「専業主婦」、最近にわかにクローズアップされてきた感がありますよね。

結婚しても一緒に共稼ぎする夫婦が定番化していた時代が続いていたようだと思っていたのですが…。

時代の移り変わり感は早いな、という感じが致します。

いずれにしても結婚して家庭に収まる。

主婦にとったらどうやらこの「専業主婦」という形が、結婚生活において最も勝ち組に収まるトレンドというイメージになっているようですね。

それでは専業主婦が勝ち組と言える10個の理由を紹介していく事に致しましょう。

専業主婦が勝ち組とも言える10個の理由を紹介!

多くの結婚生活のスタイルにおいてどうして専業主婦が勝ち組と呼べるのか?10個の理由をご紹介致します。

1.時間的な余裕ができる


専業主婦となって結婚生活を送るうえで、最も手に入る重要なものが「時間」でしょう。

結婚前は自分の事だけで精いっぱい。

毎日の会社への出社の為の準備、それに伴う諸々の用事や作業。

とにかく自分の事でありながら、ほとんど自分の意に即した時間の使い方が出来なかったのは否定できませんね。

ところが結婚して専業主婦になることにより外で仕事をするために使われていた時間がそっくり帰ってくるようになりました。

誰からも拘束されない時間です。

自分の気持ち一つで何とでも使える時間を持つことが出来るのです。

家事をしっかりこなせる

専業主婦となって時間が自由に使えるようになった最大のメリットは「家事」をしっかりと行えるようになった事に他なりません。

「専業主婦になる=家事を専門に行う」これが勝ち組の一つの理想のスタイルと言えるのでしょう。

特に新婚時代は自身の家事の腕前が問われます。

旦那さんからはあまり多くの注文を聞かされないかも分かりませんが、代わって何と言いっても脅威となるのが旦那さんのお母さん。

つまり姑です。

結婚当初は先方も心配して、何だかんだと理由をつけては新婚家庭にお邪魔してくるかも分かりません。

その時に当然ながら新婦の働きぶりはチェックしています。

よって、時間が自由にある分、家事の手際よさの中身が問われてきます。

最初は慣れない事の連続で気を遣う事も頻繁でしょう。

しかし旦那様の世話を焼くのは専業主婦となったあなたの特権です。

口を差し挟まれないようにするためにも、最初が肝心というつもりでスタートを切りましょうね。

2.夫婦の時間を作れる


専業主婦が勝ち組と言える理由の2つ目、それは「夫婦の時間を作れる」という事です。

これも時間的な余裕があるからこその大きなメリットですね。

結婚すればお互いが付き合っていた時よりも一緒にいる時間を多く長く作れる事は想像に難くありません。

だからこそより夫婦間の絆も深まりますし、親密度も増します。

付き合っていた時の時間よりもはるかに密度の濃い、より生活に根差した関係が始まるからですね。

この部分が専業主婦を選択した場合の大きな勝ち組要素と言えるのです。

何故ならば、結婚してからの夫婦が一緒になる時間が少なくなったり、すれ違いが多くなって顔を合わす時間が減ってしまったりすると、最も恐れていた「離婚」という現実が二人に覆いかぶさってくるからです。

と、いう事で新婚のうちは家計が許す範囲内で奥さんは家にいる方がいいですよね。

完璧な専業主婦を目指すのが難しくても何とかして時間を作って夫婦が一緒に過ごす時間を多く取る努力をやっておいた方が後々のためにもいいでしょう。

夫婦間のケンカの原因も減る

昔から夫婦喧嘩は犬も食わない、というくらい夫婦喧嘩はお互いの感情が剥きだしになった激しいものと相場が決まっています。

さてあれだけ仲が良くてお互い一緒になったはずなのに、どうして付き合っていた時には想像もできなかったようなケンカになってしまうのでしょうか?

