子なし夫婦のメリットは、私たちが気付いてないだけでたくさんあります。

夫婦の幸せは子供が全てではないので、二人でたくさん幸せを作ることができます。

色々な人からデリケートなことを聞かれ、傷つくこともあると思います。

子なし夫婦であることに引け目を感じず、堂々と夫婦二人だと言い切れる人になってほしいです。

今回は子なし夫婦14個のメリット、そして子供がいなくても幸せと感じるポイントについて紹介します。

子なし夫婦が増えている?!

子なし夫婦は近年増えつつあります。

色々な生き方が出来るようになってきた近年、独身を選ぶ人と同じように子なし夫婦が増えつつあります。

不妊治療の結果、あるいは結婚した時から子なし夫婦を選択する人も多くいます。

子なし夫婦の理由は様々ですが、子供を持つことで仕事に専念できなくなったり、夫婦2人での時間を大切にしたいという考えなど色々あります。

子なし夫婦がどうして子なし夫婦を選んだのかはすごくデリケートな話題なので、なかなか聞く機会はありません。

人それぞれで、夫婦2人で相談して決めた結論なのだと思います。

子供を持つと、働きやすくなったとはいえ産休育休、復帰後も子供を理由に早退や欠勤など様々なことが想像されます。

今までと同じように働くことは難しくなってきます。

幼い間は子供中心の生活になりますので、今までと同じように大人だけが集まるような場所(お洒落なお店やレストランなど)には行きにくくなります。

なによりも夫婦2人の生活に子供が加わることで、今までの恋人関係に近い状態から運命共同体のような関係へとシフトします。

お互い思う所があり、相談して子なし夫婦を選ぶ人が増えつつあります。

DINKsとも呼ばれる

子なし夫婦はDINKsとも呼ばれています。

DoubleIncomeNoKids(夫婦2人の収入、選択して子供なし)という意味合いの頭文字をとったものであり、子供を作らず、夫婦共働きの夫婦のことを言います。

結婚してまもない子なし夫婦はDINKsには該当しません。

結婚生活から数年経ち、あえて子供を持たない夫婦のことを言います。

不妊治療など何らかの理由で子供を持たない夫婦はDINKsに含まれません。

DINKsという言葉があるくらい子なし夫婦は多く、あえて子供を作らない夫婦が増えつつあることを知ってほしいです。

そして、色々な他の人からの意見に振り回されないようにしてほしいです。

なによりも大切なのは、夫婦2人の決めたことです。

子なし芸能人夫婦も増えている

子なし芸能人夫婦は増えています。

ベテラン芸能人だと、プロデューサーと結婚した原千晶さん、野球選手として活躍したイチローさんと福島弓子さん、常盤貴子さんと長塚圭史さん、山口智子さんと唐沢寿明さんなど他にも著名な方が多数おられます。

