CoCoSiA(ココシア)

人当たりが良い人が向いている職業5選


人当たりのいい人っていますよね。

感じが良い方が多いですし、物腰が柔らかで接しやすい人物であるという意味合いです。

人当たりが良い事は、周りからの印象も良く、人間関係もうまくいきやすい傾向があります。

それは職業にも大きく影響されます。

人と関わる仕事などは向いていると言えるでしょう。

この記事では、人当たりの良い人の特徴や、向いている職業についてご紹介します。

人当たりが良い人が向いている職業5選

人当たりが良い人物が向いている職業とは、営業や接客業、受付など人と接する仕事でしょう。

こういうのは人当たりの良い人物であれば、得をしていると言っても過言ではないでしょう。

ただし内容によって向き不向きというのは存在するため、人当たりが良いだけではダメなんですよ。

少なくとも有利であるかどうか、そこに尽きます。

1.営業


営業職というのは色んな所があります。

企業向け、一般家庭向けなどですね。

サラリーマンの定番と言われている営業職ですが、こちらは人当たりが良くないととても出来る仕事ではありません。

何故なら人格や感じを見られる事が多いからです。

営業というのは、その会社の顔であると思って下さいませ。

どんなに良い商品を扱っているにしろ、営業の方の態度が悪くしっかりしていないような方では勤まる事など出来ません。

特に営業というのは自分から売りに出さなければいけませんし、人によってはしつこく勧めてくるような方もいます。

大体営業というのはあまり好かれるような仕事ではないのですが、こういうのは適材適所の人材でないと一番難易度が高いでしょう。

営業職というのは当然話術も必要なのですが、まず話す前に拒否をされてしまう事もあるほどです。

一昔前よく家にセールスの人が来たりしていませんでしたか?

今はもう家に来るような事はないのですが、営業というのはやり方がやり方だけにあまり良く思われていない事も多かったんですよ。

当時は人当たりが良さそうな方のみ、契約を取るのが上手だったそうです。

俗にいう飛び込み営業というものですが、大体1日100件以上営業して断られてしまう事もあります。

人と密接に関わる仕事だからこそ向いている

営業職というのは、人当たりも良く愛想がよくないと出来ない仕事です。

取引先とのやりとりが重要になりますし、1人1人密接に関わっていく関係であるため、話が出来たり相手に信用を得られないと難しいんですよ。

私が事務員をやっていた頃、よく営業の方が来られた事があります。

勤め先とは関係のない営業もありましたが、関係があった営業でも愛想や受け答えが悪いと全員気分が悪いくらいでしたね。

人と密接して関わる仕事というのは、結構ストレスがかかってきます。

それを苦にならない人物が望ましいでしょう。

人当たりの良い人物というのは、コツコツ出来るタイプでもあり、でしゃばる事をそんなに好まない方とも言えます。

営業というのは自分の会社の製品を他社などに売り込む仕事であるため、契約をしてくれるというのは結構難易度が高いのです。

契約を簡単に取れるかと言われると、話に持ち込めたがそのまま終わってしまったという方もいるんですよ。

話に持ち込んで契約を取れるかどうかというのは、本当に自分自身にかかってきます。

ノルマや規則が厳しいときもある

営業職というのはあまりいいイメージを持っておられない方が間違いなく多いでしょうね。

何故かと申しますと、ノルマや規則というのが非常に厳しいのです。

正直な話、メンタルが強くない方には、営業をお勧めいたしません。

それは何故かと申しますと、向き不向きがあまりにも大きすぎるからですね。

特に営業というのは、ノルマや規則がありすぎて精神的に辛いという所がたくさんありすぎるのです。

営業職は数字が全てであり、ノルマを達成できない人物は、リストラ対象になる事も珍しくないんですよ。

実際私の同級生が保険の営業職をやっていた事があるのですが、とても大変そうでした。

ノルマは毎月ありますし、状況によってはノルマ達成できにくいものもあります。

仕事に目標というのは必要ではあるのですが、出来ない方ですととても継続は出来ないと思って下さい。

人当たりも良い事はもちろん強みにはなるのですが、営業職というのは結構マメでないといけません。

プレゼンテーションをしなければいけない時もありますし、他者とコンペでやりあわねばならない時もあります。

人当たりが良いのは武器にはなるのですが、酷い時など嫌味や居留守などは当たり前だと思っておいた方が良いです。