「太っていた時には着られなかった可愛い服が、痩せたら着られるようになった!」

「痩せたらとたんに異性から声がかかるようになった!」

など、デブをやめて痩せることでたくさんのメリットが得られます。

服のサイズや異性関係以外でもたくさんのメリットがありますが、すべては痩せてみなければ実感はできないものです。

痩せて綺麗になることで自分の人生は大きく変わりますので、今回は痩せることでどんなメリットが得られるのかを、具体的にご紹介していきます!

人生を変えたいと思う人は、この機会に痩せてデブを卒業して多くのメリットを手に入れましょう!

▼【関連記事】太っていて困ること…共感できますか?こちらの記事を先にチェック!
デブ女が普段の生活で困ってる20個のこと

なんだか周りの反応が違う気がする!!デブをやめたら変わった12個のいいこと!

世の中には、痩せている人もいれば太っている人もいます。

生活習慣や生まれ持った体質などで体型は人それぞれですが、太っている人よりも痩せている人の方が、何かと得をすることは多いです。

太っているからダメというわけではありません。

しかし、痩せている人の方が何かと良い思いをすることが多いため、できるだけ人から優遇されたいと思う人や、好きな人に選ばれたいと思う人は、この機会にダイエットに励んで健康的な肉体を手に入れましょう!

ガリガリに痩せてしまうのは逆に不健康に見えてしまいますが、程よく健康的な体型に痩せるのであれば、痩せた途端に周りの反応は少なからず変わることでしょう。

お世辞ではない「細いよね」という言葉や、オシャレな服をかっこよく着こなすことも可能になります。

何よりも、健康的なスタイルを維持することで、病気や怪我を予防することもできますので、自分の健康のためにも適度な体型を維持する必要があるでしょう。

デブをやめて痩せたら得をすることをいくつかご紹介していきます!

1.太っていた時には寄ってこなかった感じの異性からモテた


太っている時には、基本的にナンパをされることも、異性からモテることもあまりないでしょう。

中にはぽっちゃり好きの男性もいますが、10人いる内の大半はぽっちゃり体型よりは普通か、やせ型の体型の女性を好みますので、早々に異性からモテることはないでしょう。

けれども痩せてスタイルが程よくなれば、ちょっとお化粧やオシャレを努力すれば、異性から今まで以上にモテることができます。

それも太っていた時とはまったくタイプの異なる男性から声をかけられることが増えるでしょう。

痩せて異性から声がかかることで、「自分は痩せれば男性からモテるような女なんだ」と自分に自信を持つことができるでしょう。

とはいえ、周りでスタイルをきちんと維持している女性の方が、もっと以前からオシャレやメイクに気を遣っています。

以前よりはモテるようになるけれども、どんな女性よりもモテるというわけではありません。

痩せれば太っていた時よりは確実にモテますが、だからといって「自分はモテる」と調子に乗り過ぎないことも大切です。

声をかけられることも!

痩せて綺麗になれば、街を歩いていて声をかけられる機会も増えるでしょう。

ダイエットに成功したら、試しにオシャレやメイクをして人通りの多い場所をうろついてみてください。

そこがナンパの多い場所であれば、一人で女性がいることで、高確率でナンパをされることでしょう。

ナンパしてくる男性には、単なる遊びのつもりのタイプと、本気で「いいな」と思ったから声をかけるタイプの人がいます。

どちらの場合であっても、男性から声をかけられるということは、それだけ今の自分が魅力的なのだということですので、嬉しくも自信に繋がることでしょう。

痩せた直後にはナンパをされることが嬉しくて、つい声をかけられたら乗ってしまいそうになることもあります。

ですが、簡単にナンパについていくのは、それはそれでリスクがありますので注意しましょう。

恋愛に余裕が持ててさらにモテる

痩せると自分でも「綺麗になったな」と自信を持てますので、恋愛でも気持ちに余裕を持つことができるでしょう。

太っていた時には付き合っている人がいても、自分よりもスタイルが良い女性が近くに来る度に「彼の気持ちがあの子に移ってしまったらどうしよう」と悩むことが多く、ストレスを感じることもあったでしょう。

