CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

王様かよ!偉そうな「王様男子」の14個の特徴!あなたの彼氏は大丈夫?


いつかは王子さまが白馬に乗って迎えに来てくれるに違いない・・・!

そんな淡い夢を抱いたのもつかの間、王子様のような人に出会ったというのにこれまでに想像していたような性格ではないことに気付いて、がっくりしてしまった経験ってありませんか?

この世界には、「あなたはどこの国の出身ですか?」とつっこいを入れてしまいたくなるような、まるで王子様のような性格をしている男性がいるんですよね。

それも王子様というよりかは、どこかえらそうにしている”王様”を想像するとさらにわかりやすいかもしれません。

とはいっても、身近な人の中に王様のような性格をしている人がいないように思うと、いったい王様のような性格をしている人ってどんな人なのか気になってしまいますよね。

ということで、この記事では、”王様タイプの男性”について特集しています。

王様タイプの男性はいったいどのような性格をしているのか?

その特徴から、王様タイプの男子とどのようにうまくお付き合いをしていけばいいのかアドバイスもしています!

ぜひ、この記事を読んで身近にいる王様タイプの男子を見つけ、その男子と仲良くなれるように努力してみてくださいね。

この記事の目次

王様男子の14個の特徴

あなたの周りには、まるで王様なの?とつっこみをいれたくなるような性格をしているような、まるで王様のような風格を醸し出しているような男子っていませんか?

そのような男子が身の回りにいる人にとって、その人と仲良くするとか、少し会話をするだけでもどこか気を使ってしまいますよね。

そのような人もいれば、なかには王様タイプの男子が一体どんな人なのか全くわからないという方もおられるはずです。

ということで、ここではまず”王様男子”とよばれる人の特徴をご紹介してます!

自分の身の回りにはそんな人いないんだけどなぁなんて感じているかもしれませんが、それはあなたが心が広かったり、もしくはすでにその王様タイプの男子に惚れてしまっているのかもしれませんね。

では、いったい”王様男子”と呼ばれる人たちはどのような成果鵜をしているというのでしょうか?

どのような特徴をもっていれば、王様男子ということができるのでしょうか?

さっそくその14個の項目を見ていきましょう!

1.上から目線


ずばり、どんな王様男子でも共通して言えることは、なにかにつけていつでも上から目線で話してくるということになります。

あなたのまわりには、たいしてなにもできないくせにいつも偉そうにしている男子っていませんか?

えらそうにしているなと感じることができるということは、ずばり、上から目線である傾向が強いからなんですよね。

上から目線というとどのようなことなのかわからないという方のためにお伝えしますが、なんでも命令をしてくるとか、たいしてすごいこともしていないのにいつもえばっているような人のことを指します。

自分が正しいと思っている

では、どうしてそのように上から目線で他人に接することができるというのでしょうか?

ずばり、なんでもかんでも自分が一番に正しいと考えているからなんです。

あなたも、相手が確実に間違っているとわかるとどうしてかちょっぴり自分のほうが正しいということで主張したくなるのでないでしょうか。

王様男子タイプの人たちは、そのような主張はしないものの、すべてのことにおいて自分の考えが正しいと思っているので、どんなときでもなにもしなくてもえばっています。

そして、上から目線で他人に接してしまうんですね。

とはいえ、彼らは自分たちの当たり前が当たり前だと感じていますし、それに自分が上から目線で他人に接してしまっているということまでも気づいてはいないのです。

素の姿で、相手に上から目線で接してしまっているので、そこに悪気があるわけではありません。

2.人前で彼女をけなす

あなたの身近にいる王様男子タイプの男性って、人前でその自分の彼女のことをけなしているのではないでしょうか?

または、自分の彼女のことを平気でけなすことができる人こそが”王様男子タイプ”ということができます。

ふつうのカップルであれば、男性は彼女のことをほめますよね。

それに知り合いなどにもほめることで紹介をしたりするものです。

しかし、王様男子タイプはそういうことができません。

なぜならば、自分がいつでも一番でいたいのです。

それは彼女を持ち上げるのではなく、むしろ自分を持ち上げてほしいというサインでもあります。

どこまでも自己中心的な性格をしているのが王様男子タイプなんですね。

自分が優位に立ちたい

ずばり、自分が優位にたちたいからこそ彼女をけなしています。

そこで王様男子田尾ぷの男性の彼女が起こったりすればいいのですが、王様男子タイプの男性とお付き合いする女性というのは、どういうわけかそのような注意さえ彼にすることができないんです。

