人は誰でも、何かにムカついた経験があると思います。

全く無い!という人は、あまり居ないのではないでしょうか?

筆者ももちろん、あります!それで怒るかどうかは別として、ムカつく事柄って定期的に起こりますよね?

皆さんはどうですか?

「最近、何かにムカついたことはありましたか?」と、聞かれたら…何かムカついた事柄が思い浮かんだでしょうか?

ここで、パっと思い浮かぶ人と、よく思い返してみないと思い浮かばない人がいると思います。

因みに筆者は、パッとは思いつかなかったのですが、しばらく考えてみたら沢山思い出せました(笑)

思い出すと、やっぱり当時の気持ちが蘇って、嫌な気持ちになっちゃいますね。

ムカつく事柄について、パッと思い出すかどうか…ここには、大きな違いがあるように思います。

それは、その事柄に囚われているかどうかです。

いつまでもムカつきが解消されずにいると、その怒りの感情に囚われて、ずっと嫌な気持ちを抱えている状態になってしまいます。

それだと、毎日楽しく過ごせないですよね。

ムカつくことがあっても、それを忘れることが出来れば、楽しい時は楽しい気持ちで過ごすことが出来ます。

生活の質が、大きく変わるってことなんですよね。

生きていればムカつく事は多々ある

日々の生活の中で、ムカつくことって多々あるはずです。

嫌な気持ちになるし、怒り心頭!となってしまうこともあるでしょう。

でも、いつまでもその気持ちに囚われてしまっては、楽しいはずの事柄すら、楽しく感じなくなってしまいますよ。

一日中ムカついた気持ちにさせられて、楽しいことも楽しく過ごせないなんて…

ムカつくことがあったせいだ!って、さらに怒りが沸いてくる場合もあるかもしれません。

でも、それは度を超えているということ。

そのムカつきを自分に与えた人は、その事柄については謝罪してくれたとしても、

ムカついた気持ちや、一日中嫌な気持ちで過ごしたことまでは、弁償してくれません。

それならいっそ、さっさと忘れてしまったほうが、自分のため。

楽しい気持ちと時間は自分の手で取り戻すんです!

今回は、そんな楽しい毎日を過ごすために、ムカついてしまった時の対処法や、ムカついてしまう原因についてお話していきます。

原因が分かれば、ムカつくこと自体が減るかもしれません。

それでもムカついてしまったときは、自分で気持ちをコントロールしましょう。

それが出来れば、ムカつく事柄に、生活の全てを奪われてしまうことは無くなるはずですよ♪

怒り爆発!ムカついた瞬間

ただ、ムカつくことに囚われちゃダメ!と分かっていても、そう簡単にコントロール出来ないのが人の気持ちというものです。

ムカつくことをいつまでも引きずるかどうかは、その事柄が与える影響の大きさによっても違いますよね…。

ムカつき度合いによっては、その場で怒りが爆発することもあるし、爆発まではしなくても、いつまでもムカつきが収まらなかったり…

その度合いと、個人の捉え方によっても違います。

皆さんは、ムカつくときってどんな時ですか?

筆者の場合、ムカついた事柄のほとんどは、気持ちを踏みにじられたことが原因だったなと思います。

友人の結婚祝いの花を、オーダーしたデザインじゃないアレンジにされてしまったとき…

友人の結婚式の為に、頼まれていろいろ作ったのに、何のお礼も無かったとき…

頼まれて残業を手伝っているのに、当の本人がおしゃべりばかりして作業をしないとき…

私の人生の3大ムカつきです(笑)

どれも、こちらの好意を踏みにじられたことが原因でした。

皆さんはいかがでしょう?まずは、皆さんがムカついた瞬間がどんな時なのかを、調べてみました!

1.頑張って作った料理にケチをつけられた

ムカついたシーンとして多かったのが“料理にケチをつけられた”とき。

この意見の大半は、主婦の皆さんですよね?「夫が料理に文句を言ってきてムカつく」って、よく聞く話です。

筆者は結婚しておりませんが、彼と同棲した経験もありますし、彼に料理を作ることもあるので、よく分かります。

料理って、誰かに食べてもらう場合、すごく頑張って作りますよね。

「喜んでくれるかな?」「美味しいって言ってくれたらいいな♪」って、ワクワクした気持ちで作るものです。

それなのに文句を付けられたり、何の感想も無かったりしたら、悲しい気持ちになります。

頑張って作ったという気持ちを、踏みにじられたのですから…。

たとえ口に合わなかったとしても、言い方ってありますよね!