自分が体型に自信がないからこそ、そんな自分と付き合っている彼の気持ちを疑ってしまったり、浮気の心配をしたりと心に余裕が持てないことも多かったでしょう。

けれどもそうした悩みは、自分が痩せて綺麗になれば感じ難くなります。

落ち着いて彼のことを信じ、余裕を持って付き合うことができるでしょう。

さらに、恋愛に余裕が持てるようになると、それを見て他の男性があなたのことを「いいな」と思って近づいてくる機会も増えますので、以前よりもモテることが多くなるでしょう。

2.自信が持てた

誰でも自分が理想の姿になれたり、目標や夢を達成出来たりすると、それが大きな自信になります。

例えば太っていた時よりも10キロ近く体重を落とした人は、自分が痩せてスタイルが良くなったことで、自分に自信を持てるようになるでしょう。

また、周りの人からも「痩せたね」「綺麗になったよ」と言われることが増え、アパレルショップで試着をする時にも、店員からお世辞ではない「お似合いですよ」の言葉をかけられるようになるため、嬉しくなってさらに自信が増すでしょう。

元々普通体型の人があまり痩せすぎてしまうと、周りは病気や精神的な問題があるのではと心配することがあります。

ですが、太っている人が痩せれば好意的な意味で捉えて褒めてくることが多いです。

そのため、痩せれば誰もが自分に対して良い言葉を投げかけてくれます。

「痩せて良かったんだ」と自分でも達成感や充実感を覚えられることでしょう。

褒められるから自信が持てる

人は褒められることで自信を持つことができます。

例えダイエットに成功して痩せたとしても、周りの誰もがそれに無反応だったら、せっかく努力して痩せたのにやり甲斐がないように感じてしまいますよね。

誰かに褒められるために痩せたわけではなくても、やはり結果に周りが何も反応してくれなければ、「つまらない」「達成感がない」と思えてしまうことでしょう。

一方で、痩せたことで周りから褒められれば、それが大いに自分の自信に繋がります。

例え自分のためにダイエットを頑張ったとしても、見事に結果を出したことで、周りは勝手に褒め言葉をかけてくれるでしょう。

「頑張ったね」「痩せて綺麗になったね」という声をかけられる度に、ダイエットした自分自身を誇らしく思えることでしょう。

自信を持って意見を言える

太っていた時には自信がないことも多く、また自信がないからこそ堂々と自分の意見を言えなかった人もいるでしょう。

例えばアパレル関係や美容関係の仕事でディスカッションをする時にも、自分が意見を言って周りでもし「太っている人に言われても説得力がないよね」などと言われたら、途端に恥ずかしくてそれ以上は何も言えなくなってしまうでしょう。

太っている人が食品に関する意見を出せば通りやすいように、痩せている人が美容関係で意見を出せば不思議と説得力があります。

しかし太っている時に美容やアパレル関係で意見を出せば、反対に説得力がないと取られてしまうことも多いです。

人の意見には、どうしてもその人の外見や雰囲気も反映されますので、太っている時には堂々と自分の意見を言えなかった人もいるでしょう。

しかしそんな人でも、痩せることで自分に自信が持てるようになりますので、自信を持って自分の意見をはきはきと口にできるようになるでしょう。

また、それに対する嘲笑や悪口も減るでしょう。

太っている人からアドバイスを求められる!

太っている人が痩せると、周囲にはちょっとした驚きや変化を与えます。

その結果、同じように「自分も痩せて綺麗になりたい」と思っている人から、アドバイスを求められることも増えるでしょう。

太っている人は、元々痩せて綺麗な人のダイエット方法はあまり参考にはしたがりません。

元々の美に対する意識の違いや食生活の違いなどが大きすぎて自分には当てはめられないからです。

しかしその一方で、元々太っていた人がダイエットに成功したら、「自分と同じように太っていたのに、いったいどうやって痩せられたのか」と気になって仕方がなくなるでしょう。

一度は同じように太っていれば、食生活も太っている人特有のものであることが多いため、そんな状態からどうやって痩せられたのか参考にしたがることでしょう。

ただし自分のやった方法を、他の太っている人がやったからと言って必ずしも痩せられるわけではありません。

それを踏まえた上でアドバイスをしてあげれば、相手には喜ばれるでしょう。

3.服選びが楽しくなった!


