「太っていた時には着られなかった可愛い服が、痩せたら着られるようになった!」

「痩せたらとたんに異性から声がかかるようになった!」

など、デブをやめて痩せることでたくさんのメリットが得られます。

服のサイズや異性関係以外でもたくさんのメリットがありますが、すべては痩せてみなければ実感はできないものです。

痩せて綺麗になることで自分の人生は大きく変わりますので、今回は痩せることでどんなメリットが得られるのかを、具体的にご紹介していきます!

人生を変えたいと思う人は、この機会に痩せてデブを卒業して多くのメリットを手に入れましょう!

▼【関連記事】太っていて困ること…共感できますか?こちらの記事を先にチェック!
デブ女が普段の生活で困ってる20個のこと

なんだか周りの反応が違う気がする!!デブをやめたら変わった12個のいいこと!

世の中には、痩せている人もいれば太っている人もいます。

生活習慣や生まれ持った体質などで体型は人それぞれですが、太っている人よりも痩せている人の方が、何かと得をすることは多いです。

太っているからダメというわけではありません。

しかし、痩せている人の方が何かと良い思いをすることが多いため、できるだけ人から優遇されたいと思う人や、好きな人に選ばれたいと思う人は、この機会にダイエットに励んで健康的な肉体を手に入れましょう!

ガリガリに痩せてしまうのは逆に不健康に見えてしまいますが、程よく健康的な体型に痩せるのであれば、痩せた途端に周りの反応は少なからず変わることでしょう。

お世辞ではない「細いよね」という言葉や、オシャレな服をかっこよく着こなすことも可能になります。

何よりも、健康的なスタイルを維持することで、病気や怪我を予防することもできますので、自分の健康のためにも適度な体型を維持する必要があるでしょう。

デブをやめて痩せたら得をすることをいくつかご紹介していきます!

1.太っていた時には寄ってこなかった感じの異性からモテた


太っている時には、基本的にナンパをされることも、異性からモテることもあまりないでしょう。

中にはぽっちゃり好きの男性もいますが、10人いる内の大半はぽっちゃり体型よりは普通か、やせ型の体型の女性を好みますので、早々に異性からモテることはないでしょう。

けれども痩せてスタイルが程よくなれば、ちょっとお化粧やオシャレを努力すれば、異性から今まで以上にモテることができます。

それも太っていた時とはまったくタイプの異なる男性から声をかけられることが増えるでしょう。

痩せて異性から声がかかることで、「自分は痩せれば男性からモテるような女なんだ」と自分に自信を持つことができるでしょう。

とはいえ、周りでスタイルをきちんと維持している女性の方が、もっと以前からオシャレやメイクに気を遣っています。

以前よりはモテるようになるけれども、どんな女性よりもモテるというわけではありません。

痩せれば太っていた時よりは確実にモテますが、だからといって「自分はモテる」と調子に乗り過ぎないことも大切です。

声をかけられることも!

痩せて綺麗になれば、街を歩いていて声をかけられる機会も増えるでしょう。

ダイエットに成功したら、試しにオシャレやメイクをして人通りの多い場所をうろついてみてください。

そこがナンパの多い場所であれば、一人で女性がいることで、高確率でナンパをされることでしょう。

ナンパしてくる男性には、単なる遊びのつもりのタイプと、本気で「いいな」と思ったから声をかけるタイプの人がいます。

どちらの場合であっても、男性から声をかけられるということは、それだけ今の自分が魅力的なのだということですので、嬉しくも自信に繋がることでしょう。

痩せた直後にはナンパをされることが嬉しくて、つい声をかけられたら乗ってしまいそうになることもあります。

ですが、簡単にナンパについていくのは、それはそれでリスクがありますので注意しましょう。

恋愛に余裕が持ててさらにモテる

痩せると自分でも「綺麗になったな」と自信を持てますので、恋愛でも気持ちに余裕を持つことができるでしょう。

太っていた時には付き合っている人がいても、自分よりもスタイルが良い女性が近くに来る度に「彼の気持ちがあの子に移ってしまったらどうしよう」と悩むことが多く、ストレスを感じることもあったでしょう。

