「男は外で仕事をし、女は内で家庭を守る」なんて昭和の考え方は、最近では古くなってきています。

若い世代の男性の中には、自分が一家の大黒柱になることに不安を感じていたり、妻の収入の方が良いならいっそ自分が専業主夫になりたいと考えていたりする人も増えています。

そうした夫婦における生活の在り方は年々変化していますが、男性が主夫になるにはまだまだ障害も多く、勢いだけで主夫になるのは困難を極めるでしょう。

そこで今回は、主夫になるためには何をすればいいのか、男性がやるべきことをご紹介していきます!

主夫って意外と多い?

仕事を辞めて家庭に入る男性の数は、年々増えています。

とはいえ、まだまだ専業主婦の方が多い世の中です。

主夫をしている人には世間の風当たりが強かったり、さまざまなところから心無い言葉が聞かれたりするのもしょっちゅうです。

それでも主夫の数は意外と増えてきており、それだけ夫婦の生活の在り方に変化が生じてきていることが分かります。

専業主婦になるのも難しいと言われるような厳しい現代社会において、男性が専業主夫になることはさらに難しいとされています。

そのため、基本的には主夫として家事や育児をしていますが、在宅で仕事をしたりパートをしたりして兼業の形をとっている家庭もあります。

また、会社によっては女性もどんどん出世できます。

稼ぎが良い女性の家庭では、男性は完全に専業主夫になっているところもあります。

主夫はまだまだ当たり前にはなっていないものの、そうした夫婦の形は確実に少しずつ世の中には定着してきています。

▼【関連記事】主夫のメリット・デメリットは何?こちらの記事を先にチェック!
主夫の5個のメリット・デメリット。世間からどう見られる?

主夫になるためにやるべき6個のこと

もしも自分が仕事を辞めて主夫になりたいと思うなら、必ずやっておかなければならないことがあります。

必要なことを何もしないまま、その場の勢いだけで専業主夫になってしまうと、後々かなり大変なことになってしまうでしょう。

また、専業主婦であっても、離婚や夫の死などで1人身になった後は生活が困窮することが多いため、主夫ともなるとその苦労はさらに大きいことが予想されます。

主夫になるためには、女性以上にあらゆることをきちんと事前に調べて把握をし、準備をしておく必要があるでしょう。

では、具体的にはどのようなことをやっておけばいいのでしょうか?

主夫になるためにやるべきことを以下に挙げていきます。

主夫になることを許してもらう

主夫になるには、何よりもまずパートナーである女性の理解が必要です。

もし妻の方が夫よりも稼ぎが良く、夫が仕事を辞めても余裕で生活を送っていけるのなら、まだ女性からの許可はおりやすいかもしれません。

けれど、女性によっては体裁のために夫にも立派に仕事をしていてもらいたいと考える人もいます。

いくら自分の稼ぎが良くても「男は働くもの」という固定観念がある人では、主夫など許してはくれないでしょう。

また、夫婦共働きで今でもギリギリの生活をしている家庭では、ただでさえ経済的に苦しいのに夫が仕事を辞めることなど到底許してはもらえないでしょう。

さらには、妻の方が「専業主婦になりたい」という希望があるのなら、どちらが家庭に入るかで揉めてしまうこともあります。

女性が男性の働き方や在り方についてどのように考えているかによって、男性が主夫になれるかどうかも大きく変わってきます。

1人が仕事を辞めても生活していける状態で、なおかつどうしても自分が主夫になりたいという場合には、どんなに反対されても時間をかけて妻を説得する必要があるでしょう。

もし勝手に仕事を辞めて「今日から主夫になる」などと宣言をしようものなら、妻から三行半をつきつけられてしまうことは必至でしょう。

家計を把握する


主夫になるためには、毎月の家計をきちんと把握する必要があります。

自分が働いている時には、遊びや飲みに出かけたり、欲しいものを買ったりすることも自分の財布からできていた人も、主夫になったら早々欲しいものなど好きに買うことはできません。

