「家に帰ってきても、夫の顔見ると腹が立ってしまう。」

「帰ってきても、おかえりの一言もなく妻との喧嘩が始まる…。」

最近家に帰るのが憂鬱な気持ちになっていませんか?

夫婦喧嘩ばかりで疲れた人に、ぜひこちらの記事を読んで欲しい気持ちでいっぱいです。

夫婦2人がいつまでも仲良く過ごしていくためには、どのようなことが必要なのでしょうか?

「譲り合い」「折り合い」「相手に優しく接する」など、人により様々です。

しかし、そんな喧嘩の多い夫婦でも、嘘のように喧嘩がなくなる秘訣をご紹介していきます。

ぜひこちらの記事を参考に、夫婦円満の秘訣を学んでみてくださいね。

夫婦喧嘩になる原因

そもそも、夫婦喧嘩の原因になることってなんでしょう?

金銭的な問題?

それとも性格の不一致?

そのご家庭によりまた夫婦の性格や特徴により夫婦喧嘩になる原因は様々です。

さらに、夫婦喧嘩が続いてしまうことでお子様が見えるご家庭の場合、お子様にもその影響を及ぼすことになります。

できるだけ夫婦仲良く過ごしたい気持ちはあるけれど、どうしても仲良くなることができない場合、どのようなことが原因で喧嘩が起きているのか、しっかりと考えていかなければなりません。

夫婦喧嘩になる原因を突き止めることで、解決方法が見えてくる場合もあります。

ぜひ、夫婦喧嘩になる原因をよく考え、当てはまる項目があれば自分たちの生活も含め見直してみることをお勧めします。

生活の中のふとしたこと


生活の中のふとしたことに、イライラしたり、相手の行動が気になったりしていませんか?

例えば、寝るときにいびきがうるさくてよく眠れない…。

また、食事をする時間が違うため、食事が入らない時など前もって伝えて欲しい…。

などなど、ささいなことが原因だったり、また生活の中の何気ない流れの中でイラッとさせられることにより相手と喧嘩になってしまい、憂鬱な気持ちが続いてしまうなんて事はありませんか?

生活の中のふとしたことや、相手の育ってきた環境との違いにイライラしてしまうこともありますよね。

さらに、詳しく掘り下げて考えてみましょう。

生活習慣の違い

生活習慣の違いから、喧嘩になることがあります。

例えば、奥様の場合野菜を中心とした食生活を送りたいことに対して、旦那様はお肉中心の食生活を送りたいと考えている場合、当然食卓に野菜たちが並ぶことで自分の大好きなお肉が食べられなくなるわけです。

それにより、生活習慣が違うことでイライラしてしまう原因になり、また喧嘩の原因になることもあります。

さらに、タバコ好きの夫と、タバコ嫌いの奥さんであれば、当然タバコの匂いやタバコのことで喧嘩になることも目に見えていますよね。

さらに、酒癖が悪い旦那様に対して奥様も文句の1つも言いたくなることがあるかもしれません。

このように生活習慣の違いにより起きる喧嘩は、どのご家庭でもよくある話なのかもしれません。

言葉の言い回し

また、一緒に生活をしていてちょっとイラッとしたことがあっても、冷静になり話をするだけで済むことが、言葉の言い方がキツかったり、嫌味のような言い方では当然喧嘩になってしまうことでしょう。

特に、男性の場合、沸点の早い方もみえるため、奥さんのついいらっとしていってしまった言動に対し、ものすごい勢いで怒り、返答してくる場合があります。

そうなれば、当然喧嘩の元になります。

言葉1つでも、言い回しをよく考えなければ、すぐに喧嘩の原因となってしまいます。

自分が言われて嫌な言い方は相手にしないことはもちろんのこと、言葉の言い回しには充分に気をつけなければいけません。

家族に対する考え方の違い

家族に対して、考え方が夫婦の間で違うこともありますよね。

例えば、2世帯住宅の場合、義理のお父さんやお母さんに対してどこまで摂取すればいいのかわからなかったり、また、どこまで介護したり面倒を見ればいいのかわからない場合もあります。