自分が体型に自信がないからこそ、そんな自分と付き合っている彼の気持ちを疑ってしまったり、浮気の心配をしたりと心に余裕が持てないことも多かったでしょう。

けれどもそうした悩みは、自分が痩せて綺麗になれば感じ難くなります。

落ち着いて彼のことを信じ、余裕を持って付き合うことができるでしょう。

さらに、恋愛に余裕が持てるようになると、それを見て他の男性があなたのことを「いいな」と思って近づいてくる機会も増えますので、以前よりもモテることが多くなるでしょう。

2.自信が持てた

誰でも自分が理想の姿になれたり、目標や夢を達成出来たりすると、それが大きな自信になります。

例えば太っていた時よりも10キロ近く体重を落とした人は、自分が痩せてスタイルが良くなったことで、自分に自信を持てるようになるでしょう。

また、周りの人からも「痩せたね」「綺麗になったよ」と言われることが増え、アパレルショップで試着をする時にも、店員からお世辞ではない「お似合いですよ」の言葉をかけられるようになるため、嬉しくなってさらに自信が増すでしょう。

元々普通体型の人があまり痩せすぎてしまうと、周りは病気や精神的な問題があるのではと心配することがあります。

ですが、太っている人が痩せれば好意的な意味で捉えて褒めてくることが多いです。

そのため、痩せれば誰もが自分に対して良い言葉を投げかけてくれます。

「痩せて良かったんだ」と自分でも達成感や充実感を覚えられることでしょう。

褒められるから自信が持てる

人は褒められることで自信を持つことができます。

例えダイエットに成功して痩せたとしても、周りの誰もがそれに無反応だったら、せっかく努力して痩せたのにやり甲斐がないように感じてしまいますよね。

誰かに褒められるために痩せたわけではなくても、やはり結果に周りが何も反応してくれなければ、「つまらない」「達成感がない」と思えてしまうことでしょう。

一方で、痩せたことで周りから褒められれば、それが大いに自分の自信に繋がります。

例え自分のためにダイエットを頑張ったとしても、見事に結果を出したことで、周りは勝手に褒め言葉をかけてくれるでしょう。

「頑張ったね」「痩せて綺麗になったね」という声をかけられる度に、ダイエットした自分自身を誇らしく思えることでしょう。

自信を持って意見を言える

太っていた時には自信がないことも多く、また自信がないからこそ堂々と自分の意見を言えなかった人もいるでしょう。

例えばアパレル関係や美容関係の仕事でディスカッションをする時にも、自分が意見を言って周りでもし「太っている人に言われても説得力がないよね」などと言われたら、途端に恥ずかしくてそれ以上は何も言えなくなってしまうでしょう。

太っている人が食品に関する意見を出せば通りやすいように、痩せている人が美容関係で意見を出せば不思議と説得力があります。

しかし太っている時に美容やアパレル関係で意見を出せば、反対に説得力がないと取られてしまうことも多いです。

人の意見には、どうしてもその人の外見や雰囲気も反映されますので、太っている時には堂々と自分の意見を言えなかった人もいるでしょう。

しかしそんな人でも、痩せることで自分に自信が持てるようになりますので、自信を持って自分の意見をはきはきと口にできるようになるでしょう。

また、それに対する嘲笑や悪口も減るでしょう。

太っている人からアドバイスを求められる!

太っている人が痩せると、周囲にはちょっとした驚きや変化を与えます。

その結果、同じように「自分も痩せて綺麗になりたい」と思っている人から、アドバイスを求められることも増えるでしょう。

太っている人は、元々痩せて綺麗な人のダイエット方法はあまり参考にはしたがりません。

元々の美に対する意識の違いや食生活の違いなどが大きすぎて自分には当てはめられないからです。

しかしその一方で、元々太っていた人がダイエットに成功したら、「自分と同じように太っていたのに、いったいどうやって痩せられたのか」と気になって仕方がなくなるでしょう。

一度は同じように太っていれば、食生活も太っている人特有のものであることが多いため、そんな状態からどうやって痩せられたのか参考にしたがることでしょう。

ただし自分のやった方法を、他の太っている人がやったからと言って必ずしも痩せられるわけではありません。

それを踏まえた上でアドバイスをしてあげれば、相手には喜ばれるでしょう。

3.服選びが楽しくなった!


