官僚」がどんな仕事なのか、あなたは詳しく知っていますか?

官僚の具体的な仕事内容を知っている人とそうでない人とでは、官僚に対するイメージが大きく変わってくるでしょう。

また、官僚みたいなタイプの人に対するイメージも、官僚についてどれだけ詳しいかで変わってきます。

あなたの周りにもし官僚みたいな人がいるとしたら、その人を「かっこいい」と憧れるか、それとも「偉そうだ」と嫌悪するかによって、あなた自身の官僚に対するイメージも分かるでしょう。

そんな官僚みたいな人のもつ特徴や、なぜ官僚にはそうしたイメージがあるのかについて詳しくご紹介します。

官僚とは?官僚にはどんなイメージがありますか?

あなたは官僚に対して、どんなイメージがありますか?

テレビで目にしている政治家と官僚とを一緒に考えている人は少なくありませんが、実際には官僚と政治家とは大きく違っています。

例えば官僚になりたいと思ったら、国家総合職試験に合格して、各省庁の面接で採用されなければなりません。

また、学歴や年齢制限もあり、普通官僚を目指す人は、1年~2年は勉強を重ねて試験に臨むことになります。

一方で政治家になるためには、特別に試験を受ける必要はありません。

サラリーマンから政治家へと転身する人もいますし、投票数さえ集まれば医者や大工、フリーターでも政治家になることは可能です。

国政選挙に当選した政治家はその後、国会議員として国会で働くことになります。

官僚の場合は国会で働くのではなく、国の中央省庁に勤めます。

そこで国の予算策定や、法案策定に直接携わる仕事を行います。

官僚はいわば、国を直接的に動かすとても重要な役割を背負っています。

そんな選ばれしエリートである官僚に対しては、さまざまなイメージを抱く人が多いです。

官僚の仕事を詳しく知っている人にとっては、官僚がどれだけ大変な仕事をしているのかが理解できますので、「国を動かすすごい人」や「国のために身を粉にして頑張っている人」という良いイメージを抱くことでしょう。

一方で、官僚の仕事をよく知らずに、テレビで不正や汚職のニュースばかりを見ている人にとっては、官僚のイメージは「とにかく偉そう」や「私腹を肥やしている」などと悪いイメージになる人が多いでしょう。

官僚みたいな人の9個の特徴

「官僚みたいな人」と聞くと、恐らく多くの人は「頭が良くてエリート」や「高収入を得ている」などのイメージを抱くでしょう。

それらをもう少し具体的に見ていくと、官僚みたいな人にはいくつかの特徴が見られます。

元々官僚に対して良いイメージを持っている人は、官僚みたいな人に対しても良い印象を持ちますが、元々官僚に対して悪いイメージがある人にとっては、「官僚みたいな人」というのは悪意や敵意のある表現になるでしょう。

それらの良いイメージや悪いイメージを含めて、官僚みたいな人の持つ特徴を以下に挙げていきます。

人に流されない


官僚とは、エリート中のエリートです。

他の人達とは違う考えや目標を持ち、人一倍努力をして国家試験に合格し、さらに面接でも採用されて官僚の地位に就いています。

そこに至るまでには大変な苦労や努力があるはずで、他の人と同じように生きていてはきっと官僚の立場にまでたどり着くことはできなかったでしょう。

多くの人はある程度のところで妥協点を見出して諦めたり、周りに流されてみんなと同じような行動を取ったりします。

しかし官僚みたいな人は、そうした他の人や周りの意見に流されることなく、明確に自分の意思によって行動を決定します。

例えばその場にいる全員が「左の道を進むべきだ」と言っても、自分が何かしらの根拠があって「右の道を進むべきだ」と思ったら、集団心理に負けることなく1人だけで右の道を進む意志の強さがあります。

そうした人に流されることなく自分を貫いている人は、見る人が見ればまるで官僚のように思えることでしょう。

嫌われるのが怖くない

官僚とは、時に孤独で嫌われる仕事でもあります。

官僚の仕事の大変さを理解してくれる人には温かく接してもらえます。

しかし、多くの悪い噂によって官僚や政治家に対して悪いイメージを持ってしまった人たちからは、「まともに国のために働かない」「給料泥棒」「国民の血税を無駄にしている」などと心無い言葉を投げかけられることがよくあります。

