「○型の人はこういう性格のところがある」「○型と○型の人は相性が良い」
こういう血液型による性格診断や相性診断ってみんな結構大好き!でもみんなそれぞれの血液型がどんなタイプなのか大まかな情報を知っているだけで、本当の性格や恋愛傾向などは実は分かっていなかったりしていませんか?どうせならもっと詳しく知って、血液型診断を楽しんでみたいですよね!ということで今回は4つの血液型の中から、二面性・変わり者が多いなんて言われることが多いAB型の人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

AB型の人はもちろん、身近にAB型の知り合いがいる人は、果たして当てはまる特徴があるのか、そこのところも確認しながら読んでいってみてくださいね。

まずはAB型の基本的な性格

まずはAB型の基本的な性格についてご紹介していきましょう。

先程もお話したように、AB型の人はよく二面性や変わり者といったイメージを持たれているようですが、果たして本当にそうなのか?それとも実はまったく違う性格だったりするのでしょうか?そこのところも含めてAB型の特徴を徹底分析していきましょう。

プライドがかなり高い


実はAB型は4つの血液型の中で1番プライドが高いと言われています。

しかも自分が大好きでちょっとナルシストな一面も。

AB型というのは基本的に器用でセンスがあり、なんでもすぐにコツをつかんでこなしてしまうというところがあるので、自分を優れていると思い込み自己評価を高くしてしまうからなんですね。

さらに分析力に優れているという特徴もあるので、周囲の人を観察したり評価してしまうような癖があり、自然と上から目線のような性格になってしまうという傾向にあるようです。

またAB型がAとB両方の特徴を持っていることや、4つの血液型で1番数が少ない血液型という希少性から、自分は他の血液型よりも貴重で優れていると勘違いしてしまう人も多いようですよ。

素直ではない

AB型は天邪鬼な態度を取りやすいところがあります。

本当は熱いところがあるのに無理にカッコつけてクールなフリをしたり、嬉しい時や悲しい時も感情を見せずに毅然にふるまったり……それ故周りからは素直じゃないと思われやすくなってしまいます。

AB型はプライドが高い上に臆病なところがあるので、おそらく他人に自分の本当の気持ちを見せたり傷ついたりするのを避けるためにこういう態度を取ってしまうのかもしれませんね。

でも相手にその本意はなかなか伝わりにくいので、そんな態度が原因で友人や知り合いとの仲を悪化させてしまうなんてこともあったりするようです。

また恋愛の際も煮え切らない態度を取りやすくなってしまうので、恋人と上手くいかないなんてことも多いようですね。

人付き合いは苦手なほう


実はAB型は人付き合いが苦手な方で、人に心を開くまでにもかなりの時間がかかります。

相手のことを本当に信用できると思えるようになるまで、自分の本当の心は明かさないようにする傾向にあるようです。

また先程もお話したように素直な性格じゃなく、他人には天邪鬼なところを見せたりもするので、「何を考えているか分からない」と周りからも敬遠されがちになってしまったりするようです。

ただAB型は平和主義で波風を立てたくないという性格で、社交辞令も上手なところもあるので、中には最初から誰とでもフレンドリーに接することができるという人もいたりします。

まぁでも基本的に人付き合いが苦手なので、そういう人も内心では本当の自分を見せられず我慢しているところがあるのかもしれませんが。

でもその分時間をかけて信頼できると思えるようになった相手には、きちんと心を開いて、表面上ではなく本当に仲良く接してくれるようになるのでしょうね。

自由人

AB型は結構マイペースで、自由人な一面もあったりします。

というのもAB型は自分らしく生きるのを強く望むところがあるので、自分がやりたいように自由気ままに過ごしていきたいんですね。

ただし周りを無視して強引に好き勝手やるというわけではありません。

AB型は臨機応変に対応できる能力も高いので、自分が好きなようにできるように、他人に迷惑をかけないように、上手く周りをコントロールしていって、行動しやすい状況を作った上でそうするんです。

