「主婦」と聞くと、家事から育児までありとあらゆる家庭業務をこなして大変そうなイメージもありますが、世の中には上手に手を抜きつつ良い状態を保っている賢い「ズボラ主婦」なる存在が居るのです。

家事に育児に頑張り過ぎてはいませんか?

ズボラ主婦がやってる手抜き家事を上手に真似して、家事や育児、子育ても賢く楽にこなしていきましょう。

ズボラ主婦がやってる手抜き家事の10個の裏技

ズボラ主婦の真骨頂は「いかに効率よく家事を行うか」という事です。

最小限の労力で最大の結果を出す為に、こんな手抜き家事で効率よく家事をしています。

今日から真似できるものばかりなので是非参考にしてみて下さいね。

モップスリッパをはく

どうにもめんどくさい掃除も、いつものスリッパはモップスリッパに履き替えるだけで効率良く家中を綺麗にする事ができます。

モップスリッパは100均でも購入する事ができるので、この機会に家族用スリッパを全てモップスリッパに変えてみるのはいかがでしょうか?

歩きながら掃除&運動ができてしまう

モップスリッパはその名の通り、スリッパの裏面がモップになっているので歩くだけでフローリングの汚れを絡めとってくれます。

汚れれば、埃をとって洗濯すれば何度でも使えるのでエコですね。

敢えて埃を取る為に家の隅々を歩き回れば良い運動にもなってエクササイズ効果もあるかもしれません。

便利な最新時短グッズを積極的に使う


近頃は家電でも便利な物が様々ありますね。

便利な物を使うと「手抜きだ」という人も少なくないですが、結果として時短効果があり家事の負担が減るのなら積極的に導入するべきです。

最新情報を収集して、上手に自分のライフスタイルにあった最新時短グッズを取り入れましょう。

ロボット掃除機

マンション住まいの方はロボット掃除機の導入がおすすめです。

外出時も自動でフローリングを掃除してくれるので掃除の手間が激減する事間違いありません。

掃除が終わればロボットが勝手に充電ユニットに戻っていくので管理する必要は殆どありません。

その反面、戸建ての家などでは階段の上り下りが出来ないのでロボット掃除機を導入するメリットはあまり無いのかもしれません。

低温調理家電

材料と調味料を数分間加熱し、それを放置するだけでじっくりと低温調理してくれる低温・保温調理家電は調理の手間を省く上に光熱費の削減にも貢献してくれます。

更に、料理もじっくりと熱が通る事で美味しく仕上がるのでメリットが大きいと人気が急上昇しています。

手の込んだ料理も簡単に作る事ができるようになるので、料理が苦手な人にもおすすめですよ。

食器洗い乾燥機

毎日出て来る洗い物を、簡略化できると家事の時短効率は一気に上がります。

そこで大活躍するのが食器洗い乾燥機なのです。

汚れた食器を入れるだけで自動で洗い乾燥させてくれるので衛生的ですし、手洗いするよりも水を効率的に使用できる事から節水効果をあると言われていますね。

換気扇掃除は夫を上手くおだててやってもらう

油汚れが目立つ換気扇掃除は、主婦の大敵です。

茶色く汚れた換気扇を見ると「掃除しよう」と意気込んだ気持ちが、簡単に萎れてしまいますよね。

そんな換気扇掃除は多くても年に数回の事なので夫を上手におだててやって貰いましょう。

ズボラ主婦である為には、甘え上手である事も大切なスキルの1つなのです。

器具の取り外しなどを主にお願いする

換気扇掃除で最も大変なのは、大きなパーツを上部の換気扇から取り外していく事ですよね。

腕力の無い女性には負担が大きいのおは一目瞭然です。

「換気扇を掃除したいんだけど、重いし手が届かないから外してくれないかな?」と高所の作業をお願いすれば断る夫は少ないのではないでしょうか?