そのことによって、いつでも優位に立っていると感じ、いろいろな場面ででしゃばりだすのも王様男子タイプの特徴になります。

彼女のことをけなしているので、本当はその彼女のことを好きではないのではないかなんて思ってしまうのですが、そういうわけでもなく、彼女のことは心から愛しているんです。

ただ、その愛している気持よりも自分をアピールすることに必死になっている”お子様”タイプになります。

3.自分の思い通りにならないと気が済まない

王様男子タイプは、これまでの人生がすべて…いやほとんどが自分の思い通りに進んできている可能性が高いです。

そのため、これからも今も自分の思い通りに物事が運ばないといらついてしまうんですよね。

要するに、なんでもかんでも自分の思い通りにならないと気が済まないのです。

気が済まないからこそ、相手をコントロールしようとします。

普通の人であれば、お互いの意見を尊重して物事を進めていくのですがそれがなかなかできず、というよりもお前が変われよと思っているのが王様男子になります。

そして反論は受け付けない

王様男子がどうして王様だといわれるのかといいますと、ずばり相手が何を言うと自分の意見を貫き通そうとするからなんですよね。

よく映画やドラマなんかで出てくるような王様なんていうのは、まわりのおつきのもののいうことを聞かないので、周りの人を困らせている…ということで登場することがあるかと思います。

まさに現実世界における王様男子もそのような性格でして、相手がたとえ反論をしたとしてもそれを受け付けてくれません。

要するに彼女でも、たとえ好きな女性が相手であっても、相手の意見を受け入れず自分の意見を押し切ります。

そんな”強そうに見える”ところに惚れる人もいれば、なかには反論をされたことによってすぐに冷めてしまう女性もいます。

あなたは、どちらのタイプでしょうか?

4.ビッグマウス

あなたは”ビッグマウス”というタイプの人間を知っていますか?

ビッグマウスとは、自分のできること以上のことをあたかもできるというように相手に伝える人のことを言います。

よくいえば、自信家であり、悪く言えば、自分のことを過信しすぎている人ということになります。

王様タイプの男子というのは、まさしくいつでもビッグマスなんです。

誰でも実力以上のことができるようになりたいものですが、ビッグマウスの王様男子というのは、できなくても「自分ができるようにふるまうのが当たり前」だと感じています。

しかし、周りの人は本当はその人が「できる」といっているものができないなんて考えていないので、あとになってトラブルなどに発展し、多くの人に迷惑をかけることになるんです。

仕事ができるといって引き受けたはずなのに、その仕事を達成することができず、多くの人を困らせてしまうんですね。

しかし、王様男子タイプは、そのことを悪いと思っていません。

そのため、いつになってもビッグマウスが治ることはありません。

5.プライドが高い


王様男子は、全員が全員とてもプライドが高いです。

男性というのは誰もがプライドが高い生き物ですが、そんなたやすいものではないんです。

プライドが高いからこそ、周りの人のことを見下したような言い方で話してくるんですよね。

とはいえ、本人はまさか自分がプライドの高い人間だとは思ってもいないので、「君ってプライドが高いよね」なんて指摘されるだけで逆切れしてくるような性格をしています。

また、プライドをへし折られること(屈辱を受けるようなこと)も嫌うため、少しでも自分のことを侮辱する人を敵対する傾向があります。

それは彼女でも変わらずに、少しでもばかにしたような発言があれば、たとえ冗談のコメントだったとしても許しませんし、それをきっかけに別れを告げることもあります。

6.人には厳しく、自分には甘い

あなたは、自分には優しいタイプですか?

それとも自分に厳しくすることができるでしょうか?