専業主夫であれば稼ぎ頭は妻になりますので、何か欲しいものがあれば必ず妻の許しを得なければならなくなります。

妻の顔色を伺って、毎回欲しいものをおねだりすることにプライドが許せないという人には、主夫は向いていないでしょう。

また、ひと月分の生活費をきちんと把握して、かつ上手にやり繰りできなければ、家計を回していくことはできません。

自分が働かないのなら、パチンコのようなギャンブルや趣味にも一切お金を使えなくなる覚悟は必ず必要です。

もし在宅の仕事やパートで働くのであれば、自分のお小遣い程度は稼げるかもしれません。

それでも何かをする時には家計に負担がかからないようにしなければならないため、毎月の支出で神経を使うことは確実でしょう。

料理を勉強する


主夫になったら、家事や育児は必須です。

最近では専業主婦でも休みの日には夫に手伝ってもらったり、兼業の家庭では家事を半々に負担したりなど、さまざまな形があります。

例え主夫になったからといって家のことすべてをしなければならないということはないでしょう。

とはいえ、最初に夫婦の約束で「自分が家事をすべてやる」と交わしてしまったのなら、例え休日に妻がだらけていても家事を手伝わないことに文句を言うことはできません。

また家事では炊事や洗濯、家の掃除や育児などそれなりに大変ですが、何よりほぼ毎日妻に料理を振舞うことになりますので、料理は必ず作れるようになっておかなければならないでしょう。

