頭に血が上る時の6個の対処法と頭に血が上りやすい人の特徴のイメージ写真
怒りをコントロールできない人に人生での成功は絶対にない!

それほどに現代社会では「アンガーマネジメント」というのが社会人として必要不可欠な資質です。

頭に血が上りやすい人は必見!

頭に血が上りやすい人の特徴と、頭に血が上る時に使える効果的な6つの対処法をご紹介いたします!

頭に血が上る時の6個の対処法

頭に血が上ると怒りの感情をコントロールできなくなります。

そうならないようにするためには、普段の生活の仕方や、考え方というものを見直す必要があります。

人間というのは体と心でできているので、肉体的、精神的の両面のケアをしていく必要があるということです。

考え方だけしっかりしていたとしても、体調が悪ければそれは不安要素となり、いらいらの原因となるからです。

それでは6つの対処法について見ていきましょう。

1.睡眠

睡眠というのは全ての基本です。

日本人は全体的に見て、睡眠時間が足りていない人が非常に多いです。

忙しくて寝る時間がない人もいるでしょうし、慢性的な寝不足が癖になってしまっている人も多くいるようです。

睡眠不足になると、何かに取り組む時に一番大切な「集中力」が欠如してしまいます。

集中力の欠如は、パフォーマンスにダイレクトに影響を及ぼすので、思ったような仕事ができなかったり、覚えていたはずのことが思い出せなくなったりします。

そういったケアレスミスが続くと、当然自分に対して怒りが沸き起こってくるので、一気に頭に血が上るでしょう。

睡眠時間の短いのを自分の忙しいアピールや自慢のように言う人がいますが、まるで間違っています。

睡眠時間の少ないことは恥じるべきことだと考えるべきだす。

昔から「貧乏暇なし」とよく言われます。

まさにその通りで、お金持ちはぐっすり寝ています。

しっかり寝る

とにかくしっかりと寝ること。

これが一番の対処法です。

十分な睡眠は集中力の向上につながりますし、記憶の定着にもなります。

出来れば7時間程度の睡眠時間を確保したいものです。

もしできないとしたら、ちゃんと熟睡できる環境づくりをして、質の良い睡眠時間の確保を目指しましょう。

よく夢を見る人というのは眠りが浅いということです。

眠りが浅いと質の悪い睡眠ということになりますので、対策が必要です。

寝る前にテレビを見たり、スマホをするのは、良い睡眠の障害になることが言われていますので、寝る時にはそういったものはやめておくことが大切です。

また、眠れないからといって寝酒などをするのも浅い睡眠の原因となりますので、出来る限り自然に眠れる努力をしていきましょう。

2.体調を整える

体調が悪いと何をするにも集中できなくなります。

どこか一か所痛い・かゆいがあるだけで気になるし、いらいらしてきます。

何に変えても健康第一であり、体調管理をしっかりするということは、社会人としての義務であると思います。

酒やタバコをなるべく控える、もしくはやらない、そして定期的な運動をする。

暴飲暴食はしない。

そして甘いもの、塩辛いものを食べ過ぎないなど、自分で意識をもって気をつけていれば、体調悪化を防げる取り組みはいくらでもあります。

まずは体調ありきということです。

「心技体」とよく言われますが、実際は「体心技」ではないかと思います。

体の強さ、健康というものが第一であって、体が万全でれば、心も安定し精神力もついてくる。

その両方が確立されて技術も習得できるというものだと思います。

自分が今、何をすればいいかわからないと悩んでいる人をよく見かけますが、何をしていいかわかなないなら体でも鍛えなさいということを言いたいです。

丈夫な体がないと、いざという時に踏ん張りがききません。

人生には必ずどこかの地点で無理をしないといけない時期があります。

その時のために強い体を作っておくことはとても大切です。

身体を温める

身体を温めることがいかに大切かというのはよく言われていますが、ではどう大切なのか。

身体が冷たいとさまざまな身体の不調を引き起こすからです。

冷えは内臓にも悪いですし、血流にもよくない。

よって首や肩、腰などの筋肉や関節のこりにもつながっていきます。

身体を温めるのに手っ取り早い方法は、やはり熱い風呂にゆっくり入ることでしょう。