だから周りの人もそこまで不快に感じず、不思議と「仕方ない」とAB型の自由な行動を納得してしまったりすることが多いようですね。

中にはそんな自由にふるまえるAB型の性格を羨ましいと思う人もいるのではないでしょうか。

固執することも

AB型は自由に生きることを好む故、物事に固執しやすいという特徴も持っていたりします。

つまり自分の好きなことややりたいことに対してとことん熱中するわけなんですね。

もちろんそれは良いことでもあるんですが、時にはこだわりが強すぎて自分の考えや意見を主張しすぎてしまうというところもあったりします。

人によっては自分の意見のみ!という強い考えを持ちすぎて、他人の意見はまったく聞き入れないという場合もあり、これはプライドが高く自分大好きなAB型の性格らしいと言えるでしょう。

さらにその一方で自分の嫌いなことや興味ないことは嫌がりまったく手を付けようともしないので……これは集団行動など状況によっては自己中心的で厄介な性格に見えてしまう可能性もありますね。

感受性が非常に高い

AB型の中にはセンスが良い人も多く見ることができますが、それはAB型の感受性の高さからきていると言えるでしょう。

自由人でマイペースなAB型ですが、実は繊細な神経の持ち主で、外部からの情報を非常に敏感にキャッチしやすくなっているんです。

ただしAB型は独特の感性を持っていて、物事の捉え方なども人と違っているところがあるので、そのセンスもちょっと風変わりだったりします。

時には周囲の人を驚かせるような感性も発揮したりするので、そういうところがAB型の人が変わり者と言われる要因になっているのかもしれませんね。

また外部からの刺激を受けやすいのに、AB型は人の気持ちなどには鈍感で人付き合いが苦手だったりするので、周囲の人からは余計に「よく分からない」「行動が読めない」と不思議に思われやすくなっているようです。

冷静で客観的な態度がとれる

4つの血液型の中でAB型は1番冷静なタイプでもあり、物事に対して客観的な態度を取ることができます。

何に対してもメリット・デメリットの双方をしっかり把握し、冷静に的確な判断をすることができるんです。

またこれは人間関係に関しても同じことが言えて、人への判断や互いの距離感も間違えないよう慎重に行動しようとします。

AB型は人に対していきなり心を開かずまず距離をとって接しようとするので、そのおかげでできることなのかもしれませんね。

しかもAB型は周囲の人に対してだけでなく、自分に対しても冷静で客観的な判断をすることができるので、自分の行動や発言もしっかり見直すことができるんです。

もしもAB型の知り合いの中に発言などをコロコロ変えている人がいたら、それは客観的な判断をしたんだという証拠なのかもしれませんよ。

二重人格


冒頭の方でもお話しましたが、AB型はよく周囲から二面性や二重人格と言われることが多かったりします。

と言っても本当の二重人格というわけではなく、例えば普段温厚で優しい人だなと思ったら時々怖い一面が垣間見えたり、いつも明るくて気ままな性格なのにたまにすごく落ち込むことがあったりと、性格の二面性があるということです。

まぁ人は誰にでも表の顔・裏の顔の二面性があると思いますが、AB型の人は特にその2つの性格がはっきり出やすくなってしまっているんですね。

これもAB型がAとBの2種類の血液を持っていることが要因になっていると考えられます。

AとBそれぞれの血液型の特徴が現れてまるで真逆の性格を持っているように見えてしまうんですね。

特に4つの血液型の中でもAとBは性格に差があるタイプですから、それが1つの血液型になってしまうとその違いが分かり過ぎて二面性に見えやすくなってしまうのではないでしょうか。