世の中には「メシマズ嫁」と言われるように、驚くほど料理ができずに夫が困っている家庭もあります。

けれども、男性が自ら主夫の道を選ぶのなら、「メシマズ夫」にだけはならないように、きちんと家庭料理も勉強する必要があるでしょう。

家事を完璧にする

仕事を辞めて家庭に入るのなら、家事は完璧にこなさなければなりません。

何故なら、外に働きに行く人はそれがその人の仕事であり、家庭を守る人は家事をこなすことがその人の仕事だからです。

お互いにあてがわれた役割である仕事をきちんとこなすことで、初めて夫婦は平等で対等の存在になれます。

体調不良のように事情がある時には仕方ありません。

ですが、普段から家事をサボっている人は、仕事をまともにしていないことになります。

これが外での仕事であれば、サボりがちな人などクビになるか、給料が下がってしまうかのどちらかでしょう。

家事はしたことがない人からすれば、簡単で気楽で、そこそこ手の抜けるものだと思えるかもしれません。

しかし実際には、一生懸命にやっていればあっという間に掃除だけで一日が終わりますし、体力も気力も使うことが多いです。

それでも主夫になりたいと思うなら、家事はきちんと完璧にこなす心構えをしておくべきでしょう。

心に余裕を持つ

主夫になる以上は、心に余裕を持つようにしましょう。

最近では主夫の数も増えてきていますが、まだまだ世間一般に定着しているとは言えません。

昔ながらの考え方で、「男は仕事をするものだ」という意見も多く見られます。

そのため、主夫になればあちこちから心無い言葉を投げつけられたり、馬鹿にされたり、見下されたりすることが増えます。

幼稚園へ子どもの送迎に行けば、周りの主婦からは奇異な目で見られることもしょっちゅうでしょう。

また、昼間にスーパーで買い物をしたり、家のことをやっていたりすれば、「あの人は働いていないの?」と近所の人達から白い目で見られてしまうこともあるでしょう。

さらに、自分の家族や親族、また妻の家族や親族からもいろいろと非難されたり、馬鹿にされたりすることもあるかもしれません。

主夫はまだ世間に広く認められているわけではないため、堂々とそうした心無い言葉や視線を向けてくる人も多いです。

そのためそれらがストレスになってしまって、心に余裕がなくなってしまうこともあるでしょう。

けれども、妻が理解を示してくれているのなら、自分には強い味方がいるのだということをきちんと胸に刻み付けて、自分の生き方に自信を持ちましょう。

「自分は主夫になることを選んだのだ」と堂々と自信を持って過ごしていれば、周囲もあまり煩く言うのはばつが悪くなるでしょう。

何も悪いことも疚しいこともしていないのですから、主夫になることを決めたのなら、そんな自分の生き方にしっかりと自信を持ち、心の余裕を忘れないことが大切です。

時間をしっかり管理する

夫婦で自分が働いている内は、朝は仕事に間に合うように起床すれば問題はないですし、食事やスーツ、会社の準備なども妻が仕度をしてくれていることがあります。

つまり自分は身支度だけ整えたら、そのまま家を出ればいい状態ですので、家庭での時間の管理を意識することはあまりないでしょう。

しかし主夫になると、妻とは立場が逆転します。

朝は今まで以上に早起きをして、妻が仕事に行けるように食事の支度や家のことをあれこれとやっておく必要があります。

そして妻を送り出したら家事をして、妻が帰ってくる頃までに夕食の支度をするなど、時間をしっかりと管理する必要があります。

そうした時間の管理ができなければ、妻が起きた時や帰ってきた時に喧嘩が起きてしまうこともあります。

主夫になるのなら、今まで以上にきちんと時間の管理ができるようになっておきましょう。

専業主夫のデメリットって?

専業主夫のデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

第一に、まだまだ日本では専業主夫の数が少ないことが挙げられます。

そのため世間一般にあまり馴染みがなく、男性が家庭に入ることへの理解が周りからなかなか得られないという問題があるでしょう。

広く普及していないという事実によって、さまざまな問題やデメリットが生じてきます。

それらの専業主夫であることの具体的なデメリットを以下に挙げていきます。

社会復帰が難しい

専業主夫になるということは、会社を辞めて完全に家庭に入るということです。

つまりは妻の扶養に入り、自分は家事や育児に専念するということですので、仕事をしなくなる場合が多いです。

主夫の中には在宅で仕事をしたり、パートに出たりする人もいます。

ですが、きちんとした正社員という形での雇用ではなくなりますので、もし社会復帰をしようとした場合には、簡単に復帰できないというデメリットがあります。

日本の会社では、離職期間が長いと再就職がし難いという現状があり、それが例え専業主夫や親の介護などの事情があったとしても、なかなか考慮してもらえないことが多いです。

専業主婦でも社会復帰が難しいのに、それが主夫ともなれば、会社によっては偏見も入り、雇ってくれないところが少なくはないでしょう。

一度は専業主夫になったものの、離婚や死別などで再び社会復帰をせざるを得なくなる可能性は誰にでもあります。

そうなった場合に、どうしても社会復帰が難しいというデメリットがあるでしょう。

家事に関するプレッシャー

専業主夫になれば、当然のように家事や育児を夫が負担することになります。

妻が外で仕事をするのなら、夫は家で家事という名の仕事をしますので、家事に関してはほぼ完璧にこなさなければならないでしょう。

もちろん体調不良や事情がある時には家事ができないこともあります。

それ以外では「家事が完璧にできて当たり前」という基準を押し付けられることになりますので、そのプレッシャーに耐えられないこともあります。

妻によっては多少夫が家事に不得手でも、笑って許してくれることもあります。

ですが、厳しい妻の場合には「完璧にできるのが当たり前」という考えになります。

夫がそれを満たせていなければ、容赦なく妻から怒られることになります。

家事に関することで妻に怒られることに対してプライドが傷ついてしまう人や、自分よりも家事が不得手な女性に容赦なく怒られることにストレスを感じてしまう人の場合は、専業主夫になるのは難しいかもしれません。