とくに自分の生活が満足でなかったり、国の政策に関して不満を抱えていたりする人たちからは、矢継ぎ早に非難の声が集まることもあるでしょう。

けれどもそうした偏見や悪意、敵意などの感情にも負けることなく、日々徹底して仕事を行っている姿からは、嫌われることを恐れないタフな精神を感じます。

同じように、どんなに部下から嫌われても自分の仕事のスタイルを貫く上司や、友達に嫌われるのを覚悟の上で友達の悪行を指摘したりする人の言動は、官僚のように思えることがあるでしょう。

何をされても気にしない

人から嫌われることが怖くない人は、誰に何をされても自分の精神が揺らぐことはありません。

陰口を叩かれても、直接厳しい言葉をかけられても、それは単に1つの意見として受け止めることはあっても、それで気持ちが落ち込んだり、揺らいだりすることはありません。

もちろん時には、自分の不手際を責める厳しい声もありますので、そうした意見は素直に受け止めて反省することもあるでしょう。

けれどもいわれのない中傷や単なる悪口、一方的な敵意の声などには一切耳を傾けることなく自分の心にも留めようとはしません。

そうすることで強靭なメンタルを保つことができますし、「誰からも好かれることはできない」と覚悟の上で人と接していますので、冷たい言葉をかけられてもいちいち落ち込むことはないでしょう。

また、直接的に暴力を振るわれれば当然抵抗をしますが、それをいつまでも根に持つことは無駄だということもよく理解しています。

そのため喧嘩を吹っかけてきた相手を適当にあしらった後は、さっさとそのことを忘れて気にしないように努めます。

官僚みたいな人はそれの繰り返しで、自らの精神力を鍛えているのでしょう。

サバサバした性格

元々サバサバした性格の人は、人からちょっと悪口を言われたり、敵意を向けられたりした程度では気にすることはありません。

むしろ他人からの悪意をいちいち真に受けている方が無駄な時間だとも考えていますので、自分のためにもならないことは直ぐに切り捨てて記憶から削除しようとします。

努力してそうなろうとしている人もいますが、元からそうしたサバサバした性格の人は、たいして努力をせずとも嫌なことはさっさと忘れることができるでしょう。

悪意や敵意を向ける側にとっては、これほどやりがいがなく、つまらないことはないでしょう。

人に好かれる

官僚みたいな人は、必死で努力をしてエリートになったり、経験を積んで上の立場まで上り詰めたりしています。

たいして努力もせずに、口先八丁やコネで楽をして上まで上った人は、いざ同じ立場になった時に、実力の差が明らかになって下に落とされてしまうでしょう。

そのため「官僚もどき」はすぐにその本性が周りにも露見しますが、コツコツと努力を重ねて上り詰めた官僚タイプの人は、その努力の仕方や意志の強さを評価され、人から憧れられたり好かれたりすることがあります。