湯舟につからずにシャワーだけで済ませる人も多いようですが、湯舟には必ず入りましょう。

疲れの取れ方が全く違ってきます。

それは身体全体が温まるので、血の流れが良くなるからです。

また、しょうが茶を飲むなど、内服療法で身体を温める方法もあります。

夏が近づき暑くなると、どうしても冷たいものばかり飲むようになります。

冷たいビールに冷たいジュース、冷たいお茶に冷たいコーヒー。

これでは内臓が冷えてよくありません。

できるだけ暑くても常温に近い温度の飲み物を飲むように心掛けましょう。

規則正しい生活をする

体調を整えるために欠かせないのが、規則正しい生活をするということです。

朝・昼・晩ちゃんと3食、栄養のバランスを考えて食事をとり、朝は早く起きて、夜はなるべく早く寝る。

こういったことを守ることが体調を保つのには不可欠です。

夜遅くまで酒を飲んだり、寝るのが遅かったり、朝いつまでも寝ていたりと、こういった不規則な生活をしていると遅かれ早かれ必ず体調を壊すことになります。

生活のリズムというのは非常に大切で、リズムができていないと、学業や仕事にもやる気や躍動感が出てこなくなります。

良いパフォーマンスを出すためには、規則正しい生活は欠かせません。

スポーツ選手のルーティンなどと同じで、毎日決まったことを繰り返してやることで自分に落ち着きや集中力が出てくるのです。

今日は夜7時に夕飯を食べたけど、明日は飲み会があるから11時まで飲む、その次の日は夕方5時くらいから早い夕飯、というようにバラバラだと自分の生活にリズム感がでてきません。

何も決めずに行き当たりばったりの生活はやめるようにしましょう。

3.6秒待つ

頭に血が上った時6秒待っている
最近よく耳にする「アンガーマネジメント」という言葉。

怒りをどう制御するかということですが、怒りが沸いた時、たいていのものは6秒我慢すれば、怒りは大きく減衰していくという研究結果がでています。

たしかに、日々の生活でもイラっとする瞬間は誰にでもありますが、後で考えるとたわいもないことになぜ自分は怒っていたのだろうかと反省することが多いです。

6秒待てない人は、そこでブちぎれて最悪の場合は暴力に走ってしまったりします。

そういった最悪のケースに陥らないようにするためにも、この6秒ルールは常に頭に置いておきたいものです。

怒りが頭にのぼるピークをやり過ごす

要するに「キレる」ことを避けなければいけないのです。

キレるのは怒りが頭にのぼるピークを超えることですから、そこへ行くのをなんとか阻止しないといけません。

6秒待つことで、それは回避できます。

怒りの沸点が徐々に下がっていき、6秒後には冷静な自分を取り戻すことができるでしょう。

例えば、車などを運転していると、必ずイライラさせられるドライバーがたまにいるものです。

急に割り込んでこられたら、誰でもイラっとするのは当たり前ですが、そこで反応的に怒りに任せてクラクションを鳴らしまくったりしたら、トラブルに発展してしまうでしょう。

最近はあおり運転も問題になっていますが、こういった問題も怒りのコントロールのできないドライバーがキレて、そういった行動にでているのだと思われます。

4.客観的に分析

自分を客観的に分析できる人は、怒りが暴走して失敗してしまうことはほとんどないと思います。

自分を自分ではない第3者的視点に立って見るということは、何も怒りのコントロールの際だけに限らず、全ての場面で大切なことです。

客観的に見ることができるからこそ、衝動的、刹那的な行動がいかに馬鹿げた愚かな行動だということが理解できるのです。

瞬間的にキレてしまって、大事な友達に、何かの拍子にとんでもなく酷い言葉を浴びせて関係を壊してしまったとします。

ほとんどの人は、なんであの時あんなことを言ってしまったのだろうと後悔するでしょう。

あの時もっと客観的に考えられなかっつたのか。

ちょっと癪に障ったくらいで、大事な友人を失ってもいいのかと冷静に天秤にかけて考えていたら自制できたはずです。

もっと一歩引いて見る、考えるということを覚えてください。

【客観的に物事を考えるべき理由は、こちらの記事もチェック!】

今の怒りはどのくらいか考える

自分が頭に血が上っていると感じたら、一度冷静になって、今自分の怒りは今どのくらいなのだろうと考えてみましょう。

この怒り、むかつきは自分にとってそんなに怒るべきことなのか?