収入が減る

専業主夫になると、当たり前ですが収入がガクンと減ります。

自分が働いていた時に得ていた収入のほぼすべてがなくなるということです。

収入は激減するどころか、今後は一切なくなることも覚悟しなければなりません。

例え退職金をもらったとしても、この先自分が働かないのであれば、貯めたお金も減る一方ですので、いずれは底を尽きてしまいます。

そして何もかも収入が妻頼みになった時には、自分からはほとんど欲しいものをねだることも、自由に遊びに行くこともできなくなってしまいます。

妻からお小遣いをもらえても、その中で自分なりにやり繰りをしなければなりません。

無駄遣いなどもってのほかになります。

妻の収入だけで生活を送れるのなら、自分は一切のお小遣いも必要ないと考える人であれば、収入が減っても問題はないでしょう。

けれどもギャンブル好きや買い物好きで、自分が欲しいものにはとことんお金をかけたい人にとっては、収入が激減することには耐えられなくなるかもしれません。

パパ友が少ない

専業主夫の数は年々増えてきているといっても、自分の住んでいる地域で他にも専業主夫がいるかというと、恐らくいないことの方が多いでしょう。

専業主夫の世帯は固まって住んでいるわけではありませんので、社宅で自分以外の家庭はすべて男性が働いているという環境でも何も珍しくはありません。

そうなるとママ友ならぬパパ友の存在など、皆無に等しいこともあります。

ネットで検索すれば、同じように専業主夫の生活を送っている人のブログを読めたり、コミュニティに自分も参加したりすることはできます。

けれどもオフ会などに参加するのは時間も手間暇も費用もかかります。

ちょっと外に出た身近なところでパパ友を作ることはまだまだ難しいでしょう。

同じような境遇の人がいないと、自分の気持ちを理解してくれる人が周りにはいませんので、精神的なストレスや疲労感を抱えてしまうというデメリットもあります。

専業主夫のメリットは?

専業主夫になるというと、デメリットばかりがつい思い浮かんでしまいます。

しかし、主夫になることで得られるメリットもあります。

その中でも1番のメリットは、会社に勤めなくてもいいということでしょう。

会社の人間関係や上司との関係に苦しんでいた人にとっては、会社から解放されることは心底幸せなことです。

ちょっとくらい世間の目が冷たくても気にならないことでしょう。

また、仕事内容がきつくてついていけない人や、元々家事や育児の方が性に合っていた人にとっても、会社を辞めて専業主夫になることは心身の負担が減ります。

ストレスも少なく生活していけることでしょう。

主夫になることで、そうしたさまざまなメリットを得られる場合もあります。

さらに具体的なメリットについて以下にご紹介していきます。

子どもの成長を見守れる

日々仕事に追われていると、なかなか子どもの成長を見守ることはできないでしょう。

平日は仕事で子どもの面倒などみる暇がなく、休日は会社の接待や寝て過ごしてしまって、子どもの相手をまともにできないこともあるでしょう。

子どもによっては父親よりも、母親に懐くことがあります。

そうした場合は子どもと父親とが触れ合う時間が短いことで、子どもの信頼や愛情がほとんど母親へ向いてしまうため、父親と子どもとの距離が生まれてしまうことも原因の1つだと考えられます。

