CoCoSiA(ココシア)

評判がいい人の15個の特徴と行動!...(続き3)

しかし、評判がいい人というのは簡単に諦めません。

トラブルに見舞われても、どうにかしてクリアにしようと、様々な方向から挑戦していったりするでしょう。

また、もし自分の力では解決できなかったとしても、周りに意見を求めたり自ら調べて知識をつけ、トラブルに立ち向かっていくはずです。

そんなトラブルに立ち向かう姿や、簡単に諦めない姿を好意的に見る人が多いのはもちろん、実際に解決して自分自身の力も向上させてしまうのが評判のいい人の特徴かもしれません。

もし、解決できなかったとしても、きちんとフィードバックや改善点などを自分の中で出し、同じことが起こったときには適切に対処できるようにしておく真面目な部分がある人も多いんだとか。

意図的に良い人を演じていない

評判のいい人になりたいと頑張っている人の中には、無理やり良い人を演じたり、思ってもいないことや心から思っての行動ではない人もいるでしょう。

いい人と思われたいから、評判を良くしたいからという思いから、意図的に良い人を演じていると、どうしてもどこかからボロが出てしまったり、どこか違和感が出てしまったりするものです。

自然と評判が良くなっていく人というのは、無意識のうちにそういったことができてしまうということなのかもしれません。

そして、そんな無意識の行動や発言から、本当のその人の良さがにじみ出て、意図せずとも評判のいい人になれるのだといえます。

また、どうにか評判のいい人になろうと無理に頑張ると、空回りしてしまったり、逆に計算していると評判が良くなくなってしまうこともあるかもしれません。

本質的に良い人である

本当に評判がいい人というのは、周りの人からの評判や人に好かれるために様々な行動をするわけでなく、本当に心から自分がしたいと思って行動していることがほとんどです。

本質的にいい人であり、自分が相手にそうしてあげたいからと思っていたり、それが当たり前のことだと思っていたりするんです。

だからこそ、言動に嫌味な感じや不自然さがなく、自然体で誰にでも受け入れやすいのかもしれません。

ただ、もし自分が本質的にいい人ではないと思っていたり、評判のいい人になるのは難しいと思ってしまっているのであれば、それはまだ早いかもしれません。

誰でも本質的にはいい人が多いはずです。

自分がされたら嬉しいこと、人が喜びそうなことをしてみると気持ちが変わってくるかもしれません。

そして、人に感謝されたり評判が良くなっていくうちに、だんだんと自然といい人になっていけることもあるんだとか。

人のために何かするのが好き

人に何かしてあげることが好きだったり面倒見のいい人の場合、人のために何かをしてあげたり、自分の時間や知識を使うことに対して、何も思いません。

むしろ自分自身も満足し、もっとしてあげたいと思ったり、もっと役に立てるように頑張ろうと思ったりするんだそうです。

自分の行動によって、誰かの助けになったり喜んでもらうことが好きで、素直に嬉しいと思えるのが、評判のいい人が誰からも好かれる理由なのかもしれません。

また、人が喜ぶことによって自分も嬉しく満足感が得られるので、イヤイヤしているわけではなく、進んでしているので負担になったりストレスを感じることもなく、自然にできるのは性格が良い証ともいえるでしょう。

自分から進んで行動する善意の人

自ら人を助けたり、自分の負担が大きくなっても向上心もって行動できる人というのは、善意の人だといえると思います。

評判のいい人というのは、何かしら理由があります。

仕事ができるなどの理由のときももちろんありますが、それだけではなく人に何かしてあげたい、自分を常に成長させたいと向上心をもって生活している人のことが多いのではないでしょうか。

仮に仕事がとても出来る人だったとしても、それがイヤイヤな感じであったり、人によって態度を変えるなど、ここまでに紹介した評判のいい人の印象と違っていると、それは誰からも評判のいい人ではなかったりするはずです。

誰からも好かれている評判のいい人というのは、自分から進んで誰かを助けたり手を差し伸べてあげる人のことをさすのだと思います。

そんな人を理由うもなく、嫌ったりする人もなかなかいないでしょう。

もしいるとすれば、敵対視している人でしょうが、評判のいい人はそんな人にも分け隔てなく救いの手を差し伸べたり、逆に相談したり頼ったりするので、なかなか敵を作ることがないというのも評判のいい人のすごいところかもしれません。

見返りを求めない

人はどうしても誰かに何かをしてあげると、見返りを自然と求めてしまいがちだと思います。

ただ、評判のいい人は自分がしたいからしているという意識が強いので,その相手に対して何かをしてあげたとあまり考えてなかったりします。

なので、見返りを求めることもあまりありません。

その分、相手がお返しに何かをしてくれたりすると、とても嬉しくさらに自分も力になりたいと考えるんだとか。

お返しとしてしてあげたことを予想以上に喜んでもらえると、こちらとしてもそんなに喜んでもらえるならまたしてあげたいという気持ちになるでしょう。

逆に見返りを求めてしまうと、私はこんなことをしてあげたのになんでお返しをくれないんだ、助けてくれないんだと思ってしまうかもしれません。

そうした気持ちって、隠そうとしても表情や行動、言葉の端々などにあらわれてしまうものですよね。

見返りを求められているなと感じると、人はあまり感謝ができなくなってしまったり、手助けやその人の行動を負担に思ってしまったりします。

そうなると、なかなか誰からも評判のいい人にはなれないのかもしれません。

言動が常にポジティブ

前向きでいつでも向上心をもって行動しているので、どんなときでも言動がポジティブなのも評判のいい人の特徴だったりします。

何かトラブルがあったときや余裕のないときって、どうしてもネガティブになってしまったり、マイナスなことばかり考えてしまったりすると思います。

そんなときに、誰かがポジティブでいてくれると、その場全体の士気が上がったり、自分までポジティブになれたりするでしょう。

そして、評判のいい人といいうのはただポジティブなわけでなく、実際に頼りになったりトラブルを解決してくれたりするんです。

そういった前向きで物事を上手にこなすことのできる部分が、多くの人から信頼されて頼りにされていくポイントなのかもしれません。

また、それを周りに自慢したりしないところも、嫌味な感じがなく好感を持たれるのでしょう。

ポジティブな言動に引っ張られているうちに、自分までポジティブになっていき、仕事が上手くいったりして、評判のいい人と一緒にいたいと思う人も少なくないのかもしれません。