ずばり、王様男子というのは、自分以外の他人には厳しくするのに対して、自分には砂糖がとろけてしまうほどまでにとても甘い性格をしているんです。

そのため、他人からみればどうも怠けているようにも見えるのに、周りの人にはとても厳しいので、不信感を抱かれやすいということもあります。

7.自分の非を認めない

他人に厳しい人って、自分に甘いからこそ自分の悪いところを認めないんですよね。

まさに王様男子タイプの男性もその節があります。

周りの人が100人でも「それはおかしい」と指摘したとしても、絶対にそれが悪いと認めないんです。

それどころか、それが間違いだと指摘している人のほうがおかしいと言い張ります。

まるで3歳児の子供のように、自分の悪いところ認めることができないので、なかなか人間的に精神的に成長することができないので、数年後に再会できたとしても”悪い意味で”昔と変わらない姿になっています。

また、自分で自分の非を認めることができないのは、それが全く悪いことだと自覚していないからなんですよね。

そのため、自分の非を認めなくてもいいようにしてくれる人のことを好きになるし、そのような人にちょっぴり依存する傾向もあります。

人のせいにする

では、自分の非を認めることができな人が多くとる行動とはいったいどのような行動なのだと思いますか?

ずばり、なんでもかんでも人のせいにするということになります。

どう考えても明らかにその王様男子タイプの男性が悪いというのに、それをみとめないんですよね。

「このようになってしまったのは、そもそもお前がこんなふうにしたからだ!」なんて、王様男子タイプの悪いポイントを的確に指摘したとしても、それを認めることができません。

しかし、そのように人のせいにばかりしている人というのは、周りから知らない間に人がいなくなっているもの。

そのことさえも、身近な誰かのせいにしたがるのが王様男子タイプになります。

どんなにイケメンで優しい性格をしていたとしても、自分の責任を他人に押し付けるのって、人としてとても低レベルですよね。

そのようなことを王様男子タイプに伝えるとプライドを傷つけられたと勘違いするので、気を付けましょう。

8.自分が一番

あなたは、今回特集しているような特徴を持っている男性のことをどうして”王様男子”と呼ぶのか見当はついていますか?

おそらく多くの方が「王様のようにふるまうからだろう」なんて思っているかもしれないですね。

まさにその通りで、王様男子タイプの男性というのは、なんでも自分が一番でないと気がすみません。

自分が一番になることができない状況だとわかると、その状況から逃げるのではなく、どうにかしてでも自分が一番になることができるように小細工します。

また、他人が困っているのを見かけたとしても、時と場合により手を差し伸べることができません。

手を差し伸べることができるということは、自分のことを少しほうっておいてでも人のことを助けることのできる気持ちがあるからなんですよね。

しかし、王様男子タイプにはそれがありません。

他人がどんなに困っていようとも、自分が助かりたい状況だったのであれば、どんなにこれまでに親交の深かった相手であっても、自分のことを優先します。

そのような姿は、それまでにどんなにかっこよく見えていたとしても、かっこよくない”頼りない””自己中な”正確に見えるんですよね。

まさにそのような性格をしているのですが。

9.すぐ不機嫌になる

王様男子タイプの男性はすぐ不機嫌になる傾向があります。

王様男子タイプの男性と一緒に行動する人というのは、どうしてもその空間の空気をよくするためには、その王様男子タイプの人の機嫌を悪くしないようにふるまわなくてはいけません。

つまり、王様男子タイプと一緒に行動することになると、一緒に行動している人は自分を抑え気味にして、王様男子のご機嫌を取らなくてはいけないわけです。

それに王様男子タイプの男性というのは、周りの人が自分のご機嫌をとってくれるのがどこか当たり前に感じているので、機嫌を取ってくれないような相手には冷たくなってしまうこともあります。

自分だけが良い気分になれないという理由だけで、彼女を振ることもありますし、一緒にいる友人をセレクトしていることもあります。

10.彼女が尽くすのは当然と思っている

ひとつ前の項目でもあげましたが、王様男子タイプの男性というのは周りの人が自分のご機嫌を取ってくれるのをどこか当たり前に感じています。

特にそのように感じるのは、自分のパーソナルスペースに入ることができている人のことなんですよね。

要するに、王様男子タイプの彼女だったり、その奥さんになるわけです。

彼女は、自分に…いや世の中の女性はすべて、お付き合いしている男性に尽くすのは当たり前だと感じています。

それに自分より行き過ぎた行動をするのもよくないと感じているので、王様男子タイプの男性とお付き合いしている女性というのは、どうしても自分を抑え気味になってしまいます。

モーニングコールは当たり前、それに癒しをくれるのは当たり前、女性が王様男子タイプの男性のために建物のドアを開けるのも当たり前だと感じているんです。

つまり、王様男子タイプの男性というのは、世の中の女性から好まれている”紳士的なこと”ができないんですよね。

女性をエスコートすることができません。

しかし、そんなダメなところに惚れてしまう女性がいるので、自分は決して悪いことをしているとは考えていません。

ずっと好きでいてくれるのも当たり前

では、具体的に王様男子タイプの男性というのは、いったいどこに注目して尽くしてくれるのは当たり前だと感じているのでしょうか?