官僚みたいな人は、何事にも人一倍苦労したり努力したりしていることが多いです。

そのため本人は自分のために頑張っていたことでも、周りから見た時には評価や好意に値することが少なくはありません。

また、自分が人一倍大変な思いをしてきたからこそ、周りで困っている人がいれば助けてあげたり、相談に乗ってあげたりもしやすいです。

そうした頼りになるところもまた、人に好かれる理由になっているでしょう。

周りに影響を与える

官僚みたいな人は、少なからず周りに影響を与えます。

例えば自分のために一生懸命に努力を重ねて、試験の結果が学年1位になった時には、身近にいる人たちはそれを見習おうとしたり、自分も頑張ろうと思ったりするでしょう。

また、自己管理のために運動や健康に気を遣っていると、友人や恋人がそれに影響されて自分も運動を始めたり、健康管理を気遣ったりするようになることもあります。

官僚みたいな人は、自分から情報や指示を発信しているつもりはなくても、勝手に周りがその人を見て影響されることが少なくありません。

また、明確に周りに対して「こうしていこう」と意思を表明すれば、さらにそれに影響される人たちはいるでしょう。

官僚タイプの人は、まず自分で何でも積極的に取り組みます。

そして自分で結果を確認してから発言や行動をしますので、周囲からすれば信頼に足り、付いていこうとするでしょう。

自己主張が強い

官僚タイプの人には、自己主張が強い人もいます。

自分が「こうありたい」「ああなりたい」という明確な意志を持っているため、どんな時でもそれを曲げることはしません。

優柔不断な集団の中にいれば、その人が自己主張をすることで、周りが引っ張られて自然と統率がとれることもあるでしょう。

けれどももし、その場の全員が同じ意見で揃えなければならなくなった時には、大多数の意見に堂々と反発をして自己主張を曲げませんので、協調性が求められる場面では厄介者として扱われてしまうこともあります。

官僚タイプの人は、断固たる自己主張の強さを持っていますので、それが良い結果になることもあれば、場合によっては悪い結果を招くこともあるでしょう。

自然と人を引き寄せる


官僚みたいな人は、人一倍努力を重ねて自分の目標を達成させる意志の強さを持っています。

また、たくさんの経験を積んでいますので、人が困っている時には助けてくれるような頼りになる存在でもあります。

必死で努力を重ねてきた分も自分の考えや気持ちに自信を持っており、常に堂々とした態度で周りに流されることなく過ごしています。

そんな人が身近にいれば、誰でも側にいて、その人にあやかりたいと思うものでしょう。

怠け癖を克服したいと思っている人は、官僚みたいな人の側にいることで、自分の気持ちに渇を入れることができます。

また、今よりも上に上り詰めたいと思っている人は、官僚タイプの人を自分のライバルにすることで、切磋琢磨して日々頑張ることができるでしょう。

官僚みたいな人は、その人の生き方そのもので自然と周りの人を引き寄せることがあるのです。

過去を引きずらない

官僚みたいな人は、「過去に起きたことはどんなに悔やんでも変えることはできない」「過去を振り返ってもどうにもならない」ということをよく理解しています。

そのため例えば仕事で大きな失敗をしてしまった時には、失敗した原因を解明して対応策を考えて、しっかりと今後はやらないようにと反省をします。

そこまでしたら気持ちをサッと切り替えて、また前向きに仕事に励む精神面の強さを持っていますので、どんなに辛い過去にも引きずられることはありません。

一方で、過去を引きずりやすいタイプの人は、一度の失敗をいつまでも長々と振り返り、前を向いて進むことができません。

そのためネガティブ思考になりやすく、同じ失敗をしまいと思っても、つい失敗を繰り返してしまうことがあります。

官僚タイプの人は、過去の自分に引きずられることのないように、気持ちを強く持っているため、例え過去のトラウマがフラッシュバックしても、それで落ち込んだままでいることはないのです。

仕事ができる

官僚みたいな人は、そう思われるだけあって仕事ができる人が多いです。

誰にでもできるような事務仕事から、その人でなければ任せられないという責任重大な仕事まで、どんな仕事にも積極的に取り組んでいきます。

完璧な人間などそうそういませんので、新しく仕事を覚えた時には官僚みたいな人でも失敗してしまうことはあるでしょう。

けれどもその失敗でめげることなく、何度でも挑戦するため、結果的にできない仕事が減り、できる仕事が増えて他の人から見ると「仕事ができる人」と思われることが多いです。

存在感がある

官僚みたいな人は、人一倍努力を重ねる姿や、さまざまな経験を積んだゆえの堂々とした自信から、周りの人の中でも存在感があって目立ちます。

それは決して悪目立ちではなく、威風堂々とした佇まいをしていることが多いため、良い意味での落ち着いた貫禄と言えるでしょう。

もしも何かトラブルがあってその場の人達がパニックに陥っても、その人だけは冷静さを失わずに、状況を把握して速やかに必要な行動に移ることができます。

そうした存在感は、時に周囲の人を圧倒し、時に頼もしく安心感を与えることでしょう。

官僚に向いていない人はどんな人?