妄想癖が激しい

AB型には妄想癖が激しいという特徴もあったりします。

AB型は繊細で感受性が高いため頭の中で色々なイメージを浮かべて、そこからユニークな感性が生まれていると考えられているんです。

ただし妄想癖というのは感受性だけでなく、もう1つAB型の人付き合いが苦手という特徴も大きな要因になっているのではないかとされています。

人と接する機会が少ないと自分だけで色々考えたり想像してしまうことが増え、そこから妄想癖に発展しやすくなってしまうので、AB型もそのパターンで妄想癖が激しい人が多くなっているのではないかと考えられるんですね。

しかもAB型はプライドが高く、自分の意見にも自信を持ちやすいので、頭の中のイメージにも自信を持ち余計に妄想に走りやすくなってしまうのではないでしょうか。

ただ妄想というのは利益に直結し、自己評価やポジティブ思考にとても効果があるとも言われているので……妄想するということが逆にAB型のあの自信を生み出しているのかもしれません。

努力するのが苦手

実はAB型というのは努力するのが苦手という人も多かったりします。

AB型は自由で自分の好きなように動くのが好きなので、コツコツと無理して努力するというのが耐えられないんですね。

しかも器用でなんでもすぐにこなせてしまうところもあるので「別に努力しなくても…」という考えを持ちやすく、物事を合理的にパパッと済ませてしまおうとするんです。

ただし自分の好きなことなどには固執するところがあるので、そういったことに対しては熱中してきちんと取り組めるかもしれません。

しかしそれも本人にとっては努力しているというよりは楽しんでいるという認識かもしれませんし、興味がなくなったらすぐに離れてしまうということもあり得るでしょう。

人によっては「自由でいたい」という考えから、多少の努力ですら投げてしまうということもあるかもしれませんね。

我慢することもあまりできない


AB型は努力するのが苦手な上に、さらに我慢することもあまりできなかったりします。

これも先程の説明同様、AB型は自由でマイペースなタイプなので、何かに縛られたり我慢しなければいけないというのが大嫌いなんですね。

そのためAB型の人は、我慢するべき時にでもふらっと気ままに行動したりしますし、自分の好きなこととなると人やマナーを無視してでもやりたいようにやってしまったりします。

なので周囲の人からは「信じられない」と驚かれてしまうことも多いんですよね。

確かに我慢のしすぎも良くないですし、そんな風に自由に生きられることは理想的なことかもしれませんが……やはり生きていく上である程度の我慢というのは大切なことです。

仕事でも恋愛・結婚でも必要になってきます。

せめてそういった生活で支障が出ない程度、また人に迷惑をかけない程度に、AB型の人は我慢をできるといいですね。

センスがある・天才肌の人が多い

ここまでの話の中で何度か説明が出てきましたが、AB型の人は基本器用でセンスがある人が多く、中には何をやっても上手くこなしてしまうような天才肌の人も多く見られます。

AB型は感受性が強いところもあるので外部から様々な刺激や情報を受け、そのおかげでセンスや感性が磨かれていると言われているんです。

そしてそのセンスの良さなどがAB型のプライドの高さや自己評価の高さの要因になっているのではないかとも考えられています。

センスがある人というのはやはり周囲からも尊敬されますし、天才肌の人は挫折を経験することも少なくなりますからね。

そう考えれば確かに納得です。

ちなみに感受性が強いと芸術センスが特に磨かれるとも言われていて、そのためかAB型には音楽や絵画などの才能にあふれた人も多かったりします。

AB型は変わり者だなんて言われたりもしますが、もしかしたらその独特の感性が素晴らしい芸術を生み出しているのかもしれませんね。

AB型男女に共通する恋愛傾向


ここまではAB型の基本的な性格についてご紹介してきましたが、次はAB型の男女に共通する恋愛傾向についてお話していきたいと思います。

果たしてAB型のこんな性格は恋愛にどんな影響を与えるんでしょうか?

