突然ですが、あなたは天才ですか?それとも凡人ですか?

この質問に、多くの人は「私は凡人です!」と答えるのではないでしょうか?

とは言え、どう言った理由から「凡人」と答えているのか、その基準はわかりません。

天才と凡人、この2つには天と地ほどの差があります。

天才は凡人にはない才能を持ち、突拍子もない発想を実現させ、周囲から羨望(せんぼう)と評価を得ます。

凡人は天才には遠く及ばず、天才が繰り広げる知識や発想に驚かされたり、天才の考えることについていけないこともあります。

天才をうらやましいと思いながらも、どこか遠い存在のように感じているのかもしれませんね。

自分はどちらに当てはまるのか、どちらにより近いのか、それはわかりません。

そこで、「天才診断ができる10個のサイト!あなたは天才?それとも凡人?」と題しまして、天才診断ができるサイトをご紹介します。

自分が天才か凡人かを知る機会ですので、お試し感覚で挑戦してみてはいかがでしょうか?

自分が天才か知りたくない?

自分が天才か知りたいと思ったことはありませんか?

「上には上がある」と言っても、自分がどれくらいのものなのか、自分ではわかりませんし、「自分は天才!」と断言できる人は多くはないでしょう。

とは言え、「自分は凡人」と思っている人が実は天才であったと言うパターンもあります。

このように、自分のことでもはっきりと言い切れないことは往々にあります。

だからこそ、自分がどのような部類の天才なのかに興味が湧くのかもしれませんね。

天才であるかどうかを知ることで、時には自信になり、時には天才になろうと努力することができるでしょう。

凡人と思っていても隠れた才能があるかも!


自分は凡人と思っていても、実は隠れた才能があるかもしれません。

まさに、「能ある鷹は爪を隠す」ですね。

人は思いがけず才能を開花させることがあります。

自覚の有無に限らず、挑戦してみたら実は得意であったと言うこともあるでしょう。

「苦手!」と思って避けていたなど、理由は様々あるでしょうが、それこそ自分で自分の可能性を狭(せば)めてしまう要因と言えますね。

それは、とてももったいないことですし、自分自身が足枷(あしかせ)になってしまっては元も子もありません。

人は誰しも未知の可能性を数多く秘めています。

「蛙の子は蛙」(凡人の子は凡人)とか「十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人」(幼少期は優れていても、大人になったら凡人になる)ばかりではありません。

自分自身が、自分の可能性や才能を諦めたり決めつけたりしない限り、どこまでも広げていくことができます。

たとえ周りの人たちから「それは無理!」と決めつけられたとしても、関係ありません!

自分を決めるのは自分です!

周囲の声や先入観にも惑わされないようにしましょう。

天才診断が出来るサイト

自分は、どれくらい「天才」なのかを知ることができることをご存知でしょうか?

問題を解いたり、「これ!」と思う選択肢を選んでいくことで、どんな天才なのか、どれくらいの才能があるのかを判定してくれます。

質問や問題を楽しみながら、自分の天才診断ができると言うのは、一石二鳥ですよね!

ここでは、「天才診断が出来るサイト」を3個ご紹介します。

これで自分の天才度を3つの視点で知ることができますね!

1つのサイトに偏ることがない分、信憑性も高まるでしょう。

それでは、順に見ていきましょう!