官僚に向いている人もいれば、向いていない人もいます。

どんなに自分では官僚になりたいと思っていても、その性質がそぐわずに官僚になれない人もいるでしょう。

また、どんなに努力を重ねたところで、挫折を経験したらそこから立ち直れなくなってしまう人もいれば、心は折れなくても実力が足らない人もいます。

官僚を目指したいと考えている人にとって、自分が官僚に向いているのか、それとも不向きなのかはきちんと自覚しなければなりません。

主観的には向いていると思っても、客観的に見た時に、とても官僚には向かないタイプかもしれません。

では、どんな人が官僚には向いていないのでしょうか?以下に挙げていきます。

意欲がない

意欲がない人は、どんなに官僚になりたいと思っても、そこに至るまでの努力が足りないことが多いです。

例えば官僚になるために100の努力が必要だとすると、本気で官僚になろうとする人は、100を超えた努力に励むでしょう。

一方で意欲がない人は、「この程度努力すれば十分だろう」と自分で限界を定めてしまいます。

そのためその域まで達したら、一気に意欲を失いそれ以上は努力をしなくなりますので、もっと努力している人とは大きく差が開いてしまうでしょう。

意欲がない人は、自分で意欲を限界以上に出せるように努力をしなければ、官僚になりたいと思っても実際になるのは難しいでしょう。

また、もしも官僚にはなれたとしても、官僚になれたことで目標を達成してしまいますので、それ以上意欲がわかなくなってしまうことも多いです。

リーダー気質ではない

官僚の仕事は、国の中枢で国家の政策に関わります。

国の予算策定や法案策定など、官僚の決定によって国のやり方が大きく変わりますので、とても責任重大な仕事です。

国のトップは総理大臣ですが、その総理大臣が予算や法案を議会で決定するためには、それらを考えて案を出す存在が必要不可欠です。

官僚はいわば国のブレインであり、私たち日本を支えるとても大切な立場であると言えるでしょう。

そんな官僚の仕事は一般市民からすれば、エリート中のエリートです。

ある程度のリーダー気質を持つ必要があり、人の下で指示を受けて動くよりは、人の上に立って指示を出す立場の方が向いています。

そのため、リーダー気質の人は官僚に向いていますが、リーダー気質でない人には官僚は向かないかもしれません。

挨拶ができない

官僚はエリートですが、非常に上下関係の厳しい社会でもあります。

日本の会社は上下関係が厳しい方ですが、官僚ではとくにそれが厳しいため、上司や先輩への挨拶はできて当たり前です。

それも気さくな挨拶ではなく、しっかりと頭を下げて「おはようございます」「お疲れ様です」と挨拶をする必要があります。

なので、上に対して反抗心を抱きやすかったり、礼儀のなっていなかったりする人には不向きでしょう。

もしも官僚になれたからと初日から調子に乗って周りの人に挨拶しなければ、あっという間に省庁内での立場が悪くなり、出世の道も早々と断たれてしまうでしょう。

反対にしっかりと挨拶ができて、礼儀もなっている人であれば、上司や先輩から目をかけてもらえることもあります。

ネガティブ

ネガティブな人は、官僚には不向きです。

官僚の仕事は、日々議員や国民など、さまざまな機関や人々からの重圧に耐えながら、国のために重労働に励んでいます。

給料は確かにいいですが、仕事内容は激務を極め、精神的に疲れる日々も多いです。

そんな大変な仕事にネガティブな人が就いてしまうと、早々にプレッシャーや仕事の大変さに耐え切れずに辞めてしまったり、鬱になってしまったりするでしょう。

また、国家機密を扱う仕事でもありますので、迂闊にそこらの居酒屋で愚痴を零すこともままなりません。

気持ちが落ち込みやすいネガティブな人には心底向かない仕事でしょう。

一方で、パワフルで強靭な心身を持っている人には向いている仕事です。

