CoCoSiA(ココシア)

デブスと言われる人の10個の特徴。努力で改善できます!

デブスということばは、デブでブスな容姿の女性のことをいうそうです。

デブだからブスになった女性のことへも使うそうです。

ものによっては男性に対してもいうと書いてあるものもあるようです。

デブスの特徴を解明してみよう

1. 容姿の特徴

デブスというだけあって、一番の特徴は太っているということです。

そしてその太り方が健康的という観点からはかけ離れているということですね。

どれくらいからが「デブ」なの?

それではどれくらいからが「デブ」なのでしょうか?見る側の好みの問題もありますね。

太っている、痩せているというのは本当に好みの問題が大きいです。

たとえばタレントの磯山さやかさんは男性に大人気ですが、

テレビに出てくるスレンダー美人とは違って程よくお肉が付いているから人気なようですが、テレビで見る限り決して太っていませんよね。

きっと芸能人ではなくて、普通に道を歩いていたら普通体型じゃないでしょうか。

それが芸能人のなかではまぎれもなくぽっちゃりです。

デブはやっぱり誰から見てもデブだっていえる人でしょうか。

やせた女性が好きだという男性であるなら普通の体型といわれる女性でもデブだといわれてしまうかもしれませんが、

たとえば太っている女性が好きだと思っている男性が見ても、明らかに太っているといえるような女性はデブではないでしょうか?

そもそもはっきりした基準がないものなのです。

おおかたのひとがデブだと認める。

どれくらいでしょうか?たとえば100人いたら半数くらいの人から 「あの人デブねえ」といわれるような人でしょうね。

どんなルックスだとブスなの?

美人やブスの基準というのはいったいどこにあるのでしょうか?

美に関しては人それぞれ好みがありますよね。

顔の黄金比率、体型の黄金比率というものがありますね。

黒目の中央からまっすぐ下に線を引き口がその中に入っていたら小さい口だとか、

眉毛からおでこの髪の毛の生え際迄の距離が顔の長さの3分の1が理想だとか・・・・他にもいろいろ。

人は、人の顔を見るとき、その黄金比率の事をしらなくても、見ていてなんとなく黄金比率に近ければ美しいと感じるという話です。

体型もバストとウエストとヒップの比率や、脚の太さなど、あまりに黄金比率から遠ざかると美しくないと感じるのでしょう。

でも、黄金比率にかなり近い女性でも、ブスさを感じさせる人と、そうでない人、

そして黄金比率からはけっこう遠い部分を持っている女性が美しさを醸し出しているということも往々にしてあります。

ルックス上でどういった特徴があるとブスになってしまうのでしょう?

美人とブスというのはわりとハッキリしていて、問題なのはボーダーラインだと思います。

ブスと普通の境目、美人と普通の境目は見る側の好みに大きく左右されるように思います。

化粧の特徴

どうせ自分はブスだからといって、お化粧する気などまったくないという女性がいます。

お化粧するしないは好みの問題で、お化粧しないからブスに見えるというのではないのですが、

少しでも美しくなりたい、美しくありたいという気持ちがまったくないと、もともとの容姿が少々よくてもブスに見えてしますし、もともとの容姿があまり美しくないとブスまっしぐらです。

美しさの基本は健康ではないでしょうか?

お化粧の基本は、健康そうに見えるということをベースにすべきだと思います。

何も、体育会系になろうという意味ではなく、決して不健康に見えないようにというくらいの意味です。

明るく楽しく幸せに生きるために必要な最低限の体力と元気さを肌や体から放射したいものですが、そこでお化粧の力をちょこっと、いや、かなり借りるのです。

お化粧することで、またはしないことで健やかさがまったく感じられないのであれば残念です。

そして、美しさの基本が健康であるなら、美しさに必要なのは清潔感です。

太りすぎているということは基本の健康と、大切な清潔感を失ってしまっているということです。

また、逆に美しく装うためのものであるはずの化粧でわざわざブスになっている人っていますよね?勘違いメイクです。

勘違いメイクの大きな要因はコンプレックスです。

人を美しくさせる前向きなコンプレックス(こういうのはほんとうはコンプレックスとはいわないのかもしれませんが)ならよいのですが、

ただただ自分の容姿の欠点に心がひっかかり、その部分を隠すこと、カバーしようとする気持ちばかりが先行してしまっている人がいます。