恋をしてもクール

AB型は冷静で客観的な態度が取れるというお話をしましたが、その性格は恋愛でも変わらず、恋をしても基本クールにふるまうようです。

恋愛においてもやはり恋人との距離感などはしっかり守り、様々な判断も冷静に行うことができるんです。

またちょっと寂しい話ではありますが、AB型の人は恋人に対してもいきなり簡単に心を開くということはできません。

時間をかけてゆっくり付き合っていき、段々信頼できると思えたら素直に本当の気持ちを見せれるようになるんです。

恋愛というのは燃え上がって夢中になって失敗することも多かったりします。

なので冷静にふるまうというのも良いことではあるのかもしれませんが……ただ中にはそんな情熱的な恋愛が好きという人もいるので、そんな人にとってこういうAB型のようなクールな人はちょっと物足りなく感じてしまうかもしれませんね。

大人の恋愛を求める

恋愛においても冷静にクールにふるまえるAB型の人は、ただ好きになって夢中になる子供のような恋愛よりも、相手のことを尊重ししっかり考えられるようなそんな大人な恋愛を求める傾向があります。

自分が冷静に相手との距離感をしっかり持って付き合っていけるので、相手にもそんな恋愛を望んでしまうんですね。

また先程もお話したとおり、AB型の人は相手に心を開くまでに時間をかけるタイプなので、相手ともゆっくり長く付き合っていきたいと思っているんです。

一見つまらない恋愛のように思えるかもしれませんが、でもこういう大人の恋愛というのは無駄なケンカなどが少なくなりますし、お互いを束縛しすぎないので良い意味で自由に恋愛ができたりと、メリットもたくさんあります。

長く付き合っていけば自然と将来のことも考えられるようになりますし、むしろ現実的で理想的な恋愛と言えるのではないでしょうか。

落ち着いた恋愛や将来結婚を考えていきたいという人にはこんな恋愛がピッタリなのかもしれませんよ。

恋の駆け引きに長けている

AB型の人は冷静でさらになんでも器用にこなせるところもあるので、恋の駆け引きにもとても長けているタイプと言えるでしょう。

こだわりが強く、物事に臨機応変に対応できる能力もあるので、上手く相手を自分の理想通りのペースに誘導することができるはずです。

また分析力にも優れているので、相手がどんな気持ちなのか・自分に対してどう思っているのか、そこのところをしっかり観察しながら行動もしていけるのではないでしょうか。

ただAB型の人は基本人付き合いが苦手で、おまけに臆病なところもあるので、上手な駆け引きはできても告白はなかなか…という人が結構多かったりします。

自分の気持ちを素直に見せることも苦手なので、アプローチがどうしても遠回しになってしまい、最悪2人の仲が進展しないまま終わってしまうということも十分有り得るでしょう。

せっかく上手な駆け引きをするんだったら、勇気を出して告白までしてもらいたいですね。

恋愛してもなかなか自分のすべてをさらけ出さない

先程もお話したとおり、AB型は恋人に対しても簡単に心を開くということができないので、なかなか自分のすべてをさらけ出すこともできなかったりします。

もちろん恋人に対して冷たくなるとかそういう意味ではないのですが、でもある程度の距離を持って接していきたいとは思っているものです。

なので恋人だからといっていきなり束縛したり、すべてを知ろうとしたりすると、ちょっと引かれてしまうかもしれませんね。

また気持ちをちゃんとさらけ出さず煮え切らない態度を取ったりもするので、「何を考えているのか分からない」「どう接したらいいか分からない」と相手に思わせてしまうことも多いようです。

がそれもAB型の特徴の1つで、責めたりするとかえって気持ちが冷めてしまうこともあるので、「仕方がない」と納得して接していった方が良いのでしょうね。

このようにAB型の人は結構難しい性格で付き合っていくのも大変かもしれませんが、長く付き合っていければきっと心を開いてくれるようになるはずなので……焦らず気長にゆっくりと付き合っていくようにしましょう。