そんな時、きちんと夫婦間で話し合いができ、また夫婦のご兄弟の間でもきちんと話ができているのであれば、家族に対する考え方の違いなど溝を埋めることができるかもしれません。

しかし、お互い譲らず考え方を変えなければ、当然喧嘩の原因になってしまいます。

さらに、夫婦2人の問題やお子様が見えればお子様の教育や育て方に関する考え方の違いなども生まれてくるかもしれません。

子供の育て方

特に、夫婦間で喧嘩の元になりやすい問題の1つに、「子供の育て方」があります。

奥さんは、私立に行かしたい気持ちがあっても、旦那さんが私立に生かさなくても公立で充分だと言う気持ちがあるなら当然、2人の意見が食い違ってくるわけです。

さらに、教育方針ばかりでなく、子供の育て方に違いがある場合、それも喧嘩の1つになります。

例えば、奥さんは子供をきちんと叱りたい気持ちがあるのに対して、旦那さんが「ママ、そこまで怒らなくていいんじゃない?」なんて温度差があれば、当然奥さんはイライラしてしまうわけです。

このように、子供の育て方や、自分たちが育てられた環境が違いすぎることにより、喧嘩の原因になってしまうことが考えられます。

夫婦の時間のとり方

また、夫婦の時間の取り方等について喧嘩の元になることもあります。

例えば、週末は家族とゆっくり過ごしてほしい奥様に対して、週末に遊びに出かけたり接待なので家にいない旦那様とは当然喧嘩になります。

また、夫婦一緒に過ごす時間を設けたいにもかかわらず、なかなか2人で過ごす時間が取れないなど、これもまたすれ違いや喧嘩の原因になってしまいます。

このように、夫婦の時間の取り方についてなど、ゆっくり話し合う必要もありそうです。

これを機に、夫婦2人の時間や、夫婦の時間の取り方についてきちんと話し合いができていないのであれば、これを機に夫婦の時間の取り方について話し合いをしておくことをおすすめします。

夫婦の協力体制について

夫婦が、どれだけ協力体制ができているか、きちんと考えたことありますか?

家のことをすべて奥様に押し付けていたり、子供のしつけについても奥様に押し付けてはいませんか?

自分が仕事だけしていればいいと言う考えや、奥様がどうにかしてくれると言う考えは、2人の喧嘩の原因になり、またひどい場合、2人の溝ができ離婚に至るケースも考えられます。

このように、夫婦2人できちんと協力体制ができていないと感じているのであれば、これは、非常に深刻な問題になっているケースもあります。

きちんと夫婦の協力体制について話し合い、役割が分担について明確にしておく必要があります。

家事や子育ての分担

家事や子育ての分担が、きちんとできていない場合、これを機に細かく具体的に子育ての分担や家事の分担について話し合っておきましょう。

曖昧にしておくことで、結局奥様の仕事量が変わらなかったり、どこまで自分がやればいいのかわからないところもあります。

例えば、朝のゴミ出しは完全に旦那様の仕事。

週に2日は子供達を旦那様に迎えに行ってもらう。

など、曜日や日にちなどきちんと決めておく必要があります。

そこをあいまいにしてしまうことで、曖昧な分担になり、また曖昧な約束のようになってしまいます。

家事や子育てが全て奥様に負担が行かないよう夫婦2人で話し合うだけでなく、奥様の働き方や、お子様の子育てに旦那様がさらに関わり合えるよう、きちんと決めておかなければなりません。

