CoCoSiA(ココシア)

彼女と同棲のリアル!13個の楽しい...(続き2)

このように、2人が同じ電車で帰れることで、夜道の心配や送り迎えの心配をしなくて済むだけでなく、仕事で疲れた後でもお互いの顔を見ることでほっと一安心することもありそうです。

このように、彼女との同棲生活が始まることで同じ出勤方向であれば彼女とタイミングを合わせて同じ電車で帰ることができます。

それも、1つの楽しみとなりそうです。

バイバイする寂しさがない

これまでデート終わりになると、さよならをする寂しさがありました。

しかし、同棲生活を送ることで、彼女とバイバイするときの、あの寂しさがなくなります。

特に、お互い仕事が忙しくてなかなか会うことのできないカップルなら、さよならした後にように寂しい気持ちがこみ上げてきます。

また、「次、いつ会えるのかな?」なんて考えるだけで、彼女のことを思い寂しい気持ちになっていたのではないでしょうか?

同棲生活をするようになり、このようにデート終わりのような寂しい気持ちがなくなるだけでなく、家に帰れば彼女が待っていてくれていたり、一緒に家まで帰ったりするため、楽しい気持ちのままでいられることでしょう。

朝起きたら隣に彼女がいる

同棲生活を始めるわけですので、当然朝起きれば隣に彼女がいるわけです。

毎朝彼女の寝顔を見ることができたり、一緒に「おやすみ」と言いながら同じ布団で寝ることができるなんて、そんな幸せなことはありません。

大好きな彼女と寝る時や朝起きると、彼女が隣にいるだけで彼女のぬくもりを感じることができます。

付き合っているときには、明け方まで彼女との電話を切ることができず、そばにいない寂しさを感じていたのであれば、夜寝るとき夜朝起きる時に隣に彼女がいるだけで、幸せな気持ちがこみ上げてきそうですね。

朝起きると隣に彼女がいることで、安心することもありそうです。

帰るのが楽しみになる

家に帰ると、彼女が待っていてくれるため、家に帰るのが楽しみになることが考えられます。

同棲し始めの頃や、同棲生活が楽しいと感じる時期に、彼女が家にいると思うだけで嬉しい気持ちになります。

特に、これまで一人暮らしが長かった男性の場合、家に帰ってきて誰かがいると言うことが新鮮に感じることもあります。

また、家に帰っても大好きな彼女が「お帰り」と待っていてくれる姿に、仕事の疲れも吹っ飛んでしまいそうですね。

このように、これまで一人暮らしが長かった方や、彼女との同棲生活が楽しいと感じる方にとって、家に帰ることがとても楽しみになるようです。

家具選びが楽しい

2人で、あれこれ使いたい家具や調理器具など、一緒にあれこれ選ぶことで楽しい雰囲気を味わえます。

特に、家具などの高い買い物は、お互いに奮発したり貯金をしておかないと、購入することができません。

同棲生活を始める前に少しずつでもアパートの頭金や家具代を貯めていくといいかもしれません。

また、一緒に家具を選ぶことで、お互いにその家具や器具などが同棲生活の思い出のものになることでしょう。

このように、同棲生活を始める前に家具選びをじっくり行うことで、2人の思い出の家具を購入することができます。

また、楽しく家具選びをすることで、2人が同棲生活を送るお部屋も2人の好みの部屋に飾ることができます。

新婚気分を味わえる

特に、同棲生活が始まれば新婚気分を味わうことができます。

同棲生活をスタートさせる前に、お互いのご両親に一言挨拶しておくと丁寧かもしれません。

特に、同棲生活をすると言う事は結婚を視野に入れたお付き合いだと捉えられることがあります。

万が一お互いの両親に黙ったまま同棲生活を始めてしまった場合、急にどちらかの家族が2人の住んでいるアパートにやってくるなんてことになれば、それこそ相手のご両親から不審に思われてしまいます。

そんなことがないよう、まずは同棲生活が始まる前にお互いの両親にご挨拶だけは済ませておくといいかもしれません。

知らなかった一面が見れる

知らなかった彼女の一面を見ることができます。

特に、普段のデートだけでは見えなかった部分や、普段の生活の様子などを知ることができます。

特に、彼女のすっぴん姿や、パジャマの姿など普段あまり見ることのできない彼女の様子を見ることができます。

また、そんな一面を見ることで他の人には見せないような場面を見ることができ、幸せだと感じるところもあるようです。

このように、これまで自分が知らなかった一面を見ることができるだけでなく、彼女の普段の生活の様子などを知ることができますので、2人の同棲生活もお互いの知らなかった一面を見せ合うことができそうです。

食材の買い物が楽しい

食材の買い物が楽しくなりそうです。

2人で、あれこれ食べたいお料理や、作りたいお料理の材料を考えて買い物に行ったり、旬の食材を見て「今日の晩御飯、これにしようか?」などと楽しい会話ができそうです。

これまで、食材の買い物は1人で食べたいものを選んで購入してきた方であれば、彼女と楽しい会話をしながら、食材の買い物ができる事は、デートの一環のような感覚になり、食材の買い物でも楽しく行うことができそうです。

このように、2人が食べたいものや、あなたが彼女に作って欲しいお料理などを伝えて食材を買い物するだけで、楽しく幸せなひとときを過ごすことができそうです。

二人でまったりしている時間も幸せ

休日や暇な時など家で、2人でまったりしている時間も幸せに感じられます。

ただ、同じことを一緒にしていなくても、同じ空間にいるだけでまったりした心地よさになりそうです。

常に一緒に何かをしていないといけないと言うこともなく、それぞれが同じ空間で別々のことをしていても、それが心地よく感じることもあります。

さらに、2人でまったりと映画を見たり、のんびり過ごしたり、またダラダラ過ごすのもいいですね。