考えられる原因の一つに、お互いの接点が少なくなってしまう事が挙げられるでしょう。

いくら仲が良かった二人でも、いくら同じ屋根の下に一緒に住んでいたとしても、話も出来ないような環境になってしまったら、どうしようもないという事なのです。

これが共働きによる最大の弊害でしょう。

双方とも昼間は仕事に出ていて帰ってきたらヘトヘトでしょう。

独身の時は自分の事だけやっておればよかったのに、結婚したら一気に子供に帰ってしまった旦那さんの面倒まで見なければならない。

夫婦間の安らぎを通り越して煩わしい、と言う思いだけが奥さんの頭の中に残るのかも分かりません。

しかし、専業主婦ならば時間的な余裕があります。

時間が全てを解決してくれるのです。

先手を打って旦那さんが喜ぶような事を奥さんもやってあげられます。

自ずとそこには夫婦間のケンカになる要因はグッと減っていくでしょう。

専業主婦になって勝ち組の栄華を味わえる貴重な経験をすることができる数か月をあなたは獲得できたのですね。

3.いつ子供ができても大丈夫


専業主婦が勝ち組と言われる理由の3つ目は「いつ子供ができても大丈夫」という安心感です。

専業主婦にとって、自分の楽しみだけのための時間も欲しいでしょうが、夫婦になって究極の目標となるのは、やはり子供でしょう。

中には最初から子供は作らない、という方針の元で結婚されている夫婦もありますが、そういった夫婦は共働きを前提に結婚されているのではないでしょうか?

時間が余りある奥さんにとったら、結婚して1年後くらいが子供が欲しくなるタイミングではないでしょうか?

仕事をしてないのでいつ子供ができてもいい

専業主婦にとったら、仕事をしていない分、いつ子供ができても万全の態勢で準備することが出来ます。

女性が一たび、妊娠できればそれに伴う諸々の準備や用事、やらなければならない事は当の奥さんにも思いもよらないような事が目白押しにやってきます。

妊娠・出産は仕事を抱えながらでもやれない事はないかも分かりませんが、行動の不自由さや精神的な不安などを考えると、自宅に待機して静かに出産の準備を行うほうがはるかに安全で母体の健康のためにも理想的なのは言うに及びません。

子供が出来る事に対する一切の不安感を感じずに済む。

これこそが専業主婦が勝ち組と言い切れる、とっておきの理由でしょう。

4.子育てに専念できる

専業主婦が勝ち組と言える4つ目の理由は「子育てに専念できる」という事です。

共稼ぎの夫婦の方が専業主婦の方と較べて大きく時間の不足を感じさせられる要素の一つがこれですね。

母親が子育てに専念できるということは産まれてきた赤ちゃんにとっても子供が小学校に入学する約6年間においても非常に有意義な時間といえるのです。

子供との時間を作れる


一般的に子供が母親を必要とする時期は小学校低学年くらいまででしょうか?幼児期から小学校低学年に至るまで、母親と父親、どちらが子供の成長にとって必要かといえば改めて考える事もないほど母親の存在です。

赤ちゃんの時の母乳。

おむつや寝付かす時の子守歌。

抱っこされた時の匂い。

全てが幼少期のかけがえのない思いでとして子供心に刷り込まれていきます。

残念ながら父親が同じ事を懸命にやったとしても子供の反応としては全然、違うようですね。

専業主婦となった奥さんも、旦那さんの妻から子供の母親へと変化できる貴重な時期です。

恐らく専業主婦をやっていて本当に良かった、と心から実感できるでしょうね。

5.子供が病気になっても側にいてあげることができる

専業主婦が勝ち組となれる5つ目の理由は「子供が病気になってもすぐに対処できる」という事です。

子供は不意の発熱や急病は頻繁に起こしてしまいます。

ここが大人と子供の大きな違いなわけですが、もしあなたが共働きで子供の面倒を保育園や自身の父親・母親に任せていたりすると、咄嗟の対応の為、右往左往する羽目となり、何とかその場は納める事が出来ても母親としての責任を果たせていないという自責の念に襲われてしまう結果となってしまいます。