休みの日の家族との時間

休日には、どのように過ごすのかなど家族との時間について考えておく必要があります。

休みの日にダラダラと過ごすのではなく、あらかじめ家族で行きたかった場所に出かけるなど、予定を入れておくといいかもしれません。

さらに、お子様が部活動や習い事をされている場合、月に1回でも家族と食事に出かけられるような予定を立てておくのもいいですね。

このように、休みの日にどのように過ごすのか、また家族の働き方や習い事の状況により、確保できる時間が決まってきます。

月に1度でも家族が集まり、きちんと楽しい1日を過ごせるよう計画を立てておくといいですね。

嘘みたいに夫婦喧嘩がなくなる6個の秘訣

それではここからは、嘘みたいに夫婦喧嘩がなくなる秘訣についてご紹介していきます。

これまで、夫婦喧嘩がひどくなってきたと感じていたり、夫婦喧嘩に耐えられない気持ちになった場合、まずは原因を探っていきましょう。

また、夫婦喧嘩になる原因がわかった場合、解決方法を見つけ出すことも難しくないのかもしれません。

夫婦喧嘩がなくなれば、一緒に生活していくことも苦になりません。

少しでも夫婦2人が寄り添いるような家庭にしたい気持ちは、奥さんも旦那さんも同じだと思います。

夫婦喧嘩がなくなるための秘訣を学び、ぜひ普段の生活に取り入れ実践していってくださいね。

1.何にでも感謝の気持ちをもつ

これまで、結婚生活が長かったり、お互い馴れ合いの気持ちから感謝を忘れてしまっていることがあります。

感謝を忘れてしまうことで、相手に対して尊敬や敬意の気持ちも忘れ去ってしまいます。

特に、相手にしてもらったことに対しきちんとお礼を言っていますか?

もし、その言葉にドキッとした方や、きちんとお礼が言えてないと言う方であればこれを機に、感謝の気持ちを持ち、「ありがとう」と言えるようになれるといいですね。

これまで感謝の気持ちやお礼を伝えてこなかった方は、特に元はぎこちない気持ちや恥ずかしい気持ちでいっぱいですが、これを機にぜひなんにでも感謝の気持ちを持つようにしてみてくださいね。

相手がしてくれたことに対してありがとうを伝える

相手がしてくれたことに対してきちんと「ありがとう」という言葉が伝えられると言う事は、とても幸せなことだと思います。

相手があなたに対して何かをしてくれる気持ちはあなたのことを思い、してくれることなのです。

またそれに気づくことができあなたも相手に対して感謝の気持ちを持つことで、素直に「ありがとう」という言葉が出せるようになるのではないでしょうか?

2人が喧嘩していたり、気持ちが離れてしまって言えば、なかなかありがとうと言う気持ちになれないのかもしれません。

しかし、相手がしてくれたことに対して感謝する気持ちが芽生えることで、夫婦2人がよりお互いの存在を認めあい、絆が深まっていくことにつながると感じます。

2.相手を思いやる

これまで、自分の事や子供のことで手一杯になっていた場合、少しは相手のことを思いやるようにしてください。

たとえどれだけ仕事が忙しくてどれほどのプロジェクトを任されていたとしても、夫婦同士思いやり、また相手を思いやる気持ちを忘れないでくださいね。

いつも、奥さんに家のことを任せていたり、帰ってきても笑顔で「おかえり。」と言ってくれる姿に感謝し、相手を思いやる気持ちを伝えましょう。

また、毎日家族のために汗水垂らして、働いてくれている旦那様のためにときには、おいしいお酒をおごってあげるのもいいですね。

このように、相手を思いやる気持ちこそが夫婦2人仲良くいられる秘訣になるのではないでしょうか。

相手の気持ちをくみとる努力をする

相手が、自分のためや家族のために色々と努力してくれていることを忘れず、きちんと相手の気持ちを汲み取るようにしてください。

ここができなければ、いつまでも夫婦喧嘩を繰り返してしまいます。

相手の立場になり、相手の目線になり考えることができなければ、想像力が乏しいだけでなくいつまでも仲良くしたい気持ちがあっても、仲良くすることが難しいことも考えなければなりません。

きちんと相手の気持ちを汲み取る努力をすることと、相手の立場になり考え感謝することで、より2人の絆が深まり、また心の距離が縮まるようになるのではないでしょうか?

3.お互いの意見や気持ちを尊重する


これまで、家庭の事や仕事の働き方のことなどきちんと冷静に話し合いをすることができていますか?