ここまでエネルギーを使って怒る必要のあることなのだろうか?

などと問いただしてみるのです。

自分の大切な人が誰かに傷つけられたというようなことは怒りが最大限に達するでしょうが、今、自分の中に起きている怒りは、そういった最高の怒りに比べたらたいしたことないんじゃないか?と考えてみるのです。

果たして怒りにまかせてキレるのに値するようなことだろうか?冷静に考えてみましょう。

点数をつけ、意識をそらす

怒りの点数をつけてみるのもよいでしょう。

自分の怒りは100のうち、まだ50くらいか?

いや、70はいっている、というように。

そうやって考えている5秒、6秒のうちに怒りは10~20くらいまですぐに下がってくるのがわかると思います。

そうすれば、キレて暴走するというのを防ぐことができると思います。

怒りを点数で考えられているということは、まだ自分の中にいくらかの冷静さを持っているという証拠です。

本当にブちぎれた時には、今の怒りは何点で、、。

などどと考えたりできません。

数えれる余裕があるならば大丈夫です。

怒りを感じるパターンを把握する

自分がどういった時に怒りを感じるのか、その傾向を把握しておくのは非常に有益だと思います。

それがわかっているなら、あらかじめそういったシチュエーションになることを避ければよいのですから。

車を運転すると人が変わったようにすぐカッカしてイライラする人は、なるべく電車などの公共機関を利用することを考えるのもいいのではないでしょうか。

そうすれば、自分で運転する時に起こる怒りのリスクをなくすことができます。

自分のプライドを傷つけらることが絶対に許せない人もいれば、社会的なマナーが守れない人が許せない人もいます。

どういう時に頭に血が登るかをよく把握しておきましょう。

5.その場から離れる

頭に血が上った時その場から離れている
怒りが起こった場所からすぐに離れるというのも、非常に効果的な対策です。

その場にいるから怒りが治まらずにキレてしまうことは多いです。

怒りが沸いたらすぐにその場を一旦離れる、そしてしばらくしてから戻ると、もうさっきの怒りは消えているでしょう。

上記で6秒ルールというのがありましたが、その場から少しの時間だけでも離れることは、確実に6秒を経過させることができます。

ですから、怒りが沸いたら瞬時にその場を移動するということを心掛けておきましょう。

とにかくその場にいないこと、これが一番大切なことです。

環境を変えよう

仕事などで、イライラする環境に身を置いている人もいると思います。

やりたくもない仕事を延々とさせられているとか、人間関係がうまくいかないだとか、人それぞれ様々な要因があるとは思いますが、イライラは心身のためにもよくないです。

常にそういった環境にいる人は、怒りのリスクも高まるので、思いきって環境を変えるというのも大切なのではないでしょうか。

うまくいかない時には環境を変えるというのが一番の特効薬になります。

今の職場や生活環境が自分にとってストレスが溜まり、よくないとずっと感じているのなら思い切って変えることです。

住むところや、働く場所、会う人間が変わればガラリと変わります。

今まで悪かった流れが変わり、自分にいい風が吹いてくる可能性が高いです。

何より、新鮮な気持ちで生活を始めることで、やる気やポジティブな気持ちが戻ってくるでしょう。

攻撃的な気持ちをリセット

例えば、路上で出会った人とささいなことから口喧嘩になり、トラブルになったとします。

お互いに頭に血が上っているので、お互いが攻撃的になり、いつキレてもおかしくありません。

だれか止めに入る人がいれば、そこで時間ができて落ち着く時間ができますが、二人だけなら暴力沙汰に発展してしまう場合も少なくありません。

それを防ぐためには、どちらか一方が、その場から逃げることです。

逃げるなんて恥ずかしいことできないと考えるかもしれないですが、暴力事件になるほうがよほど社会的に恥ずかしいことであると考えておくべきです。

逃げるのは一時の恥かもしれませんが、それで自分の未来を守ったと考えるなら安いものです。

6.深呼吸をする

頭に血が上って怒りに震えているときというのは、心拍数も多くなっている常態です。

こういった常態の時は、脳や血に酸素がいきわたっていない状況ですから、自分を冷静に見れなくなります。

そんな時にいいのが深呼吸をするということです。