子なしを選んだ理由は夫婦それぞれ色々な理由があり、第三者が聞くことができないことです。

それでも、表舞台で活躍する人も子なし夫婦を選択していることに自信を持ってください。

子なし夫婦を選択することは人生の選択肢の一つであり、それを選んだからといって誰しも責める理由はありません。

夫婦2人が納得して決めていることであれば、それでいいのではないかと思います。

後からたらればを言うことがないよう、とことん相談したほうがいいです。

子なし夫婦の14個のメリット

子なし夫婦の14個のメリットを紹介します。

子なし夫婦でいるか、それとも子供を希望するかを選択するのはとても悩みます。

そして、女性の出産年齢が上がってきているとはいっても、やはり年齢的なタイムリミットがあります。

子なし夫婦を希望しているものの、お互いの両親や親族の意見、世間から見た意見などは気になりますし、後から後悔しないだろうかと悩みます。

子なし夫婦のメリットを知ることで、子なし夫婦を選択しようとしている自分に自信を持って欲しいです。

多数派の意見が必ずしも正しいとは限りません。

自分の大切な決め事は自分や夫婦でしか決めることができません。

夫婦二人でゆったりと暮らすことができる


子なし夫婦を選択すると、夫婦2人でゆったりと暮らすことができます。

子供が生まれると、子供中心の生活になります。

授乳、離乳食、一日三食、さらに成長に応じて一日の予定を入れます。

入園、入学のたびに色々とやるべきこともあります。

PTA役員にママ友付き合い、特に母親の負担は大きいです。

食事は子供が一緒なので騒がしく、自宅もワイワイしますし、外食しても幼い間は自分のご飯は適当になり、子供を食べさせるのに精一杯になります。

旅行や休日のお出かけも子供が中心となるレジャーや遊びが中心となり、大人好みな落ち着いたレストランや雰囲気の良い場所には縁遠くなります。

夫婦2人だと、そういったことが一切ないのでいつまでも恋人のようにゆったりと暮らすことができます。

時間に追われず、お互い好きなことができます。

休日のお出かけや旅行も自分たちのペースで好きな所へ出かけることができます。

こういったメリットはすごく大きいので、子なし夫婦を選択する人が増えているのも納得できます。

夫婦がいつまでも仲良し

子なし夫婦を選択すると、夫婦がいつまでも仲良しでいられます。

子供が生まれると、子供中心の生活になります。

妻は子育てをほとんど手伝ってくれない夫にイライラします。

夫は夫で女性であることを忘れ、子供中心になってしまった妻に寂しさを感じます。

子供が生まれることはすごく喜ばしいことですが、夫婦関係が変わったり、恋愛感情から運命共同体のような存在に変わっていくことは否定できません。

子なしの夫婦でいると、2人の関係が変わることが少ない傾向にあります。

入籍したことに変わりはないものの、いつまでも恋人のような気分でいられます。

妻は女であることを大切にし、自分磨きをいつまでも続けることができます。

夫は妻から愛されていることを実感できるので、同じように妻を大切にしようとします。

多少の喧嘩をすることがあっても、すぐに仲直りできる安定した関係でいられると思います。

夫婦でデートできる


子なし夫婦を選択すると、夫婦でデートができます。

子供がいると、同居もしくは近くに祖父母がいない限り預けてデートするしか選択肢がほとんどありません。

近くに祖父母がいたとしても、夫婦でデートしたいから預けたいと言えない人も多いと思います。

子なし夫婦だと、いつまでも自分たちメインの生活なので、いつだって気が向いたときにデートすることができます。

休日に雰囲気の良いレストランを予約したり、今話題のSNS映えするスポットに行ったり、きっと何をするのも楽しいと思います。

夜遅く出かけても自分たちだけなので、何も気にしなくて済みます。

夫婦でデートができるってすごく素敵で、いつまでも恋人感覚でいられるスパイスになっていると思います。

一人の時間も作れる

子なし夫婦だと、お互い一人の時間も作れます。

子供がいると、子供が一人で留守番できる年齢になるまではなかなか一人の時間が持てなくなります。

仮にあったとしても、わずかな時間です。

夫婦2人だと、お互い一人でも自分で過ごすことができます。

前もって伝えておけば、いくらでも一人の時間を作ることができます。

新しい趣味、ピアノ、バイオリン、英会話、仕事のための研修や旅行、気の赴くままに出かけるショッピングなど何をするのも自由です。

