoSiA(ココシア)

キュンキュンしたい時に試したい9個...(続き2)

ストレスが溜まっている時

特に、何かにイライラしていたり、ストレスが溜まっている時など、 胸をキュンキュンさせてストレス発散したい と思うかもしれません。

何か嫌なことがあったり、悲しいことがあったり、イライラすることがあったり…。

そんな時に好きな人でもいれば、その人のことを思うだけで胸がときめく感覚になります。

しかし、好きな人もいないような状況では、胸をときめかせることもできません。

そんな時、胸をキュンキュンさせるような出来事があるなら、チャレンジしたいと思いますよね。

キュンキュンしたい時はこれ!おすすめ9選

それではここからは、胸をキュンキュンさせたいときにオススメの方法をいくつかご紹介していきます。

ぜひ、あなたが胸をキュンキュンさせる内容だと感じたら、すぐに行動してみてください。

頭の中で妄想していたり想像している時間はもったいないです。

実際に動いてみることで、胸をときめかせたりキュンキュンさせることができるだけでなく、実際に恋人ができてしまうなんてこともありそうです。

あなた自身の幸せのためにぜひ積極的に行動していくようにしてください。

1.イケメンを見る

イケメンを見ることで癒されたり幸せな気持ちになることで、実際に恋をしていなくても、胸をキュンキュンさせたりドキドキさせる事は十分にできます。

イケメンとお付き合いしなくても、 見ているだけで幸せな気持ちになれる という女性も多いはず。

芸能人はもちろん、美容師さんや近所のコンビニで働いているイケメン店員など、イケメンを探してみましょう。

実際に好きになったり付き合うことはないとしても、イケメンの笑顔や真剣な眼差しにキュンとしてしまうはずです。

2.大好きな人を見つける

これまで恋愛をしてこなかった人や、これから恋愛をしたい人は、ぜひ大好きな人を見つけて胸をときめかせてください。

好きな人がいるのといないのとでは大きな違いがあります。

好きな人思うだけで胸がドキドキしたり、胸が締め付けられるような切ない気持ちになることがあります。

大好きな人を見つけることで、 あなたの生活は何倍にも素敵なもの になります。

もしあなたが胸をキュンキュンさせたい気持ちがあるのなら、ぜひ大好きな人を見つけてくださいね。

3.恋愛ゲームでイケメンと恋する

恋愛している感覚を味わってキュンキュンしたいという場合、恋愛ゲームでイケメンと恋をしてみてはいかがでしょうか?

これまで、恋愛ゲームをやったことがない人も、これを機に恋愛ゲームを始めてみてもいいかもしれませんよ。

スマホやパソコンなどで「恋愛 ゲーム」と検索するとすぐにいくつかの恋愛ゲームがヒットします。

その中から、あなたが好きそうな内容で恋愛ゲームを始めてみましょう。

例えば、イケメンアイドルを育てながら秘密の恋愛をしたり、先生と禁断の恋をしたり、戦国時代の武将と恋をしたり。

実際にはあり得ないシチュエーションばかりなので、飽きずに楽しめるはずです。

無料でできるゲームも多いので、気軽にイケメンとの恋でキュンキュンしてみましょう。

4.ひたすら妄想する

想像することや、イメージすること、さらに妄想することが好きな人は、ひたすら頭の中でイケメンと恋愛したり、デートしている様子を妄想してみてはいかがでしょうか。

妄想なら自分の思い通りにストーリーを進めることができますし、誰と恋愛しても自由です。

実際には起こりえないことを妄想して、自分を主人公にして楽しみましょう。

もし好きな人がいる場合、「その人と付き合ったらどうなるかな?」と妄想してみると、きっとキュンキュンが止まらないはずです。

妄想するときは集中できる環境作り、ひたすら妄想できる場所を確保しましょう。

静かにゆっくり1人で妄想できる場所確保できれば、あなたの思う存分、キュンキュンする妄想ができますね。

5.恋愛ドラマを観る

ドキドキしたり胸をキュンキュンさせるためには、恋愛ドラマを見ることも効果的です。

恋愛ドラマは、自分の思う展開にならない恋愛模様にハラハラしてしまうことでしょう。

特に、韓国ドラマやアメリカのドラマなど、ドキドキしたり胸を打つシーンが多いため、胸をキュンキュンさせるためには韓国ドラマやアメリカドラマがおすすめです。

時間がある時であれば、ドラマの一気見もいいですね。

6.恋愛映画を観る

キュンキュンしたい時は恋愛映画を観るのもおすすめです。

ドラマより映画の方が短時間でじっくり見ることができるので、興味の持てる恋愛映画を探してみましょう。

切なくて胸が苦しくなるような青春ものや、ハッピーなラブコメ、許されない禁断の恋など、自分が主人公になったつもりで様々な恋愛を楽しんでみてください。