体力も精神力もあり、失敗や周りから非難をされてもめげない強い心と意思の持ち主は、官僚になってもバリバリと仕事ができるでしょう。

話を聞かない

人の話を聞かない人は、官僚になることはできません。

官僚みたいな人の特徴には自己主張が強いことが挙げられますが、だからといって人の話を聞かないわけではありません。

官僚は国会においては総理大臣をサポートする役割があります。

国会や議会を円滑に回すためにあちこち走り回ったり、激務をこなしたりすることも多いため、周りをよく観察して、気を回せる人でなければ官僚になることはできません。

そのため、頭がいいというだけで試験に合格をしても、その先の面接で落ちたり、いざ官僚の仕事についてからその厳しさを痛感して辞めたりする人もいるでしょう。

官僚は仕事で相手の話をよく聞いて、その上で円滑に仕事を進める役割があります。

人の話を聞けない人は、例え官僚になれたとしても向かないため、長続きはしないでしょう。

自己中心的

自己中心的な人も、官僚の仕事には向かないでしょう。

官僚は総理大臣をサポートしながら、国のために身を粉にして働く仕事です。

例え「自分の好きなように日本を変えていきたい」という野望から官僚になったとしても、現実に自分の好きなように仕事ができるわけでもなければ、自分の思う通りに日本を動かしていけるわけでもありません。

それどころか、国民の声を聞き、理想の国家にするために日々頭を悩ませ、奔走する仕事が多いです。

自分のためではなく、国のために働く仕事だからこそ、自己中心的な人には勤まらないでしょう。

官僚みたいな人になりたい!どうすればなれる?

実際に官僚になることは難しくても、努力すれば官僚みたいな人物にはなることができます。

けれどもそれは、自分で想像する官僚の姿として振舞うのではなく、あくまでも自分の振舞いを見た他人が「官僚みたいな人だなぁ」と判断するものです。

いくら自分が官僚らしく振舞ったところで、それを他人が自己中心的だと感じれば、それは官僚らしくもなんともないでしょう。

人から「官僚みたいな人だな」と思ってもらうには、どんなふうに努力して振舞えばいいのでしょうか?その方法を以下にご紹介していきます。

面倒見のいい人になる

官僚とは、国家や国民の面倒をみる仕事でもあります。

国のために日々頭を働かせて奔走する仕事ですので、他人の面倒見が良くなれば、官僚みたいな人だと周りの人に思ってもらえるかもしれません。

また、それには誰にでもできるレベルの面倒見の良さよりも、さらに上を目指す必要があるでしょう。

例えば誰かが勉強で悩んでいるなら、分からない部分だけを教えてあげるのではなく、その人が一通りの疑問が解決するまでは、辛抱強く付き合ってアドバイスをしてあげることで、相手には自分の面倒見の良さを伝えることができます。

道が分からない人がいれば、大体の位置を教えてあげるだけでなく、いっそ目的地の周辺まで一緒にいってあげるくらいの親切さを発揮すれば、相手はとても感謝してくれることでしょう。

ちょっとやそっとのレベル以上の面倒見の良さを発揮できれば、官僚みたいな人に近づけることでしょう。

向上心を持つ

官僚みたいな人になるためには、向上心を持つことが大切です。

とはいえ、国を支える重要な仕事をする官僚になりたいと考えている時点で、少なからず向上心は持っていると言えるでしょう。

あとはどれだけ失敗をしてもめげずにチャレンジをする勇気と、周りに流れされることなく、自分の意志を貫き通す強さを身に付けましょう。

そしてそれらのことは、向上心さえ持ち続けていれば可能です。

今よりも知能や技術、経験のある自分の姿を常に思い描き、向上心を持って前向きに行動しましょう。

何でも1番を目指す

向上心を保つためには、明確な目標を持つと良いでしょう。

明確な目標と言うのは、例えば学力試験であれば1番を取ること、また仕事で言えば他の同僚の誰よりも早く迅速に仕事を終わらせることなど、何でも常に1番を目指しましょう。