自分が一人の時間を作る分、夫にも一人の時間を持たせてあげることは大切です。

お互いを信頼し、笑顔で送り出せるような関係を築いてください。

見た目が若々しい

子なし夫婦だと、見た目が若々しくいられます。

子供がいると、体力、メンタルともに疲弊します。

子供のお外遊びに付き合い、習い事や幼稚園、学校の送迎もします。

同時に子供の成長やママ友の人間関係などに神経をすり減らすこともあります。

気が付くと年を重ねていて、子供中心になる分自分のことが疎かになってしまいがちです。

夫婦2人だと、いくらでも自分のメンテナンスを自由にできます。

予算に応じてエステに行ったり、ジムに行ったりするのも自由です。

メイク、ファッションも動きやすい服装などを気にしなくていいので、思いきり自分好みのコーデを堪能することができます。

服の試着や下着の試着、靴の試着だって時間に縛られずに自由にできます。

子供がいると、結局ネットショッピングに頼りがちになります。

自分の目線で自分に似合うものを選ぶことができるのはとても大きいです。

自分中心、夫婦だけの生活だと子育てにかかる疲労がありません。

やはりいつまでも見た目が若々しくいられるのは納得できます。

自由でいられる

子なし夫婦だと、いつまでも自由でいられます。

子供がいると、自分のことより子供のことを優先する生活です。

幼い間は特に体調を崩しやすく、全てのお世話をほとんどしないといけません。

成長に応じて幼稚園や学校にまつわる親の負担も出てきます。

夫婦2人だと、子供のことに構う時間がありません。

その分、プライベートな時間は何をしてもまったく自由でいられます。

休日は夫婦2人でデートしてもいいですし、好きなものを黙々と作るような時間があってもいいです。

ご近所付き合いや仕事にまつわる責任などは大なり小なりありますが、それを除いてもプライベートな時間がまったく自由というのはとても大きいです。

経済的な負担が少ない

子なし夫婦だと、経済的な負担が少なくて済みます。

子供がいると、教育費、生活費など様々な費用がかかります。

衣類や靴は成長に応じて買い替えになり、習い事のお金も必要ですし、大学進学のときはいちばん大きな負担がかかります。

私立大学に進学し下宿するとなると、年間数百万くらいあっという間に飛んでいきます。

それをコツコツと貯めていかなければいけません。

夫婦2人だと、子供にかかる費用をすべて自分たちの貯金にまわすことができます。

自宅購入費、老後資金など様々な選択肢があります。

普段の生活費も夫婦2人なので、抑えることができます。

何かと負担が大きい昨今、経済的な負担が少ないことで強まる安心感は大きいと言えるかもしれません。

趣味や食事などで贅沢ができる

子なし夫婦だと、趣味や食事などで贅沢ができます。

子供にかかる経済的な負担がない分、浮いてくるお金はとても大きいです。

すべてを貯蓄に回さず、自分たちの楽しみのために投資することができます。

趣味は何をしても自由ですが、ゴルフ、釣り、楽器関係、アウトドアなど少しお金のかかる趣味も心置きなく楽しむことができます。

食事は週末は外食するような感覚で、時々贅沢を自由にすることができます。

とことん素材にこだわった料理やお値段の張る外食もできます。

趣味や食事などで贅沢ができると、心が潤います。

プライベートな時間に制限なく色々楽しめることは本当にいいことです。

お互いの趣味や食事を理解し合い、さらに夫婦の関係を深みのあるものにすることもできます。

一緒に同じものを楽しめるってすごく素敵なことです。

お互いメンタルが落ち着くことで、夫婦関係も安定したものになります。

相続問題など考える必要がない

子なし夫婦だと、相続問題などを考える必要がありません。

子供がいると、相続問題で揉めないようにあらかじめ公正証書遺言を作成したり、生前贈与をしたり、子供たちだけになったときのことまで考えないといけません。

相続問題はとてもシビアで、それをきっかけに兄弟関係が悪化することはよくあります。

あらかじめ両親が手配しておかないと、大変なことになります。

子なし夫婦だと、後のことはなるようにしかならないので、そこまで深刻に相続問題について考える必要はありません。

自分たちの様々な手続きをするための費用をきちんとしておけば、親族に負担がかからなくなります。

自分達のお金を全部使い切れる

