デブスということばは、デブでブスな容姿の女性のことをいうそうです。

デブだからブスになった女性のことへも使うそうです。

ものによっては男性に対してもいうと書いてあるものもあるようです。

デブスの特徴を解明してみよう

1. 容姿の特徴

デブスというだけあって、一番の特徴は太っているということです。

そしてその太り方が健康的という観点からはかけ離れているということですね。

どれくらいからが「デブ」なの?

それではどれくらいからが「デブ」なのでしょうか?見る側の好みの問題もありますね。

太っている、痩せているというのは本当に好みの問題が大きいです。

たとえばタレントの磯山さやかさんは男性に大人気ですが、

テレビに出てくるスレンダー美人とは違って程よくお肉が付いているから人気なようですが、テレビで見る限り決して太っていませんよね。

きっと芸能人ではなくて、普通に道を歩いていたら普通体型じゃないでしょうか。

それが芸能人のなかではまぎれもなくぽっちゃりです。

デブはやっぱり誰から見てもデブだっていえる人でしょうか。

やせた女性が好きだという男性であるなら普通の体型といわれる女性でもデブだといわれてしまうかもしれませんが、

たとえば太っている女性が好きだと思っている男性が見ても、明らかに太っているといえるような女性はデブではないでしょうか?

そもそもはっきりした基準がないものなのです。

おおかたのひとがデブだと認める。

どれくらいでしょうか?たとえば100人いたら半数くらいの人から 「あの人デブねえ」といわれるような人でしょうね。

【デブについてもっと詳しく知るにはこちら!】

どんなルックスだとブスなの?

美人やブスの基準というのはいったいどこにあるのでしょうか?美に関しては人それぞれ好みがありますよね。

顔の黄金比率、体型の黄金比率というものがありますね。

黒目の中央からまっすぐ下に線を引き口がその中に入っていたら小さい口だとか、

眉毛からおでこの髪の毛の生え際迄の距離が顔の長さの3分の1が理想だとか・・・・他にもいろいろ。

人は、人の顔を見るとき、その黄金比率の事をしらなくても、見ていてなんとなく黄金比率に近ければ美しいと感じるという話です。

体型もバストとウエストとヒップの比率や、脚の太さなど、あまりに黄金比率から遠ざかると美しくないと感じるのでしょう。

でも、黄金比率にかなり近い女性でも、ブスさを感じさせる人と、そうでない人、

そして黄金比率からはけっこう遠い部分を持っている女性が美しさを醸し出しているということも往々にしてあります。

ルックス上でどういった特徴があるとブスになってしまうのでしょう?

美人とブスというのはわりとハッキリしていて、問題なのはボーダーラインだと思います。

ブスと普通の境目、美人と普通の境目は見る側の好みに大きく左右されるように思います。

化粧の特徴

どうせ自分はブスだからといって、お化粧する気などまったくないという女性がいます。

お化粧するしないは好みの問題で、お化粧しないからブスに見えるというのではないのですが、

少しでも美しくなりたい、美しくありたいという気持ちがまったくないと、もともとの容姿が少々よくてもブスに見えてしますし、もともとの容姿があまり美しくないとブスまっしぐらです。

美しさの基本は健康ではないでしょうか?お化粧の基本は、健康そうに見えるということをベースにすべきだと思います。

何も、体育会系になろうという意味ではなく、決して不健康に見えないようにというくらいの意味です。

明るく楽しく幸せに生きるために必要な最低限の体力と元気さを肌や体から放射したいものですが、そこでお化粧の力をちょこっと、いや、かなり借りるのです。

お化粧することで、またはしないことで健やかさがまったく感じられないのであれば残念です。

そして、美しさの基本が健康であるなら、美しさに必要なのは清潔感です。

太りすぎているということは基本の健康と、大切な清潔感を失ってしまっているということです。

また、逆に美しく装うためのものであるはずの化粧でわざわざブスになっている人っていますよね?勘違いメイクです。

勘違いメイクの大きな要因はコンプレックスです。

人を美しくさせる前向きなコンプレックス(こういうのはほんとうはコンプレックスとはいわないのかもしれませんが)ならよいのですが、

ただただ自分の容姿の欠点に心がひっかかり、その部分を隠すこと、カバーしようとする気持ちばかりが先行してしまっている人がいます。

目が細くても美しい目の人、美しい顔の人はいくらでもいるのに、目が細いということに心がとらわれてしまって、

太すぎるアイラインを描いたり、その重さに目が耐えられないほどの付けまつげを付けている人がいます。

もったいないなあと思います。

まわりがいくら言っても自分の欠点(と思っているところ)を隠すことしか見えていません。

自分の顔の一部としての目を見ているのではなく、「自分の欠点を嫌がっているという自分の心」を見て必死になって隠そうとしているのです。

服装の特徴

体の線を出すのが恥ずかしい、もしくはどんな体の線でも恥ずかしくない、この2つがデブスの服装の特徴です。

欠点のない人なんてほとんどいないので、体のすべて、どこを見られてもOK、どのラインをあらわにしてもOKという人はかなり少ないと思います。

それでもほんの少しでも女性らしいラインをどこかに出すおしゃれをするものです。

たとえば、バストラインとか足首など。

デブスは洋服ですべて覆い隠してしまい体全体が物体化してしまっているか、

もしくは、ものすごく太い脚のラインにっそったピタピタのスキニーをはいても平気で、見ているこちらが気の毒になるほどのどちらかが多いです。

デブを隠す髪型の特徴

デブを隠す髪形の特徴はどういったものでしょうか?