漬け置き洗いで楽々

換気扇掃除はビッシリとこびりついた油汚れを落とすのが大変なイメージですが、漬け置き洗いをすれば実は簡単に汚れが取れてしまうのです。

シンクに一杯の水と油汚れを浮かす洗剤を溜めれば、夫に外して貰ったパーツを漬けていくだけで殆ど掃除が終わったようなものです。

汚れが浮いた頃に、軽く洗えば隅々までピカピカになりますよ。

夫婦円満に一役買う

上手に甘えて夫に換気扇掃除をお願いする事で、夫婦円満に一役買うというメリットもあります。

頼られて良い気分になった夫をサポートして一緒に掃除をすれば、ズボラ主婦もとっても楽ができますよね。

終わった後には「とても助かったよ、ありがとう」と感謝を込めてその日の晩酌はいつもより少し奮発するのもおすすめです。

「こんなに優しい夫を持って幸せ」と感謝を込めて、晩酌をすれば夫婦仲も更に深まり、定期的に換気扇掃除を手伝ってくれるかもしれません。

買い物は週に1回


料理を作るためには毎日様々な食材を使います。

だからといって毎日スーパーに足を運ぶのも面倒だし暑い夏や寒い冬は家からなるべく出たくないのも本音ですよね。

そこで、ズボラ主婦は1週間分の食材をまとめ買いしておくのです。

ある程度まとめ買いをする事で、冷蔵庫の中身をしっかりと把握しておく癖もついて食材を無駄にしてしまう事も減る事でしょう。

1週間分のメイン食材を献立化

1週間分の食材を買い込むのは中々頭を使いますよね。

効率よく必要なものを買うには1週間の献立決めは欠かせません。

しかし、きっちりと献立を作るのも大変な労力がかかってしまいます。

まとめ買いをする時には「ざっくり献立」を考えるのがおすすめです。

月曜日は鶏肉、火曜日は魚、水曜日は豚肉…とメイン食材だけを決めて買い物していまします。

後の副菜は冷蔵庫にあるものを使ったり前日の残り物をアレンジすればOKです。

このざっくり献立を考えておくだけで1週間分の食材を無駄なく購入する事ができますよ。

食費の節約に直結

毎日買い物に行くと、その日にお買い得な物やちょっとしたお菓子等をついつい買ってしまいがちですよね。

食費が多くかかっている人程、頻繁にスーパーに足を運んでいるそうです。

買い物に行く回数自体を減らす事で、ちょっとした無駄遣いを減らす効果もあります。

残り料理をアレンジ

毎日の家事と言えば、料理ですよね。

調理はもちろん、毎日の献立を考えるのも中々大変なものです。

そんな時には残り料理をアレンジして食事を作ってしまいましょう。

「またコレ~?」と家族からのブーイングを受けない為には、料理のジャンルを変えてしまうのがポイントです。

ジャンル替えのポイントは薄味調理

毎日の食事を薄味にする事で、残り物アレンジがより簡単になりますよ。

特に、煮物などはジャンル替えの最も適している料理なので、煮物を作る際には少し多めに作っておくのがポイントです。

肉じゃがをカレーやコロッケにしたりと全く違う物にアレンジする事で家族に気付かれる事なく料理に手抜きをする事ができます。

薄味にする事で減塩となり健康的な食生活にも繋がりますよ。

無駄がなくなり節約につながる

残り物も、家計から出ている事を忘れてはいけません。

「たくさん残ったけど、もう食べないし」と捨ててしまってはお金をゴミにしているのと変わりありません。

残り物をアレンジして使い回す事で、食費の節約に貢献している事になるのです。

グラタンにすればゴージャスに見える

残りものアレンジをしたいけれど、あまり料理が上手じゃなくてアレンジをきかせられないという場合は「取り敢えずグラタン」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