相手がどのようにしたいのか、またどんな気持ちでいるのかなど、お互いの意見や気持ちを尊重することで、夫婦2人が仲良く過ごしていくことができるのです。

お互いの意見や気持ちを聞き入れられない場合、相手への理解が乏しくなってしまいます。

相手の言いたいことはわかっていると自負していても、相手が本当にあなたに伝えたいことが伝わっていない場合もあります。

お互いの意見や気持ちを尊重することを最優先に考え、少しでも相手の意見を受け入れられるよう、体制を整えておかなければなりません。

話しを最後まで聞く

相手の話を最後まできちんと聞いていますか?

相手の話が始まるやいなや、新聞を読むふりをしてみたり、聞いていない素振りを見せたりもしくは本当に聞いていないなんてこともありませんか?

話を最後まできちんと聞く姿勢は、夫婦2人が仲良く過ごしていくためにはとても重要なポイントになるのです。

相手の言いたいことがわかっているつもりでも、相手が本当に伝えたいことがあなたに伝わっていなければ全く意味がありません。

相手の話をおらずに、話を最後まで聞くことと、あなたの意見は相手の話を最後まで聞いてから伝えるようにしてください。

また、どうしてもお互い平行線のまま話し合いが続くなら、お互いに折り合いるところで決着をつけるようにしてください。

あなただけが得をする話ではなく、夫婦2人が円満に過ごせる方法を最優先するよう結論を出していきましょう。

4.1人の時間をつくる

ときには、1人の時間を作ることも大切です。

これまで、家族とべったり過ごしてきた人や、自分の時間を確保できず苦しい思いをしてきた人は、家族や身内にお願いして、1人の時間を作るようにしてください。

1人の時間が入らないと言う人もいるかもしれません。

また1人の時間が確保することが難しいと言う人もいるかもしれません。

しかし、1人の時間を作ることであなたがやりたいことや、楽しみなど作っておく必要があります。

その1人の時間のために耐えられることもあるのです。

その1人の時間がないためにあなたの心をそぎ落とすことや、何かを犠牲にしてしまうこともあります。

あなたの心が豊かになることで、周りを幸せにすることができるのです。

趣味の時間などをお互いに持つ

これまで趣味など自分の時間に使う時間を確保できなかった人は、1人の時間を確保するようにしてください。

お互いに趣味などの時間を持つことでリフレッシュすることができます。

また、顔合わせは喧嘩の夫婦にとってはより趣味の時間に費やすことで、ストレス発散になるだけでなく1人で考える時間も増えますので却って喧嘩が減ることもあります。

しかし、お金のかかる趣味や時間のかかる趣味であれば、当然喧嘩の原因になってしまいます。

自分のお小遣いの範囲内でできる趣味や、時間等を確保しお互いストレスにならない程度の趣味を満喫し楽しむようにしてください。

それができなければ、夫婦の喧嘩の原因になることを忘れないでくださいね。

5.素直になる

これまで自分の気持ちをうまく伝えられなかったり、プライドが高すぎることで素直になれない場合、相手の気持ちを思い素直になることをおすすめします。

素直になる事は、あなたが思うほど大変ではありません。

プライドを高く持ち、意地を張っている方がよっぽどイライラしたり、苦しい気持ちが強いことだと思います。

素直になり自分の心の内を話すことで、意外にスッキリしたり案外相手もすんなり受け入れてくれる場合もあります。

腹を割って自分の気持ちを素直に話し、相手がどこまであなたの気持ちに詰め寄ってくれるか確認するのもいいですね。

夫婦2人ならきっと力を合わせ良い方向に進んでいけることだと思います。

これまで、素直になることができなかった人は、ぜひ素直になれる努力から始めてみましょう。

気持ちを察してほしいという考えをやめる

「これぐらい分かってよ!」なんて言う気持ちはやめておきましょう。

相手に気持ちを察して欲しいなど、求めてしまうことで自分が苦しくなってしまいます。

「相手には、きちんと言わなきゃわからない」位の気持ちでいなければ、あなた自身が苦しくなってしまいます。

気持ちを察して欲しいと思えば思うほど、相手があなたの気持ちに気づかないことにイライラしてしまうことがあります。