AB型とうまく付き合う方法

ここまでお話した内容を見てみると、AB型って結構難しい性格なんじゃないか?と思えるような特徴ばかりですよね。

恋愛においても態度を変えず自分をつらぬこうとするので、付き合っていくと何かと大変なことが多そうな気がします。

けれどもそんなAB型の人でももちろん良い面はたくさんあるので、特徴をよく知って上手な付き合い方を見つければきっと楽しく接することができるようになるはずです。

ということでここではAB型の人との上手な付き合い方について学んでいきましょう。

ポジティブな性格を知ろう

AB型は基本的に自己評価が高く、自信満々なところがあります。

また努力や我慢も苦手で割と自由な性格をしているので物事に対しても結構気楽にポジティブに考えるところがあります。

なのでネガティブな発言もあまりしないので、一緒にいて暗い気持ちになるということが少ないのではないでしょうか。

まぁ人によってはそんな性格が鼻につくと思ってしまうかもしれませんが……そういう性格なんだと割り切って付き合えば結構楽しく過ごせるものですよ。

逆にネガティブ気質な人は一緒にいることでポジティブさを分けてもらえることもできるかもしれません。

もしポジティブ過ぎるところが嫌だと思ったら、一緒にいる時間を減らして適度に付き合うといいでしょう。

ネガティブな性格も理解しよう

ただしAB型も完全にポジティブというわけではなく、もちろんネガティブになることもあります。

特に臆病で人付き合いが苦手なので、対人関係に対してマイナスな気持ちになることが多くなるかもしれません。

けれどもAB型の人というのは人に対して本心を見せようとしないし、距離を持ちたがるものなので、あまり踏み込んで親身になろうとするよりは、とりあえず気持ちを理解して様子を見てあげた方がいいかもしれませんね。

中には相談に乗ってほしいのに素直に「聞いてほしい」と甘えられない人もいたりするので、そんな人にはこちらから徐々に近づいてさりげなく話を聞いてあげるようにしましょう。

傷つけるような発言は控える

AB型は基本的にはポジティブですが、人に対しては臆病でネガティブなところがあります。

なので人に傷つくようなことを言われると、実はかなりショックでずっとそのことを引きずってしまったりするんです。

だからいくら普段ポジティブだからと言っても、発言には気を付けてあげるようにしましょう。

元々人付き合いが苦手なタイプなので、傷つけると完全に心を閉ざしてしまうかもしれませんよ。

しかもAB型は結構執念深いところもあったりするので、最悪面倒くさいことにもなりかねませんから。

今後の人間関係を上手くいかせるためにも、なるべく傷つけるような発言は避けるようにするのがベストです。

オープンに接しよう

AB型は人と距離を保とうとするので、こちらもあまり踏み込まず距離を持って接した方が良いのかなと思いがちですが……それだとなかなか距離が近づかず信頼関係を築けないまま過ぎることになってしまいます。

しかもAB型は信頼できる相手だと思えるようになるまで自分から近づこうともしてこないので、早く仲良くなりたいと思ったら逆にこちらからオープンに接するのも良いかもしれません。

心を開かない相手にこちらの心を見せるというのは難しいことかもしれませんが、そうすることできっとAB型の人も段々近付いてきてくれるようになるはずですよ。

最初はぎこちない態度や冷たい態度を取られたりもするかもしれませんが、めげずにどんどん接するようにしていきましょう。

自分の世界観に入ったら無理やり引き出そうとしない

AB型は感受性が強く、妄想癖がある人も多かったりします。

なので時々自分の世界感に浸ってしまうこともあるかもしれません。

しかも独特の感性を持っているので、人には理解されないような不思議な世界観を持っているかもしれません。

けれどもそれはAB型の特徴の1つですし、無理矢理ストップさせたり否定するようなことは決してせず、好きなようにさせてあげるようにしましょう。

人に言われても直るようなものではありませんし、むしろ余計なことを言うと傷つけてしまうこともあり得ますから、そういう性格なんだと理解して過ごすようにしてあげるのが良いでしょう。