カレーやポテトサラダ、ピラフに、煮物など残りものは何でもOKです。

料理によって市販のホワイトソースやトマトソースをかけてチーズをのせてオーブンで焼けば簡単に「取り敢えずグラタン」が出来上がります。

残りものなのに見た目もゴージャスで手間がかかっているように見えるのでとてもおすすめですよ。

包丁よりもハサミでチョキチョキ

ズボラ主婦は調理中も、最小限の労力しか使いません。

そんな中、ズボラ主婦の強い味方なのがキッチンハサミなのです。

包丁を使うよりも簡単で、まな板いらずなキッチンハサミを上手に使えば、洗い物を減らしつつ調理が捗りますよ。

ハサミでカットして直接調理

キッチンハサミを上手に使えば、調理しながら切った材料を直接鍋やフライパンに落とす事ができるのでまな板やボールを汚す事なく調理を進める事ができます。

キッチンハサミはケチらず、しっかりした物を購入する事で肉類もスパッと綺麗にカットする事ができますよ。

魚もハサミで切っちゃう

近頃は「魚を捌けない」という主婦の方も少なくないのではないでしょうか?スーパーでは切り身を選んで購入する人も多いですよね。

しかし、魚は丸ごと買った方が節約に繋がります。

そんな時には、キッチンんハサミで頭を落としてハラ部分に切り込みを入れれば簡単に内臓を出す事もできますよ。

キッチンハサミを上手に使う事で魚も簡単に捌く事ができるのです。

洗濯して乾いた服はたたまないでハンガーにかける

洗濯をするのは好きだけど、取り込んで畳んで仕舞うのが面倒だという声もよく聞きますね。

そんな悩みを持つ人はズボラ主婦の「ハンガー収納」を真似してみましょう。

クローゼットの中から、衣装ボックスやタンスを排除してハンガーにかけたまま収納してしまうのです。

取り込んだ洗濯物をそのまま、クローゼットに運んでかけるだけなので時短にもなるし手軽で簡単綺麗に衣類が収納できるようになりますよ。

シワが付かず時短にもなる

日本の箪笥文化の影響で、どうしても「衣類は畳んで収納しなければ」と思いがちですが、ハンガー収納に切り替える事で衣類の畳み皺がなくなりいつでも綺麗な状態をキープする事ができるようになりますよ。

衣類を探す際にもハンガーで収納されていると見つけやすくコーディネートの時短にも繋がります。

ハンガーは種類を豊富にしておく

ハンガー収納のポイントは、ハンガーの種類を豊富に用意しておく事です。

シャツ用、コート用、スカート用、パンツ用などそれぞれの特性に合ったハンガーが販売されているので用途に合ったハンガーを使用できる様に種類を豊富に数も多めにして用意しておきましょう。

衣類が滑り落ちにくい加工がされているものを選べば尚良いですね。

ハンガーの種類を統一すれば見た目も綺麗

ハンガー収納をする際に、プラスチック製や金属製、はたまたクリーニングの際に貰ったハンガーなど種類がバラバラのものを利用しているとどうしても乱雑に見えてしまいがちです。