しかし専業主夫になれば、妻以上に子どもの面倒をしっかりとみることができます。

日々子どもの成長を見守り、そばで一緒に過ごすことができます。

子ども好きな人や家庭的な男性の場合は、仕事よりも育児に専念したいと考えることもあります。

男性のタイプによっては専業主夫になった方がメリットは大きいでしょう。

時間に余裕ができる

専業主夫になると、会社勤めの時よりも拘束時間が減ります。

そのため、時間に余裕ができます。

とはいえ、朝は妻よりも早く起きて朝食の支度や洗濯などをしなければなりません。

子どもがいれば日中は家事だけでなく育児にも追われます。

また夜は妻が帰る時間帯を見計らって夕食の支度をしなければなりません。

まるきり一日中自由な時間というものはないでしょう。

けれども会社勤めのように、決まった時間会社に拘束されることはありません。

早く家事を終わらせれば空いた時間は自分の自由に過ごすことができます。

専業主婦でも同じことですが、きちんとやることさえやっていれば、空いた時間は昼寝をしても、読書や映画鑑賞を楽しんでも、友達と出かけても何をしてもいいのです。

そう思えば、時間の使い方はいろいろあります。

計画的に行動すれば自分の趣味や好きなことに時間を費やすことも可能でしょう。

仕事よりも私生活を大切にしたい男性にとっては、主夫は最適な役割かもしれません。

社会保険料の負担が少ない

夫婦で片方が扶養に入ると、社会保険料の負担が少なくなります。

そのため経済的になりますし、家計への負担も減って助かることが増えます。

とくに夫婦のどちらかが病気をするなどして、通院したり入院したりすることになった場合には、家庭への負担は減ります。

もしもの時にも安心できるでしょう。

ストレスが少ない

専業主夫になれば、少なくとも会社勤めの時のようなストレスからは解放されます。

上司のご機嫌伺いをする必要もなければ、同僚や部下の尻拭いをする必要もありません。

顧客に頭を下げることもしなくていいですし、周りの人達に気を遣って生活することが少なくなるため、精神的な負担はかなり減るでしょう。

しかしその一方で、専業主夫になったからこそのストレスというのもあります。

「男は働くもの」という考えの人が周りにいれば、自分が主夫をしている間中非難したり見下したりと、大きなお世話のことを言ってくるでしょう。

また、周囲の理解を得るのも難しいですし、最悪の場合には義両親との関係も悪くなってしまうこともあります。

それでも社会に出ている時のストレスに比べれば、自分がストレスを感じる範囲そのものは狭まります。

非難を覚悟で専業主夫になったのなら、自分に向けられる心無い言葉はすべてスルーできれば、毎日がストレスも少なく、充実して過ごせるようになるでしょう。

主夫初心者が家事を上手くこなす方法って!?

専業主夫になったのはいいものの、ほとんどの人は主夫の初心者でしょう。

一人暮らしの経験者であれば、それなりに家事全般はできる人もいます。

ですが、自分以外の人の面倒も一緒にみることになりますので、少なからず妻や子どもに対しては気を遣う必要があるでしょう。

また、一人暮らしの経験もほとんどない人であれば、家事も手探り状態からです。

最初の頃は家事のやり方で妻と喧嘩になることもあるでしょう。

そんな主夫初心者の人が、できるだけ家事を上手くこなすためにはどうすればいいのか、その方法を以下にご紹介していきます。

洗い物を減らす

洗い物は、工夫することで減らすことができます。

例えば昼食時など、自分1人だけで食事をする時には、洗わなくてもいいようにボウルやフライパンに料理が乗った状態のままで食べてしまえば、少々行儀は悪いですが洗い物を減らすことができるでしょう。