追伸:僭越(せんえつ)ながら、私個人の結果も書かせていただきますので、それも含めて参考になさっていただければ幸いです。

もしも気が向いて診断を受けてみた時、自分の判定結果と比べてみてください。

1つの目安として、「ふ~ん」くらいに思っていただければ良いかと思います。

1.自分が何において天才なのかが分かるサイト

こちらのサイトでは、1つの質問につき4つの選択肢を示されます。

その中から直感的に答えを選んでいきます。

選択肢を選択後、下にある「次へ」をクリックしていきます。

質問を答えるごとに、上記のパーセンテージが上昇していき、100%に到達したら下にある「終了」をクリックして回答終了となります。

http://shindan-apps.net/agw3/232/start_sub

質問は全部で約12~13個で、「〇〇の天才」と結果が表示されます。

ちなみに私の結果は、「あなたは努力の天才です」でした。

忍耐強さと地道に頑張ることができることを褒めたたえられました。

具体的に褒められるので、ちょっと嬉しい気持ちになりそうです。

努力をすること、努力を続けることも大変なことなので、努力の意味の重さを感じました。

「ちょっと違う」と思ったら、「もう一度診断する」をクリックすると、最初の質問に戻ります。

とは言え、先にも書きましたように、「直感的に答える」ことに意義があります。

自分が思ったことに素直に答えていけば、それが本来のあなたが持つ「○○の天才」なのです。

ただし、「次へ」を押す時に広告と広告の間に表示されるので、きちんと表示されるまで数秒待ってから「次へ」を押すことをお勧めします。

焦らずに、ゆっくりと進めていきましょう。

2.「IQひらめき力」を診断出来るサイト

こちらは、あの大手人材広告企業の株式会社「マイナビ」が提供しているサイト内にある診断です。

IQ(知能指数)とひらめきが試される診断となっています。

なので、いわゆる「脳トレ」に近いものであると言えますね。

時間をかけても良いので、「これ!」と思うものを慎重に選びましょう。

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/diagnoses/21684

質問は全部で10個で、2つの選択肢から直感で選んでいきます。

ちなみに私の結果は、「IQひらめき力80%」でした。

このような、直感で答える診断は「今この瞬間」をもっとも濃く表し、自分の心理状態を知ることにもなります。

結果には、ひらめき力のパーセンテージ、良いところを褒める言葉、最後に少々辛口な意見が出てきます。

「勝って兜の緒を締めよ」(成功したからと気を緩めずに、気持ちを引き締めよう)と言うことでしょうか?

が、それが人を伸ばすことにつながることもありますので、一喜一憂することのないようにしましょう。

さらに、気になる問題の答え合わせができる優れものです!

解説もついていますので、問題が解けなかった等のもやもやが残らずに済みますね!

解説を振り返ってみて、頭の中を整理してみましょう。

記憶が新しいうちに行うことで、あなたの天才度はより高まることができるでしょう。

3.天才性が分かるサイト

こちらのサイトでは、図で示された問題を見ながら、4つの選択肢の中から答えを選びます。

文章よりも、頭に入りやすいかもしれません。

既に図が示されていることで想像しやすいですし、答えの選択肢が示されているので、上記に挙げた2つのサイトよりも答えやすいと思います。

https://jp.vonvon.me/quiz/3365

質問はたったの1個、選んだ選択によって「○○型天才」と言う結果と文章が表示されます。

ちなみに私の結果は、「IQ型天才」でした。

1個答えただけで、理路整然と褒めちぎられる結果に、こそばゆい感じもします。

「再試行」もできますので、答えに迷った人も大丈夫ですよ!

気になる方は、全ての答えの結果を見てみても良いかもしれません。

図とは言え、考えることは脳に刺激を与えるので、よくよく考えて選んでみてください。

どの選択肢でも、それぞれの天才の長所がありますので、その長所は本当だと思います。

特に、下線が引かれた文章にギュッと長所が濃縮されているので、自信を持ってください。

また、友達と結果をシェアしてみるのも良いですね!

自分と違う見方を知ることも、とても良いことだと思います。

IQを調べられるサイト


あなたは、自分のIQをご存知でしょうか?

IQとは、「生活年齢と精神年齢の比」を基準としたもの(従来の方式)と「同年齢集団内での位置」を基準としたものがあります。

現在では、後者の方が主になっています。

IQの平均値は100、160が上限、40が下限とされています。

IQ85~IQ115の間に約68%、IQ70~IQ130の間に約95%の人が当てはまると言われています。

ここでは、「IQを調べられるサイト」を3個ご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう!

