CoCoSiA(ココシア)

一緒にいるとイライラする人の18個の特徴と原因


「理由は分からないけど、あの人とずっと一緒にいるとイライラが止まらない」とか「付き合いが長くなるにつれ、相手に対してイライラする様になった」と感じたことはありませんか?

あるいは「相手が自分と一緒にいる時だけイライラしている様に見える」と感じている人もいるかもしれません。

原因が思い当たらず悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、一緒にいるとイライラする人の特徴をご紹介します。

その特徴を把握しておけば、イライラする相手との上手な付き合い方や他人をイライラさせないヒントが分かるかもしれません。

ずっと一緒にいるとイライラする人の18個の特徴

特定の人に対してのみイライラしてしまう理由は様々だと思います。

例えば、性格や価値観の不一致が原因だったり、相手の態度が癪に障るのが原因だったり…あるいは相手に期待しすぎているのが原因という可能性もあるでしょう。

「この人なら自分の気持ちを理解してくれるはずだ」と(無意識に)相手に期待し、実際には自分の気持ちを理解されなかったとき。

「こういうときは○○するのが普通だ」と自分の常識で相手の言動を推し測り、相手が悪い意味で予想を裏切った態度を取ってきたとき。

そういうときにイライラしてしまう人は少なくないのでは…?

「相手に期待するな!」とまでは言いませんが、過度に期待してしまうと自分の思い通りにならないことも増える(相手が自分の期待通りに動くとは限らない)ので、無性に腹が立ってしまう訳ですね。

つまり、一緒にいてイライラする相手には期待しすぎないのも対処法の1つと言えます。

そうすれば相手にイラっとすることがあっても、元々期待値が低いので「まぁ、この人だから仕方がないか…」と割り切ることができるでしょう。

イライラする人と上手く付き合うには、まず相手の何に対してイライラするのかを把握することが重要です。

「自分は相手の○○に対してイライラしている」と自覚する(=受け入れる)ことで、相手への上手い接し方が見えてきたり、無駄にイライラするのを抑えることができるはず。

無意識に他人をイライラさせてしまう側の人も原因が分からないのであれば、以下の特徴から自分の何が他人をイラつかせてしまうのかを考えてみて下さい。

原因を見つけそれを改善できれば、人間関係も今より良好になるでしょう。

という訳で、ここからは“ずっと一緒にいるとイライラする人の18個の特徴”をご紹介していきたいと思います!相手のイライラポイントを見つけるのが目的の人も、一応、以下の特徴に自分自身が当てはまっていないか、確認してみたほうが良いかも…?

それでは1つずつチェックしていきましょう!

1.自分のことしか考えていない

自分の事しか考えていない自己中な言動を取る人間にイライラしてしまう人は少なくないでしょう。

「マイペース」と言えば聞こえが良いですが、他人のペースを乱して自分の都合のいい様に相手を振り回すのはダメですよね。

良好な人間関係を築くには、相手に合わせることも時には必要です。

しかし、ずっと一緒にいるとイライラする人は非常にマイペースで、まさに自分の事しか考えていない様な言動を無意識の内に取り周りの反感を買っているといった特徴があります。

例えば、ランチをしていて他の人達が食べ終わって待っているにも関わらず1人のんびりと話しながらゆっくり食べ続けていたり、みんなで時間をかけて綿密に遊ぶ計画を立てたのに当日になって「やっぱりこのプランじゃ嫌だ」などと1人ワガママを言ったり…。

1度や2度なら許せてもそれが度重なれば、誰だってイライラしてしまうでしょう。

自分勝手な言動に心当たりのある人は、「相手が許してくれるから…」と周りに甘えず、もっと他人に気を使った方が良いかもしれませんね。

2.人の悪口ばかり言う

人の悪口ばかり言うのも、周りをイライラさせる人の特徴です。

特に女性にとって愚痴や悪口は盛り上がる話題の1つでもありますが、それはお互いに共感できる内容だった場合に限ります。

全く知らない人の全く共感できない内容の悪口を聞いても周りはつまらないだけ…。

なので、口を開けば他人の悪口ばかりな人に内心ウンザリしてイライラしている人は多いと言えます。

恐らく大半の人が(気遣いで)話を聞き共感している様に見せて、心の中では「また他人の悪口か、嫌な性格の人だな」と不快に思っていることでしょう…。

他人の悪口を言うことで自分の印象や評価を落とすだけでなく、逆に周りからも「あの人、前に○○さんの悪口言ってたよ」とか「あの人って、他人の悪口しか言わないよね」などと、噂されている可能性が非常に高いです。

他人の悪口を言うのが大好きな人は、気を付けましょう…。