ハンガーの色や素材を統一するだけでも見違えるようにクローゼットが綺麗に見えますよ。

子供を褒めて褒めて、家事に協力させる

家を良い状態で保つ為には、家族皆で家事を行うのがベストです。

その為には、子供を誉めて褒めて協力させる事が重要ですね。

大人と違い、無意識に家事を増やしてしまうのが子供の厄介な所です。

しかし子供を上手に褒めて家事に協力させる事で「散らかさない教育」をする事にも繋がるのです。

家事の大変さを知れば子供と言えど自然と普段の生活も変わってくるものなのです。

感謝の出来る子になる

掃除や炊事などの家事は、主に親がやる事の方が多く子供の多くが「やって貰って当たり前」という感覚を持っている事でしょう。

しかし、子供にも家事に協力を求めて実際に経験させる事で「やって貰って当たり前」という感覚が薄まり何かをして貰えればきちんと感謝の出来る子になるでしょう。

教育の一環として家事を子供にさせる親は最近では少なくないのです。

子供のためにもなる

家事を手伝い、生活する為にどんな事をしなければいけないのかを知るという事はズボラ主婦が楽をする為だけではなく子供自身にも自立心を育てる意味でためになります。

全てを親任せで生活していた子供がある日突然自立する事になった時、分からない事だらけでとても大変な思いをするでしょう。

しかし、日ごろから家事を手伝っている事で掃除や料理を覚えた子は自立しても勝手が分かっているので困る事が少ないのです。

毎日5分だけ掃除をする

ズボラ主婦を継続させる為には毎日の習慣作りが大切です。

毎日たった5分の掃除をサボる事なく続ける事で一日の大半をゆっくりと過ごす事が出来ます。

思い立った時にため込んだ掃除を一気に片付けるよりも、毎日少しずつ掃除する事で家の中が綺麗な状態を長くキープする事ができますよ。

長時間やろうとするから腰が重くなる

年末の大イベントと言えば大掃除ですよね。

しかし、大抵の主婦が12月に入った頃から「そろそろ大掃除しなきゃなぁ、面倒だなぁ」と億劫に思う事でしょう。

それは長い時間をかけて徹底的に掃除をしようとするからなのです。

人は誰でも嫌な事から逃げたいものです。

更にそれが時間も手間もかかるものなら腰が重くなるのも仕方の無い事ですよね。

毎日少しずつ掃除をしておく事でフットワークを軽くし、掃除も簡単に済ませる様にしておくのがズボラ主婦の極意とも言えるのです。

短時間のほうが集中力が高くなる

多くの人は長い時間集中し続けると疲労してしまいます。

集中力を保つには、それ程に気力体力共消費してしまうものなのです。

1日5分という短時間の設定をする事で、短い時間に深く集中して効率よく掃除をする事ができますし、集中力は継続する事でアップするとも言われています。

最初は1日5分の掃除も億劫かもしれませんが、それを毎日続ける事で何の負担も感じずに短時間で深く集中して効率よく掃除をこなす事ができるようになりますよ。

家計管理はアプリで

主婦の仕事の1つに家計を管理しておく事もありますよね。

たくさんのレシートを清算して家計を把握しながら記録していくのは中々手間のかかるものです。

そんな面倒な家計管理もスマートフォンアプリを使えばサクサク簡単に済ませる事ができます。

自分のやり方にあったアプリを選ぶのが重要ですよ。

家計簿オカネレコ

ある程度しっかりは家計簿をつけていきたいけど、なるべく簡単に手早く済ませたいという人におすすめなアプリが「家計簿オカネレコ」です。

テンプレートで用意されている支出ジャンルを選んで金額を入力するだけの2STEP式なので「今まで色んな家計簿アプリを使ってみたけど続かなかった」という方が「これなら手軽で続けられる」と人気急上昇中の家計簿アプリなのです。

入力画面では簡単に電卓機能を起動できる事もあり、計算しながらの入力も楽々。

入力した家計簿は円グラフや棒グラフで簡単に支出を把握する事ができます。

家計簿レシーピ!

家計簿アプリの入力ですら面倒くさい、という究極のズボラ主婦の為のアプリと言っても過言では無いのがこちらの「家計簿レシーピ!」です。

このアプリの特徴はカメラ機能を使ってレシートを読み込む事で、入力すら無く支出を管理する事ができる所です。

これなら買い物の際のレシートをしっかり保存しておくだけで、後はカメラで撮影すればOK。

金額だけじゃなく、商品内容や買い物をした日付、よく使うスーパーなども記録してくれますよ。

ズボラ主婦は生き方上手?!

「ズボラ主婦」というワードを聞くと、面倒臭がりでだらしないイメージに聞こえるかもしれませんが実はそうでは無く要領よく必要な事をこなしていける能力があるからこそズボラ主婦になれるのです。

「ズボラ主婦」と「手抜き主婦」は似て非なるものである事を勘違いしてはいけません。

ズボラ主婦は実はスゴイ?!

何事にも全力で取り組む事ができれば、それに越した事は無いかもしれません。

しかし、身体も心も1人につき1つしか無い訳ですから全ての物事に対して全力投球してしまうと身体も心もいくつあっても足りませんよね。

自分に必要な事柄を取捨択一して更にそれらの事柄に優先順位をつけて行動ができているズボラ主婦は実はイメージとは真逆の策士タイプである事が多いのです。

ズボラ主婦のイメージとは?