ひどい時はそれで精神を病んでしまう可能性もあるのです。

どんなときも子供を守ってあげれる

しかし、専業主婦として、いつも子供の側にいてあげる事ができたら初期対応において時間をロスさせてしまう事はグッと減るでしょう。

何をおいても子供を思う母親の気持ちに勝るものはありません。

もし子供が熱を出したなら何を置いても病院に懸け付けられるでしょうし、寝ずの看病も母親ならではの業です。

この部分が圧倒的に共働きの母親に勝っているのは言うに及びません。

専業主婦が勝ち組と言われる由縁、それは「母は強し」を地でいけるところでしょうか。

6.仕事のストレスがなくなる

専業主婦が勝ち組と言える理由の6つ目は「仕事によるストレスがなくなる」という事です。

昼間は仕事、夜は急いで帰宅して買い物もやってきて急いで食事の支度を始める。

子供がいないうちならば、何とかこのような生活でもやっていけるでしょう。

多少の仕事の愚痴も子供がいないならば我慢することも出来るかも分かりません。

しかし、例え子供がいなかったとしても仕事のストレスというのは知らない間にどんどん蓄積していきます。

共働き生活が1年も続けば最初の頃のような精神状態でいられなくなる可能性は否定しにくくなっていきます。

イライラして家族に当たることもなくなる

共働きをやっていて旦那さんが困ってしまうのは、奥さんが仕事の疲れで段々、文句や不満を言うようになっていく事のようですね。

しかし、原因を突き詰めれば夫婦で共同で助け合う作業の割合が奥さんに偏り過ぎているから起こってしまう現象なのかもわからないのですが。

外に働きに行けば否が応でも人間関係に苦しめられます。

聞きたくない愚痴や悪口も聞かされます。

言いたくもないお世辞やおべんちゃらも使わなければならない時も出てくるでしょう。

まさに会社での仕事はストレスの溜まることばかり。

専業主婦になって自分の時間を持って楽をしたい!と言う願望が重なってますますストレスが溜まってしまい、言いたくもない事を家族に行って当たってしまうかも分かりません。

そうなってしまったらせっかくの自分の家族も気持ちがバラバラになってしまうでしょう。

専業主婦の奥さんが仕事でストレスを抱えることはまずないでしょう。

しかし、その他の事が原因でストレスが溜まる事もあります。

100%専業主婦だからイライラして家族に当たる事は一切ない、とも言い切れないかもわかりませんけどね。

7.夫の負担も減る

専業主婦が勝ち組と言われる理由の7つ目は「自分が家にいる事によって夫の家事全般に関する負担を減らす事が出来る」という事です。

共働きで夫婦二人が外に働きに出れば、必然的に家事の分担を決めておく必要が出てきます。

ところが多くの場合は旦那さんの仕事の方が帰宅が夜遅くになることが多いのではないでしょうか?

そうなってくると自ずと奥さんの方に家事の負担が回ってくることになります。

まあ、双方の話し合いの結果、止むを得ず、という事で落ち着くのであればそれでいいのですが…。

ところがやはり家事の負担が自分一人に来ると、当初の想像よりもかなり大きな肉体的・精神的な疲れがたまってきます。

それを夫婦生活がだいぶたってから旦那さんに家事の分担を承諾させようとすれば、しぶしぶながらも、Okはしてくれるかも分かりませんが、お互いスッキリした気持ちには、ならないかもしれませんね。

夫がしっかりと仕事に集中できる

奥さんが専業主婦をやってくれていたら、旦那さんが強いられる家事のほとんどを免除される可能性は高くなるでしょう。

よって、夫足る人は遠慮なく仕事に没頭できるという計算になるわけです。

まあ、元来、男というものは家事をしません。

家事の事を別に軽く見下しているわけではないのですが、家事は女性がやって当たり前、のような発想を持っていることは否定できないかも分かりません。

日本においては諸外国に比べて、夫が休みの日でも家事を手伝っている、という家庭は圧倒的に少ないでしょう。

だから、共働き世帯となった場合、奥さんに家事の負担がドッと押し寄せることは容易に想像がつきます。

そうさせないための処置の一つとて最初の1年間だけでも奥さんに専業主婦になってもらう、というのは夫婦関係が良好なものになるためにはあってもいいのではないか?と思う訳です。