子なし夫婦だと、自分達のお金を全部使い切ることができます。

子供がいると、自立するまで育て上げたとしても後々のことを気にかけ、子供のために残そうと親は色々と試行錯誤します。

子供が結婚するときも資金的なサポートをしたり、孫ができるとさらにお祝いや資金的な援助といった金銭的な負担も出てきます。

夫婦2人だと、子供のためにという選択肢がない分全て自分達のために使うこともできます。

甥っ子や姪っ子や兄弟姉妹に必要最低限のお願いをすることも想定して、本来であればお金を残しておく方が無難ではあります。

好きなことに好きなだけお金を使うのではなく、後のことをあまり気にせずにお金を使っても問題ないと捉える方が無難かもしれません。

介護などで子供に面倒をかけることがない

子なし夫婦だと、介護などで子供に迷惑をかけることがないです。

子供がいると、どうしても自分達が弱ったときのお世話の負担がいきます。

子供にかかるコストも想定すると、夫婦2人の老後資金を完璧に貯めることができるのはごく一部の限られた人たちだけです。

仮に子供がいて老後資金を貯めていたとしても、病院の送迎や様々な手続きなどの負担は子供へといきます。

これから高齢化が進むと、お世話をしてもらえるような施設への入居を希望してもなかなかむずかしくなります。

さらに、それらのコストは今よりもっと莫大なものへとなっていると思います。

夫婦2人だと、介護などの問題は自分たちで解決するか、第三者のお世話になるかの選択肢になってきます。

兄弟姉妹がいたとしても、年齢が変わらないので頼れるかどうかは微妙です。

介護などで子供に面倒をかけることがないのはとてもプラスで、先の心配をさほどにしなくても済みます。

今を楽しみ、夫婦2人の時間を充実させることができます。

仕事や趣味に集中できる

子なし夫婦だと、自分たちの仕事や趣味に集中することができます。

子供がいると、体調不良で呼び出しをされたり、学校行事などで仕事を休んだりすることが出てきます。

今までと同じような働きをするのが難しくなります。

趣味もコストがかかるものは子供にかかるコストを想定して控えるようにしないといけないですし、そもそそもそも子育てに追われて趣味なんて忘れてしまいます。

夫婦2人だと、自分たちのペースで仕事や趣味に集中することができます。

仕事は責任ある立場を任されてもそれに専念できますし、自分のことだけきちんとしけおけば問題ないです。

子供がいる女性の負担がまわってくることがありますが、それはあまり愚痴を言わずにできる範囲で引き受け、できないときはできないでハッキリ言ってもいいと思います。

自分を犠牲にすることと、仕事や趣味に集中することは全く話が違います。

心から楽しいと思えるくらい夢中になるのが一番いいです。

趣味は夫婦2人で楽しんでもいいですし、1人の時間の楽しみにしておくこともできます。

仕事や趣味に集中できると、たとえストレスがたまっても心のバランスを安定させることができます。

そのため、夫婦2人の関係もぐらつくことが少ないです。

思う存分高い目標に向かえる

子なし夫婦だと、思う存分高い目標に向かうことができます。

夫婦2人でいると、自分たちのことだけにパワーを使うことができます。

たとえ目標を高く持っても、多少無理をしてでも頑張ろうとすることができます。

子供がいると、どうしても子供たちの時間がメインとなります。

自分にかけられる時間は限られていて、パワーをセーブしがちになります。

自分で目標を掲げるくらいなら、子供たちの成長をサポートするという発想になる人もいます。

高い目標があると、仕事もプライベートもとても充実します。

人からも信頼されることが増え、人脈も広がっていきます。

子なし夫婦でいることで、いつまでも自分の成長をメインとして捉え、生き生きと前を向いて歩くことができます。

夫婦2人の高い目標を作るのも素敵です。

目標金額まで貯金ができたら新車を買い替える夢を持ったり、旅に行く目的を持ったり、色々な目標を作ることができます。

子育ての悩みがない

子なし夫婦だと、子育ての悩みがないです。

子育ての悩みは成長とともに少なくなるのかと思えばそうではありません。

幼い頃は世話を焼き、成長と共に友達関係を心配したり、成績や健康面を気にかけたり、進路選択のときに衝突したりします。

子育ての悩みは尽きることがなくて、自分がいる間はおそらくずっとあります。