深呼吸をすると心拍数が落ち着き、呼吸も深くなるので、体中に酸素がいきわたります。

そうすると、頭に血が上ってカーっとなっているのを落ち着かせることができます。

緊張している状態を深呼吸によってほぐしてやることで、怒りが覚めて我に返ることができるのです。

気づかないうちに、呼吸が浅くなっている人が非常に多くなっています。

呼吸が浅いと、脳に酸素があまり行かないので、集中力の欠如などが怒ります。

普段から深い呼吸をする練習をしておくことも大切だと思います。

リラックスさせる

深呼吸をするのはリラックスさせるためです。

怒りで頭に血が上っていると、身体が怒りで硬直した状態になっています。

それを深呼吸によってほぐしてやるのです。

常に心も身体もリラックスしていることは非常に大切で、リラックスした柔らかい状態というのは、どういったことにも柔軟に対応できる余裕というものが生まれてきます。

首や肩がよく凝るという人は、体が固く硬直してしまうことでおこります。

もっと体を柔軟に保ちリラックスできるよう、深呼吸を常に心掛けておきましょう。

また、今の人々はスマホやタブレット端末、パソコンなどを一日のうちに長時間利用する人が多く、目が非常に疲れている人が多くいます。

眼精疲労は目の奥の筋肉が疲れて固くなってしまうので、それが首や肩の凝りに伝播して、全身が凝っているという人が多くなっています。

ですから、画面を長時間見た後は、しばらく目を休めて、体操などで体をほぐすことを忘れないようにしてください。

頭に血が上りやすい人の特徴

頭に血が上りやすい人、すぐにカッカする人には共通の特徴があるようです。

あなたもどれかにあてはまっているとしたら怒りっぽいのではないでしょうか?

1.小心者

意外かと思われるかもしれませんが、小心者というのは頭に血が上るタイプが多いです。

これを分かりやすく言い表している言葉としては「弱い犬ほどよく吠える」があります。

子犬がヒステリックにキャンキャン吠えているといったところでしょうか。

自分を守るための防御策

自分に自信がない、不安があるもんだから自分を守るために虚勢を張って防御しているのでしょう。

怒っていることをアピールすることで、強さを見せようとしているのだと思います。

自分に自信のある人や、肝の据わった人というのはキレることなどほとんどありません。

キレることがどれだけ無益で、自分に不利になるかよく分かっているからです。

キレるからには絶対に自分が正しいと確信できていなければ、もし自分が間違っていた時には、取り返しがつきません。

小心者というのは、まず自分に攻撃させないために先にキレておいてかませておくのです。

それで相手を黙らせようという作戦なのですが、それが効かずに反撃された時は弱く、すぐに降参してしまうことが多いです。

ナイーブ

また、小心者は読んで字のごとく、心が小さいナイーブな性格を持っているので、少しのことで動揺し、感情的になる傾向があります。

逆に強い人は少々のことでは顔色一つ変わりません。

すぐキレる小心者は、ナイーブさが生む瞬間的な怒りの増幅が起こり、すぐにキレるタイプが生まれているのだと思います。

次々と人を刺したというような凶悪事件の犯人の顔がニュースなどで出た時に、非常におとなしそうな、頼りなさそうな犯人の顔を見ることがよくあります。

近所の住民のインタビューなどを聞くと、おとなしく真面目な人間だったなどと証言しています。

こういった犯人も小心者でナイーブな人間だったのでしょう。

そういう人間が何かの拍子に、自分の導火線となるものに火がついてしまってキレてしまう。

日本ではこういったケースの凶悪事件が非常に多いような気がします。

2.プライドが高い

プライドの高い人間は、そうでない人と比べて、非常に怒るポイントが多いです。

少しでも自分の尊厳を傷つけられると感じたら、すぐに攻撃的な姿勢に入ります。

これは恥をかきたくないという気持ちからきているのでしょう。

必死で自分のプライドを守るために怒ります。

でも、そのプライドは意味のないつまらないプライドであることがほとんどで、冷静に考えてみれば馬鹿げたことでキレたりしているのです。

例えば、少し容姿のことをからかわれた、服装についてあまりよろしくない評価を受けた、仕事での失敗を指摘された等々、少し冷静になっていれば笑って通り過ごせるようなことも、余計なプライドが邪魔をしてそうはいきません。