自分のご機嫌をとってくれる、自分の身の回りの世話をしてくれることはもちろんのこと、彼女に対しては”どんなことがあっても自分のことを好きでいてくれるのが当たり前”だと感じています。

彼女とは恋人関係というよりかは、どこか”主従関係”で結ばれている相手だととらえているのですね。

また、王様男子タイプの性格をしている男性は、DVやデートDVを行いやすい傾向もあるようです。

そのような暴力をたとえふるって泣かせたり、いやな気持ちにさせたとしても、相手はいつまでも自分のことを好きでいてくれるに違いないし、そうであるべきだし、そうじゃなかったら許さないと感じています。

そのような気持ちを彼女になった人は感じ取ってしまうために、さらなる暴力を振るわれないためにどうしてもずっと好きでいようと努力してしまい、次第に好きという気持ちではなく、それが義務になってしまいます。

11.彼女を人として見ていない

ひとつ前の項目でも触れましたが、王様男子タイプの男性というのはどうしても彼女のことを人として認識していません。

人と認識していないというのは、さきほどもお伝えしましたが、どこか”主従関係”で結ばれている人だと感じているんですね。

要するに飼っている犬などと同じような関係だと感じているんです。

自分がああしてほしいといえば、そうしてくれる。

その求めたことに応じてくれないのであれば、それはもう罰を与えてもいいとさえ感じています。

そうやって自分好みの女性の性格だったり、身なりに変身させていきます。

そのようなことをしているときには優越感に浸っているのですが、いざ我にかえると「どうしてこんな女性を好きになってしまったのだろう」と、お付き合い当初とは全く変わって輝きを失ってしまった彼女を見て思うのです。

しかし、そのようにさせたのはあなたの悪い心なのですよ、と伝えてもそんなのを認めることもできません。

ずばり、王様男子タイプの男性とお付き合いをすると自分を失いかねないということです。

12.束縛が激しい

王様というのは、いつでも自分に注目してもらいたいもの。

そのため、王様男子タイプの男性もその特徴を受け継ぎ、普通の束縛とは言えないくらいの激しい束縛をしてきます。

束縛というと、あなたはどのようなものを思い浮かべるでしょうか?

王様男子タイプがする束縛というのは、「あの男と話しているのを見ててつらい!」とか「ほかの男性と連絡を取り合っているのってなんだか複雑だな・・」なんて気持ちをカミングアウトして聞くるようなたやすいレベルのものではありません。

「男と連絡を取るな」とか少しでも男性と連絡をとったものであれば、「浮気をしているんだろう?」「俺の悪口を言っているんだろう?」なんて、そんなこともないのにそのように決めつけてきます。

そして、嫌いになったようなふりを見せて、相手からの愛情を誘うようにしているんですね。

特に男性の多い職場に勤めているとどうしても仕事などの内容で連絡をとるものですが、そのような業務連絡でさえも「連絡するのはおかしい」と決めつけ、連絡してるのがあたかも悪いようにしてきます。

束縛することで愛情を確かめる

では、どうして王様男子タイプの男性は束縛をしてくるのでしょうか?ずばり、束縛をすることによってその彼女からの愛情を確かめています。

そもそも本当に人のことを愛していれば、その人のことを第一に考え、そしてその人が言っていることを第一にとらえ(なんでも自分が一番になりたい性格がここで出ています)、王様男子タイプの男性が「連絡を取ってほしくない」といえば、本当にそれがどんなに重要な関係(仕事などの業務連絡をする関係)だったとしても、縁を切ってくれるものだと感じています。

そうすることによって、自分への愛情がどれくらいあるのかをこっそりはかっているんですよね。

このように束縛ばかりしてくるので、彼女になった人は自由に買い物に行くどころか、近所のコンビニまでも行くことができなくなってしまいます。

また、着るものまで指定してくることもあります。

自分に依存してくれているのだなとうれしく思う人であれば、長くやっていくことができますが、多くの人はそのような関係を続けるのは難しいといってもいいでしょう。

13.寂しがりやで甘えん坊

王様男子はどこか威張っているし、強気な姿勢のイメージがあると思います。

実はそれは、弱い性格をしているので、その性格がばれないようにするために狂暴になっていることもあります。

いつも強気でいる人が寂しがりやで、さらに甘えん坊な性格をしているところを目の当たりにしてしまうと、多くの女性は母性本能を刺激されて、その人を放っておけなくなってしまうんです。