しかし、相手は何が原因でイライラしているのか、何が原因で怒っているのか全く理解ができていません。

気持ちをさしてほしいと言う考えはやめて、あなたの気持ちを素直に伝えてみてはいかがでしょうか?しかし、素直に伝えるといっても感情的になる事はおすすめできません。

冷静になり、素直に話せるよう心がけましょう。

手伝ってほしいことや辛い気持ちはまっすぐ伝える

何かを手伝って欲しい時は、辛い気持ちの時などわかりやすくストレートに伝えることをお勧めします。

この場合も、わかりやすくストレートに伝えるといっても、感情的になることをやめときましょう。

またきつい言い方や当たり散らすような言い方もおすすめできません。

自分が今思っていると思うことを、さりげなく相手に伝えてみて、相手が理解していないようであればどのようにしてほしいのか細かく伝えてみるのはいかがでしょうか?

このように、段階を踏んで伝えていくことで、相手も少しずつ理解してくれるのではないでしょうか?

手伝って欲しいことや辛い気持ちはあなたの中に溜め込み、気づいてほしいと思う気持ちやさしてほしいと言う気持ちでいるのではなくあなたの言葉にして、相手に伝わりやすく伝えてみてはいかがでしょうか?

6.コミュニケーションを普段からたくさんとる

喧嘩になる原因の1つに、コミュニケーション不足が考えられます。

コミニケーションがうまく取れてないことですれ違いの原因になったり、またお互いに勘違いしてしまう原因になることもあります。

コミニケーションを普段からたくさん取ることで、ちょっとしたすれ違いもすぐに修復できたり、また喧嘩をする時間も短く済ませることができます。

このように、コミニケーションを普段からたくさん取ることで、夫婦仲が良くなるだけでなく、家族自体も明るく温かい気持ちになるのかもしれません。

これを機に、旦那さんや奥さんと楽しい会話を増やしたり、夫婦2人の時間を作るなど楽しいコミニュケーションを考えてみるのもいいですね。

挨拶やテレビのことなど何気ない会話を忘れない

普段から、「おはよう」や「おやすみ」の挨拶などすることはもちろん、テレビを見てお互いに笑やったり、テレビのことで何気ない会話を忘れないようにしてください。

人の悪口や愚痴、マイナスな感情になりやすい話はできるだけ避けるようにしてください。

挨拶やテレビや、日常で起きた面白かったこと、また楽しいことなど会話に盛り込むことで、夫婦2人のコミニケーションも取ることができそうです。

これまで、夫婦2人の時間がなかったり、夫婦のコミニケーションが不足していると自覚しているのであれば、お互いに2人の時間を作り、楽しくコミニケーションをとっていきましょう。

喧嘩しちゃったときに仲直りする方法は?

ここからは、もし夫婦喧嘩をしてしまった!なんて時に、仲直りする方法についていくつかご紹介していきます。

夫婦喧嘩をしていても、お互いに早く仲直りしたい気持ちは変わりません。

夫婦喧嘩が長引けば長引くほどお互いに意地を張り、なかなか謝る機会が訪れず、ズルズル意地を張り続けてしまうことでしょう。

さらに、夫婦喧嘩がひどくなることで勢いに任せて離婚しちゃう!なんてこともありそうです。

そんなことがないように、喧嘩しちゃった時に必ず仲直りできる方法を考えておきましょう。

夫婦2人が仲良くいるためには、仲直りする方法も覚えておかなければなりません。

【夫婦喧嘩で仲直りするための方法は、こちらの記事もチェック!】

すぐに謝る

すぐに謝れるなら、喧嘩にならないよ!なんて思っていませんか?

確かに、すぐに謝れるなら喧嘩にはならないはずですよ。

しかし、喧嘩になってしまうと言う事は、お互いにイライラしていたり怒りの感情を抑えることができないからなのではないですか?

喧嘩してもすぐに謝ることで、仲直りする機会も早く訪れます。

心のどこかで、誤ってしまったら負けてしまう!なんて思っていませんか?

どんな意地を張っているのか分かりませんが、そんな気持ちがあるからこそ夫婦喧嘩が長引く原因になるのです。

夫婦喧嘩が長引く姿をお子様が見たら、夫婦に印象を持たなくなりますよね。

お子様の為にも、夫婦喧嘩はできるだけ短く済ませたいと思いませんか?