また、家族で食事をする時にも、1皿に1品ずつ乗せるのではなく、同じ皿に上手く盛り付けることで洗う皿の数を減らすことができます。

さらには、料理を作っている時に、作りながら同時に洗い物をこなせるようになれば、食事を終えた時の洗い物を少なくすることができるでしょう。

洗い物は工夫すれば減らすことができます。

日々「どうすれば洗い物を減らせるか」を考えながら料理をするようにしましょう。

小まめに掃除する

掃除は小まめにしていれば、短時間でも家を綺麗にすることができます。

しばらく掃除をせずにそのまま放置しておくと、あっちもこっちも埃が溜まり、また汚れは落ちにくくなってしまいます。

けれども、毎日小まめに掃除をしていれば、しつこい汚れが壁や床などに付着することはなくなりますし、水場にカビが生えることもなくなるでしょう。

何よりも、小まめに掃除をしておくと、いつどんなタイミングで誰が家に訪ねてきても恥ずかしくなくなります。

急に妻が会社の同僚や友達を連れてきたり、義両親が遊びに来たりしても、家の中が綺麗なら堂々と家にあげることができるでしょう。

リビングのような人目に付きやすい場所は、荷物をどかせば咄嗟に綺麗にすることは可能でしょう。

しかしトイレや風呂場などは日頃からきちんと掃除をしていないと見る人にはすぐにそれがバレてしまいます。

恥をかかないためにも小まめな掃除を心がけましょう。

朝やるものと夜やるものを分ける

家事は一度にやればいいというわけではありません。

時間帯やタイミングによっては、同じような作業を二度もしてしまうことになりかねません。

最初から朝やるものと夜やるものとを分けておきましょう。

例えば朝は洗濯を必ずやり、夜には取り込んだ洗濯物をたたむなど、順序だてて家事を行うことで、無駄を省いて効率的にやるべきことをこなすことができるでしょう。

どんなふうに家事を分けていけば分からないという人は、ネットや本で家事のやり方を調べるなり、友達の専業主婦に聞くなりして情報収集を欠かさないようにしましょう。

朝やるものと夜やるものとをきちんと分けて家事ができるようになれば、今まで以上に効率的で無駄なく家事をこなせるようになるでしょう。

朝ご飯は前日の夜から仕込む

朝ご飯をいちから作ろうと思うと、朝はかなり早起きをしなければならなくなります。

主夫になり立ての頃は気合いが入っているため、例え朝の4時半起床でも頑張れるかもしれません。

けれども、主夫生活が長く続いてくると、朝ご飯を作るためにわざわざ早起きをするのは段々と辛くなってくるでしょう。

朝起きるのが辛くなってきたら、朝ご飯は前日の夜から仕込んでおくようにしましょう。

例えば前日の夜ご飯の余りを活用すれば、立派な朝ご飯にすることもできます。

そのまま全く同じものを出せば手抜きになってしまうため、味付けを変えたり盛り付けに一工夫を加えたりすることで、文句なしの朝ご飯になるでしょう。

また、夜に仕込みをしておくと、朝は起きてすぐに朝ご飯の支度をすることができます。

もし夫婦で狭い家に住んでいるのなら、余り早くから夫がカチャカチャと朝ご飯の支度をしていると、その音で妻が起きてしまったり、煩いと怒られてしまったりするかもしれません。

そうしたリスクを減らすためにも、できるだけ前日の夜から翌朝のご飯を仕込んでおいた方がいいでしょう。

顔を洗うついでに洗面所を拭く

専業主夫になると、「ながら作業」をすることで家事をより効率化させることができます。

例えば朝、顔を洗うついでに洗面所を拭いておけば、洗面所は綺麗な状態で保てるでしょう。

その後で起きてきた妻が洗面所を使う時にも、綺麗な状態なら「ちゃんと家事をやってくれているのだな」と感じることでしょう。

これと同じように、例えばトイレを使用したらついでにトイレ掃除をする。

お風呂に入った時に一緒にお風呂掃除をする。

など、自分が何かをするついでにながら作業で掃除も一緒にやっておくことで、毎日小まめな掃除を心がけることができるでしょう。

料理初心者の主夫におすすめの料理は!?

専業主夫になったのはいいものの、料理初心者のために手料理で妻をガッカリさせてしまった、なんてことになったらそれこそ専業主夫の面目が丸つぶれになってしまいますよね。

主夫になったのならある程度の料理は作れるようにならなければなりません。

ですが、いきなり難しい料理は失敗してしまう可能性がありますし、必要以上に手間暇がかかってしまって大変です。

そのため、料理初心者の内は比較的簡単で、かつ万人受けするようなメニューを作れるようになっておいた方がいいでしょう。

男女問わず誰もが好んで食べる料理と言えば、例えばカレーライスや親子丼、チャーハンや焼きそばなどでしょう。

チャーハンやラーメン、焼きそばなどは「男の料理」と言われることも多く、多少豪快に作っても美味しくできるレシピが多いです。

まずは自分が作りやすいものから確実に作れるようにしていって、妻に美味しい料理を振舞えるようになりましょう。

夫婦の形はそれぞれです。主夫になるには話し合いが大切!

夫婦の形はそれぞれです。

例え友達や知人、親戚などが「男は働くものだ」と言っても、自分が専業主夫になることを望んでいるのなら、自分の意志に従って主夫になればいいのです。

しかしそのためには、何よりもパートナーである妻の理解が必要です。

自分が主夫になりたくても妻がダメだと言うのなら、妻に頷いてもらえるまではひたすらに話し合うことが大切です。

話し合いの結果妻が了承してくれるのなら、その時にはきちんと覚悟を決めて、自分が専業主夫になる道を選びましょう。