見下されたり、バカにされることに敏感

プライドの高い人間は、見下されたり、バカにされることに対して非常に敏感です。

ほんの少しの相手の言動も気になり、ちょっとでも自分がバカにされたと感じたらすぐに感情的に反応します。

そういう気持ちが非常に強いので、相手の話す一言一句、少しでもおかしくないか、自分をバカにしていないか常に気になっています。

で、少しでも言葉尻にトゲがあればすぐに怒りが増幅してきます。

威圧感を与え、自分を守る

怒るというポーズを見せることで威圧感を与えて、自分のプライドを守っているのでしょう。

確かにこういったテクニックは多くのプライド高き人々がやる手法ではあります。

しかし、よくよく考えるとくだらないプライドを守るために無駄なことをしているのだと思います。

まあ、世の中は常に自分を大きく見せて、威圧を与えることを互いにし合ってる人の集まりのようなものです。

本当のところはたいしたことではないのに、大層に見せるのがうまい人がいますし、それにだまされる人も多いです。

しかし、本当の実力を持った人間と対峙した時には、こういった威圧感は通用しません。

本物の力の前では、実力の無い者は常に無力なのです。

3.我慢が足りない

頭にすぐ血が上ってキレてしまう人を一言で言ってしまうと「我慢が足りない人」であるといえます。

なんだかんだ言ってこれに尽きると思います。

我慢できる、できないに関しては、人それぞれ生まれてから現在に至るまで、どんな教育を受け、どんな環境に育ち、その年代年代でいかに考えてきたかなどによって、大人になって様々な困難でも歯をくいしばって我慢できる人、少しのことも我慢できずへこたれてしまう人に別れてきます。