太っていた時と痩せた時の大きな違いは、服選びが自由にできることでしょう。

太っていた時には、わざわざ大きなサイズを探す必要があったので、大きめのサイズも置いてあるメーカーの服しか買えなかったり、あまりオシャレな服はなかったりと、不便なこともあったでしょう。

しかしLサイズまでサイズダウンができれば、大抵の服は着られるようになります。

可愛らしいデザインの服でも見苦しくなく着こなすことができるようになります。

自分が着られる服の種類が増えることで、服選びがとても楽しくなって、買い物をするのが好きになる人もいるでしょう。

カジュアルな服でもキマって見える!

同じようなデザインの服でも、着る人の体型によっては印象が大きく変わってきます。

例えば可愛らしい服なら、小柄な人により似合いますし、太っている人が着るとどこかみっともなく見えてしまうこともあります。

またカジュアルな服の場合にもS~LLサイズあたりであればかっこよく着こなすことが出来ます。

ですが、それ以上のサイズになってくるとせっかくオシャレに着こなしても、どこか見苦しい印象になってしまうことがあるでしょう。

LサイズやLLサイズあたりは、背が高い人であれば多少恰幅があっても、それはそれでかっこよく着こなすことができます。

しかし身長が低いのに横幅だけが大きいと、カジュアルな服だけでなくどんな服でもバッチリと着こなすのは難しくなってしまうでしょう。

そうした部分からも、痩せることでカジュアルな服をかっこよく着こなして、堂々と街を歩けるようになるでしょう。

ヒールのある細い靴が入るようになった!

ヒールのある細い靴の場合、足のサイズがあまり大きいと履けないことがあります。

元々足のサイズが大きめでも、スタイルが細いか普通体型であれば、自分に合う靴のサイズを探せば履きこなすことはできるでしょう。

しかし、どんなに足のサイズが小さくても体が大きいと、せっかくおしゃれなヒールの靴を履いても全体的なバランスが悪くなってしまい、不格好になってしまいます。

また、細いヒールはその部分で体重を支えることになるため、太っていると支える体重が重すぎてヒールがすぐに折れてしまったり、歩く度にガクンとバランスが悪くなってしまったりすることもあり、怪我の危険性も増します。

しかし適度に痩せて健康的な体型であれば、細いヒールの靴でもすんなりと足に入り、カツカツと元気よく踏み鳴らして歩くことができるでしょう。

股ずれがない!

股ずれは、太っている人特有のトラブルです。

ズボンを履いて歩いていると、股の部分がこすれて痛んでしまうことはしょっちゅうですし、生足でも太腿がこすれることでヒリヒリと痛みを覚えてしまうことがあるでしょう。

また、夏場は汗で蒸れるため、太腿部分でべたついた汗が擦れてかぶれてしまうこともあります。

さらに真っ直ぐに立った姿勢の時にも、太腿がピッタリとくっついている姿はどこかマトリョシカのようで、みっともなく思えてしまうこともあったでしょう。

しかしそれらの悩みやトラブルも、痩せることで一気に解決出来ます。

痩せれば股ずれがなくなり、太腿部分が痛むことはなくなります。

また、肌がこすれてヒリヒリすることもなくなるでしょう。

何より立った時や歩いている時の姿勢が決まって見えますので、自分でも自信を持ってオシャレをして街を歩くことができるようになるでしょう。

4.周りの人の対応が違う!

