CoCoSiA(ココシア)

結婚生活つまらないと感じる夫婦の1...(続き3)

特に、ショッピングが好きな奥様とショッピングが大嫌いな旦那様にとっては、喧嘩の元になったりしてしまうこともあります。

疲れてストレスが溜まっている状況が続けば続くほど、お互いに良くない環境が生まれてしまうこともあるでしょう。

4.互いの価値観が合わない部分が多いから

「お互いの価値観の違いが、お付き合いしているときには刺激に感じたのに、結婚してお互いの価値観が合わない部分がどうも受け入れられなくなった…」なんてご夫婦も見えるようですね。

また、お付き合いしていた頃には見えなかった部分や、結婚生活を重ねることに違いの価値観が合わないと感じることが多くなることで、結婚生活が「つまらない」と感じるようになるのかもしれません。

これまで、お付き合いしていた頃には見えなかった部分が見えてしまうことで、ショックを受けることもありそうです。

しかし、夫婦2人赤の他人が結婚するわけですから多少の違いは受け入れなければなりません。

しかし、互いの価値観の違いが多かったり、大きすぎることで様々なところで支障が出てくるのです。

すぐ喧嘩になってしまう

特に、価値観の違いが多くなることで、すぐにケンカになってしまうこともあります。

すぐにケンカになってしまうことで、相手と話をすることすら嫌になってしまうこともあります。

「どうせ自分が言った事は、相手は気に入らない」などと思う気持ちが強くなくなるほど、相手に話をすることすら嫌に感じることもあります。

さらに、相手に対して伝えたいことや言いたいことがあっても、価値観の違いが多すぎることで相手に受け入れられず、話したところですぐに喧嘩が勃発してしまうような夫婦になってしまうことで、一緒にいることが苦痛に感じてしまうこともあります。

将来の方向性も違う

このようなことから、ささいな事はおろか将来の方向性も違ってくることが考えられます。

将来に対しての考え方や方向性が違うことで、一緒にいることが「つまらない」と言う気持ちから「一緒にないほうがいい」なんて言う気持ちに変わってしまいそうです。

このように、将来の方向性が違ってくることで、結婚生活が破綻してしまう事はごくごく自然な流れなのかもしれません。

このように、お互いの価値観や考え方が違うところが多いと感じてしまう場合、将来の方向性も違うと感じ、わかりに至るケースが少なくないようです。

5.互いに自分の趣味のことで頭がいっぱい

お互いに趣味を持っている夫婦の場合、その趣味のことで頭がいっぱいになってしまうことが考えられます。

当然、その趣味にお金をつぎ込んだり時間を費やすことになりますので、夫婦の時間がなくなってしまうことも予想されます。

さらに、互いに夫婦の時間を過ごすのではなく互いに趣味の時間を過ごしてしまうことで、お互いの気持ちが離れてしまうことも考えられます。

互いに別々の趣味をしていることで、お互い趣味に没頭しているときは楽しいのですが、ふと家に帰り夫婦の時間を過ごすとなると、特に喋ることがなかったり喧嘩が絶えないようになってしまうのであれば、互いに自分の趣味のことで頭がいっぱいになっているのか、趣味の次に家庭を大切にしているかのどちらかになりそうです。

相手に対する思い遣りを示す暇がない

趣味に没頭してしまうことで、相手に対する思いやりを持つ気持ちが薄れていたり、相手に対して気遣うより、自分の趣味を優先してしまうようになっていることで、夫婦2人の関係が壊れるだけでなく、夫婦2人の溝も深くなってしまうことでしょう。

このように、お互いに趣味に没頭していることから、相手に対する思いやりを示す暇がなくなってしまい、結果的に相手を思いやる気持ちがないと思われてしまうこともあります。

相手に対する思いやりをきちんと伝えることが夫婦円満の秘訣になることを覚えておきましょう。

6.共通の趣味や好きなものがない

特に、夫婦2人で楽しめることがない場合、一緒にいても面白みのない夫婦に感じられることでしょう。

また、共通の趣味や好きなことができないような夫婦であれば、協力しあったり、何かを成し遂げるということが難しい傾向にもあります。

特に、共通の趣味や好きなものが1つでもあれば、その状況を拭い去ることができるのかもしれません。

ひとつでもあると大分違う

1つでも、共通の趣味を一緒にできることがあれば、夫婦2人が力を合わせ協力する姿を見ることができます。

また、お互いにお互いのことを思いやり協力し合う姿勢を見せることができます。

しかし、共通の趣味や好きなことがなければお互いに協力して何かを成し遂げるという機会もなくなってしまいます。

このことから、夫婦2人の共通の趣味や好きなことがないことから、互いに協力し合うことができなくなったり、互いに思いやる気持ちが薄れてしまうこともあります。

7.会話が少ない

もともと、2人の会話が少ない場合、お互いに一緒にいても「楽しくない」なんて思うこともありそうです。

特に、おとなしい2人だったり、何を考えてるのかわからない場合もあります。

しかし、会話が多い夫婦でも人の悪口や仕事の愚痴ばかりを言ってしまうような夫婦になると、これもまた「つまらない」夫婦になってしまいます。

このように、極端に会話が少ない場合や、会話があったとしても人の悪口や愚痴などでつながってしまう夫婦の場合、特に良い夫婦とは言えません。

会話が少なくてもきちんと思いを伝えていたり、会話が少なくても静かな空間が好きな夫婦もいます。

会話がしたくても会話にならない夫婦に問題があります。

あなたの夫婦像を想像してみた時に、会話が少ないと感じますか?

また、あなたは話をしたくても、相手が話を聞いているか聞いていないかわからない態度をとってきたり、話す事に抵抗感じてしまう場合、つまらない夫婦になっていることもいます。

8.一緒にいる時間が少ない

特に、一緒にいる時間が少ない夫婦の場合、すれ違いが起こりやすくなってしまっていることもあります。

また、一緒にいる時間が少ないことで、なかなか会話する機会もなくお互いのことを話し合う時間も少ないように感じてしまいます。

また、一緒にいる時間が少ないことから、気持ちが冷めてしまうこともあります。

一緒にいることができない夫婦なら、寂しい時間を過ごすことも考えられます。