ズボラ主婦と聞いて、まず良いイメージを抱く人は居ないでしょう。

ズボラ主婦には基本的にマイナスイメージばかりですが実際のイメージと行動は異なっている人が多いものです。

単なる怠け者

「ズボラ」とはもともと、しなければいけない事をしていない状態であったり物事に対してだらしないという意味があります。

ズボラ主婦は自分の時間を優先する為に本来主婦に求められる事を簡略化して行っている為、他の家族からすると自分の時間だけを満喫しているように見えて単なる怠け者に見えてしまうのかもしれません。

しかし、実際はやるべき事をやって自分の時間を捻出しているので怠け者とは異なりますね。

面倒くさがりでガサツ

主婦に求められる家事や育児は時間をかけようと思えばいくらでもかけられる物です。

極端な話、テーブルに並ぶドレッシング一つでもスーパーで買う人もいれば、わざわざ手作りする人もいる訳です。

この二つを比べて「どちらが面倒くさがりか?」と聞かれれば10人中10人がスーパーでドレッシングを買う人の事を指すでしょう。

しかし、スーパーで売っているドレッシングも美味しいし食卓に並ぶ分に何も問題無いですよね?

手作りのドレッシングは必ずしも市販されているものより美味しいくコスパが良いのでしょうか?

そんな市販のドレッシングを選ぶ人は果たして「面倒くさがり」の類に入るのでしょうか?

人の目に映る判断基準は、的確なようで曖昧です。

家事を最小限の労力で最短時間でこなしているズボラ主婦は、一見面倒くさがりでガサツに見えるかもしれません。

しかし、最小限の労力と時間で必要な家事をこないしているズボラ主婦は逆を言えば「要領が良く手際が良い事」でもあるのです。

自分のことしか考えていない

自分の時間を捻出する事の上手なズボラ主婦は「あの人はいつも自分のやりたい事をやっている」「自分のことしか考えていない」といった自由奔放で自己中心的なイメージを持たれがちです。

しかし、主婦だからと言って自分の全ての時間を家族の為に尽くす必要があるのでしょうか?主婦だって1人の女性で1人の人間です。

自分で自分の為に捻出した時間を好きに活用して何が悪いのでしょうか?

女性の社会進出が推進されているものの日本人の結婚への概念はまだまだ男尊女卑の意識が抜けきっていないのが現実です。

家庭に入った主婦は家庭に身も心も尽くせなんていう理不尽な考え方だからこそ、ズボラ主婦を自分のことしか考えていない人だと勘違いしてしまうのでしょう。

本物のズボラ主婦はアウト!

チラリと紹介したように「ズボラ主婦」と「手抜き主婦」は似て非なるものです。

必要最低限の事はしっかりとこなして家庭を円満に回すズボラ主婦と、しなければいけない事を後回しにして自分を優先する手抜き主婦は全く違うものなのです。

ズボラ主婦とは本来自分自身で「私ズボラ主婦だから」と言える程度のもの。

他人や家族から「ズボラ主婦」と言われるという事は必要最低限の事すらもきちんとこなせていないという意味である事を忘れてはいけません。

意図的にやっているプロズボラ主婦がいる!

ズボラ主婦の大半は意図的に、家事に優先順位をつけて短時間で終わらせたり上手に家族に協力させて自分は最低限の労力しか使わないでいるプロズボラ主婦です。

ただし、何かをサボったり強制的に家族に押し付けたりしている訳ではないので家族は「うちのお母さんはズボラっではないよ」という認識を持っている事も少なくありませんね。

そこまで上手に自分の思惑通りに家庭を運営していける人こそがプロズボラ主婦なのです。

賢くないとできない!

ズボラ主婦の特徴を紹介していると、「ながら行動」で時間を短縮したり自分以外の人に協力させて最低限の労力で必要な家事を終わらせているように見えますが、これは意外と難しいもので様々な事に優先順位をつけたり配慮したりしないと不満なくこなす事のできないものなのです。

つまりプロズボラ主婦は、物事を計画的に考えて実行できる思考力と行動力、更に家族に気持ち良く家事を協力させるコミュニケーション能力を持ち合わせているような賢い人である場合が多いと言えるのです。

ズボラ主婦になるメリットとは?