痩せて綺麗になると、周りの人の対応が明らかにこれまでとは違ってきます。

太っていた時には体型をネタにされていじられていた人は、痩せた後は同じように体型でいじられることはなくなるでしょう。

また、周りの男性は、自分が太っていた時よりも優しくなることも多いです。

重たい荷物を運ぶ時にも、太っていた時には「力もありそうだから大丈夫だろう」と放置されていたのが、痩せた後では「重たいものは男が運ぶからいいよ」と助けてくれることもあるでしょう。

一方で女性の場合には痩せたことで褒めてくれる人もいますが、中には自分と同等か、それ以上に綺麗になったことで、女としての敵対心を向けてくることもあるでしょう。

けれどもこれまでは、そうした女性同士のライバル心が燃やされることもなかったため、敵対心を向けられることで、「同格扱いをされている」という自信に繋がることもあるでしょう。

5.明るくなった!

痩せることで少なからず自分に自信が持てますので、その分気持ちも明るくなれますし、堂々と振舞うこともできるようになるでしょう。

また、気持ちが明るくなると自然と笑顔にもなれますので、楽しそうに過ごすことで、いつの間にか周りには人が集まってくることもあるでしょう。

人は笑顔の人や明るい雰囲気の人のところへ集まることが多いため、自分が明るく振舞うことでいつの間にか周囲の人気者になっていることもあるかもしれません。

6.体が軽い!

体が痩せると体重も軽くなりますので、これまでよりも体がかなり軽く感じることでしょう。

太っていると体重のせいで膝や腰など、体のあちこちが痛むことが多いですが、それらの痛みは痩せることでなくなります。

また、肥満や成人病などの病気にもなりにくくなり、体が軽いために積極的に行動したり、運動したりする気も起きますので、まさに一石二鳥でしょう。

痩せて運動をすることで、今のスタイルをリバウンドさせることなく維持することもできます。

体が軽くなることで、まるで生まれ変わったような気分になる人もいるでしょう。

歩くのが楽チン♪

体が軽くなると、その分歩くのもかなり楽になります。

太っていると体重のせいで一歩が重たく、少し歩けばすぐに疲れてしまいます。

また、階段の上り下りや登山といった足を動かすことも、普通体型の人に比べればかなりきつく感じることでしょう。

しかし痩せて体が軽くなれば、一歩を踏み出しやすくなりますし、膝が痛むこともないため、長距離を歩けるようになります。

もちろん痩せていても普段運動をしていなければ、たくさん歩けば次の日は筋肉痛になってしまうでしょう。

けれども太っている人に比べれば、肉体の疲労感もかなり楽に感じられますので、お風呂に入ってゆっくりと体を解せば疲れはとれやすくなるでしょう。

また、太っていると靴がダメになるのも早いため、折角新しい靴を買っても、一日中歩けばすぐに履き潰してしまいます。

そうなっては経済的にも大変ですが、痩せて体重を落とすことで、靴がすぐにダメになることはなくなるため、頻繁に買い替える必要もなくなって経済的でしょう。

スポーツが楽しい!

痩せて体が軽くなると、スポーツをするのも楽しく感じられます。

太っていた時には体が重たいため、勢いをつけて走ろうとしても一歩が重くなってしまいますし、体重移動にも時間がかかって他の人よりも一歩出遅れてしまうことが多いです。

また、他の人以上に体が疲れやすいため、一人だけ先にへばってしまって、他の人に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

けれども体が重たいことでの動きづらさは、痩せることで解消することができます。

痩せると体重が落ちて動きやすくなりますので、勢いをつけて走るのも、体の向きを切り替えて移動するのもスムーズに出来て、他の人よりも動きで出遅れることがなくなるでしょう。

とはいえ、運動神経の良し悪しはまた別物ですので、痩せたところで全然スポーツが上手くできなくても、それはそれで単なる練習不足と言えるでしょう。

体を動かすということに関してなら、痩せた方がかなり動きやすくなります。

行動が早くなった!

