CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

熟年夫婦が仲良く日々を過ごすための24個の方法

結婚した頃は2人仲良く過ごしていたのに、子どもができ成長し、巣立って行ってしまったら夫婦2人でまた過ごしていく日々が始まります。

急に2人になってしまったらどう過ごせばいいか分からなくなってしまうかもしれませんね。

2人での生活が辛いものになってしまうと熟年離婚という可能性もありますよね。

今回は、熟年夫婦が仲良く日々を過ごすためにどのように過ごせばいいのかをご紹介していきます。

今後も仲良くいられるように参考にしてみてくださいね。

熟年夫婦に憧れませんか?

仲の良い熟年夫婦に憧れませんか?

2人仲良く手をつないで散歩をしていたり、どこ行くにも夫婦2人揃って旅行に行っている。

そんな熟年夫婦の姿に誰もが憧れることでしょう。

結婚した当初は愛を誓いあい、さらに子どもが生まれることで意見のすれ違いや考え方の違いに気づいた時期もあるかと思います。

しかし、様々なことを乗り越えて過ごしてきた日々は、共に成長してきた日々でもあります。

様々なことを乗り越えてきた2人だからこそ、深い絆に結ばれていつまでも仲良がいいのかもしれません。

あなたも、そんな熟年夫婦の姿に憧れを抱きますよね。

ではどのようにすれば熟年夫婦が仲良くなれるのでしょうか?

熟年夫婦が仲良く日常を過ごすために心がけること

それでは具体的にここからは、熟年夫婦が仲良く日を過ごすために心がけおくべきことをいくつか記事にしていきます。

いつも普通に過ごしている生活から、2人が仲良くいられるための生活に切り替えていく必要があるかもしれません。

2人がいつまでも仲良く暮らしていけるために、あなたができることを今からでも少しずつしておくといいかもしれません。

2人が仲良く過ごしていくために努力も必要です。

子どもたちが巣立った後も、2人仲良く過ごしていけるよう、以下のことを実践し試してみてはいかがでしょうか。

1.スキンシップを大事にする

毎日、スキンシップを大切にしてください。

今更スキンシップなんて…。

と、思う夫婦もいるかもしれません。

しかし、スキンシップをすることで心の距離も縮まり、2人の仲が深まる可能性があります。

これまでスキンシップを全くしてこなかった2人なら、これを機に、スキンシップを始めてみてはいかがでしょう。

では、具体的にどんなスキンシップをすれば良いのでしょうか?それは、簡単なことでいいのです。

例えば、マッサージをしてあげたり、肩に手をまわしてみたり、仕事に出かける時に頑張れの意味を込めて肩を叩いてあげたり、さらにはまだ、若い夫婦であれば奥様の頭をポンポンと優しく撫でてあげてもいいですね。

若い旦那様なら、ほっぺに可愛くキスしてみたり…。

このように、スキンシップを心がける生活をすることで、より夫婦の絆も増える事でしょう。

2.每日キスをする

毎日、出かける前なのにキスをしてはいかがでしょうか?

今更恥ずかしいという気持ちにもなるかもしれませんが、毎日キスをすることでお互いが頑張ることができたり、キスをすることでお互いの愛情を確かめあったり、さらにはキスをすることであなたのホルモン代謝も上がる可能性があります。

このように、毎日キスをすることでお互いに愛情の確認ができたり、2人の絆が深まったり、さらに愛が深まったり…。

いいことがあるかもしれません。

また、毎日キスをすることでそれが日課になり、始めは恥ずかしかったキスも、少しずつ毎日キスすることに慣れていき、そのうちにキスする事が当たり前になるのではないでしょうか。

ないように毎日少しずつ続けていくことで、キスすることが恥ずかしくなくなるのではないでしょうか。

3.いびきがうるさくても怒らない

夫婦が同じ寝室なら、いびきがうるさい場合があります。

それは、男性にも女性にもいびきがうるさい人がいます。

しかし、寝ている本人は疲れてぐっすり眠ってしまっているため気がつかないことなのです。

いびきがうるさすぎて寝室を別々にしている夫婦もいますよね?

しかしそれはかえって逆効果。

やはり、夫婦であれば同じ寝室で眠ることも大切です。

いびきがうるさくて怒りたい気持ちはよくわかります。

しかし、相手は仕事に疲れいびきをかいているのです。

いびきがうるさくても、あまり怒らないことをお勧めします。

むしろ、いびきがうるさくなくなる方法を考えてみてはいかがでしょうか?

ページトップ