少しでも自分に非があると思ったら謝る

もし、少しでも自分に非があると思うなら、すぐに謝るようにしてください。

少しでも自分に非がないと思うなら、謝らないのではなく自分の言い方や、言い回しに対して謝る必要がありそうです。

言い方や謝り方なども、反省した様子を見せながら謝るようにしてください。

もし、うわべだけで感情がこもっていないあやまり方であれば、さらに喧嘩もヒートアップしてしまいます。

これ以上喧嘩にならないために、適当に謝ることもやめておきましょう。

かえって相手のイライラを刺激してしまうことにつながります。

この場合、何も言わずじっと黙っておくのが賢い選択肢です。

しかし、相手の意見や反論に対して聞き入れる余裕は持たなければなりません。

冷静に相手の気持ちを考える

冷静に相手の気持ちを考えることで、相手があなたに対して何を伝えたかったのか、また何が言いたかったのかを考える必要があります。

相手が本当に言いたいことを知ることで、2人の喧嘩が解消されることもあります。

お互いにいつまでも喧嘩をしていたり、仲が悪い雰囲気は2人にとっても良くありませんし、ご家族にとっても良くありません。

冷静に相手の気持ちを考え、受け入れることをしながら、仲直りしていく解決方法を考えていきましょう。

感情的になっている間は、なかなか相手の気持ちを考えることもできません。

しかしふと冷静になった時に相手が何を言いたかったのか考え、汲み取ることで、相手の本当の気持ちに気づくことができるでしょう。

自分の気持ちよりも相手の気持ちを先に考える

自分のイライラや、自分の気持ちばかりを優先的に考えるのではなく、相手の気持ちを優先して考えるようにしてください。

相手は何をいたかったのか?また、何を伝えたかったのか?

など、自分の気持ちよりも相手がどのように感じているのかなどを中心に考えていくようにしてください。

その後に自分の気持ちも分かりやすく感情的にならずに伝える

そのあとで、自分はどのような気持ちで何を言いたかったのかということを頭の中でまとめながら、感情的にならずに伝えるようにしてください。

ここで、感情的になればお互いさらに喧嘩がひどくなってしまいます。

感情的になってしまう前に、頭を冷やすなど冷静になってから話し合いを続行してください。

子供に協力してもらう

夫婦喧嘩をした場合、お子様がいるご家庭であれば、子供に協力してもらうこともいいですね。

「子供に協力してもらうなんて、プライドが許さない!」と思う方や、「子供に協力してもらうなんて恥ずかしい。」なんて思う気持ちは捨ててください。

お子様も、夫婦喧嘩をしている姿を見て早くどうにかしてあげたい気持ちになっていることもあります。

子供に協力してもらう事は悪い事ではありません。

なぜ、お父さんとお母さんが喧嘩をしてしまったのかなど原因もわかり、自分にできることを考えてくれるかもしれません。

子供を含めて遊ぶ

また、子供に直接喧嘩の原因を伝えるのではなく子供含めて、家族で遊べることを考えてみるのもいいですね。

子供含めて遊ぶことができれば、自然と夫婦が仲良くなっていることもあります。

また自然と仲直りしていることも考えられますよね。

このように、子供含めて遊ぶことや、子供を含めて楽しい時間を過ごすことで、夫婦の喧嘩も忘れてしまうことができるのかもしれませんね。

お互いに思いやりを忘れないこと

いかがでしたか?

お互いに思いやりを忘れないことは2人にとってとても大切なことになります。

これまで、お互いに思いやりが足りなかったな…。

と思う方は、反省し、改めなければなりません。

夫婦2人が仲良くしていることで、子供も変な気を使うこともなく家族みんなが温かい気持ちになり、より仲良く過ごすことができるのです。

夫婦喧嘩が長引くことでお子様に気を遣わせたり悲しい思いをさせてしまわないよう親として気をつけなければなりません。

また、夫婦2人が仲良く居ることで、普段の生活が楽しくなることも考えられます。

ぜひ、これを機にお互いに思いやりを忘れないようにしてみてはいかがでしょうか?