痩せると体が軽くなりますので、何かと行動が早くなります。

太っている時には、一度腰を下ろしてしまうと立ち上がるのが大変だったり、片手で床に手をついて支えたりしなければ上手く起き上がれないという人もいるでしょう。

また、立ち上がる時には「よいしょ」と口癖のように言ってしまう人もいますが、傍から見れば太っている人が立ち上がるのに苦労する姿はみっともなく思えてしまうこともあるでしょう。

体が重たいと重力に負けてしまい、行動がもたもたと遅くなってしまうことが多いですが、それも痩せることで改善することができます。

痩せれば体が軽くなり、立ち上がったり起き上がったりする時にもそこまで力を入れなくても済むようになります。

また、行動する時にもてきぱきと動きが早くなるため、それだけ頼もしく、動ける人に思われることでしょう。

7.ちょっと可愛くなった?!

痩せれば太っていた時よりも、自分が「可愛くなった」と思えることでしょう。

顔の周りの肉が減ったことで二重顎ではなくなり、小顔になりますので、それだけでも顔の印象は良くなります。

また、目の周りについていた肉もスッキリすることで、奥二重だったのかぱっちりとした二重になったり、太っていた時よりも顔の造形がはっきりしたりして可愛くなる人もいるでしょう。

太っていた時には、どんなにメイクを頑張っても、スタイルが良くて同じようにメイクを頑張っている人に比べれば、見劣りしてしまうことが多いです。

けれども自分も痩せて健康的なスタイルになれば、メイクをこれまでのように頑張ることで異性からモテる確率はアップするでしょう。

8.海やプールに行けた!

太っていると、海やプールといった露出の多い場所へは行けなくなるという人が多いです。

服を脱ぐ場所では、どんなに隠そうとしても体のラインがある程度出てしまいます。

さらにはそれを不特定多数の人に見られると思ったら、恥ずかしくてとてもそんな場所へは行けないと思ってしまうでしょう。

また、平均的なスタイルの人達が多い場所では、人一倍痩せていたり太っていたりする人は、それだけで周囲の注目を集めてしまうこともあります。

海やプールで周りに溶け込みたいのなら、平均的な体型になるのが一番でしょう。

ダイエットで無事に痩せることができれば、自分に自信が付きますので、人目を浴びることにもそこまで抵抗はなくなります。

そして太っている時には着られなかったビキニを着て、海やプールで思い切り楽しんで遊ぶことができるでしょう。

9.付き合っている人から「惚れ直した」と言ってもらえる

人が人を好きになる理由は、人それぞれです。

スタイルの良い人を好きになる人もいれば、中身で人を好きになる人もいます。

もし太っている時から付き合っている恋人がいるのなら、その人は見た目だけでなく、中身でもあなたのことを好きだからこそ付き合ってくれているのでしょう。

もしその人がぽっちゃり好きの場合には、痩せてしまうとそれが原因で恋人が冷たくなってしまうかもしれません。

しかし、スタイルにこだわりのない恋人であれば、自分が痩せて綺麗になることで、「前よりももっと好きになった」「惚れ直した」と言ってもらえるかもしれません。

痩せて綺麗になれば、恋人は自分を見直してくれるだけでなく、必死でダイエットをした自分の努力そのものも認めて惚れ直してくれることでしょう。

10.電車などで場所をたくさん使わなくてすむ!

太っていると、公共交通機関などを利用する時には、どうしても周りに気を遣うことが増えてしまいますよね。

例えば電車やバスの座席は、一人分が平均的な幅で設定されていますので、太っている人が座ると一人分以上は場所をとってしまいます。

車内が混んでいる時には、自分が席に座ることで場所が狭くなってしまうため、それで周りに心無い言葉を投げられることもあるでしょう。

また、太っているというだけで、「暑苦しい」「不潔っぽい」と思われてしまい、わざとらしく間を空けて座られてしまうこともあり、相手に悪意はなくても心が傷付いてしまうこともあります。

しかし痩せられれば、そうした太っている人特有の悩みとはおさらばできますので、電車やバスを快適に利用することができるでしょう。

11.健康になった!