何より、それを行う事によって夫側は家事の事を一切、奥さんに任せて自分は仕事のみに集中出来るのですから。

その1年間で夫たる男性はその後の夫婦の生活費の見通しを立てましょう。

何といっても一家の大黒柱にならなければならないのが夫の役目ですからね。

8.夫をたてることができる

専業主婦が勝ち組と言える理由の8つ目は「夫を立てることができる」です。

この理由って、最近では見過ごされやすい要因かも分かりませんが、何といっても夫婦はあなたと旦那さんの二人だけです。

旦那さんが自分の立場を立ててくれたり引き立ててくれる役目を自分の妻がかいがいしくやってくれたら、どれだけ嬉しいか。

その効果をちょっとでも理解できたなら、妻側は率先して行うべきです。

「毎月毎月、家族のために働いてくれて、ご苦労様」と言って晩酌にビールをついでもらったりしたら、男というのは元々、バカにできていますから、一発でその気になってしまいます。

こんな簡単な一言で旦那さんをいい気分にさせる事ができるのですから、専業主婦というのは本当にいいポジションなんだと思いますよ。

まさに勝ち組のプライドを感じる事が出来る至福の一瞬かも分かりませんね。

お金を稼いでくれることへの感謝の気持ちが強まる

専業主婦が勝ち組と言える理由の8つ目は「夫を立てることができる」です。

この理由って、最近では見過ごされやすい要因かも分かりませんが、何といっても夫婦はあなたと旦那さんの二人だけです。

旦那さんが自分の立場を立ててくれたり引き立ててくれる役目を自分の妻がかいがいしくやってくれたら、どれだけ嬉しいか。

その効果をちょっとでも理解できたなら、妻側は率先して行うべきです。

「毎月毎月、家族のために働いてくれて、ご苦労様」と言って晩酌にビールをついでもらったりしたら、男というのは元々、バカにできていますから、一発でその気になってしまいます。