すごく面倒なのですが、自分の子どもって無償に愛情を注ぐことができる唯一無二の大切な存在です。

それだけ愛する存在ということです。

子なし夫婦だと子育ての悩みがない分、心穏やかに過ごすことができます。

その分、違う方向へと自分の関心を向けることができます。

料理が好きなら料理をとことん追及したり、夫婦2人の時間をとことん楽しんだり、子育てで疲弊しない分色々な発散ができます。

子供がいてもいなくても、どの形が幸せだと感じるかは自分たち次第です。

子なし夫婦を選択したことに自信を持ち、周りの人からの嫌味は右から左へ流すのが一番いいです。

子なし夫婦の休日の過ごし方

子なし夫婦の休日の過ごし方を紹介します。

子なし夫婦でいるかどうかを迷ったとき、リアルに子なし夫婦の生活を想像することはむずかしいです。

具体的にどんな感じの生活になるのかを知っておくことで、子なし夫婦の選択肢を迷わなくて済むようになります。

子なし夫婦の休日はお付き合いがない限り、自分たちの好きなようにすることができます。

夜遅くまで出かけてもいいですし、お互い自分たちの時間を堪能してもいいです。

子なし夫婦の休日の過ごし方を想像し、もう少し人生の選択肢について考えてもらえたらと思います。

二人の趣味の時間

子なし夫婦の休日は2人の趣味の時間に充てると楽しく過ごせます。

趣味の時間は好きなことに没頭できる時間、日頃のストレスを発散し、趣味を通じて親しくなった仲間と交流できる息抜きの時間でもあります。

趣味を通じてできる目標もできます。

色々なことにチャレンジし、休日も充実した時間を過ごすことができます。

二人の趣味は必ずしも同じものである必要はなく、まったく違う趣味を別行動で楽しむのもアリだと思います。

時々お互いの趣味の時間に顔を出し、夫婦の知らない一面を知るのも楽しそうです。

そして、お互いの趣味を否定することなく、充実した時間とすることができれば理想的です。

家で料理を作ってお酒を飲む

子なし夫婦の休日は家で料理を作ってお酒を飲むゆとりの時間としてもいいです。

子供がいると、食事はバタバタしてお酒を飲む時間まではなかなか持てないです。

メニューも子供向けのものとなり、大人がゆっくり味わうようなものはなかなかむずかしくなります。

夫婦二人だと、お酒をたしなみながらゆっくりと味わえる料理をたくさん作ることができます。

料理を作ること自体、夫婦2人で楽しむこともできます。

おつまみ系のレシピは手軽なレシピを数品用意して、こだわりのメインを一品用意するといった感じで変化を持たせることができるので魅力的です。

濃いめの味わいがとても美味しくて、やみつきになります。

牛すじ煮込み、アンチョビ、ピザ、チーズフォンデュなど想像するだけでも美味しそうなレシピがずらりと並びます。

お酒はワイン、ビール、チューハイ、日本酒と好みの味わいをセレクトしてください。

外でお酒を飲むとどうしても高くなりますが、家でお酒を飲むとまだコストを抑えることができます。

ゆとりのある時間と美味しいお酒は二人にとってスパイスとなり、すごく甘い休日となるのではないかと思います。

今日は何を飲もうか?なんて会話しながら、週末の夜にデートがてらお買い物にいけたら素敵です。

レストランで食事

子なし夫婦の休日はレストランで食事しても楽しいです。

子供がいると、レストランは子供向けのレストランがメインになります。

退屈になると騒ぎ出すことも想定して、選ぶレストランも限られたものになります。

夫婦二人だと、時々多少の贅沢をしても許されます。

大人だけでないと行けないようなレストランや、素敵なbarにだって気兼ねなく足を運ぶことができます。

レストランで食事すること自体が非日常でもあるので、夫婦の関係をよりよくするために時々のレストランでの食事はすごくいいことだと思います。

記念日などにこだわらず、疲れたときは夫婦二人なら気兼ねなくレストランで食事してもいいと思います。

毎日自炊するとなると、仕事を持っている人にはけっこうな負担になります。

休日くらいはレストランで食事して家事を休んでください。

テーマパークで思い切り遊ぶ

子なし夫婦の休日はテーマパークで思いきり遊ぶこともできます。

テーマパークと聞くと子供のいる夫婦を想像しますが、どうしても子供がいると時間や場所といった制限が出てきます。

夜はある程度の時間に帰らないといけないといったセーブです。

テーマパークのアトラクションによっては身長制限があり、子供が成長するまでは絶叫系などは制限されます。