慣れればこちらも気にならなくなると思いますよ。

AB型にのめり込まないようにする

友人や恋人など、誰かと接していくとどうしても相手のことをもっと知りたい、もっと仲良くなりたいと距離を縮めようとするものですが、AB型の人と接していく時は、あまりのめり込みすぎないようにするということも覚えておきましょう。

なぜならAB型の人は自由人で自分の意見・行動に自信を持っているので、人に合わせようとは決してせず、あくまでマイペースに行動するからです。

なのであまりこちらから近付きすぎると、逆にあちらのペースに巻き込まれて自分らしさを失ってしまうかもしれませんよ。

AB型の人は独特で変わり者というイメージを持たれやすいので、下手するとあなたも周囲からそんな風に見られてしまうかもしれませんし。

のめり込み過ぎて影響を受け過ぎないよう注意してくださいね。

お互いの時間を大切にしてあげる

AB型の人は自由人なので、自分の好きなようにできないことを本当に嫌がります。

なので友人にしろ恋人にしろ束縛はしすぎず、お互いの時間を大切にできるように付き合っていくのが良いでしょう。

例えば相手の行動や予定を把握しすぎたりせず、約束などをする時も必ず相手の都合を聞いて無理がないようになど、そういったことですね。

無理に束縛しようとすると相手は引いてしまいますし、かえって距離を持とうとされてしまうかもしれませんよ。

もちろん放置しすぎても良くありませんが、せめて自分の時間を楽しむ余裕くらいは与えてあげるようにしましょう。

程よい距離感を保つ

何度もお話しましたが、AB型の人は周囲の人とあまり無理に接しようとせずある程度の距離を保とうとします。

人に自分の本心を見せるのを嫌がりますし、自分の時間やテリトリーを大切にしたいと思うからです。

なのでこちらからも無理に近づこうとはせず、距離を持って接するのが1番でしょう。

段々仲良くなってくれば少しずつ本心を見せてくれたり、一緒に過ごす時間も増えてくるかもしれませんが、それでもやはり自分のテリトリーにグイグイ入ってこられるのはあまり良い気がしないと思うので。

どんなに仲良くなったとしてもやはり程よい距離は保ったままの方が良いでしょう。

包容力をもって接する

ここまでの話を聞いていると、AB型は結構自己中心的な難しい性格のように思えます。

自分に対する自信やこだわりも強いですし、人に合わせようとすることもあまりしません。

なので上手に付き合っていきたいなら、こちらが包容力をもって接するのがベストでしょう。

AB型の性格にイライラすることも多くなってしまうかもしれませんが、向こうはなかなか折れてくれませんし、だからと言ってこちらが自分の意見を強要しても絶対に上手くいかないので……やはりこちらが大人になって接するのが1番なんです。

理不尽にも思えるかもしれませんが、「AB型の人はもうこういう性格なんだ」と思ってしまえば色々納得できる部分も増えてきますし、一緒に過ごしていくうちに相手の性格にも慣れてくるかもしれませんよ。

ある程度のことは許すという広い気持ちを持って接してあげてくださいね。

AB型の基本性格を知って上手く付き合おう!(まとめ)

二面性・変わり者というイメージの強かったAB型ですが、こうして見てみると結構自分本位で難しい性格ということが分かりましたね。

そのくせ人に対しては臆病で素直じゃなくて、「よく分からない」「つかみどころがない」と思われがちになったりもしているようです。

なので実際付き合っていくのも色々と大変そうですが……AB型の基本性格をちゃんと知ってこちらが包容力を持って接すれば上手に付き合っていけるはずです。

こちらが大人にならなければならないので「なんでこっちばかり?」と理不尽に思えるかもしれませんが、それがきっと1番AB型の人と円滑に人間関係を築ける方法なんですね。

慣れてくればそんなAB型の人とも自然と一緒にいれるようになって、そのうちその難しい性格も楽しめるようになるかもしれませんよ。

なのでまずはAB型の性格をよく知って理解をしてあげて、ちょっとだけ大人になって接してあげてくださいね。