こんな簡単な一言で旦那さんをいい気分にさせる事ができるのですから、専業主婦というのは本当にいいポジションなんだと思いますよ。

まさに勝ち組のプライドを感じる事が出来る至福の一瞬かも分かりませんね。

9.昼間におでかけできる

専業主婦が勝ち組と言える理由の9つ目、それは「昼化にお出かけができる」という事です。

そうです。

専業主婦は家事の段取りを手早く済ませるようになったらあとは自分のために自由に使える時間がたっぷりあるのです。

会社で夫が汗水流して働いている間に、です。

外に働きに出ていれば平日の昼間の時間帯に好きなショッピングやグルメなどのために出かけるなんていう行動はとてもとれません。

また働いている同年代の女性たちもその時間帯は身動きが取れません。

まさしくショッピングにもランチにも、我が物顔で空いた広々とした空間を独占できるのです。

本当に専業主婦の独断場というところですね。

カフェやランチを楽しめる時間がある


一般的に昼の12時から13時の間はオフィス街を中心にどこのお店もお客さんでいっぱいになります。

サラリーマンの悲しい性で、皆、同じ時間帯にヨーイドンで一斉に食事を摂りに行きます。

カフェや飲食店は空席を探すのが日常行事となってしまいます。

ところが専業主婦の皆さんはそんな苦労を味わう必要もありません。

14時以降の空いている時間帯にゆったりとした気分でランチを楽しむことが出来ます。

まさに専業主婦様様なのですね。

好きな時にランチやカフェを思う存分楽しめる。

専業主婦冥利に尽きる瞬間です。

10.趣味に時間を使える

専業主婦が勝ち組と言える理由の10個目は、「趣味に時間を使える」ということです。

これは一般の主婦に方にとったらかなり贅沢で生産的な時間の使い方だと言えるでしょう。

自分の好きな事や打ち込んでいる事、つまり趣味に時間を使えるところが専業主婦のたまらない魅力の一つなのです。

専業主婦の方が趣味として昼間に行えそうな事。

たくさんありますよね。

何かの教室に通ってみたりパソコンを使ってちょっとした副業を行う事もできます。

手芸や料理など得意分野を更に磨く事もできますし、身体の健康を思うならヨガやフィットネスなど、様々なレッスンに赴く事もできます。

まさに時は金也、を地で証明できるような実体験を行える訳です。

自分の時間が増える

主婦の方がいくら専業でずっと家にいるといっても、なかなか自分を磨き成長させてくれるような趣味の世界に時間を使おうとする方は多くはないかも分かりません。

それは時間をもてあますと数々の誘惑が待っているからです。

ポテチをしながらの昼メロや再放送ドラマ鑑賞。

バラエティー番組の視聴。

昼寝。

そしてついつい行ってしまうお菓子をポリポリやってしまう時間。

皆、超一般的な専業主婦の実態かも分かりませんね。

新婚家庭の奥さんが専業主婦になって丸1年たつとすっかり体型が変わっていた、という笑えない話もちょくちょく聞きます。

それほど専業主婦にとって自分の時間が増えるという事になるわけです。

会社のように上司に監視されているわけでもありません。

何をやっても自由です。

有意義な事に使えるか、ダラダラしてしまうか。

全ては使うあなた自身の考え方になりますね。

デメリットと解決方法

では、専業主婦となることのデメリット面もここで考えてみましょう。

世間の女性の垂涎の的である専業主婦。

なのですが、本当に専業主婦になる事は真の勝ち組と思われる事なのでしょうか?

専業主婦になることが必ずしもメリットにならないデメリットの面とその解決法を見ていく事に致しましょう。

お金がない

専業主婦がデメリットになってしまう面、1つ目は「お金がない」という問題です。

専業主婦になれる方の全員がお金に恵まれる事はない、という事ですね。

予想に反して夫の収入が少なかった、とか結婚してすぐに夫に会社が倒産してしまった、など、金銭的に予想もしていなかった事態が起こらないとは限りません。

専業主婦が我が世の春を謳歌できるのも必要以上のお金があってこそです。

お金がなければ趣味に没頭することは勿論、ランチやカフェも諦めてもらわなければなりません。

時間だけ有り余っている状態で、その他の楽しみは全く出来ない状況になってしまう、という訳です。

内職や在宅ワークをしよう

そこで専業主婦として少しばかりの余裕ある時間を使いたいのならば、暇と時間を有効に工夫して内職や在宅ワークをやってみましょう。

どちらも家の中で行えますので外出する必要もありませんし、基本、在宅ですので家事全般に支障はきたさないと思います。

今の時代、女性の力が世の中を動かしている部分がたくさんあります。

昔ながらの内職のような作業をコツコツ行うのもいいでしょうが、もう一歩、視野を広げてみましょう。

そう、ネットの世界に目を向けるのです。

女性の得意な料理や雑貨、メイクやダイエットの話題をテーマにしてライティングして報酬をもらう、など結構ネットの世界には副収入を得られるコンテンツがたくさんあります。