少々キツイ言い方ではありますが、大人になってもまともに我慢一つできない人間は、まだ子供から抜け出せていない幼稚な考えの持ち主と言わざるを得ません。

考えるよりも先に行動に出てしまう

我慢できない人は、自分が何かを感じた時に、すぐ反応して行動してしまう人です。

そこに立ち止まって考える時間はなく、反応的に行動してしまうから、先に手が出てしまったりするのです。

それでは、他の動物と同じになってしまいます。

動物には理性や知性はほとんどありません。

あるのは本能だけであり、反応によって行動しているだけです。

我慢できない人はこれと同じで、起きた事象に対してすぐに反応的な行動をとってしまう。

そこに理性や知性は存在しないのです。

これは人間的とは言えません。

私たちは人間であるということを、ちゃんと思い返すべきです。

人間だから理性が働き、愚かな行動も回避できるのです。

我慢ができずにすぐキレてしまう人は、自分が人間ではなく、ただの動物のように振る舞ってしまっていることに気づくべきなのです。

自分の思い通りにしたい

我慢が出来ない人は、基本的に自己中心的な人間ですから、人のことなど全く考えていません。

自分の思い通りに事が運ばないと気が済まないので、少しでも違うことが起こると、すぐに機嫌が悪くなります。

ですが物事が自分の100%思い通りに運ぶことなんてほとんどありません。

人が関わっている以上、自分と全く同じことを考え、同じ価値観を持っているなんてありえないからです。

皆が各々自分のことを考え行動しています。

自分が思う通りに人が動いてくれるほうが珍しいことだと考えておいたほうがいいでしょう。

ですから全てを自分の思い通りにしたいなどと考えている人は、常にイライラしていないといけなくなるでしょう。

4.気持ちに余裕がない

何をする時でも焦って余裕がなければうまくいかないです。

気持ちに余裕がない人というのは、少しのことが気に障り、すぐに怒りの感情が沸き起こってきます。

例えば、飲食業において多くのクレームがくるのは、ワンコインで食べられる店のような安価で提供している店が圧倒的に多いそうです。

やはり、どちらかというと経済的に余裕のない人が多く利用しているので、少しでも内容が違うと怒りの感情が沸き起こるのかもしれません。

逆に高級店では、少々内容が違っていても笑って受け流す余裕のある人々が利用しているので、ほとんどクレームもないそうです。

気持ちの余裕というのは生きていく上で非常に大切なことであることがわかります。

何をする時も気持ちに余裕がある人は優位に立つことができます。

余裕があれば少々気に障るようなことがあっても受け流すことができますし、くだらないことで頭に血が登ることもないでしょう。

くだらないことでイラっとしている自分に気づいたら、自分には今余裕がないんだなと自覚するべきです。

自分の中で処理できない

気持ちに余裕がないと、起こった出来事を自分の中で分析し処理する能力が衰えてしまっています。

余裕がないので益々視野が狭くなり、反応的になるので、一旦怒りの火が点火すると、もう止めることができなくなってしまいます。

私たちは毎日の生活のなかで、大小合わせていろんなことを処理しながら生きています。

足りなくなった生活必需品を買わなければいけないといったことから、仕事を転職するような大きなことまで様々なことを処理しなければいけません。

気持ちに余裕がないと、それらを冷静に処理できなくなってきます。

処理能力を越えていっぱいいっぱいになってしまうので、少しでも癇に障ることがあると、すぐにキレてしまうのでしょう。

5.負けず嫌い

負けず嫌いという資質は決して悪いものではありません。

むしろ成功のためには不可欠な
資質と言ってもいいでしょう。

しかし、それによって感情的になり、自分を見失っては意味がありません。

何かに負けたことによって相手に対しての怒りや憎しみが湧き上がり、自分を見失っていく人がいます。

それをバネにして成長する原動力にするならまだしも、やけになって乱暴になったり、全てのことを投げやりになってしまったら愚かとしか言いようがありません。

人生において負ける、敗北することは避けて通れません。

しかしその敗北の挫折を乗り越えて皆強くなっていくのです。

負けず嫌いはいいとしても、自暴自棄になるのは絶対にいけません。

闘争心が強い

闘争心が強い人はどこか、いつも怒っているイメージがあります。

それだけ気を張っている証拠だと思います。

スポーツなど相手がいて、その相手と競うような競技は特に闘争心というものが大事です。

相手に気持ちで負けているようだと勝てないからです。

だから、攻撃的な姿勢を最大限に持っていくからこそ、ぶつかり合いが起こるのだと思います。

普通の社会人も闘争心を持つことは大切です。

実感は沸きにくいですが、社会に出るということは、言わばサバイバルの戦いの場にでることでもあります。

結局、原始時代から今まで、「強いものが勝ち、弱いものが負ける」という構図は変わっていません。

全てにおいて力のある者が勝つのです。

そういった意味では自分の中に闘争心を植え付けるのはいいことです。

ただ、闘争心を持つということと、キレやすいということは全く違うということを分かっていないといけません。

一呼吸おいて冷静に

生きていれば腹の立つこともたくさんあります。

しかし、頭に血がのぼって冷静さを失い、最終的にキレてしまったら、どんな言い訳をしようともそれは負けなのです。

キレた者の負けです。

何事も怒りで我を忘れ、自分を見失っている状態では何もうまくいきません。

勝つ者というのは、やはり常に冷静で客観的に見ることのできる人間なのです。

誰でも腹の立つ場面というのは訪れますが、そこでどういった対応をとれるかによって全てが決まります。

怒りが沸いた時には反射的にキレるのではなく、6秒ルールを思い出しましょう。

たったの6秒自制するだけで、ほとんどの怒りは治まっていくものです。

怒りで興奮して早くなっている鼓動を深呼吸をするなどして沈めましょう。

とにかく怒りが沸いたら一呼吸おくのです。

いつでもリラックスすることを心がけることで、トラブルにも柔軟に対応することができるようになるでしょう。

冷静さを常に持っていれば、怒りにも賢く対処できるはずです。