デブは健康そうにみえるというのは大間違いです。

ぽっちゃりではなくハッキリ言ってデブ迄言っているなら不健康です。

美しさの基本は健康、美に必要なのは清潔感ですから、ブスを脱出する第一歩は健康的で、清潔そうに見えるようにしなければいけません。

デブを隠す髪形は必然的に髪自体の美しさ、艶を失わないようにすること、艶やハリのある髪を維持することです。

髪にはいくら栄養が行き過ぎているように見えてもいいです!

そうしたうえで、すっきりした髪形が一番です。

長すぎず短すぎずがいいですね。

ショート過ぎると顔が大きく見え、ロング過ぎると重くなります。

2. 性格の特徴

デブスの性格の代表格は「恥じらいがない」ということでしょうか。

それを横綱だとすると大関は「だらしない」でしょうか?もしかしたら両横綱かもしれません。

どんなに性格的に好い人といわれている人でも、デブスにはこの「恥じらい」だけはなぜかないのです。

コンプレックスから、引っ込み思案であったり臆病である場合も多いですが、そらは恥じらいとは違います。

自己否定タイプが多い

デブスの引っ込み思案や臆病は自己否定からきている場合が多いです。

合言葉は「どうせ!」でしょうか。

どうせ自分はブスだから、どうせ自分はデブだから。

どうせ何しても同じだから・・・・

自分を否定し続けてきた結果、容姿がデブスになってしまっているのです。

そこまではっきり思っているわけではない場合でも潜在意識に深く深く刻まれているのです。

他人に敵意を感じやすい

引っ込み思案や臆病だから人にやさしいかというとそうではなく、実は他人に敵意を感じているのです。

なぜなら自己否定しながら他人を受け入れることは至難の業だからです。

自分や自分を取りまく現状の不満を他人に転嫁しているかのようです。

自分に自信が持てないと他人に敵意を感じやすいです。

マイナス思考

したがって世の中の事、自分の現在と将来などすべてにおいてどんどんマイナス思考になっていきます。

マイナス思考のスパイラルですね。

私の周りにいるマイナス思考のAさん40歳は、いつも周囲に不満を持っています。

40年も生きてきたのなら自分のパターンに気づきそうなのに、他人がすべて悪い、運命がすべて悪いと思っているのでパターンに気づいていないんです。

自分の人生にいいことはないと思いこんでいるかのようで気の毒になります。

容姿がどうこうという以前の問題で、口角は下る、目は三角になる、肌はくすむ。

見ているといつも思っている事が顔に出ているんじゃないかと思います。

口角をあげて人の悪口いえないですね。

腹を立て、人に敵意を持ち 「あいつ!むかつく」と思うとき、若い時は目じりがつりあがりますが、ある年齢意向は目の周りの組織がたるむので、三角になるものです。

おそろしいです。

努力することが嫌い

マイナス思考のスパイラルにはまる人は努力をすることが嫌いです。

なぜなら人は努力をしている過程では一瞬でもマイナス思考から逃れることができるのですから。

もともとプラス思考、マイナス思考という思考の傾向というものは持って生まれているのかもしれませんが、

自分のことを性格に内省することができればスパイラルから逃れるための方法を考えるということに行きつくはずです。

デブスといわれる人はマイナス思考のスパイラルから逃れる努力すらしたくないとどこかで思っているかのようです。

とにかく向こうから、自分の努力なしで何かがやって来てくれるのを待っているのです。

それは土台無理な話です。

他人の目を気にする

デブスは人生を投げやりに過ごして、他人の目など気にしていないのかというと、そうではないのが不思議なところです。

へんなところで人の目を妙に気にしています。

もっと違うところを気にすればいいのにといつも思います。

たとえば、デブスな容姿を気にするのは仕方ないとはいえ、気になる部分を必要以上に隠すため、余計、人の目についてしまうことに気づかないのです。

人は人の顔や容姿をさして気にはしないのに。

Y子さんは、だらしなくて努力できない性格だと人から見られることは気にしないのに、太ももが太いということだけに妙にとらわれてしまっています。

男性からモテないのは、その性格が一番の起因にもかかわらず、悪いのはこの太い太もものせいだと言い張ります。

デブスを改善するためには?

デブスを改善するためにはどういったことができるのか考えてみました。

1. 努力でデブスを卒業出来ると信じる!

まず信じることですね。

努力でデブスを卒業できるという信念が大切だと思います。

一気には無理だとしても、確実に一歩一歩卒業できる!ということを信じないことにはなにも始まりません。

デブスは努力が嫌いな人が多いのですが、それは努力は無駄だと思っているからです。