これらならわざわざ、外に出なくても収入を得る事もできます。

利用できるものはドンドンやっていくのも一つの手ですよ。

孤独を感じる

専業主婦になって感じるデメリットの2つ目は「孤独を感じる」という事です。

専業主婦に成りたての頃は孤独感を味わっている暇はないでしょう。

日々、忙しい毎日が訪れます。

掃除や買い物、洗濯、料理などの家事に追われて寂しさを感じている暇などとてもなかったでしょう。

しかし、専業主婦も1年たち、2年、3年と月日が経過して行ってしまったら、さすがに日々の家事や用事も慣れてしまい目新しさがなくなってしまうかも分かりません。

家事も効率的に行う事が出来るようになっているので自然と時間が余るようになってきます。

子供でもいたら寂しさを紛らわせる事も出来たでしょう。

毎日、育児で大変になりますからね。

しかし、もし子供もできていなかったら…。

昼間の一人の時間が長く感じられるようになり寂しさがどんどん、心に溜まってきてしまうかも分かりませんね。

近所に話し相手でもいればいいのですが、集団の輪の中に積極的に飛び込めない性格の人だとしたらその手段も諦めるしかないでしょう。

1日1回は買い物など外に出よう

とにかく、家の中で悶々と1日を過ごすというのはやめにしましょう。

ただでさえ気が滅入ってしまうのに外部からの刺激がないままでは、ますます孤独感が募ってくるばかりです。

買い物でも何でもいいですから外に出て見ましょう。

目や耳から入ってくる外部からの情報に敏感になることです。

寂しさからくる孤独感は放置しておくと外部との接触をますます拒否してしまう可能性があります。

もっとひどくなっていくと一時話題になりました「キッチンドリンカー」となってしまう可能性も否定できません。

寂しさをアルコールに頼ってしまうと手段が安易だけに簡単にのめり込んでしまう恐れもあります。

そうなってしまわないうちに外の空気を吸いにいきましょう。

とにかく気分転換です。

寂しいのは自分だけじゃない、というように思えるようになれたらいいのですが…。

兎にも角にも孤独感から脱出する方法を考えましょう。

せっかく専業主婦をやっているのです。

世間の目から見たら羨ましいだけの存在のはずが、とんでもない結果を招くような振る舞いだけは起こしてほしくありませんからね。

太る・運動不足になる

専業主婦がデメリットになってしまう3番目の理由は「太る・運動不足になる」という問題です。

40~50年前の日本の主婦の方たちのほとんどが専業主婦でした。

そしてそのうちの半数近く(?)が運動不足や食べ過ぎによる肥満体となっていたようです。

まあ、その当時は娯楽や趣味を楽しむといっても女性が単独で楽しめるものなど今とは比べ物にならないくらい少なかった時代です。

多くの主婦の方たちの楽しみといえばテレビを見ながらお菓子をポリポリやり、その後、昼寝をする、というのが黄金のパターンでした。

そう、当時の娯楽の王様はテレビだったのです。

茶の間でお茶菓子を食べながらテレビを見られるという事が、当時の最高の贅沢だったのです。

だからかどうか、体が重くなってしまうのは仕方ない事だったのかも分かりませんね。

テレビ以外の楽しい事を気軽に行える時代ではなかったのですから。

体を動かす趣味を見つけよう

しかし、だからと言ってそのような生活を続けていたら、現代においても十分、メタボ体質になってしまうでしょう。

やはり太ってしまう事は健康上、良くありませんし女性にとってもダイエットの関係上、太るとろくなことがない、と肝に銘じておかなければならないのです。

そのためにも自身でコントロールしてダイエットと並行して適度な運動を続けましょう。

ジムに通ってヨガを行うのもいいですし、スイミングを日課にしてもいいでしょう。

どちらも体の中の脂肪や老廃物を体外に出してくれる効果がありますからね。

とにかく、何でもいいですから、体を動かせる趣味を見つけましょう。

そしてそれを実行し、やり続けましょう。

専業主婦として時間はいくらでも融通がつくはずです、旦那さんにガッカリされないよう、プロポーションの維持には気を払いましょうね。

憧れの専業主婦になろう

如何だったでしょうか?専業主婦がそうでない人よりも勝ち組だと言える10個の理由、および専業主婦のデメリット面を3つ、紹介して参りました。

専業主婦というスタイルは確かに結婚前の娘さんから見たら憧れの的なのでしょう。

それも結婚相手がイケメンでお金も困らないほど稼いでいる、となったら「両手に花」を地で行くような物凄い優越感に浸れる事でしょう。

それが俗に言うところの「勝ち組意識」というものになるのでしょうね。

憧れの専業主婦になるためにはそれを可能にしてくれる結婚相手が必要になってきます。

顔もよくて財力もある。

こんな好条件の男が世の中にたくさんいるとは思っていないと思いますが、手をこまねいているとサッと横からそんな条件の男性を奪われてしまう事もありうるかも分かりません。

望みを達成するためには、自分磨きを怠らずに進め、周囲の男性から一目置かれるような存在になっていたいものですね。

勿論、それは外見だけの事を言っているのではありませんよ。

確かに外見は重要な要素の一つです。

無愛想にしているよりもニコッとした笑顔が飛び切り可愛い女子の方がモテるに決まっていますからね。

しかし、男というものは女性の外見と同じくらい、その人の内面を見ようとしています。

マナーやモラル、社会常識や普段の言動などからを通して、あなたの事を判断しています。

憧れの専業主婦の座は、そう簡単には獲得しにくいものかも分かりません。

でも、諦めてしまったらそこで終わりです。

自分の夢を実現させるためにも内面と外見のバランスを上手に取っていけれるようにやっていきたいものですね。