1.力脳

こちらのサイトでは、図形などを用いた問題を解いて、4つの選択肢の中から正しいと思うものを選択します。

落ち着いて考えれば解ける問題ばかりなので、頭をフル回転させて脳を活性化させましょう。

http://www.iqiq.jp/pc/iqtest/

質問は全部で8個、結果は参加者全体からリアルタイムで算出されます。

総合評価、コメント、得点、平均点、正解率、想定IQ、参加者全体から見たランキングが羅列されます。

ちなみに私の結果は、「ふつう」でした。

ふつうなので、「可もなく不可もなく」と言うことなんでしょうね。

ある意味無難な結果と言えば、そうかもしれませんね。

飴と鞭まではいきませんが、叱咤激励に近いコメントが出てきます。

得点、平均点、正解率、想定IQ、ランキングと数字の羅列を示されることによって、自分がどれくらいの位置にあるのかがわかりやすいです。

脳トレにも良い効果を表すでしょう。

サイト内では、他の診断もできるので、力試しをしてみるのも良いかもしれませんね。

なお、答え合わせはできないので、ご了承ください。

〇2.笑うメディア クレイジー

こちらのサイトでは、数式や図形を見ながら、5つの選択肢の中から答えを選びます。

縦にズラッと問題が羅列されており、問題を答えると同時に正解不正解の判定と解説が表示されます。

https://curazy.com/archives/42747

問題は全部で15個、全ての問題が終了後、IQが発表されます。

ちなみに私の結果は、「あなたの知能指数はIQ117!」でした。

東大生の平均IQ120と言われているので、「東大生の平均IQ120まで、あとちょっとです。」だそうです。

もう少し頑張れば、東大生と同じ位置にいくことができると思うと、もう少し頑張ってみようと前向きになれます。

解説のおかげで、なるほど!と脳がほどよくほぐれたような気分になりました。

わかりやすい解説のおかげで、何でその答えになるのかがわかって、スッキリすることができます。

「もう一回挑戦する」こともできるので、忘れないうちに繰り返して解いてみるのも良いですし、次の日など間をおいて解きなおしてみるのも良いでしょう。

様々な法則を知ることで、柔軟な考え方を習得することができるでしょう。

脳を柔らかくして、脳を活性化させましょう。

3.IQ Quiz.net TOP

こちらのサイトでは、図形の問題を解いていきます。

選択肢は6つあります。

選択肢に惑わされることのないようにしましょう。

IQの平均値は100なので、それを超えるように頑張ってみましょう!

https://iq.kuizu100.net/test/

問題は全部で30個もあり、結果は「IQ○○」とIQの正規分布、簡単な英文で示されます。

30個もあったので、最後の方は頭の燃料が枯渇するかと思いました。

ちなみに私の結果は、「IQ100」でした。

正規分布の図でちょうど真ん中でした。

まさに、IQの平均値とドンピシャですね!

いわゆる「ふつう」の立ち位置と言うことで、少なからず安堵(あんど)しました。

結果は、英文で「あなたのIQは~。」と示されます。

徐々に難易度が上がっていくので、かなり頭を使うことになるでしょう。

本格的に問題を解きたい人に向いていると言えますね。

成績上者ランキングもあるので、高みを目指す指標にしてみても良いですね。

ただし、もしも間違えた答えを選んでしまった時、戻るボタンの使用はできません。

つまり、最初から問題を解きなおすことになってしまうので、注意してくださいね。

この問題に挑戦するには、頭を使うだけでなく、集中力や持久力を要します。

飽きっぽい人や集中力が続かない人にこそ、挑戦していただきたい問題と言えますね。

隠れた才能が分かるサイト

隠れた才能を知ることができるとしたら、どうですか?

それを将来に役立てることができたら、素晴らしいですよね!

今回は、自分にある隠れた才能を知るチャンスです!

ここでは、「隠れた才能が分かるサイト」を4個ご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう!

1.MIRRORZ(ミラーズ)

こちらのサイトでは、「埋もれた才能発掘テスト」を受けることで、自分に秘められた才能を知ることができます。

簡単な質問や例え話しを交えた質問を順番に答えていきます。

パッと気楽に答えてもらえれば、それが自分の心に近い答えになるでしょう。

http://mirrorz.jp/article/umoreta-sainou

質問は、全部で10個あります。

10個全て答えた後、あなたには「○○」の才能が眠っていますと判定されます。

ちなみに私の結果は、「あなたには「発明」の才能が眠っています。」でした。

発明とは、1から作り出すことなので、手さぐりで進んでいき、時には失敗することもあるでしょう。

だからこそ、作り出す楽しみや失敗を次に活かそうと努力する気持ちが芽生えるのかもしれません。

それは、発明に限らず、生きていくうえで起きる全てのことに通じると言えますね。

それを実際に活かせるようにしていきたいですね。

偉人の名言などを用いて、話しかけるような文章が続きました。

ただ褒めるだけでなく、気をつけるべきことやちょっとしたアドバイス的なコメントも載せてくれています。

手放しで褒められるよりも、ためになって良さそうですね。

最初からプレイすることもできますので、納得できるまで挑戦してみてはいかがでしょうか?

2.株式会社マイナビ

こちらのサイトでは、大手人材広告企業の株式会社「マイナビ」の「学生の窓口」で診断が受けられます。

「学生の窓口」での診断と言っても、何だか初心に返れるような気持ちがします。

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/diagnoses/51226

質問は全部で10個、全て2択で答えていきます。

結果は「○○する才能」と示され、褒め言葉と最後にそっと背中を押してくれるような一言が添えられます。

ちなみに私の結果は、「表現する才能」でした。

表現とは、相手にもわかるようにすることが前提です。

それだけに、言葉が足りなくても、言葉が多すぎてもダメなんですね。

その結果に基づいて、向いている分野や前向きになれる言葉を示してくれます。

向いている分野を伸ばしてみる良い機会です!