太っていた時と痩せた時の大きな違いは、服選びが自由にできることでしょう。

太っていた時には、わざわざ大きなサイズを探す必要があったので、大きめのサイズも置いてあるメーカーの服しか買えなかったり、あまりオシャレな服はなかったりと、不便なこともあったでしょう。

しかしLサイズまでサイズダウンができれば、大抵の服は着られるようになります。

可愛らしいデザインの服でも見苦しくなく着こなすことができるようになります。

自分が着られる服の種類が増えることで、服選びがとても楽しくなって、買い物をするのが好きになる人もいるでしょう。

カジュアルな服でもキマって見える!

同じようなデザインの服でも、着る人の体型によっては印象が大きく変わってきます。

例えば可愛らしい服なら、小柄な人により似合いますし、太っている人が着るとどこかみっともなく見えてしまうこともあります。

またカジュアルな服の場合にもS~LLサイズあたりであればかっこよく着こなすことが出来ます。

ですが、それ以上のサイズになってくるとせっかくオシャレに着こなしても、どこか見苦しい印象になってしまうことがあるでしょう。

LサイズやLLサイズあたりは、背が高い人であれば多少恰幅があっても、それはそれでかっこよく着こなすことができます。

しかし身長が低いのに横幅だけが大きいと、カジュアルな服だけでなくどんな服でもバッチリと着こなすのは難しくなってしまうでしょう。

そうした部分からも、痩せることでカジュアルな服をかっこよく着こなして、堂々と街を歩けるようになるでしょう。

ヒールのある細い靴が入るようになった!

ヒールのある細い靴の場合、足のサイズがあまり大きいと履けないことがあります。

元々足のサイズが大きめでも、スタイルが細いか普通体型であれば、自分に合う靴のサイズを探せば履きこなすことはできるでしょう。

しかし、どんなに足のサイズが小さくても体が大きいと、せっかくおしゃれなヒールの靴を履いても全体的なバランスが悪くなってしまい、不格好になってしまいます。

また、細いヒールはその部分で体重を支えることになるため、太っていると支える体重が重すぎてヒールがすぐに折れてしまったり、歩く度にガクンとバランスが悪くなってしまったりすることもあり、怪我の危険性も増します。

しかし適度に痩せて健康的な体型であれば、細いヒールの靴でもすんなりと足に入り、カツカツと元気よく踏み鳴らして歩くことができるでしょう。

股ずれがない!

股ずれは、太っている人特有のトラブルです。

ズボンを履いて歩いていると、股の部分がこすれて痛んでしまうことはしょっちゅうですし、生足でも太腿がこすれることでヒリヒリと痛みを覚えてしまうことがあるでしょう。

また、夏場は汗で蒸れるため、太腿部分でべたついた汗が擦れてかぶれてしまうこともあります。

さらに真っ直ぐに立った姿勢の時にも、太腿がピッタリとくっついている姿はどこかマトリョシカのようで、みっともなく思えてしまうこともあったでしょう。

しかしそれらの悩みやトラブルも、痩せることで一気に解決出来ます。

痩せれば股ずれがなくなり、太腿部分が痛むことはなくなります。

また、肌がこすれてヒリヒリすることもなくなるでしょう。

何より立った時や歩いている時の姿勢が決まって見えますので、自分でも自信を持ってオシャレをして街を歩くことができるようになるでしょう。

4.周りの人の対応が違う!

痩せて綺麗になると、周りの人の対応が明らかにこれまでとは違ってきます。

太っていた時には体型をネタにされていじられていた人は、痩せた後は同じように体型でいじられることはなくなるでしょう。

また、周りの男性は、自分が太っていた時よりも優しくなることも多いです。

重たい荷物を運ぶ時にも、太っていた時には「力もありそうだから大丈夫だろう」と放置されていたのが、痩せた後では「重たいものは男が運ぶからいいよ」と助けてくれることもあるでしょう。

一方で女性の場合には痩せたことで褒めてくれる人もいますが、中には自分と同等か、それ以上に綺麗になったことで、女としての敵対心を向けてくることもあるでしょう。

けれどもこれまでは、そうした女性同士のライバル心が燃やされることもなかったため、敵対心を向けられることで、「同格扱いをされている」という自信に繋がることもあるでしょう。