夫婦二人だと、特に何もセーブなしにテーマパークで思いきり遊ぶことができます。

夜限定のお得なチケットにしたり、思い切って年パスを買って思いついたときに出かけたりしてもいいと思います。

テーマパークで遊ぶことでストレス発散にもなり、夫婦の関係もいいものになると思います。

ゆったり映画鑑賞

子なし夫婦の休日はゆったり映画鑑賞することができます。

映画鑑賞は映画館でも、レンタルやネット配信でもどちらでもです。

好きなジャンルの映画を時間を気にせず好きなだけ鑑賞することができます。

Amazonプライムなど有料会員になることでお得に映画鑑賞する方法もあります。

子なし夫婦だと、好きな時間に好きなジャンルの映画鑑賞ができます。

子供がいると、映画は子供向けのものになり、大人の映画鑑賞の時間は夜中の子供たちが寝ている時間帯がメインになります。

大人向けの映画は内容によっては子供が怖がったり、親が見て欲しくないようなものもわりとあります。

選択肢が限られてきます。

夫婦二人でまったり過ごして映画鑑賞していると、自然とイチャイチャして恋人のような雰囲気に戻れることがあります。

最近マンネリしてきているなと感じたら、夫婦二人でまったり映画鑑賞してソファに腰かけてみるのもいいと思います。

レイトショーに夫婦二人で行ってみて、お得でディープな時間とするのもいいと思います。

レイトショーは日中の時間よりも少しお得です。

映画鑑賞とセットに美味しいお酒とおつまみがあってもいいですね。

夢はどんどん広げることができます。

旅行

子なし夫婦の休日は旅行に行くのが自由です。

行き先は自分たちで自由に選ぶことができ、レストランや観光地も大人好みのセレクトで思う存分楽しむことができます。

子供にかかるコストがないぶん、旅行だけでも少し贅沢することができます。

高級旅館に泊まったり、ちょっといいレストランを予約したり、非日常を味わうことができます。

旅行に行くことで恋人時代を思い出し、新しい風を吹かせることもできます。

いつもと違う空間にいることで、普段よりも濃厚な夜を過ごすことだってできます。

思い切って海外に行く旅行もいいです。

年に1回くらいになるかとは思いますが、そのために夫婦共働きで頑張って、贅沢な海外旅行をするのもいいです。

新婚旅行のような甘くて素敵な旅を夫婦生活の中で一度だけでなく、何度もできるって夢のようです。

想像するだけで羨ましくなります。

旅行そのものが非日常なので、夫婦二人のよりよいスパイスとなることは間違いないと思います。

思い立ったときに旅行に行けるのもいいところです。

明日から〇〇に行こう!と決めたら、いつだって夫婦二人で自由にどこへだって出かけることができます。

何をするのも夫婦二人なので自由です。

旅行は年に数回でもいいですし、日帰り旅行を適度に楽しむのもいいと思います。

ペットとお出かけ

子なし夫婦の休日はペットとお出かけする楽しみにしてもいいです。

ペットに無償の愛情を注ぎ、休日はペットとお出かけする時間とする夫婦もいます。

夫婦二人の絆をペットはより深いものにしてくれるので、いてくれるとすごくいいと思います。

ペットとお出かけする先はペットによって変わりますが、ペットでも行ける場所をあらかじめ調べて、色々プランを考えることが楽しいです。

色々情報を得ながら、相性の合うペットを探すこと自体が楽しみでもあります。

犬なら毎日お散歩することができます。

運動のきっかけになり、夫婦二人で散歩することで穏やかな時間を満喫することができます。

猫なら一緒にいる穏やかな時間を共に楽しみ、あまのじゃくな猫のキャラを夫婦二人で楽しむことができます。

ハムスターや鳥などの小動物系もおすすめです。

大型ペットほど負担がなく、夫婦共働きでもお世話しやすいペットです。

子なし夫婦に何らかの絆を必要とするとき、ペットという選択肢を考えてみてください。

まとめ

子なし夫婦のいいところや休日の過ごし方について紹介しました。

子なし夫婦でいると、親族からの目線や第三者からの意見など色々気になることがあります。

そして、それらに悩まされることもあります。

自分たちの選択肢に自信を持ち、子なし夫婦の良さを見直してみてください。

子なし夫婦でいることで得られるメリットはとても多く、いつまでも恋人のように新鮮な気持ちを持てるのはすごく魅力的だと思います。

心から一人の人に愛される女性を目指して頑張りましょう。