太っている人が痩せることで得られるメリットは、何も外見の変化だけではありません。

何よりも一番のメリットなのは、健康になれることでしょう。

太っていると、肥満や成人病、糖尿病などのリスクは普通体型の人よりも大きいです。

実際にそれらの病気は肥満体型の人に多いため、太っている人を見ると成人病や糖尿病を想像してしまう人も多いでしょう。

痩せたからといって糖尿病や成人病にならないということはありませんが、少なくとも太っている時よりはそれらのリスクを減らすことはできます。

自分にとっての健康的で理想的な体型を手に入れることができれば、余計な病気のリスクを減らして、健康的な生活を保つことができるでしょう。

病気のリスクが減れば、それだけ仕事や私生活にも支障が出ずに、いつでも元気に好きなことをして過ごすこともできます。

12.就活で面接が通るようになった!

痩せていたり、太っていたりと、人の体型によってそれを見る人の印象は変わってきます。

例えば肥満大国といわれる欧米では、太っている人は自己管理能力がないとみなされて、就職の際には面接で落ちることが多いとされています。

それと同様に、日本の会社でも雇用者によっては、面接者が太っていると自己管理ができていないとみなして面接で落とすことが少なくはありません。

また、会社の制服も規定のサイズしか置いていないため、それ以上の体型の人はその時点で落とされてしまうこともあります。

太っている人は健康的な体型の人に比べれば、どうしても私生活がだらしない印象に思われてしまいます。

そのため、実際には能力があるのに面接で通らないことも多いですが、そうした悩みも痩せることで一気に解決できるでしょう。

極端に痩せる必要はありませんが、健康的なスタイルになることができれば、それだけ面接でも通りやすくなります。

見た目で判断するのはおかしな話ではありますが、現実として今の日本社会では太っている人よりは、痩せている人の方を優先する風潮があります。

それに合わせて自分も痩せることで、いろいろと有利になることは増えるでしょう。

痩せたら人生変わった人は多い!

痩せることで、人生は大きく変わります。

とはいえそれは、実際に自分が痩せてみなければ実感することはできないでしょう。

しかしこれまでにご紹介してきた通りに、痩せることでさまざまなメリットが得られることは間違いないでしょう。

太っている時よりも恋愛では有利になりやすく、自分に自信を持てるようになります。

着られる服の種類が増えて、運動して体を動かしても必要以上に膝や腰が痛むことはなくなるでしょう。

海へ行けば堂々と水着で歩き回れますし、何より病気のリスクが減りますので、まさにいいこと尽くめでしょう。

ダイエットは確かにとても大変ですし、痩せて綺麗になるまでには道のりは長いです。

けれどもその先でたくさんのご褒美が待っていると思えば、一生懸命に頑張れることでしょう。

性格によって、太っていても良い人生を送っている人はたくさんいる

太っているよりは痩せている方が社会では生きていきやすいです。

けれども中には、太っていても人生を明るく楽しんでいる人もいるでしょう。

好きなものを好きなだけ食べることができている人は、例え太っていることを周りに言われても自分で納得してその体型をしていますので、気にすることはないでしょう。

また、豪快だったりざっくばらんな性格をしていたりする人も、体型と相まって気さくで人好きする性格に見られることも多いです。

太っていてそれを気にしてネガティブにしている人は、周囲からも冷たくされることがあります。

しかし太っている自分の人生を楽しんでいる人は、その明るさから周りの人達からも愛され、良い人生を送っていることでしょう。

痩せていても太っていてもポジティブに♪

自分が痩せているか、太っているかによって自分自身に対する考え方は大きく違ってきます。

痩せている自分が好きな人は、太ることに嫌悪感を抱いてしまうのなら、痩せている自分のスタイルを保ち、ポジティブに自分の人生を楽しむといいでしょう。

また、太っていても「それでいい」と前向きに考えている人は、周りが何を言ったところで無理して痩せる必要はありません。

自分らしく明るく楽しく過ごしていれば、良い友達にも恵まれるでしょう。

どんな自分の姿でも、ポジティブでいることが大切です。

太っているからポジティブになれないというのなら、必死で努力して痩せてポジティブになればいいのです。

それができなければ、今の自分を受け入れて、明るく前向きになれる努力をしていきましょう。

どんなスタイルでも、自分が人生を楽しめればそれが一番でしょう。