努力をすれば結果は1番でなくても問題はありません。

けれども1番を目指した方が向上心は増しますし、結果として1番を取れなければ、「次は絶対に1番になろう」という悔しさからさらに向上心を高めることができます。

「3番以内に入る」や「一般レベルよりは上を目指す」といった曖昧な目標では向上心をさらに高めることはできませんので、日頃から何をするにも1番を目指しましょう。

気取らない

官僚みたいな人というと、気取っている姿をイメージする人もいるかもしれません。

しかし実際に官僚みたいな人は、特別に気取ることもなく、それでいて存在感を放っています。

それはその人が努力や苦労を重ねて身に付けた度胸や自信の賜物であり、ちょっとやそっとのことでは冷静さを失わない落ち着きのために、他の人達の中でも良い意味で目立つ存在になっています。

一方でエリートっぽく気取っている人は、気取っている自分のことを格好いいと思い込んでいることが多いです。

また、実際にはそこまでたいして賢くもないのに上辺の知識を他人にひけらかしたり、他人を馬鹿にすることで自分の方が偉いのだと知らしめようとしたりします。

しかしそんな上辺だけの気取った態度は、本当に官僚みたいな人の前ではかすんでしまい、その存在の軽さが露呈してしまうことでしょう。

官僚みたいな人ほど気取ることはありませんので、そうなりたいのなら人前で気取った態度は取らないように気を付けましょう。

よく笑う

官僚みたいな人は、お堅いイメージがありますが、実際にはよく笑うことが多いです。

初対面の人にも礼儀正しく振舞い、また相手を緊張させないように自分が笑顔になることで、人と上手にコミュニケーションを取ろうとします。

実力もあり、また経験も豊富でよく笑う人に対しては、誰もが「困った時には自分を助けてくれそう」だと感じ、頼もしく思えることでしょう。

よく笑うことは、ヘラヘラと気安い印象に思えるかもしれません。

けれども気安さやチャラさは、その人の笑顔だけでなく、言動や態度から表れていることが多いです。

そのため礼儀や常識をきちんと持っていて、それなりに知識や経験も豊富で、堂々とした態度をした上でよく笑う人は、誰が見ても気安い印象には思えないでしょう。

誰に対しても平等に接する

官僚みたいな人は、誰に対しても平等に接します。

周りの噂や評価に流されることはなく、直接自分が話すことで相手の本質を見極めようとします。

そのため例えどんなに悪評の高い相手であっても、噂で相手を判断するのではなく、何もない状態から相手とコミュニケーションをはかり、その上で相手の本質を自分なりに判断します。

その結果本当に相手が悪い人だったとしても、表面上は他の人と差別や比較をすることなく平等に接します。

だからこそ官僚みたいな人は、誰からも一定の評価や好意を受けることが多いのでしょう。

そんな特徴を見習って、自分も人を色眼鏡で見ることなく、誰に対しても平等に接した上で、自分なりに相手を見極めるようにしましょう。

聞き上手になる

官僚みたいな人は聞き上手です。

相手の話をよく聞いて、言いたいことをきちんと理解することができます。

悩み相談を受ければ、卒なく相手にアドバイスを与えることもできるでしょう。

聞き上手になるためには、まずは相手の話を聞くことから始めます。

もしも相手が口下手なタイプであるのなら、こちらから誘導していくつか質問をしていきましょう。

すると話している内に相手の気持ちがほぐれてきますので、本当に伝えたいことを話してくれるようになるでしょう。

相手の話を聞くことはなかなか辛抱が要ることですし、根気も時間も要ります。

それらを身に付けるためにも、日頃から自分が話すのではなく、相手の話を聞くように意識しましょう。

官僚みたいな人はやっぱりかっこいい!

官僚みたいな人は、見た目のオーラが普通の人とは違っています。

何事にも動じない落ち着きや余裕を感じさせ、話してみればこちらの話をきちんと聞いてくれますし、笑顔で接してくれるため心を開きやすくなります。

また、困った時には相談に乗ってくれたりと、何かと頼りになることも多いため、その人に好意を抱いたり、憧れたりする人は少なくないでしょう。

自分も官僚みたいな人になることができれば、きっと今よりも人間関係も仕事も上手くいくようになり、人生も前向きに送ることができるようになるでしょう。

ぜひ官僚みたいな人を目指して、日々切磋琢磨していきましょう!