時と場合や気分によって答えが変わる場合は、結果に多少のずれが生じるかもしれませんが、そこはあくまで診断なので、深く考え込まなくても良いでしょう。

再診断も可能なので、しっくりいかない場合は再診断も有りです。

3.CUPE-キュープ-

こちらのサイトでは、直感テストで隠れた才能を診断します。

質問に沿っていくつかの選択肢が画像で示されます。

直感なので、じっと考え込まずに、サッと答えましょう。

http://cupe.site/archives/596

質問は全部で7個、「あなたは○○の才能を持っています」と示されます。

ちなみに私の結果は、「あなたには自己啓発の才能があります」でした。

自己啓発とは、自分の意志で向上や成長を目指していくことを表します。

自分の意志の有無は、大きく左右する要因です。

どんなことも、意志の有無や意志の強さに比例しますので、そこは疎(おろそ)かにしてはいけませんね。

わたし自身としては、いまいちピンときませんが、もしもそうした才能があるのであれば、それを伸ばしていく努力をしていきたいですね。

受けてみて思いましたが、いわゆる「心理テスト」に近い診断と言えそうです。

心理テストが好きな人には向いているのではないでしょうか?

選択肢が多く、思わず迷ってしまいそうな問題でした。

その選択肢を選ぶことを楽しみながら、気負わず、楽な気持ちで挑んでみましょう。

4.TABI LABO

こちらのサイトでは、「世界一美しいテスト」で才能を診断します。

示される写真の中で一番綺麗と思った色を選択していきます。

視覚に訴えてくる質問なので、自分の好みによっても答えが変わるかもしれません。

https://tabi-labo.com/281904/themostbeautifultest

質問は全部で15個、3つの選択肢の中から選んでいきます。

ちなみに私の結果は、「intelligence is musical-rhythmic!」でした。

知的な音楽の才能がある、と言うことでしょうか?

音楽が好きか嫌いかによっても、この判定に納得する人と「ん?」と思う人がいるでしょう。

どの画像も美しいものばかりで、目や心が癒されることができました。

結果にも書きましたとおり、質問も結果も英文で示されます。

脳を使うついでに、英文を和訳してみるのも良いかもしれませんね。

特に、英語が苦手な人には億劫(おっくう)に感じてしまうかもしれませんが、そこは何事も挑戦するに尽きます!

全てを訳せなくても、わかりやすい単語から文章をつなげていってみてはいかがでしょうか?

天才の特徴

上記で色々な天才診断を紹介しましたが、そもそも、天才にはどのような特徴があるのでしょうか?

天才の特徴を知ることで、天才な人たちとの付き合い方がスムーズになるでしょう。

また、自分も天才に近づこうと前向きな考え方を持つきっかけになるかもしれません。

いずれにしても、「天才」を知ることで「天才」を制することができたら、とてもすごいことですよね。

こちらでは、8個の特徴をご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう!