現在、家事や育児に追われて息の詰まるような生活をしている主婦の方は是非ズボラ主婦に転向する事をおすすめします。

ズボラ主婦には人生を豊かに生きる事のできるメリットがたくさんあるのです。

真摯に家族と向き合い家族の為だけに尽くす主婦も素敵ですが、自分の幸せや心地よさを優先させる事も悪い事では無いという事を理解しておきたいですね。

精神的なストレスが少ない

最低限の労力と時間でやるべき事を行うズボラ主婦は精神亭なストレスが少ないと言えます。

一から十まで家の事を全て主婦1人で行っているとフと間が差した時に「なんで私ばかりこんな大変な思いをしているんだろう」と思う事もあるでしょう。

しかし、皆で協力しながら家庭という一つの会社を運営しているズボラ主婦は責任の負担も少なく各自が自分の意思で家庭を運営してくれるので精神的ストレスを感じにくいというメリットが言えます。

それでも蓄積されてしまう些細なストレスですらも、自分の時間をしっかりと持っているズボラ主婦は上手に解消できるという面でもストレスに感じにくい事でしょう。

時間を有効に使える

無駄を省いた、短時間集中型のズボラ主婦は必要な事に対して時間を有効に使える賢さを持っています。

やらなければいけない事を必要最低限の時間で終わらせている為に、夫婦の時間や子供と触れ合う時間、自分の趣味の時間など人生を豊かにする為の時間として時間を有効に活用できるというのもズボラ主婦の凄い所ですね。

光熱費などの節約につながる

家事においては短時間や必要最低限で済ませる事で、光熱費の節約になります。

料理の作り置きや残り物リメイクは食費の節約にも繋がりますね。

上手に家事をやりくりしながらも家計を節約するズボラ主婦はある意味、主婦の鏡と言えるでしょう。

気を付けて!ここだけはズボラをしちゃ駄目な所

家庭に関して様々な部分で短縮化を図るのがズボラ主婦のポイントですが「ここだけはきっちりしなくちゃ駄目」というポイントも勿論あります。

主婦として妻として母として、主婦をする上で必ず押さえておくべきポイントを見誤らない事も上手にズボラ主婦になる為には必要な事です。

付き合いはしっかりと行う

親戚関係、近所付き合いなど他人との関わりは気を使う事も多く億劫に思う事も少なくありませんよね。

しかし、一家の主婦として妻として母として親戚付き合いや近所付き合いは欠かせないものです。

ここを面倒に思って蔑ろにしてしまと、あなただけでなく家族の評判が下がってしまう恐れもあります。

面倒でも「ここを頑張れば後は楽ができる」と割り切って付き合いはしっかりとしておきましょう。

ママ友はほどほどでOK

人付き合いの中で特に気を揉むのが子供を介して繋がったママ友との付き合いではないでしょうか?

特に幼少期は、ママ友やその子供と一緒に行動する事も多く「子供の為にもママ友とは良いお付き合いをしなければ」と気負う人も少なくありません。

しかし、子供は段々と自立していくものです。

親同士が仲が良くなったからと言って、子供同士も気が合うというものでは無いし大きくなるにつれて親の知らない交友関係を築いていくものです。

ママ友とのお付き合いは「自分がこの人と仲良くしていたい」と思わない限り程々のお付き合いでも大丈夫なのです。

家族間のコミュニケーション

家事を効率よくこなして出来た時間を趣味に使う人も居る事でしょう。

しかし、趣味に没頭し過ぎて家族間のコミュニケーションを疎かにしてしまうと、いつの間には家庭から笑顔は消えてしまう事でしょう。

夫婦の時間や親子の時間、家族での時間など捻出した時間の中からしっかりと家族間のコミュニケーションを取る為の時間を設ける様に心がけつつ趣味や自分の時間を楽しむ事が重要なのです。

特に夫婦の時間を大切に

結婚して子供が産まれると自然と「夫婦で過ごす時間」というものは減ってしまうものです。

子供が小さい内は家事や育児に翻弄されて疲れ、子供が大きくなって手が離れた頃には夫婦の時間をどう過ごして良いのか分からなくなってしまうという方も少なくないでしょう。

毎日の晩酌の時間や、休日のちょっとしたランチなど普段から家事を効率化して出来た時間に夫婦の時間を取る事で円満な家庭でいられる事でしょう。

【夫婦で楽しく過ごすためのアイディアは、こちらの記事もチェック!】

まとめ

いかがでしょうか?

ズボラ主婦とは実はとてもたくさんのスキルを持っているからこそ出来るハイスペックな主婦なのです。

毎日の事だからこそ、自分に負担を少なく家族の満足度もあげる方法で、笑顔溢れる家庭を保っていきたいものですね。