14.実は自信がない

ひとつ前の項目でも触れましたが、王様男子タイプというのは見かけによらず、とても弱い生き物です。

だからこそ、強気に見せているということでしたね。

その弱気な部分というのは、本当は寂しがりやという部分があるということでしたが、もうひとつ欠点ともいえるような性格があるんです。

どのような性格かといいますと、ずばり”自信がない”ということ。

自信がなさすぎるからこそ、自信があるようにみせているんです。

つまり、その自信のなさをサポートしてくれるような女性にも惚れてしまうのが王様男子タイプの特徴になります。

王様男子には2タイプある

これまでに王様男子タイプの男性は、いったいどのような特徴をしているのか、どのような性格をしているのかをお伝えしてきました。

あなたのまわりには、そのような”王様男子”と呼ばれるような男性は存在したでしょうか?

実はこの世の中に存在している”王様男子”には2つのタイプがあるって知っていましたか?

ここでは、その2つのタイプをご紹介します!

無自覚なタイプ

これまでにお伝えしてきた王様男子の特徴の中でも触れましたが、王様男子には”無自覚”でそのようになってしまっている人がいます。

このような人はとてもかわいそうなんですよね。

王様男子の性格を知らぬ間に発揮してしまっているので、知らない間に周りに反感をかわれ、そして気づいたら周りから人がいなくなってしまっているからです。

このような無自覚タイプは、教えてあげることによって改善できることもあります。

わざと演じているタイプ

逆にわざと王様男子タイプを演じている人もいます。

そうすることで女性のハートをゲットできると、どこかで勘違いしているんですね。

わざと演じているので純粋な王様男子タイプとは違って、精神的に自立し、とても強い性格、そして自信に満ち溢れています。

このような男子は、無自覚なふりをしていることもあるので要注意です。

王様男子と上手く付き合っていくには

あなたは、今まさに王様男子タイプの男性とお付き合いしているけれども、どこかで限界を感じているのかもしれないですね。

そのような場合には、どのようにしてお付き合いすれば”よい関係”を築くことができるのでしょうか?

ここでは、その方法をアドバイスしています!

彼よりも大人になる

王様男子タイプの男性は、基本的に子供なのでいちいち相手の反応に付き合っていると女性側が身を亡ぼすことになります。

そのため、どんなときでも基本的に”大人”として接するように心がけましょう。

特におすすめの方法は、彼を”とてもわがままな子供”と思うようにすること。

それだけでも、相手は子供だから仕方ないか、と普段ならキレているところでもキレなくて済みます。

スルーする

基本的にかまちょな性格をしている王様男子タイプですから、なにかにつけて”かまちょ”をしてきます。

それにいちいち付き合っていると、あなたの時間がなくなってしまうでしょう。

いつでも自分のことを考えていてほしい人ですので、それにいちいちかまわないようにしてほどよくスルーしましょう。

自分のペースを守る

あなたは、王様男子タイプと過ごすことによって自分の時間がなくなってしまっているのかもしれないですね。

だったら、もうあの人はああいうタイプだと自分に言い聞かせて自分のペースを守るようにしましょう。

そうすることで多少はストレスをなくすことができます。

自己主張ははっきりと

王様男子タイプは、自分の主張をしないような女性を好みます。

なぜならば、自分の思い通りにすることができるからなんですよね。

そのため、自己主張だけはしっかりしてください。

主張もさせてくれない相手なんて、あなたにふさわしい相手ということができません。

ふさわしい相手というのは、お互いの意見を尊重することができる相手なんです!

最後に

今回は、王様男子タイプについて特集してきました!

今まさに王様男子タイプの男性とどのように付き合えばいいのかわからなくて困っていたかもしれません。

しかし、今回のこの記事を参考にしていただければ、今よりももっと広い視野で相手を見つめることができるはずです。

そうすれば、次第にあなたの心の中にできているわだかまりも解消していくでしょう。

相手に合わせすぎず、あなたの人生を生きるようにしてくださいね!時間は戻ってこないのですから。

ページトップ