【天才によくある特徴は、こちらの記事もチェック!】

IQが高い

1個目は、「IQが高い」です。

IQとは知能指数のことです。

IQが高いことで、頭の回転が速くなって、会話がスムーズに進みます。

それによって、様々なタイプの人たちとの交流が増え、より見識や知識を深めることができます。

また、無駄を極力減らせることで、効率の良さを上げることもできるでしょう。

あるいは、人から見たら無駄なことでも、天才はその無駄さえも有意義なことに変える能力に長けているかもしれません。

IQが高いとは、ただ高い知識を持ち合わせているだけでなく、それらを様々な形に変えて、その時その時に合った一番良い方法で活かせることかもしれませんね。

想像力に富んでいる

2個目は、「想像力に富んでいる」です。

上記にも書きましたが、頭の回転が速いことから、想像力が存分に発揮されます。

全ての可能性を含めた想像をすることで、柔軟な考え方をすることができるでしょう。

人が思いつかないようなことから、突飛な発想に至るまで、ありとあらゆる考えが頭の中を巡るでしょう。

それによって、どんな困難なことに出くわしても、形勢逆転をすることができるでしょう。

想像力に富んでいるからこそ、ただ単に数が多いだけでなく、質の高い考え方を得ることもできるはずです。

際限のない想像力は、天才の大きな武器となって活躍の機会や幅も増やすでしょう。

普通の人が見逃す出来事に疑問を抱く

3個目は、「普通の人が見逃す出来事に疑問を抱く」です。

どんな些細なことであっても、普通の人からしたら取るに足らないことであっても、それをないがしろにせず、とことん追求します。

それによって、考えることを続け、答えを導き出す力を育てることができます。

そうした習慣が身につくことによって、「凝り性」になる可能性もあります。

わからないことを「まぁ、いいや」で終わらせてしまうよりも、しっかりと理解しておいた方が、後々ためになることもあるでしょう。

どんなことも「無意味」な出来事はありません。

あらゆる出来事にいかに意味や価値を見出すかによって、天才の質は変わってくるでしょう。

努力をしなくても器用に何でもこなす

4個目は、「努力をしなくても器用に何でもこなす」です。

天才は、どんなことも器用にこなします。

普通の人が時間を要したりすることでも、軽々と乗り越えていきます。

持ち前の器用さや要領の良さなどの影響もあるでしょう。

天才とは、そうした天性の才能を兼ね備えた人ならではの手腕を発揮するものなのかもしれませんね。

あるいは、人知れず努力を重ね、自分のスキルとして取り組むことをいち早くこなしている可能性もあります。

どちらにしても、器用にこなす才能を枯渇(こかつ)させないことも天才の特徴と言えます。

感性が他人と異なる

5個目は、「感性が他人と異なる」です。

ちょっと視点が違うだけで、人は感性が異なってくるものです。

他人からすれば「えっ?」と思うことでも、天才には何かしら頭や心に響くものがあるのでしょう。

それらは、説明できるものもあれば、理屈ではないものまで幅広く存在します。

感性が違うと一言で言っても、凡人との違いが大きいものばかりではないのかもしれません。

ささいな違いであっても、その特徴的な感性を普段から活用できているかによっても違ってきます。

他人と違う感性とは、とてもおもしろいものです。

だからこそ、出し惜しみをしないで存分に有効活用していってほしいですね。

集団行動が苦手

6個目は、「集団行動が苦手」です。

天才は、孤高の存在と言われることもあります。

だからなのか、集団行動を苦手とする人が少なからずいます。

人に合わせることで自分のペースが乱れたり、何かしらの歯がゆさを感じることが苦痛なのかもしれません。

周りからすれば、マイペース、自分勝手に見える面があるかもしれませんが、彼ら彼女らにとっては他意はないはずです。

1人で行動することが効率的な結果を生むこともあるので、悪いことばかりではありません。

自分の感性や気持ちを大切にすることも必要なことなので、それらも疎(おろそ)かにしないようにしましょう。

興味があることにのみ集中力が優れている

7個目は、「興味があることにのみ集中力が優れている」です。

天才は、興味があることへの熱意はすさまじいものがあります。

わき目もふらず、ただ興味の対象だけに全ての集中力を注ぎ込みます。

逆に言えば、興味がないことには見向きもしないと言うことです。

ある意味、清々しいと言えますね。

研究家や芸術家に天才が多いのは、この特徴が理由にあたるのかもしれませんね。

その集中力をこれからも大切にして、さらに磨きをかけていってくださいね。

過去の常識に捉われない

8個目は、「過去の常識に捉われない」です。

過去の常識、すなわち前例に捉われないと言うことは、型破りなことです。

前例ももともとは、過去にはなかった新しいものなので、さらに新しいものがでてきても何の不思議もありません。

これまでは前例で通用してきたことが、新しいものがでてきたことによって、より良いものになるのであれば、結果オーライではないでしょうか?

過去の常識のみに捉われていては、今あるものすら見えなくしてしまいます。

過去は過去、今は今、未来は未来です。

その時に合った常識を基に、今目の前にあることに向き合いましょう。

天才診断で自分の能力を知ろう

以上が、「天才診断」についての紹介となりますが、いかがでしたか?

天才とは、「孤高の人」「変わった人」と言う言葉で片付けられるだけの存在ではありません。

天才だからこその特徴を持ち、様々な種類の天才があります。

人は、それぞれ天才的な才能を持っています。

誰1人として同じ「天才」は存在しません。

それが開花しているか否か、自覚があるかないかなどによって、それぞれの違いが出てくるのです。

こちらで紹介したサイトで、自分の能力やどんな天才なのかを知ってみましょう!

それによって、自分が思う自分を大いに変えることができるでしょう。

自分ならではの感性や才能を尊重しつつ、さらに高みの天才を敬い、その天才に近づくあるいはその上を行こうと努力することは素晴らしいことです。

まずは、自分のことを知ることから始めてみてはいかがでしょうか?

全てはそこから始まっていきます!

自分のことだからこそ知らないこともあるので、そこも含めて知る努力を続ける、これこそ自分の能力や才能を開花させることにつながります。

それを楽しむ余裕を持つことも、忘れないでありたいものです。