「自分のために頑張って作ってくれた」っていうことを、分かっているのといないのでは大きな差があります。

料理を作るのは毎日のこと。

そんなムカつきが日々続いていけば、最終的には怒りが爆発しても当然です。

2.仕事について家族から文句を言われた

続いて“仕事について家族から文句を言われた”とき。

これは、親から言われるということが多いのではないでしょうか?親って、親目線で子供に口を出してきますよね。

子供が進んだ道が、親の希望と会っていなかった時。

それで、仕事が上手く行っていなかった時は「ほらね」と言わんばかりに、上から目線で文句を言ってきます。

これが、会うたび、事あるごとに言われると、だんだんムカついてきて「うるさい!」って言いたくなってしまいます。

また、妻から夫への口出しの場合もあるでしょう。

家計を管理する妻として、ついつい口出ししてしまいたくなったり…

親子間でも、夫婦間でも、家族に仕事の文句を言われるのは嫌なものです。

「信じてもらえてない」と感じ、頑張っていることを認めてもらえず…やはり気持ちを踏みにじられるからですよね。

筆者も父に言われることがあります。

文句だったり、「大丈夫なのか?」と信じてもらえてなかったり…。

でもある時、「心配してくれるのはわかるけど、応援してもらったほうが嬉しいし、頑張れるんだよ」って言ってみました。

それからというもの、言い方はぎこちないけど「すごいな」とか「がんばってるんだな」とか、背中を押してくれる発言をしてくれるようになりました。

こっちの気持ちを伝えてみる。

相手の教育をしてみるっていうのもひとつの手ですよ♪

3.連絡なしに約束をドタキャンされた

こちらもムカついたこととして意見の多い“約束のドタキャン”しかも連絡なし!

社会人として、とても非常識な行為ですよね。

こっちは約束に向けて準備もしているし、待ち合わせ場所に出向いていたりもします。

それに、連絡がないと「何かあったのかな?」と、心配もします。

それが、結局重大な事態でないと分かった時、一気にムカついてくるでしょう。

楽しみにしていた気持ち、心配した気持ち、準備した時間…一気にいろんな物を踏みにじられたのですからムカついて当然です。

でも、こんな非常識な人に振り回されては、相手の思うつぼ。

今後も付け込まれる可能性大です!ムカついて仕方なくても、気持ちを切り替えるしかありません。

筆者の知り合いにも、ドタキャン常習者がいました。

でも、だんだん慣れたせいか、ドタキャンされたらされたで、空いた時間を有意義に過ごせるようになりました。

それに、彼女のことを友人だとも思わないし、頭の狂った異常な人だと思っています。

そう思わないとやってられない!という気持ちもあるのですが、こう認識することで、楽にもなりましたよ。

4.妻・夫に不倫された

そしてムカついたこととして意見が聞かれたのが“妻・夫に不倫された”ということです。

これってもう、ムカつくなんて可愛い言葉じゃ収まらないんじゃないかな?って思うのですが…

これは最大の裏切りだし、何より相手を信頼・信用する気持ちを踏みにじられたってことですよね。

この事実を知った時には、悲しい気持ちでいっぱいになりますし、ショックですよね。

そして次第に、ムカつくなんてレベルじゃなく、怒り狂うくらいの気持ちになるのではないでしょうか?

筆者は結婚していないので、この気持ちがどれだけ苦しいものなのか…計り知れないです。

それでも、彼の浮気が発覚したときだって、ムカつき度は相当なレベルに達します。

それが結婚相手だとしたら、苦しみ、悲しみ、怒り…もう色々な気持ちが錯綜して、パニックにでもなってしまいそうですよね。

5.友達に恋人を横取りされた

ムカついたこととしては“友達に恋人を横取りされた”という意見も。

これは、不倫や浮気をされた以上の衝撃かもしれませんね。

浮気をされただけでもショックなのに、それが友人だとしたら二重のショックです。

同時にふたりもの人間に裏切られ、それが大好きな彼と仲の良い友人だったこと。

そのふたりを突然失うこと。

何も知らずに信じていた気持ちを踏みにじられたこと。

ショックすぎて、ムカつく気持ちもすぐには沸いてこないかもしれませんね。

ムカつくと思えるのは、しばらく時間が経ってからではないでしょうか…。

とても悲しい出来事だけど、人の気持ちを踏みにじるような人のことは、さっさと忘れるしか…ありませんよね。

6.ありえない接客を受けた

“あり得ない接客を受けた”というのは、日常でふとした時に起こりやすい、ムカつく出来事だったりしますよね。

接客を受けるシーンって、日常茶飯事です。

これがムカつくこともあれば、いい気持ちにさせられることもありますよね。

店員さんの何気ない接客で、その後一日がハッピーな気持ちで過ごせてしまうくらい、影響があったりもします。

逆に、ムカつくことがあれば、その後もブルーだったり…。

次の日まで引きずることは無いにしても、案外影響力を持っているモノです。

日本では、ひどい接客を受けることって、滅多にありませんよね?すごく良くはなくても、悪いことってあんまり無いです。

ですので、よほどの事があると、びっくりもするし、いつまでも心に残って嫌な気持ちにさせられることもあります。

筆者は、日本のサービスは過剰すぎるし、マニュアル化されてたりして気持ち悪いと思ってしまうほうなのですが…あり得ない接客はやっぱりムカつきます。

つい数か月前も、リピートしている商品を扱うあるネットショップで、ムカつくことがありました。

いつもの商品が在庫切れになっていたので、入荷時期を問合せたんです。

そしたら「入荷はするけどいつになるか分からない。

たぶん来月の頭くらいかな」と言われました。

仕事で使うものだったので、「では、入荷したらご連絡いただけますか?」とお願いしたら