CoCoSiA(ココシア)

イライラするとき、どうしたらいいの?イライラストップ法6選!


「些細なミスが重なってイラつく」「予定通りに行かなくてイライラする」など、イライラしている時には気持ちに余裕がなくなりますし、つい感情的になってしまいますよね。

けれど、イライラして行動したところで、また新たにイライラする結果になってしまうことが多いため、そうならないためにはさっさと気持ちを切り替えた方が良いでしょう。

イライラする時の対処法を身に付けて、イライラをコントロールする術を身に付けましょう!

どうしようもなくイライラするとき、ありませんか?

どうしようもなくイライラするときって、誰にでもありますよね。

「些細なミスが重なってイライラしてしまう」「急いでいるのに周りが動くのが遅くてイライラする」「計画通りに行かなくてイライラする」など、人によってさまざまな理由でイライラすることがあるでしょう。

イライラしているときには、周りを気遣う心の余裕などなくなってしまいますし、冷静に周囲の状況を判断する能力も鈍ってしまいます。

自分の荒れた感情ばかりが優先してしまうので、周りから見た時には随分と自分勝手な行動をとってしまっていることも多いでしょう。

例えば急いでいるからと行列に横入りをしたり、店員の態度が悪いといちいち怒鳴り散らしたりと、周りからは「みっともない」と思われてしまうような行動も、無自覚でとってしまうことがよくあります。

自分でも理不尽な行動をして周りに迷惑をかけていることが分かっていても、イライラしているときには上手く感情をコントロールできないため、自分勝手な振る舞いを止められないことがあります。

イライラストップ法6選教えます!


ピンチのときこそ頑張ってチャンスに変えることはできても、イライラを良い効果として解消させる方法はほとんどありません。

何故ならイライラしているときには心の余裕がなく、気持ちも焦って攻撃的な感情になっているからです。

そんな状態では、どんなに行動したところでそれが良い結果になることはまずないでしょう。

焦って行動しても物事が上手くいかないように、イライラしながら行動しても、良い結果にはなりませんし、自分のためにもなりません。

自分一人だけでイライラしているのならばまだしも、大抵のイライラは周りにも迷惑や悪影響を与えてしまうことがあるため、イライラすることで自分だけでなく、周りの人たちも被害を被ってしまうことがあります。

それではまったく物事が上手く運びませんので、早めにクールダウンをして普段通りの自分に戻れるようにしましょう。

イライラをストップさせるのに効果的な方法をご紹介していきます!

冷静になる

イライラしているときにはとても感情的になっていますので、落ち着いて客観的に物事を判断することができなくなってしまいます。

例えば自分が急いでいるときに、目の前で改札を通るのにもたついている人がいたら、「早くしろよ」とついイライラしてしまいますよね。

感情的になっていると、目の前の人に対してただ苛立ちの感情だけが沸き上がってしまいますが、もしもそこで自分の気持ちが落ち着いていたのなら、目の前の人が高齢者で、電車に乗り慣れていないことに気付けたかもしれません。

また、ひょっとしたら前の人が杖をついていて、足が悪いからもたついてしまっていることにも気付けたかもしれません。

冷静になれば、前の人がもたついている事情を自分で把握できて、余計にイライラすることはなかったでしょう。

しかし一度イライラしてしまうと、そうした前の人の事情などまったく目に入らなくなるため、ただ「邪魔だ、早くしろ」と攻撃的な考えだけが頭に浮かんできてしまいます。

それではいつどこで、誰とトラブルになってしまうかも分かりませんので、イライラしたときにはできるだけ冷静になれるように、気持ちを落ちつける努力をしましょう。

一人になる

深呼吸をしたり、暫く目を閉じたりと、冷静になるための方法はいくつかあります。

その中でも最もオススメなのが、人混みから離れて一人になることです。

通勤ラッシュ時のように、人混みの中に揉まれていたり、たくさんの人たちに囲まれて窮屈さを感じていたりすると、いくら冷静になろうとしたところで気持ちの切り替えに集中できなくなってしまいます。

そのため、イライラしたときには一旦人混みから離れて、一人だけで落ち着ける空間に向かいましょう。

建物同士の隙間や、壁際、隅のほうなど比較的人が少ない場所へ移動したら、そこで一度深呼吸をして、荒れた気持ちを落ち着けるようにしましょう。

人混みの中にいるとイライラし続けてしまいますが、周りに誰もいなくなれば多少は気持ちが落ち着いてくるでしょう。

ストレスを発散する

イライラしているときには、同時にストレスも溜まっています。

そのため、ストレスを発散させることで、イライラも同時に解消することができます。

ストレス発散方法は人によってさまざまですが、一般的には思いきり体を動かしたり、心身をリフレッシュさせたりすることでストレス発散できるとされています。

ストレスを発散させるために重要なことは、体を動かすなり何かをするなりして、イライラの原因について忘れることです。

どんなに運動したり旅行に行ったりしたところで、頭からイライラの原因がなくならない限りは、何をしていても気持ちが荒れてしまうでしょう。

そのため、ストレス発散の際には、なるべく自分が夢中になれるものや楽しめることをしましょう。

夢中になったり、集中したりしていれば、いつの間にかイライラの原因について忘れてしまいますので、気持ちもスッキリできます。

体を動かす

頭で考え事をしながら体を動かすのは、簡単なようで実際にはなかなか難しいです。

試しにランニングをしながら今日の献立を何にしようか考えてみて下さい。

栄養バランスや冷蔵庫に残っている食材、調理法などを集中して考えていると、いつしかランニングの足は止まってしまい、気付けばダラダラと歩いてしまっていることでしょう。

頭で真剣に考え事をしながら体を動かせるようになるためには、それなりの訓練が必要です。

日頃からそのトレーニングをしていない人は、いきなり頭と体を同時に動かすのは不可能に近いでしょう。

スポーツのように、ルールをしっかりと頭に入れながら体を動かすのであれば、動きながら咄嗟の判断もできますが、運動とは関係のない考え事の場合には、どちらかの動きは鈍くなってしまいます。

体を動かすということは、それだけ頭の回転が鈍くなりますので、あえて体を動かし続けることで、モヤモヤした気持ちを吹き飛ばすことができるかもしれません。