CoCoSiA(ココシア)

専業主婦が勝ち組とも言える10個の理由


「専業主婦」、最近にわかにクローズアップされてきた感がありますよね。

結婚しても一緒に共稼ぎする夫婦が定番化していた時代が続いていたようだと思っていたのですが…。

時代の移り変わり感は早いな、という感じが致します。

いずれにしても結婚して家庭に収まる。

主婦にとったらどうやらこの「専業主婦」という形が、結婚生活において最も勝ち組に収まるトレンドというイメージになっているようですね。

それでは専業主婦が勝ち組と言える10個の理由を紹介していく事に致しましょう。

この記事の目次

専業主婦が勝ち組とも言える10個の理由を紹介!

多くの結婚生活のスタイルにおいてどうして専業主婦が勝ち組と呼べるのか?10個の理由をご紹介致します。

1.時間的な余裕ができる


専業主婦となって結婚生活を送るうえで、最も手に入る重要なものが「時間」でしょう。

結婚前は自分の事だけで精いっぱい。

毎日の会社への出社の為の準備、それに伴う諸々の用事や作業。

とにかく自分の事でありながら、ほとんど自分の意に即した時間の使い方が出来なかったのは否定できませんね。

ところが結婚して専業主婦になることにより外で仕事をするために使われていた時間がそっくり帰ってくるようになりました。

誰からも拘束されない時間です。

自分の気持ち一つで何とでも使える時間を持つことが出来るのです。

家事をしっかりこなせる

専業主婦となって時間が自由に使えるようになった最大のメリットは「家事」をしっかりと行えるようになった事に他なりません。

「専業主婦になる=家事を専門に行う」これが勝ち組の一つの理想のスタイルと言えるのでしょう。

特に新婚時代は自身の家事の腕前が問われます。

旦那さんからはあまり多くの注文を聞かされないかも分かりませんが、代わって何と言いっても脅威となるのが旦那さんのお母さん。

つまり姑です。

結婚当初は先方も心配して、何だかんだと理由をつけては新婚家庭にお邪魔してくるかも分かりません。

その時に当然ながら新婦の働きぶりはチェックしています。

よって、時間が自由にある分、家事の手際よさの中身が問われてきます。

最初は慣れない事の連続で気を遣う事も頻繁でしょう。

しかし旦那様の世話を焼くのは専業主婦となったあなたの特権です。

口を差し挟まれないようにするためにも、最初が肝心というつもりでスタートを切りましょうね。

2.夫婦の時間を作れる


専業主婦が勝ち組と言える理由の2つ目、それは「夫婦の時間を作れる」という事です。

これも時間的な余裕があるからこその大きなメリットですね。

結婚すればお互いが付き合っていた時よりも一緒にいる時間を多く長く作れる事は想像に難くありません。

だからこそより夫婦間の絆も深まりますし、親密度も増します。

付き合っていた時の時間よりもはるかに密度の濃い、より生活に根差した関係が始まるからですね。

この部分が専業主婦を選択した場合の大きな勝ち組要素と言えるのです。

何故ならば、結婚してからの夫婦が一緒になる時間が少なくなったり、すれ違いが多くなって顔を合わす時間が減ってしまったりすると、最も恐れていた「離婚」という現実が二人に覆いかぶさってくるからです。

と、いう事で新婚のうちは家計が許す範囲内で奥さんは家にいる方がいいですよね。

完璧な専業主婦を目指すのが難しくても何とかして時間を作って夫婦が一緒に過ごす時間を多く取る努力をやっておいた方が後々のためにもいいでしょう。

夫婦間のケンカの原因も減る

昔から夫婦喧嘩は犬も食わない、というくらい夫婦喧嘩はお互いの感情が剥きだしになった激しいものと相場が決まっています。

さてあれだけ仲が良くてお互い一緒になったはずなのに、どうして付き合っていた時には想像もできなかったようなケンカになってしまうのでしょうか?

考えられる原因の一つに、お互いの接点が少なくなってしまう事が挙げられるでしょう。

いくら仲が良かった二人でも、いくら同じ屋根の下に一緒に住んでいたとしても、話も出来ないような環境になってしまったら、どうしようもないという事なのです。

これが共働きによる最大の弊害でしょう。

双方とも昼間は仕事に出ていて帰ってきたらヘトヘトでしょう。

独身の時は自分の事だけやっておればよかったのに、結婚したら一気に子供に帰ってしまった旦那さんの面倒まで見なければならない。

夫婦間の安らぎを通り越して煩わしい、と言う思いだけが奥さんの頭の中に残るのかも分かりません。

しかし、専業主婦ならば時間的な余裕があります。

時間が全てを解決してくれるのです。